サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:イブラ

    1: Egg ★ 2017/07/01(土) 12:41:25.44 ID:CAP_USER9
    6月30日をもって前所属クラブとの契約が満了し、7月1日からフリーエージェントとなった選手たちの中には、ビッグネームも少なくない。
     
     ユベントスと契約解除したがマンチェスター・C行きが濃厚なダニエウ・アウベス、アトレティコ・マドリーとの契約延長が濃厚のフェルナンド・トーレス、レアル・マドリーを去ったがパリSGとサイン間近のペペという3人を除いても、まだまだ大物はいる。
     
     もっとも括目に値するのが、やはりズラタン・イブラヒモビッチだろう。すでに35歳だが16-17シーズンはマンチェスター・Uのエースに君臨し、公式戦通算で28ゴール・10アシストとその破壊力はまったく衰えていない。
     
     ただ、4月に右膝十字靱帯を断裂し、プレーできるのは2018年になってからと言われている。MLS、ミラン、アトレティコ・マドリーなど様々な移籍先候補が浮上しているものの、夏中には新天地が決定しない可能性もある。
     
     同様に目が離せないのが、フランチェスコ・トッティだ。25年間を過ごしたローマを涙ながらに去ったプリンチペ(王子)は、他クラブでの現役続行か引退してのフロント入り(すでに契約書にはサイン済み)かの結論をまだ出していない。
     
     J2の東京ヴェルディが獲得に乗り出しているのは周知の通りだが、希望年俸は300万ユーロ(約3億6000万円)と安くない。現時点では、その額をポンと出せそうなMLS行き、もしくはローマでの幹部就任が現実的なシナリオと言える。
     
     日本人選手では、本田圭佑と柴崎岳だ。3年半のミラン挑戦を終えた前者も、半年契約で入団したテネリフェのリーガ・エスパニョーラ1部昇格が叶わなかった後者も、複数の新天地候補が取沙汰されているがまだ具体的な動きはなし。これから交渉が本格化していくか。
     
     他にも、スペインの伝説的GKであるイケル・カシージャス、19年活躍したチェルシーを去ったジョン・テリー、パリSGの中盤を支えてきたチアゴ・モッタ、元マンチェスター・C組(ヘスス・ナバス、ウィリー・カバジェロ、バカリ・サーニャ、ガエル・クリシ)、シャルケで内田篤人と同僚だったデニス・アオゴとマキシム・シュポ=モティング、そして今年2月にサンプドリアと契約解除後は“浪人”していた天才アントニオ・カッサーノなども、ボスマンプレーヤーとなっている。
     
     Jリーグ勢も「移籍金ゼロ」で迎え入れられるタレントたちだけに(トッティの例の通りビッグネームほど年俸は高いが……)、その動向には注視したい。


    【フリーエージェントの主な有力選手】
     
    [GK]
    ・イケル・カシージャス(元ポルト/元スペイン代表)
    ・ウィリー・カバジェロ(元マンチェスター・C/元アルゼンチン代表)
    ・シェイ・ギブン(元ストーク/元アイルランド代表)
     
    [DF]
    ・ジョン・テリー(元チェルシー/元イングランド代表)
    ・ガエル・クリシ(元マンチェスター・C/フランス代表)
    ・バカリ・サーニャ(元マンチェスター・C/フランス代表)
    ・マルティン・カセレス(元サウサンプトン/ウルグアイ代表)
    ・コロ・トゥーレ(元セルティック/元コートジボワール代表)
    ・デニス・アオゴ(元シャルケ/元ドイツ代表)
    ・ゴンサロ・ロドリゲス(元フィオレンティーナ/元アルゼンチン代表)
    ・ジョリアン・レスコット(元サンダーランド/元イングランド代表)
     
    [MF]
    ・本田圭佑(元ミラン/日本代表)
    ・柴崎岳(元テネリフェ/日本代表)
    ・チアゴ・モッタ(元パリSG/元イタリア代表)
    ・ヘスス・ナバス(元マンチェスター・C/スペイン代表)
    ・ルーカス・レイバ(元リバプール/元ブラジル代表)
    ・マテュー・フラミニ(元クリスタル・パレス/元フランス代表)
    ・ゾラン・トシッチ(元CSKAモスクワ/セルビア代表)
    ・チャーリー・アダム(元ストーク/スコットランド代表)
    ・セバスティアン・ラーション(元サンダーランド/スウェーデン代表)
     
    [FW]
    ・ズラタン・イブラヒモビッチ(元マンチェスター・U/元スウェーデン代表)
    ・フランチェスコ・トッティ(元ローマ/元イタリア代表)
    ・マキシム・シュポ=モティング(元シャルケ/カメルーン代表)
    ・ミルコ・ヴチニッチ(元アル・ジャジーラ/元モンテネグロ代表)
    ・ニウマール(元アル・ナスル/元ブラジル代表)
    ・アントニオ・カッサーノ(元サンプドリア/元イタリア代表)
    ・ラシド・ゲザル(元リヨン/アルジェリア代表)

    2017年07月01日 サッカーダイジェスト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=27364

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@2017/04/11(火) 08:12:58.77 ID:CAP_USER9

    C3ndnHxVYAAm1Qe

     
    マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、
    プレミアリーグ第31節サンダーランド戦のゴールで、30歳以降の得点数が250を記録したことについてコメントを残した。
    イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。
     
     最下位サンダーランド相手に3-0と勝利したマンチェスター・U。
    先制点を決めたイブラヒモヴィッチにとって、この得点が30歳以降に決めた250得点目となった。

     この記録についてイブラヒモヴィッチは、「年を取れば取るほど知能が上がるようだ」と話し、
    「ますます良くなっている。私はベンジャミン・バトンのようだ。私は年を取って生まれて、若くして亡くなるのかもしれないね」と冗談交じりにコメントした。

     今年で35歳となるイブラヒモヴィッチだが、今シーズン初挑戦となったプレミアリーグでも、第31節終了時点で17得点と衰えを知らない。
    年を重ねるにつれて、さらに得点も重ねていくのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00574547-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/27(金) 07:12:46.83 ID:CAP_USER9

    Cso9PNTVYAAUj63

     
    【スコア】
    ハル 2-1(2戦合計2-3)マンチェスター・U

    【得点者】
    1-0 35分 トム・ハドルストーン(PK)(ハル)
    1-1 66分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
    2-1 84分 バイエ・オウマル・ニアッセ(ハル)

    GOAL..com
    http://www.goal.com/en/match/hull-city-vs-manchester-united/2378100/lineups?ICID=MP_MS_2

    フットボール・リーグカップ(EFLカップ)準決勝セカンドレグが26日に行われ、ハルとマンチェスター・Uが対戦した。

    公式戦17試合負けなしと好調が続くマンチェスター・U。10日にホームで行われたファーストレグでは2-0と完封勝利を収めており、優位な状況でセカンドレグを迎えた。
    先発メンバーには、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表MFポール・ポグバらが名を連ねた。

    試合は35分、アウェーのハルが先制に成功する。左CKからのクロスに対してエリア内で競り合う際にハリー・マグワイアがマルコス・ロホに倒され、PKを獲得。
    キッカーのトム・ハドルストーンがゴール左下に決めた。前半はハル1点リードで折り返した。

    突破に向けて少なくとももう1点が必要なハルは、後半に入って立て続けに交代カードを切る。
    59分にラザル・マルコヴィッチ、64分にはエヴァンドロと今冬獲得した2選手をピッチに送り込んだ。

    しかしながら66分、マンチェスター・Uが貴重なアウェーゴールを奪う。イブラヒモヴィッチのスルーパスにラッシュフォードがエリア内左に抜け出す。
    相手DFがクリアしようと触ったボールがエリア内中央にこぼれると、走り込んだポグバが右足でシュート。ボールは相手DFの股間を通過して、ゴール右下に吸い込まれた。

    84分、ハルが再びリードを奪う。右サイドのデイヴィッド・メイラーのクロスに、エリア内左でフリーになっていたバイエ・オウマル・ニアッセが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。
    試合はこのまま終了し、ハルが2-1で勝利。2戦合計3-2としたマンチェスター・Uが優勝した2010年以来の決勝進出を決めた。

    マンチェスター・Uは2月26日に行われる決勝で、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

    SOCCER KING?1/27(金) 6:58配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00546257-soccerk-socc

    ハルがホームで意地を見せて勝利も、決勝進出はマンチェスター・U/EFLカップ準決勝 GOAL?1/27(金) 6:43配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000035-goal-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggPFOzwXYOIs4cgFn8m61f5Q---x900-y506-q90/amd/20170127-00000035-goal-000-view.jpg

    公式HP リーグ杯
    http://cup.efl.com/

    【サッカー】<EFLカップ準決勝>サウサンプトンが敵地でもリヴァプールに完封勝利で決勝進出!DF吉田麻也はフル出場
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485381969/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/11/07(月) 02:33:59.49 ID:CAP_USER9
    [11.6 プレミアリーグ第11節 スウォンジー1-3マンチェスター・U]



     プレミアリーグは6日、第11節を行った。マンチェスター・ユナイテッドは敵地でスウォンジーと対戦し、3-1で勝利。リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。

     ユナイテッドを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督は、前節のバーンリー戦で主審を罵倒し、侮辱する言動があったため、イングランドサッカー協会(FA)から1試合のベンチ入り停止処分を受け、この試合はスタンド観戦。スターティングメンバーは、3日のヨーロッパリーグ(EL)のフェネルバフチェ戦から5人を変更し、DFフィル・ジョーンズやMFマイケル・キャリックらが起用された。

     試合が動いたのは前半15分だった。ユナイテッドは、PA左のスペースに走り込んだFWウェイン・ルーニーにMFポール・ポグバが浮き球パスを送ると、ルーニーが後方に落とし、FWズラタン・イブラヒモビッチが競ってこぼれたボールをポグバが右足ボレー。強烈なシュートがゴール右に突き刺さり、先制に成功した。

     押し込む時間帯が続くユナイテッドは前半21分、左サイドでパスを受けたルーニーが中央のイブラヒモビッチにパスを送り、上体のフェイントから右足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、2-0。“ゴール欠乏症”で批判されたイブラヒモビッチが9月29日のELゾニャ戦以来のゴールを決め、このゴールがプレミアリーグ史上通算2万5000点目となった。

     さらにユナイテッドは前半33分、GKダビド・デ・ヘアが大きく前線に蹴り出したボールをイブラヒモビッチがルーニーに落とし、リターンをPA内で受けたイブラヒモビッチが左足シュートをゴール左に流し込み、3-0とリードを広げた。イブラヒモビッチはこれでキャリア通算で400ゴールを達成した。

     後半開始からMFジェフェルソン・モンテーロを送り込んだスウォンジーは後半24分、MFギルフィ・シグルドソンのFKからDFマイク・ファン・デル・ホールンがヘッドで合わせ、1点を返した。さらに直後の同25分、MFレオン・ブリットンに代えてMFリロイ・フェルを入れ、攻勢を強めた。

     1点を返されたユナイテッドは後半31分に、フェルへのファウルでイブラヒモビッチにイエローカード。これでイブラヒモビッチは累積警告により、次節アーセナル戦は出場停止となった。試合はユナイテッドがリードを守り抜き、3-1で勝利。9月24日の第6節レスター・シティ戦以来、5試合ぶりの白星を飾った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-01633039-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/08/07(日) 23:29:28.76 ID:CAP_USER9

    CmTeyTBUkAAqK1A

     
    7日に行われるコミュニティ・シールドで、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとマンチェスター・Uが対戦する。
    同試合を前に両チームが先発メンバーを発表。2016-17シーズン初の公式戦で岡崎は先発出場となった。

    プレミアリーグ王者のレスターは岡崎に加え、昨シーズンのリーグ戦で24得点を挙げたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディや、
    同17ゴール11アシストを記録したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズらが先発出場となった。

    FAカップ覇者のマンチェスター・Uは、新加入2選手が先発出場。コートジボワール代表DFエリック・バイリー、
    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがスタメンに名を連ね、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンはベンチスタートとなった。

    両チームの先発メンバーは以下のとおり。

    ■レスター

    ▼GK
    カスパー・シュマイケル

    ▼DF
    ダニー・シンプソン
    ロベルト・フート
    ウェズ・モーガン(C)
    クリスティアン・フクス

    ▼MF
    リヤド・マフレズ
    ダニー・ドリンクウォーター
    アンディ・キング
    マーク・オルブライトン

    ▼FW
    岡崎慎司
    ジェイミー・ヴァーディ

    □マンチェスター・U

    ▽GK
    ダビド・デ・ヘア

    ▽DF
    アントニオ・バレンシア
    エリック・バイリー
    デイリー・ブリント
    ルーク・ショー

    ▽MF
    マイケル・キャリック
    マルアン・フェライニ
    ジェシー・リンガード
    ウェイン・ルーニー(C)
    アントニー・マルシャル

    ▽FW
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ

    SOCCER KING 8月7日(日)23時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00477496-soccerk-socc

    サッカーch
    http://rio2016.2ch.net/livefoot/

    GOAL TV
    http://goo.gl/euwUrg

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/07/14(木) 08:48:34.36 ID:CAP_USER9

    CfaBoSiUMAAZ_T9

     
    元エジプト代表FWアーメド・ミド・ホッサムが、アヤックス時代にチームメイトだったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)と喧嘩をした際に
    控え室でハサミを投げた事件について語った。
    イギリス紙『デイリーミラー』が12日付で報じている。

    “ハサミ事件”は2003年、フェイエノールト戦後のアヤックスの控え室で起こった。
    その試合でミドは自らが途中出場だったことに苛立っており、イブラヒモヴィッチは途中出場のミドからパスがこなかったことに腹を立てていた。
    控え室でミドがチームメイトを悪い様に罵った際、イブラヒモヴィッチがミドに言い返すと、ミドが逆上してハサミを投げつけたのだ。

    イブラヒモヴィッチは自伝で、「ミドがいきなりハサミを掴んで俺に勢いよく投げつけたのさ。奴はまじでイカれていたよ。
    ハサミは俺の頭の横をすり抜け、そのままコンクリートの壁に当たって傷をつけた」と当時の様子を振り返っている。

    事件について、ミドは「あの時はうまく試合に入れなかったので苛々していた。
    俺がピッチに入ったときには2-0で負けていて、ズラタン(イブラヒモヴィッチ)と言い争った記憶がある。
    俺はみんなを怒鳴り、ズラタンが俺に怒鳴っていた。(事件の時は)足首の包帯を切るためのハサミがちょうど手元にあったんだ」と打ち明けている。

    続けて、「ハサミを投げつけた10分後、シャワーを浴びに行ったんだ。そしたら彼(イブラヒモヴィッチ)がジャグジーに座っていたよ。

    俺たちは互いに見つめ合い、二人で笑い始めた。
    俺がズラタンに『あやうく殺すところだったな』と言うと、彼は『ああ、わかってるさ』と答えたよ」と語り、喧嘩の後にすぐにイブラヒモヴィッチと仲直りをしたと明かしている。

    その後はお互いが別のクラブに移籍し離ればなれとなってしまったミドとイブラヒモヴィッチだが、いまだに親交があるという。

    http://www.excite.co.jp/News/soccer/20160713/Soccerking_467780.html
    サッカーキング 2016年7月13日 12時05分 (2016年7月13日 20時50分 更新)

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/03(日) 18:34:55.56 ID:CAP_USER9
    マンチェスター・ユナイテッドに加入した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)が早速その“怪物”ぶりを発揮した。英『テレグラフ』によると、入団の際のメディカルチェックでの数値が、クラブ史上最高だったようだ。

     マルメでキャリアをスタートさせたイブラヒモビッチは、これまでオランダやイタリア、スペイン、フランスでリーグタイトルを獲得してきた。その“優勝請負人”が、ついに来季プレミアリーグの舞台に初上陸することが決定。契約は1年間で、1年延長のオプション付き。移籍金はないが、週給は25万ポンド(約3400万円)だという。

     ユナイテッドの公式ツイッターも「メディカルチェックの際、ズラタンはクラブのパワー記録を更新した」とツイート。具体的にどのような値がクラブ史上最高だったかは不明だが、「(加入間もないのに)もう歴史を作った」と、怪物ストライカーの圧倒的なパワーに、あの100年以上の歴史を持つマンチェスター・ユナイテッドさえも驚きを隠せなかったようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-01628908-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/06/28(火) 19:04:44.58 ID:CAP_USER9
    ジョゼ・モウリーニョ新監督の下、来シーズンに向けて積極的な選手補強に乗り出しているマンチェスター・U。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン退団)やアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)らの加入決定が目前と報じられる中、イギリスメディア『スカイスポーツ』が28日に先発メンバーを予想している。

     27日の同メディアによると、ムヒタリアンはマンチェスター・Uに移籍金2630万ポンド(約36億円)で加入することで個人合意に至った。また同日の報道では、マンチェスター・Uはイブラヒモヴィッチの移籍も合意に達したと伝えられている。両選手ともに来週中にメディカルチェックを受けると見込まれているため、同時期に加入が正式発表される可能性もある。

     同メディアは来シーズンのマンチェスター・Uの先発メンバーを予想するにあたり、モウリーニョ監督が近年[4-2-3-1]システムを好んでいることに言及。ワントップの下に3人のアタッカーを置き、流動的な攻撃を仕掛ける意向だと伝えた。そのうえで、ムヒタリアンがどのポジションに入るべきかを考察。最近のマンチェスター・Uが抱える問題として試合中にシステムが硬直化することを挙げたうえで、同選手に“10番”の役割を与えてトップ下の位置に据えることが解決策になり得るとした。

     なお、スペイン人MFフアン・マタは出番を失う見通しで、モウリーニョ監督が指揮を執ったチェルシーからマンチェスター・Uへ移籍した時と同様、再び新天地を求める可能性があると伝えられている。

     そして前線にはイブラヒモヴィッチが入り、両サイドのアタッカーにはイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードとフランス代表FWアントニー・マルシャルが並ぶと予想されている。イングランド代表FWウェイン・ルーニーのポジションはより守備的な位置、ボランチになると見込まれている。

    ■『スカイスポーツ』予想のマンチェスター・U先発メンバー[4-2-3-1]

    ▼GK
    ダビド・デ・ヘア

    ▼DF
    マッテオ・ダルミアン
    クリス・スモーリング
    エリック・バイリー(ビジャレアルから移籍加入)
    ルーク・ショー

    ▼MF
    マイケル・キャリック
    ウェイン・ルーニー
    マーカス・ラッシュフォード
    ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムントからの移籍有力)
    アントニー・マルシャル

    ▼FW
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマンからの加入有力)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00462241-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/06(月) 17:13:10.52 ID:CAP_USER9
    4c1f7d46-195a-49d0-b628-192f70ef8a8e
     
    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(34)のマンチェスターU(イングランド)移籍決定が、
    秒読みの段階となっているようだ。
    伊サイト『calciomercato.com』が現地時間5日(以下現地時間)に伝えている。

     『calciomercato.com』によれば、スウェーデンサッカー協会が、イブラヒモヴィッチがイングランドで
    メディカルチェックを受けられるよう、EURO2016に臨む同国代表チームからの一時離脱を許可したという。

     同サイトによれば、イブラヒモヴィッチはマンUと1年契約を結ぶ予定で、
    8日か9日にクラブから正式発表される見通しとのこと。

     マンUは新シーズンからイブラヒモヴィッチのインテル(イタリア)時代の指導者、ジョゼ・モウリーニョ新監督が指揮をとる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000021-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:08:24.05 ID:CAP_USER*.net

    CfaBoSiUMAAZ_T9

     
    8月に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックに出場するU-23スウェーデン代表のハカン・エリクソン監督が、パリ・サンジェルマンの同国代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチをオーバーエイジ枠にて招集する可能性を示唆した。

    ブラジルメディア『Globo Esporte』が報じている。

     リオ五輪のグループステージ組み合わせ抽選会は14日に行われ、スウェーデンはグループBに入り、日本と同組となった。同グループにはコロンビアとナイジェリアも入っている。

     8月10日のグループステージ第3節で日本と対戦するスウェーデンだが、メンバーリストの中にはイブラヒモヴィッチの名が載っているかもしれない。エリクソン監督は「私はオーバーエイジで選手を招集したいと思っている。ズラタンを呼べるのであれば、招集したいね。

    ただ、それは彼が来シーズンにどのクラブでプレーするのか、そしてユーロ次第でもある。仮に彼を呼べるのなら、このチームでプレーしてほしいと思っているよ」と、移籍先やユーロ2016次第と前置きしつつも、イブラヒモヴィッチを招集する可能性を示唆した。

     イブラヒモヴィッチは今シーズン限りでパリ・サンジェルマンを退団する意向を示し、プレミアリーグのクラブへの移籍が有力視されている。中国から巨額オファーも報じられており、去就が注目されている。

     リオ五輪は計16カ国が参加し、8月4日に開幕を迎える。4カ国ずつが4組に分かれてグループステージを戦い、各組上位2チームが決勝トーナメントへ進出。決勝戦は同20日に行われる

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00431281-soccerk-socc

    【サッカー】<リオ五輪対戦国分析>ナイジェリア、コロンビア、スウェーデン©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460691548/

    【サッカー】<リオ五輪>組合せ決定!日本はスウェーデン、コロンビア、ナイジェリアと同組★2©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460645826/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ