サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:インタビュー

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 20:40:26.02 ID:CAP_USER*.net

    CYDH6iYUkAA_XJn

     
    30日付イタリア紙コリエレ・デロ・スポルトがACミランの日本代表FW本田圭佑(29)のインタビューを掲載した。
    同様のインタビューは一般紙ラ・レプブリカにも掲載されている。内容は次の通り。

    -ダービーはどちらが勝つか
    本田 ミランが1-0で勝つ

    -得点者は
    本田 バッカ

    -インテル相手に順位を上げるための最後のチャンスとなるのか
    本田 まさにその通り。だからこそ絶対に勝たなくてはならない。私たちはいい試合をしていない。しかし、まだ順位を上げるチャンスはある

    -CLのことも考えているか
    本田 あまりうまくいってはいないが、まだ諦めるほどではない

    -あまりうまく行っていないと言うのはなぜか
    本田 理由はいくつかある。少なくとも私がここに来てから(2014年1月以降)ずっとそう。伝統的にミランは常にCLで戦わなければならない。リーグでも上位に入らなければならない。私たちの頭にあるものを何か変えることが必要

    -精神的な問題が先にあるということか
    本田 このチームはメンタル的には強いと思う。それより、考え方を変えなければならない。過去の多くの成功がミランに勝者としてのメンタリティーを与えた。しかし今のチームは大きく異なる

    -戦術ではボールキープよりカウンターを狙うことが必要か
    本田 私の方からも1つ質問したい。ミランがヨーロッパを制覇していた時には、どのような戦い方をしていたのか

    -攻撃的でゲームとボールをコントロールしていた
    本田 私の考えは違う。日本でテレビで試合を見ていたが、私の印象ではカウンター攻撃をしていた。CLの多くの試合をまさにそのやり方で勝っていた

    -何が言いたいのか。今のミランはそのように戦うべきということか
    本田 それは分からない。決めるのは私ではない。人それぞれ異なった意見を持っているということだ。例えばベルルスコーニ名誉会長は(練習場の)ミラネッロに来るたびボールポゼッションが大事だと言う。
    おそらく彼が正しいのかもしれない。でも事実は、まだ自分たちの戦うスタイルを見出せていないということだ

    -解決法は

    本田 異なる意見が多すぎるのは良くないことだ。同じ考えを持つことが普通で大事だろう。クラブ、監督、選手、サポーター…。みんなが同じ哲学を持たなければならない。
    試合の結果に左右されることなく、それを推し進めていくことだ。敗戦の後でさえも、我々の考えを進めていかなくてはならない。毎回すべてを変えるのはもうたくさん。
    『ひどい試合をして負けた。だから(そのたびに)変えなくてはならない』という考えは、もうあってはならない

    -ミランには忍耐が足りないと思うか

    本田 そう。その言葉が適している。イタリアは日本と比較してあまり我慢できないこと知っている。もちろん成長したい、向上したい、世界最強クラブの1つに戻りたいという願望は、ミランのまわりではずっと持ち続けていることだ。
    しかし、私たちはまだ目標に到達する方法を探しているところ。それは忍耐があって初めてかなえることができる。
    例えば、うまくいかない時、常に責任者を探すことは、私は好きではない。それは簡単なことだが、団結とポジティブな姿勢が必要。重要なのはプロジェクトを前に進めていくこと。たとえインテルに負けるようなことがあったとして

    >>2以降につづく
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1598731.html

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 19:36:40.98 ID:CAP_USER*.net

    CWt4Ew1VAAAqOEZ

     
    2-0と勝利を飾った17日のフィオレンティーナ戦の前に、本田はインタビューに登場した。

    「今夜は大きなチャンス。勝ち点3を取れることを祈っている。勝てば順位が上がるし、僕たちは諦めてはならない。自分たちの力を信じなければならない」

    こう語っていた本田は、フィオレンティーナ戦に右の攻撃的MFとしてフル出場を果たした。
    対峙した相手のキーマン、DFマルコス・アロンソを封じるという守備面での重要なタスクを実行し、黒子役として2-0の勝利に貢献した。

    本田は解任危機と報じられたミハイロビッチ監督について、次のように語っている。

    「すべての選手たちに同じ態度をとっている。時にはプレーできずに、ベンチにいることもある。今夜は他のいい選手たちの出番。
    彼独自の哲学を持っている。彼の考え方でチームを管理している。我々は彼に従わなければならない」

    ナポリ戦後の痛烈批判を乗り越えて…

    「鬼軍曹」と称されるセルビア人指揮官の、分け隔てなく選手に接する姿勢と独特の哲学を高く評価した上で、本田は忠誠を誓っている。

    昨年10月のナポリ戦後に2試合連続で出場機会を失った際、「なんで出られないのか分からない」と語り、首脳陣、監督、メディア、サポーターを痛烈に批判していた。
    ミハイロビッチ監督は当時、敗北の理由について選手のメンタル面を一因に挙げていたが、本田は「選手に責任があると語っているという時点でナンセンス」と、バッサリ切り捨てていた。

    だが、昨年末から先発出場を続けている本田について、ミハイロビッチ監督も記者会見で
    「彼は素晴らしくプロフェッショナルで結果も出せる選手だが、“いい奴”に見えないことで過小評価をされているのではないか」と、信頼を口にしている。

    強敵フィオレンティーナを倒し、上昇気流に乗るミランで、指揮官と10番はついに厚い信頼関係で結ばれたのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 1月18日(月)19時15分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160118-00010016-soccermzw-socc

    【サッカー】ACミランのガッリアーニ最高経営責任者、1月の補強について具体的に言及!「選手があまりに多い」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453107137/

    【サッカー】本田圭佑に高評価!ミハイロヴィッチ監督「よくやった。信頼できる兵士だ」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453086013/

    【サッカー】ミラン主将モントリーヴォ、本田を称賛!「観客からは愛されない選手かもしれないけど、並外れた選手」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453085752/

    続きを読む

    1: ローリングソバット(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:03:11.96 ID:w8Kkir5J0.net 
    動画
    https://twitter.com/zakimar12784/status/686447461372575744
    https://twitter.com/mi___o67/status/686449679249215488
    内容
    インタビュアー「夏冬二冠どんな未来につなげていきたいですか?」 
    選手「まぁ・・・・・質問変えてもらって良いっすか」


    公公軍曹?@ghiblister 45分
    なんやねんあの三宅海斗のヒーローインタビューの態度は 横柄な態度に加え笑顔もない感謝の気持ちに心が無い遂には「質問変えて貰っていいっすか」て何様やねん
    ああゆう奴は10年後自分と同じ態度の選手にレポートして自分が何をしたか痛感しろ

    福田 稜 ?@ryo__fukuda 29分29分前 福岡県 田川市
    東福岡の11番三宅海斗君のインタビューが叩かれてるけど、インタビュアーも答えやすい聞き方をすればいいのにな。

    乃木のぎ太⊿ ?@0228Rokusaburou 29分29分前
    東の選手がインタビューで数秒の沈黙の後小声で「質問変えてもらっていいですか?」はいろんな意味で関心したw


    決勝 スコア速報
    [1.11 高校サッカー選手権決勝]

    東福岡高 5 - 0 國學院久我山高

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2386-2386-lv

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 12:14:10.90 ID:???*.net
    アーセナルからオランダ1部トゥエンテに期限付き移籍しているFW宮市亮(22)が15日、トゥエンテの練習場で日刊スポーツなどのインタビューに応じた。

    G大阪の宇佐美、鹿島の柴崎、東京の武藤らと同じプラチナ世代。
    高校卒業と同時にアーセナルと契約し、真っ先に海外に身を置いた。あれから約5年。欧州での苦闘などを正直に、大いに語った。

    -今シーズンは

    振り返ると、自分のことをいろいろ知ることができたシーズンでした。
    ウィガンでハムストリングをけがして、昨シーズンはアーセナルに戻ったけど、試合に絡むこともなく過ごしていました。
    今回はトゥエンテで試合にどんどん絡むために来た。
    ただ、けが明けの最初の試合がヘラクレス戦で、自分が期待していた気持ちに、体がついてこなかった。

    (助っ人として加入し)結果も出さないといけないしコンディションも戻さないといけないというジレンマがあった。
    これは自分にとって初めての経験だったので、そこからメンタルが崩れていった。本当に難しいシーズンでした。

    -シーズン終盤にようやくドリブル突破からのゴールがあった。

    本当にそこが自分の持ち味なんで。でも、その持ち味をなかなか出せなかった。
    今まで出せていたものが、ぜんぜん自分の足じゃないみたいな…。
    おかしいなあという感じだけど結果も出さないといけない。すごい難しかったですね。

    -「メンタルが崩れた」とは

    それこそ、自分に期待していた部分があったから、そこで「なんだ、この体は? ぜんぜん動かないじゃないか」みたいな。
    結果が出ず、思うようにいかない。そのターニングポイントは、以前にもお話ししましたがヘーレンフェーン戦でした。
    あの試合で精神的に追い込まれました。でも、そういうところで自分と向き合えたのはよかったです。

    -あのころは「20分でバテていた」と試合後に言っていた

    そんなんじゃ恥ずかしいですよね(苦笑い)。今から思えば、お金を払っているお客さんのためにやっている中で、そんなやつが試合をやっていいのかって。
    プロフェッショナルとして…。でも、そういうことを分かることができたのは、良かったんですけど。

    -オランダの雑誌のインタビューで「ロッベンと話してみたい。目標の選手」と答えていたが

    スピードを武器にしている選手だし、参考にしています。(けがから復帰したという意味でも)お手本ですよね。
    「肉離れしてスピードは戻るのかな? 自分からスピードがなくなったらどうなるのかな」と思っていました。
    実際試合に出たら「ぜんぜん遅いや。どうするの?」みたいな感じで、すごく悩みました。
    だけど信じていて良かった。スピードも戻ってきたので、良かったです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00000010-nksports-socc
    日刊スポーツ 5月17日(日)1時45分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00000010-nksports-socc.view-000
    インタビューに応じたトゥエンテFW宮市
     

    続きを読む

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 05:41:02.55 ID:VyAgg8bA0.net

    546351_heroa

     
    リーグ終盤にはインザーギ監督の解任もあって、ミランにとっては後味の悪いシーズンになったけど 
    ミランの一員としてをフルシーズンを戦ってみてどうだった? 


    「個人的な意見としてはピッチ外のゴタゴタに巻き込まれた印象を持っている。 
    これは現場にいてより強く感じることやけど、ミランというクラブにいる以上は多くのことが求められる。 
    これは無理があるな、と思うこともミラノでは要求される。特に、メディアやサポーターからね。 
    その意味では、勝者のメンタリティというか、常に自分が試されてる気持ちがあった」 

    シーズン当初はゴールを量産して活躍。だが、その後はチームの低迷と重なって君も得点が取れなくなった。 
    ボナベントゥーラにポジションを奪われてからは、君はベンチに入らないこともあった。 
    振り返ってみてどう?何がきっかけで君はサンシーロの主役の座が下ろされたのだろう?
     

    「まず、最初に言いたいのはおれにとっては悪いシーズンではなかったということ。 
    もちろん、ミランはこの結果では許されないクラブだし、所属している選手としても満足はできない。 
    ただ、おれ個人としてはMFのポジションで多くのゴールを取ってきたし、セリエAでも個で問題なくプレーできた自負がある」 

    ボナベントゥーラにポジション争いで負けたこともショックではないのかな? 
    トップ下は君にとって待ち望んでいたポジションのはずだけど。 


    「そこは気にしていない。おれはジャコモに負けているとは思ってないから。 
    例えば、シーズン全てのアベレージで見ればおれの方がいいプレーをしてる。 
    サッカーは実力がそのまま反映する競技ではないんで。おれがユベントスの試合でダメだと決め付けられて 
    ジャコモはチェゼーナの1試合で英雄になった。納得はしていないけど、これもサッカーの一面だから仕方がない」 

    つまり、選手としては負けてないと? 

    「そこを認めたら引退か、と。ジャコモがおれと同じだけのゴール数を上げたのか、おれより良いパフォーマンスをしたのか。 
    おれの考えとしては、劣ってるとは思っていないから。考えがブレることはないし、何かを変える必要はない。 
    (評価は)メディアやサポーターが好き勝手に決めてることなんで。シーズントータルで考えるべき」 

    解任したインザーギ監督についてはどう思ってる? 

    「悪い時期のクラブをまとめようと物凄く努力していた。そこはリスペクトしてる。でも、哲学やスタイルがブレてしまって 
    チームを一つの方向に向けることができなかった。周囲のプレッシャーや批判に飲まれていた印象がある。 
    (初監督で)まだ、準備や経験が足りていなかったね。それは否定できない。 
    このクラブでやっていく監督は選手以上にタフなメンタリティが要求されるし、 
    何よりもオーラやカリスマ性がないとやっていくのは難しいと個人的には思う」 

    来シーズンの抱負は? 

    「ミランに来てからおれがまだチャンピオンズリーグに出場していないことに人は注目してる。 
    でも、逆におれはこっち来てからミランはチャンピオンズリーグに出てへんぞ、ということに注目してる。 
    ミランはおれを査定しているが、おれもミランというクラブを査定してるんで。そこで、まだお互いに満足できていない。 
    今のミランがチャンピオンズリーグに出るにはおれだけ意識が高くても意味がないから。 
    選手、監督、コーチ…だけじゃなく、グラウンドキーパーや清掃員にまでその意識が届くかどうか。 
    今まで以上に要求をしていかないとあかん、そんなシーズンになると思っています」 


    ↑シーズン終了後にこういうこと言いそう
    続きを読む

    取材強制終了させる”爆発音”/コラム
    <オーストラリア発・記者コラム>

    「ドンッ!」。ハンマーで何かをたたいたような爆発音が、取材エリアに響いた。

    ヨルダン戦の公式練習が行われた19日のこと。音が響いてきた先は、日本代表の選手が乗っているバスの中からだった。
    テレビ、ペン記者を含め、50人以上いた報道陣は、驚いて一斉にバスの方向を見つめた。
    取材を受けていたDF長友は、その音を耳にした途端、
    「すいません。怒られてしまうので」と言って、小走りでバスに乗り込んだ。

    練習を終えて、既にバスに乗っていた選手の1人が、取材を受けている数人に向けて
    「早くバスに乗れ」という合図だったのだろう。
    しばし、代表合宿中には、そんな行動に出る選手が目撃される。
    だが、軽く窓をノックするような「合図」ではなかった。
    19日の爆発音は、バスの窓が割れてしまうのではないかと思われるほど思い切り“殴った”暴挙だった。

    取材を受ける、受けないは、選手の自由だ。現に本田や長友は、自らの意思で、
    きちんと報道陣に受け答えする日と、話さない日を明確にしている。
    一方で、毎日のように、丁寧に質問が終わるまで、取材に応じる選手もいる。
    取材に応じる姿勢は、おのおのの判断。それは尊重するが、一つ間違ってはいけないのは、
    丁寧に取材に応じている選手の邪魔をする権利は、どの選手にも一切、ない。

    取材を力ずくで終わらせた選手の顔は、窓にスモークが張られていたため、分からない。
    悲しいのは、日本代表にそのような選手がいること。そしてスタッフも含め、
    そのような選手に注意をしてあげる仲間が、いないこと。【日本代表担当=益子浩一】

    [2015年1月20日19時43分]

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20150120-1424131.html

    続きを読む

    19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 23:20:55.83 ID:o8eMCPRn0.net
    http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00182294.html 
    ●カカウ選手(C大阪) 
    「3点目、4点目を取られてしまったところがあって、非常に厳しい試合の最後になってしまい、とにかく悔しさしかない」 

    Q:今夏からC大阪に加わったなか、J2降格が決まった要因はどう感じますか? 
    「来日したときにおそらく話したと思うが、クラブ、チームで、すべてを尽くして1試合1試合勝利を求めていく雰囲気を作らなければいけなかったと思います。 
    そこができなかったということが、降格してしまった要因だと思います。今日の試合に負けたから降格が決まったわけではない。 
    それは今季調子が出なかったから。ホームで神戸に負けた、甲府に負けた。清水にも負けてしまった。仙台戦で引き分けに終わってしまった。 
    そういった(残留が)かかった試合に勝っていればというのが、当然ある。 
    今日の対戦相手はタイトルをかけて争っていて、向こうも優勝を諦めていないですし、非常に厳しい状況のなかでの試合でした。 
    クラブ、チーム、選手、すべてが勝者の意識を持たなければ、サッカーにおいて、何かを成し遂げることはできないと思います」 

    Q:来季J2で戦う現実は受け止められるか? 
    「契約は来年の6月までありますし、今までどのチームにおいても、契約は全うしてきました。ここで今までのやり方を変えるつもりはありません。 
    何人かの選手はチームを去るかもしれませんし、そういうことがあるかもしれません。ただ、何より大事なのは、新しいメンタリティを作っていくということ。 
    それがなければ、難しい戦いになります。J1に復帰するためには、チームのメンタリティーを変えることが、何より必要になります」 

    Q:J2で戦うことに抵抗は? 
    「それはないです。C大阪はいいチームだと僕は思っています。日本に来る前から、いろんな情報を集めたなか、降格は残念ながら起こってしまいましたが、 
    J2に落ちても、メンタリティを変えて、とことん勝利にこだわるチームに変わっていくのであれば、このチームのなかで僕は戦い抜きたい。 
    少なくとも、チームが必要としてくれるのであれば、僕はJ2であれ、試合に出たいし、チームに残りたい。 
    ただ、クラブの意向も聞かなければいけない。今、33歳なので。それでも、試合にはすべて出たい。絶対に、絶対に、常に全試合に出たい。 
    コンディションも仕上げて、常に試合に出られる準備もしてきました。ただ、チームのために貢献しようと思えば、ピッチの上に立たないと貢献できないので」
    続きを読む

    928: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/26(水) 08:59:28.90 ID:7jQi9l1/.net
    内田インタビュー 


    B3UVWv9CMAAUjKv

    CL・GL第5節シャルケ対チェルシー試合後インタビュー 11月25日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ(GL)第5節で、内田篤人のシャルケは本拠でチェルシー(イングランド)に0-5で完敗した。試合後、フル出場した内田がインタビューに応じた。
    ――チェルシーはやってて強い感じがした?

    内田 まあ、自滅から入った感じはある。ブンデスリーガでゲーム悪くても結果が取れてた試合もあったけど、やっぱりこういう相手だとなかなか。

    ――攻撃も、クロス上げても向こうはそんなに・・・

    内田 まあ高さあるし、そんな怖くないと思ったけど、それしかなかったから。まあ、前半何回かフンテラールも(チャンスが)あったし、オレとだれかでコンビネーションを使うっていうのはあったけど。うーん・・・自分が絡まないとほとんどチャンスはないと思った。シュートまでいけなかったから。

    ――後半途中までシュート半分以上自分が絡んだというのは。

    内田 他にいなかったし、絡める人が。

    ――抜けてたシーンが2、3回あったが、自分でシュートを打つというのは考えなかった?

    内田 全然考えてないですね。そこまで行ってないと思う、たぶん。前半何回か裏いけるチャンスがあったけど、全然ボールが出てこなかった。そういうズレがたぶん他の選手もあって。きょうは全然パス回らなかったし。バックミスが何回もあったから、イライラはみんなたまってた。

    ――中盤のプレッシャーが激しかった?

    内田 そんなに激しくなかったと思うけど。だから・・・チェルシーってことなんじゃないかと。俺らが意識しちゃってたんじゃないかな、そんなにビビらなくてもよかったのに。

    全文は以下
    http://www.bundesliga.com/jp/cl/news/2014/0000307532.php
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ