サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:アンブロジーニ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 13:25:46.74 ID:CAP_USER*.net
    かつてミランでプレーした元イタリア代表MFマッシモ・アンブロジーニ氏が古巣の補強について言及した。
    イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    ミランは、1月の移籍市場で昨夏に獲得したブラジル代表FWルイス・アドリアーノを中国スーパーリーグの江蘇蘇寧(こうそそねい)に売却する予定だったが、
    直前で個人間の契約が合意に至らず破談。ミランは1500万ユーロ(約19億2000万円)の移籍金を手にすることができなかった。

    今冬にミランはアヤックスのオランダ代表FWアンワル・エル・ガジ(20)の獲得を目指しており、
    その移籍金を手にするために日本代表MF本田圭佑を売却するとの噂が再燃。

    しかし、ここ数試合でアシストを記録し、
    シニシャ・ミハイロビッチ監督が採用する[4-4-2]の右サイドを務められる数少ない選手だけに、今冬での移籍はないと見られている。

    アンブロジーニ氏は『スカイ・スポーツ』で、本田のポジションについて言及。
    移籍の有無については語らなかったものの、選手層の薄さを考慮して、中盤の右サイドを補強するべきだと語った。

    「私なら中盤を補強するだろう。右サイドのミッドフィルダーを獲得しに行く」

    「マーケットでの動きは、チームが採用するフォーメーションに従うべきだ。右サイドのギャップが大きくなってしまっている。私なら本田の代役を探しに行くよ」

    2016年1月22日(金)10:53
    http://sp.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=229585&page=0

    写真 本田圭佑
    http://d1zfl2ji59lu9k.cloudfront.net/news/image?image_id=104337

    イタリア『スカイ・スポーツ』
    http://sport.sky.it/

    【サッカー】リーグ戦50試合が不発に終わった「本田圭佑」は復活できるか?ボールをキープして回す本田のサッカーは合っていない
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453415630/

    【サッカー】ミラン主将モントリーヴォ、本田を称賛!「観客からは愛されない選手かもしれないけど、並外れた選手」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453085752/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 14:05:47.01 ID:???0.net
    元イタリア代表で、ACミランでキャプテンを務めたMFマッシモ・アンブロジーニ氏(37)が
    開幕から7戦6発と絶好調の日本代表FW本田圭佑(28)のプレーぶりを認めた。

    対戦経験もあり、名門の後輩に当たる本田を「知性にあふれ、どのような戦術にも対応できる」と高く評価した。

    日本代表でキャプテンマークを巻く本田が、歴史と伝統あるミランでその腕章を巻いた大物にも認められた。
    アンブロジーニ氏はミランが過去12シーズン勝てていなかった鬼門ベンテゴーディ・スタジアムで解説。

    古巣が、後輩に当たる本田のセリエA初となる1試合2得点で、13シーズンぶりに同地で勝つ瞬間に居合わせた。

    日刊スポーツの取材に対し、同氏は本田を高く評価した。
    ミランに通算17年も在籍。欧州CLを2度制し、スクデット(セリエA優勝)も4度獲得した名手は
    「本田は知性にあふれ、どのような戦術にも対応できる。今のミランの戦い方が、本田に非常にうまくマッチしている」と言った。

    本田に対する評価はイタリア国内外で急騰している。引退したばかりの同氏の言葉にはより一層の説得力がある。
    昨季はフィオレンティナに在籍。3月のミラン戦で対戦経験がある。
    ともに先発で出て2-0でミランが快勝。当時と比較し「フィジカル面が非常に良くなっている」と分析した。

    同氏とも長くプレーしたインザギ監督も、試合後の会見で本田を絶賛。
    「今、彼の良さについて話すのは簡単過ぎる。技術だけでなくフィジカル面も強い。
    相手ゴール前でミスすることがほとんどない。献身的な、利他主義の選手だ」。

    7戦6発で、元アルゼンチン代表FWテベス(ユベントス)、スペイン人快足アタッカーのFWカリェホン(ナポリ)と並び得点ランク首位に再び並んだ。
    シーズン32点超という、信じられない量産ぶりだ。

    ◆マッシモ・アンブロジーニ 1977年5月29日、イタリア生まれ。94年にセリエB(2部)だったチェゼーナでプロデビュー。
    95年夏にACミラン移籍。97-98年はビチェンツァに期限付き移籍したが、13年夏まで通算17年間ミランでプレー。
    09年夏に引退したマルディーニに代わるキャプテンとなった。昨季限りで現役引退。イタリア代表では国際Aマッチ35試合0得点。守備的MF。

    解説者として訪れた、元ミラン主将のアンブロジーニ氏
    no title


    2014年10月21日8時12分 紙面から
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20141021-1384951.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ