サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:アンリ

    1: 風吹けば名無し 2018/03/14(水) 20:10:36.65 ID:9B6M+nGMpPi

    アンリ


    楽しかったよね
    あの頃みたいにならないかな

    見てて楽しいみたいな

    続きを読む

    1: 名無しに人種はない@実況OK 2018/01/02(火) 13:08:29.65 ID:tJbnOfSz
    DSdQbH7UIAE3jy8



    他だったらギグス、テリー、カントナ、ジェラード、ランパードあたりかな。
    ケインがこれからどうなるのかは気になるところ。

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/08/23(水) 01:30:02.28 ID:G4chh3BXa
    256043



    アネルカですね?



    これがメンタリズムです

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/08/16(水) 16:49:27.57 ID:CAP_USER9



    ついに新シーズンが開幕したプレミアリーグ。

    今年は創設から25周年にあたるということで、各紙が様々な企画を実施している。

    英国『BBC』では、「プレミアリーグ史上最高のゴール」という投票企画を行ったのだが、1位に輝いたのはやはりあの得点だった。

    https://twitter.com/_/status/862215641708634114

    2001-02シーズンのニューカッスル対アーセナル戦で生まれた、デニス・ベルカンプの一撃!

    プレミアリーグファン、ひいてはサッカーファンにとってすっかりお馴染みのスーパーゴールだが、31%の得票率を獲得しプレミアリーグ史上No.1のゴールに選ばれた。

    投票の手順は三段階あり、まずは各シーズンの最優秀ゴールを編集部が選び、それらを5年周期に分けて投票を実施。さらにそれらで最も高い得票数を得た5つが最終投票に進んだ。

    それでは、最終投票に進んだゴールとその得票率を見ていこう。

    5位:ティエリ・アンリ
    (2002年、トッテナム戦、得票率5%)
    https://twitter.com/_/status/879107521285324802

    4位:ジャック・ウィルシャー
    (2013年、ノリッジ・シティ戦、得票率13%)
    https://twitter.com/_/status/839806260606296064

    3位:ウェイン・ルーニー
    (2011年、マンチェスター・シティ戦、得票率22%)
    https://twitter.com/_/status/893566288357928960

    2位:トニー・イェボアー
    (1995年、ウィンブルドン戦、得票率29%)
    https://twitter.com/_/status/888036867786104832

    http://qoly.jp/2017/08/15/best-goals-in-premier-league-bbc-kwm-1?part=3

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2017/01/04(水) 18:00:33.75 ID:CAP_USER9
     ギラヴァンツ北九州は4日、アビスパ福岡からFW平井将生(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

     平井はG大阪でプレーした当時、“浪速のアンリ”の愛称で注目され、2010年にはシーズン14得点を記録。福岡では14年から3シーズンプレーした。16年は31試合に出場して2得点。シーズン後に契約満了となっていた。

     クラブを通じ「北九州の新たなスタートの年にチームの一員になれることをとても嬉しく思います。期待に応えられるよう力の限り頑張ります」とコメントした。

     またV・ファーレン長崎からMF神崎大輔(31)が加入。MF小野寺達也(29)を期限付きで獲得した。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?207119-207119-fl

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/12/13(火) 17:41:56.90 ID:CAP_USER9
    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦でバイエルン(ドイツ)と対戦することが決まったアーセナル(イングランド)。クラブOBであるティエリ・アンリ氏は、ドイツの強豪クラブとの対戦を引いたことに驚きはなかったようだ。

     12-13、13-14シーズンの決勝トーナメント1回戦でバイエルンと対戦したアーセナルは、ともに敗れて大会から姿を消すことになった。英紙『メトロ』によると、因縁の相手とも呼べるバイエルンとの再戦にアンリ氏は「何てことだ!!」と笑いつつ、「なぜだか分からないけど、レアルかバイエルンと当たるんじゃないかと思っていたんだ」と続けたようだ。

     すると、自身が在籍してCL準優勝となった05-06シーズンを引き合いに出し、「あのときは決勝トーナメントの1回戦でレアルと対戦した。アーセナルは終わったという人は多かったけど、僕らは最終的に決勝まで進んだんだ。もし僕が選手だったら、バイエルンとの対戦を試練と捉えるよ」と強豪クラブを撃破して勢いに乗ってほしいと、古巣クラブに期待を寄せた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01634380-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/03(日) 18:34:16.30 ID:CAP_USER9

    henry_t

     
    ユーロ2016準々決勝が2日に行われ、イタリア代表はドイツ代表と対戦した。イタリアはドイツに先制を許したものの、DFレオナルド・ボヌッチのPKで同点に追いつき90分間を終える。試合は延長戦でも決着がつかずPK戦に持ち込まれたが、イタリアは9人中4人が失敗。5-6でPK戦を落とし、ベスト8で敗退となった。

     イギリス国営放送『BBC』で同試合の解説者を務めた元フランス代表のティエリ・アンリ氏と元イングランド代表のアラン・シアラー氏が、PK戦でシュートを外したイタリア代表FWシモーネ・ザザ(ユヴェントス)とFWグラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン)の2選手を酷評した。同日付のイギリス紙『デイリー・メール』が両者のコメントを伝えた。

     イタリアの2番手で登場したザザは、延長後半アディショナルタイム1分にDFジョルジョ・キエッリーニと交代で登場。ピッチに立った時間は30秒ほどで、“PK要員”として投入された。同選手はPKを得意としていたものの、小刻みなステップの助走から放ったシュートは大きく枠を逸れてしまった。一方、4番手のペッレはシュートを蹴る前にGKマヌエル・ノイアーへ向けて、チップキックを狙うというジェスチャーを見せた。心理戦に挑んだが、結局チップキックでシュートを狙うことはなく、左下を狙ったシュートはポストの外側へ外れてしまった。

     アンリ氏はイタリアの敗退について「誰もが(最後にPKを外した)(マッテオ)ダルミアンのことを記憶に留めるだろう。でも、もし僕がイタリア人ならザザの助走とペッレがGKにチップキックで蹴ると言っていたことを忘れないだろう」とコメント。「プレッシャーは時に普段しないことをさせてしまう。前日までの彼らなら失敗しなかっただろう。我々は史上最悪のPKを見たね」と両選手に厳しい評価を下した。

     また、シアラー氏も「私が見た中で最も酷いPKだったね。(ザザの)あの助走は一体何だい? 信じられないよ。ボールの前でダンスしていた。ペッレにいたってはキーパーにチップキックをすると言っていたんだよ。他に集中すべきことがあったにもかかわらずね」と批判している。

     一方、同じく解説者を務めていた元イタリア代表のジャンルカ・ヴィアッリ氏は「(PK戦での決着)はいつも残酷だ。だが受け入れなくてはいけないね。PKは簡単じゃないんだ。ノイアーや(ジャンルイジ)ブッフォンのような偉大なGKが守っているときは、ゴールが小さく見えるものだ」と両選手を擁護した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00464054-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@t 2016/05/26(木) 22:09:05.40 ID:CAP_USER9
    ストライカーに不安を抱えるドイツ

    henry_t


    EURO2016が6月10日に開幕する。グループCに所属するドイツ代表は、12日にリールで行われるウクライナ代表戦を皮切りに、
    16日にポーランド代表と21日に北アイルランド代表と対戦する予定となっている。

    元フランス代表で現在は解説者として活躍するティエリ・アンリ氏は、ドイツ代表について「多くの人がドイツが勝つことを望んでいる。
    彼らは世界チャンピオンだ。ほぼ間違いなく準決勝や決勝に進むだろう」語った。英『sky SPORTS』が伝えている。

    2014ワールドカップを制したドイツだが、アンリ氏はチームの問題点を指摘する。

    「もし足りないことがあるとすれば、決定力のあるストライカーだ。彼らはEURO予選では、多くの試合で高いポゼッションを誇り、クロスを送り込みながらも、
    ゴールを決めきることができていなかった。それはドイツ代表が、マリオ・ゴメスを呼び戻さなければならなかったことが物語っている」

    ドイツ代表はEURO2016予選ではFWとして、バイエルン・ミュンヘンのマリオ・ゲッツェやヴォルフスブルクのマックス・クルーゼを招集してきた。

    だが、昨年11月から本大会に向けた国際親善試合からベシクタシュ(トルコ)でプレイする30歳のマリオ・ゴメスを復帰させている。
    アンリ氏は「決定力のあるストライカーが欠けている」と指摘するが、ベシクタシュで今季27ゴールを記録したマリオ・ゴメスの加入で、問題は解決するのだろうか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)21時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00010035-theworld-socc

    続きを読む

    52: 名無しさん@恐縮です@@ 2016/05/15(日) 02:57:36.53 ID:6rvrVGDL0

    CdtD2xAUIAAKzYc

     
    PKたった3本で40得点 
    メッシやクリロナが40点以上稼いだシーズンはPK10本近く決めてるのが多い 

    結局メッシ、クリロナ、スアレスも凄いが 
    それ以上にチームの格差が凄いんだろうな 

    年齢的にピーク過ぎたスアレスで40本いけるなら、エトーやアンリ、バティ、シェバあたりでも 
    全盛期なら40いけてたんだろうな。そんくらい格差が酷いリーグなんだろ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:09:41.61 ID:CAP_USER*.net


    ozil-500x333
     
    23日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦で激突するアーセナルとバルセロナ。
    両クラブのOBであるティエリ・アンリ氏が、バルセロナの公式ウェブサイト上で同試合について語っている。

     アンリ氏は「バルサがベスト8に進出すると思うけど、容易ではないよ」とバルセロナ優位を予想しながらも、
    「カンプ・ノウに来る前に良い結果を残さなければならないね」とエミレーツで行われる第1戦がカギになるとしている。

     また、アーセナルは勝利するために「普段よりも守備的にプレーして、カウンターでゴールを決めようとするだろう」と予想。
    「以前のアーセナルならばボールを持つ必要があったけど、今はボールを持たなくても勝てる」とたとえ支配率で劣ろうとも、
    勝利する力はあるとした。

     そんなアーセナルのキープレーヤーはズバリ、MFメスト・エジルだと言う。「エジルを止めることができれば、
    アーセナルはほとんど死んだも同然だよ」とバルセロナが勝利するためには“エジル封じ”が不可欠だとした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-01624656-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ