サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:イブラヒモビッチ

    1: YG防衛軍  2016/07/02(土) 07:44:35.96 ID:CAP_USER9

    CmTeyTBUkAAqK1A

     
    マンチェスター・ユナイテッドにFWズラタン・イブラヒモビッチが加入したのは、フロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオの「夢の対戦」と同じだという。「実現しないと言われていたけど、実現した」からだ。

    ユナイテッドは1日、イブラヒモビッチ加入を正式に発表した。早速、クラブ公式チャンネルのインタビューに応じたイブラヒモビッチは、移籍が決まったことについて次のように喜びを表している。

    「すごく興奮しているよ。とても、とてもうれしい。ついに決まったね! でも、これからスタートだ。ハードワークが始まる。決断はかなり簡単だった。メイウェザーとパッキャオの対戦みたいなものさ。決して実現しないと言われていたけど、実現したんだ」

    ユナイテッドでインテル時代に仕事をしたジョゼ・モウリーニョ監督と再会するイブラヒモビッチは、自身と“スペシャルワン”はいつだって勝者だと強調している。

    「素晴らしい思い出ばかりだ。ジョゼとの間で唯一悔いていたのが、彼と一緒に仕事をした時間が短かったことなんだよ。1シーズンだけだった。でも、僕らは一緒に勝利を収めている。彼は勝者で、僕も勝者だ。僕らは自分たちが何を望んでいるかを知っており、どこに行っても勝つんだ」

    ユナイテッドは新シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)に出場できない。だが、イブラヒモビッチは問題ないと語った。

    「僕はどこに行っても勝利を手にしてきた。この人生における新たなチャプターを楽しみにしている。何を自分が望んでいるかを分かっているんだ。僕は勝つために来た。でも、すべての背景にはハードワークがある」

    「僕は勝つために来た。時間を潰すためじゃない。天候も気にしない。僕は勝つために来たのだからね。それが僕の目標だ。僕らが出るのはヨーロッパリーグだけど、僕らはすべてにおいて勝つためにプレーする。メインの目標を達成するために全力を尽くすよ」

    新天地が決まるまで去就をめぐる報道が絶えなかったイブラヒモビッチは、新たな挑戦の舞台が決まったことを喜んでいる。

    「いろいろ騒がれ、憶測があったから、息をつくことができるね。今、僕はマンチェスター・ユナイテッドの選手になった。世界で最も幸せな選手だ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160702-00000041-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ  2016/06/23(木) 06:53:22.64 ID:CAP_USER9

    CfaBoSiUMAAZ_T9



     
    Italy 0-1 Ireland

    85' Robert Brady
    http://www.livescore.com/euro/match/?match=1-1695448

    [速報EURO35]スタメンを8人入れ替えたイタリア、今大会初失点で惜敗 アイルランドが初のGL突破
    ともにGL突破
    http://www.theworldmagazine.jp/20160623/02national_team/69908


    Sweden 0-1 Belgium

    84' Radja Nainggolan
    http://www.livescore.com/euro/match/?match=1-1695449

    [速報EURO36]イブラ代表ラストマッチに…… ベルギーMFナインゴランが終盤にスーパーミドル決めて決勝Tへ
    スウェーデンは最下位で敗退
    http://www.theworldmagazine.jp/20160623/02national_team/69909

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2016/06/21(火) 04:22:53.76 ID:4M1S7dNY0

    CfaBoSiUMAAZ_T9


    ちなワイのスペック
    171cm 61kg

    対するイブラさん
    195cm 95kg


    これは名勝負やろなあ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/15(水) 21:10:23.18 ID:CAP_USER9

    4c1f7d46-195a-49d0-b628-192f70ef8a8e

    マンチェスターU入りが噂されるFWズラタン・イブラヒモビッチ(34)が15日、スウェーデンのリオ五輪代表予備メンバーにオーバーエージ枠の1人として入った。 

     イブラヒモビッチは現在行われている欧州選手権に出場しており、13日にはアイルランド戦でオウンゴールを誘うなど健在ぶりを見せた。昨シーズンまで仏1部パリSGに所属していたがモウリーニョ新監督が就任するイングランド・プレミアリーグのマンチェスターU入りが有力視されている。

    スポニチアネックス 6月15日 20時31分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000143-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/06/15(水) 08:30:54.14 ID:CAP_USER9
    ■赤い悪魔”をプレミア奪還へ導くか

    CfaBoSiUMAAZ_T9


     パリ・サンジェルマン(PSG)を退団したスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッド移籍で合意に達し、現在開催中の欧州選手権(EURO)フランス大会終了後にメディカルチェックを受けることが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

     かねてから秒読み段階とされていたカリスマの去就問題がついに決着した。すでに今季限りでのPSG退団を発表していたイブラヒモビッチは、2008-09シーズンにインテルで共闘したジョゼ・モウリーニョ新監督の待つユナイテッド移籍で合意に達したという。

     代理人のミノ・ライオラ氏とユナイテッドのエド・ウッドワード副会長は、ここ数週間交渉を続けてきたが、34歳のカリスマの契約期間は1年間。イブラが欧州選手権前にメディカルチェックを受けることができなかったために、交渉は長期化を迎えたという。

     イブラは今季PSGでリーグ戦38得点を叩き出し、リーグ4連覇に貢献。

    12-13シーズンから在籍4年間で3度リーグMVPに輝いていた。アヤックス、ユベントス(八百長問題で後にタイトル剥奪)、インテル、バルセロナ、ACミラン、PSGと所属先に国内リーグタイトルをもたらしてきた優勝請負人は、“赤い悪魔”に12-13シーズン以来となるリーグタイトルをもたらすことが期待されている。

    Soccer Magazine ZONE web 6月15日 8時20分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160615-00010002-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/05/30(月) 12:44:10.01 ID:CAP_USER9
     
    伊メディア報じる バッカ、ボナベントゥーラもセール対象に

    巨額の赤字に苦しむACミランは、復権への切り札であるカリスマの帰還に向けて必死の金策に走っているという。
    パリ・サンジェルマン(PSG)を今季限りで退団するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得に必要な巨額年俸を捻出するために、
    日本代表FW本田圭佑ら現有戦力を一掃セールに出る可能性が浮上している。
    イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、「ミラン、イブラのために奔走。売って可能性を作る」と報じている。

    強化責任者であるアドリアーノ・ガリアーニCEOは、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ獲得におけるハードルは高額年俸が全てだと発言。
    そのため、ミランはお手上げ状態だと見られていたが、その裏では懸命に金策に走っているという。

    現状、ミランの前線には期限付き移籍で他クラブに所属する選手や、3トップの際にウイングとして起用される選手を合わせると、
    日本代表FW本田圭佑を含めた10人の選手が名を連ねている。
    そして、そのほとんどがイブラヒモビッチ獲得のための金策に動く対象だとしている。

    まず、ローマとの完全移籍の交渉が合意に至ったとされるFWステファン・エル・シャラウィがチームを去る。
    そして元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテングと、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがチームを離れることも、
    シルビオ・ベルルスコーニ会長によって明らかにされている。
    さらに、チームにとって必要不可欠と思われたイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラもミランでの将来に不安を残すコメントを発しており、
    移籍金次第では放出される可能性が浮上しているという。

    今季1得点の本田にオファーや打診なしも…

    しかし、ボナベントゥーラよりもさらに将来が不確定なのが、本田、FWカルロス・バッカ、FWルイス・アドリアーノ、FWエムベイエ・ニアングの4人だと同サイトでは指摘されている。
    アドリアーノはすでに冬の移籍市場の段階で中国の江蘇蘇寧とクラブ間合意していた経緯があり、重要な選手だとは認識されていない。
    ニアングは、冬にレスター・シティからオファーが来た後、新しいオファーは届いていないものの、放出の可能性は低くないという。

    FWバッカについても、昨季加入時に支払った金額と同等以上のオファーがあれば放出を容認する構えだという。
    すでに、カルロ・アンチェロッティ氏が新監督に就任するバイエルン・ミュンヘンが獲得に向けた調査を進めている。

    残った本田についても、契約が残り1年となるこのオフは契約延長か売却かの決断を下す時期になる。
    だが残念ながら、今季リーグ戦1得点3アシストという低調な成績では、他クラブからハッキリとしたオファーや調査は届いていないという。

    いずれにせよミラン強化部は、攻撃陣の大刷新によりイブラヒモビッチを獲得するための資金を捻出し、人員整理を同時に進めようとしているという。
    果たして、今季100億円の赤字を計上し、3年連続で来季欧州カップ戦への出場権を失った凋落の名門の”在庫一掃セール”は奏功するのか。
    そして、夫人がミラノの街をこよなく愛していると伝えられるカリスマストライカーが、ロッソネロに再臨する日は来るのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010016-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 5月29日(日)21時35分配信

    no title

    続きを読む

    1: れいおφ  2016/05/24(火) 18:09:54.39 ID:CAP_USER9
    今季限りでパリサンジェルマンを退団するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)が
    マンチェスターU移籍で合意したと、オランダメディアの情報をもとに英インディペンデント紙が報じた。

    ファンハール監督を解任したマンUは新監督にジョゼ・モウリーニョ氏(53)を迎えることが確実。
    モウリーニョ氏とイブラヒモビッチはインテルミラノ時代に師弟関係だった。

    また、イブラヒモビッチとマンUの契約には、
    現役引退後にアシスタントコーチとしてクラブに残ることができる条項が含まれているという。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1652451.html

    続きを読む

    1: 名無しに人種はない 2016/05/16(月) 07:23:17.70 ID:QHz9uvYg
     
    バイエルン、レアル、バルサ、ユーベとか無しで
    こいつが入ったら化学反応起きそうなチーム
    ある?

    続きを読む

    1: Egg  2016/05/17(火) 13:09:29.88 ID:CAP_USER9

    CfaBoSiUMAAZ_T9

     
    ■争奪戦となっている”カリスマ”だが、19億円の年俸を払えるのはマンUのみ?

    3季連続でリーグ優勝を逃しているマンチェスター・ユナイテッドが、覇権奪還の切り札としてパリ・サンジェルマン(PSG)と契約満了となったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得に向けて、1年の延長オプションを付けた1年契約を用意し、正式オファーを送っているという。 

    仏地元ラジオ局「RMC」が報じている。

     イブラヒモビッチは4年間プレーしたPSGから今季限りで離れることを、すでに明言している。リーグアンで38得点を挙げるなど衰え知らずの34歳には、プレミア勢をはじめ、古巣ミランや米MLSなど複数クラブが獲得に乗り出していた。

     レポートによれば、“赤い悪魔”と呼ばれる名門クラブは獲得に向けた動きを強めているという。すでに1年契約で公式に打診していると言われ、そこには成果次第で1年の延長オプションが付けられるという。

    イブラ獲得に手を挙げるクラブは多いものの、PSGで受け取っていた1500万ユーロ(約19億円)ほどの年俸を支払えるのは、絶大な資金力を持つユナイテッドくらいしかないと、金銭面の問題から”赤い悪魔”が有利との見方もある。

    ■モウリーニョ政権誕生が最後の決め手か

     その一方で、今のイブラヒモビッチにとっては、お金はそれほど大きな問題ではないのではとも推測されている。スウェーデン代表FWは2008-09年にインテルで指導を受けたジョゼ・モウリーニョ氏との再会に興味を示しているという。

     そのポルトガル人指揮官は、来季のユナイテッドの新監督候補になっている。監督人事が、イブラヒモビッチという最終兵器獲得に向けたキーファクターとなる可能性も高い。

     英紙「ガーディアン」によれば、イブラヒモビッチの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、オファーの存在を否定している。しかし、13年のアレックス・ファーガソン元監督の退任後、リーグ優勝から遠ざかっているユナイテッドはタイトルの奪還を切望している。

    これまでアヤックス、ユベントス(カルチョ・スキャンダルで剥奪)、インテル、バルセロナ、ミラン、PSGと4カ国で所属してきたクラブを次々とリーグ制覇に導いてきた“優勝請負人”こそ、ユナイテッドが求めている救世主なのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160517-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/05/13(金) 20:50:32.32 ID:CAP_USER9
    イタリア衛星放送レポート 今季36得点男は欧州サッカーと決別か
    スウェーデン代表のカリスマFWズラタン・イブラヒモビッチが自身のツイッターを更新し、
    14日の本拠地ナント戦がパリ・サンジェルマン(PSG)のユニフォームを着てのラストゲームになると
    今季限りでの退団を明言している。
    唯我独尊のカリスマの新天地は米MLSのロサンゼルス・ギャラクシーになる可能性が高まっている。
    イタリア衛星放送局「スカイ・イタリア」は「イブラがPSGにお別れを 未来はギャラクシー」と特集して。

    ズラタン節全開のツイートでスーパースターはパリへの決別を表明している。

    「明日はオレにとってパルク・デ・プランス(PSGの本拠地)でのラストゲームだ。
    オレは王としてここに来て、レジェンドとして去る」

     今季限りで契約満了となるカリスマは移籍金ゼロで所属先を選択できる。
    リーグ4連覇に導き、この間MVPに3度輝いた。今季は36ゴールで得点ランク首位を独走している。
    このカリスマFWの帰還を悲願とする日本代表FW本田圭佑が所属するACミランにとっては、
    暗黒時代脱出に向けたチャンス到来とも言えるニュースだった。イブラも古巣ミランに対する愛着を示していた。

     だが、中国資本が買収交渉を進める赤と黒の名門に、イブラは戻ってこないという。

    「このニュースは、イブラ帰還を望むミラニスタを喜ばせるニュースになり得たかもしれない。
    だが残念ながら、このストライカーの興味はアメリカMLSでプレーすることにある。それは、LAギャラクシーだ」
    .
    現時点でLA90%、マンU10%、ミラン0%

     同局のアレッサンドロ・アルチャート記者もツイッターで「現時点でのイブラヒモビッチのパーセンテージ。
    LAギャラクシーが90パーセント。マンチェスター・ユナイテッドが10パーセント」と見通しをレポート。
    ミラン率は目下のところゼロだ。

     LAギャラクシーには、かつてイングランド代表のカリスマ、デイビッド・ベッカムが所属した。
    現在は元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードのほか、同DFアシュリー・コール、
    アイルランド代表FWロビー・キーン、昨季までミランでプレーした元オランダ代表MFナイジェル・デヨンク、
    メキシコ代表MFジオバニ・ドス・サントスなどが所属している。

     果たして、天上天下唯我独尊のストライカーはマンU、
    アーセナルというプレミア初上陸を果たしてはもらえないのだろうか。
    温暖な気候で知られるアメリカ西海岸の地で最後の勇姿を見せるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160513-00010014-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ