サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:アンチェロッティ

    180: 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ 6b6f-LQjj [122.24.0.227]) 2018/01/11(木) 18:52:15.08
    ID:SS2papnu0
    arsenal-fans-1400774930



    アンチェは失敗する事を前提としている 

    ベンゲル仕様になっている内部を、結果云々問わずに変えさせていくには、かなりの権威がいる 
    ので、取り敢えずアンチェ 
    で、内部の多くをリフレッシュして貰った後に、時期を見て解任(勇退) 
    その後、若手の尖った有望監督に引き継がせる 

    アンチェは経歴に傷がつく可能性が高い 
    その補償金が52億(4年契約) 
    アンチェはもう年やから、52億もろうて一線を退いてもよいと考え、受諾 

    こんな所やろ

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/01/06(金) 02:23:32.73 ID:CAP_USER9
    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、昨季まで4シーズン連続で公式戦20ゴール以上を記録し、チームの絶対的エースとして君臨していたが、カルロ・アンチェロッティ新監督が就任した今季前半戦のブンデスリーガでは13試合出場でわずか1ゴールと、不振に喘いでいる。

    バイエルンOBのローター・マテウス氏は後半戦で、ミュラーがベンチ要員になると警告を発している。ドイツ地元誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

    「先発イレブンに自分の場所を探すことは、後半戦トーマス・ミュラーにとっては容易なことではないだろう。カルロ・アンチェロッティのチームに、彼の本当の居場所はない」

     1984年から88年、インテル移籍を経て92年から2000年まで通算12シーズンにわたってバイエルンでプレー。1990年イタリア・ワールドカップで西ドイツ(現ドイツ)の優勝に大きく貢献した闘将は、現在のバイエルンの象徴的存在であるアタッカーにさらなる冷たい風が吹きつけることを予告している。

     ミュラーは昨夏の欧州選手権にドイツ代表の一員として出場したが、まさかの無得点に終わった。そして今季就任したアンチェロッティ監督の導入した4-2-3-1システムでは中央にスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが入り、右ウイングにオランダ代表FWアリエン・ロッベンが入る試合が多い。

    「サンチェスが大きく出場時間を伸ばす」

    「右ウイングではアリエン・ロッベンがより強力な選手だ。4-2-3-1システムでセカンドストライカーの居場所はない」

     ミュラーは受難の日々を迎えることになるという。

    「あの(トップ下)ポジションにはチアゴが入ると思う。彼は前半戦、力強かった。彼はミュラーよりも多様性がある。レナト・サンチェスは後半戦、大きく出場時間を伸ばすと確信している」とマテウス氏は続けた。

     2021年夏まで契約を残すミュラーは、マテウス氏の言葉通りに受難の後半戦を送ることになるのだろうか。

    Football ZONE web 1/5(木) 21:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010026-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/03(火) 15:24:20.14 ID:CAP_USER9
     
    欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティが分析する、それぞれのフットボール文化。

    バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督が、欧州5大リーグとして知られるイタリア、イングランド、フランス、スペイン、ドイツのフットボール文化を語った。

    母国イタリアでミランなどを率いたほか、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、そしてバイエルンを指揮し、欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティ監督。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』とのインタビューに応じた同指揮官は、それぞれのフットボール文化について、次のような見解を述べている。

    「イタリアにおいてフットボールは宗教のようで、ずっとざわめき続けているかのようだ。一方でイングランドは、フットボールの試合が行われ、それが終われば人々はすぐに家に帰ってしまう。このスポーツに関して議論することはあまりなく、とてもプロフェッショナルだと感じたね」

    「フランスは今まさに成長を果たしている国で、とても素晴らしい選手たちがいる。ただ、あそこの国のチームは、ときに戦術的に安定していない。

    またスペインはイタリアと少し似ていて、フットボールが人々を狂わせている。ラジオもテレビも24時間にわたってフットボールについて話しているし、ファンはいつもこのスポーツに耳を傾けているよ。レアル・マドリーの監督を務めれば、それこそ大きな責任がのしかかっていると感じるわけだ」

    「ドイツでは、素晴らしい雰囲気を目の当たりにすることになった。スタジアムはいつも満杯で、マナーが行き届いている。戦術、フィジカルの両面で素晴らしいレベルにあるね」

    GOAL 1/3(火) 8:34配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00010002-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/30(木) 15:03:11.73 ID:CAP_USER9

     no title

    ◆限られた戦力で魅力的なスタイルを実現する男

    現在世界で最も優れた指揮官は誰なのか。近年ではジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、カルロ・アンチェロッティ、ディエゴ・シメオネといったあたりだろうか。しかし、伊『Calciomercato』はこの4人でもイタリア代表を率いるアントニオ・コンテには敵わないと断言している。

    同メディアがコンテを世界最高の指揮官と考える理由は、その選手層にある。コンテはイタリアを率いてスペイン代表を2-0で破ったが、選手層の豪華さではスペインやイングランド、ベルギー、ドイツ、フランスらの方が上だろう。

    今回のEURO2016に臨むイタリア代表は史上最弱との見方さえあった。しかしコンテは常に適切な11人をピッチに送り出し、確かな結果を残している。特にスペイン戦では決して守り切るわけではなく、巧みなパスワークで試合を支配していた。

    グアルディオラ、アンチェロッティの2人も名将だが、同メディアは彼らが率いたチームはスター選手が所属するチームばかりだと主張しており、弱者の立場で結果を残していないことがコンテとの明確な差だと伝えている。

    モウリーニョもポルトでチャンピオンズリーグ優勝を果たすなど印象的な結果を残しているが、同メディアはコンテに比べてモウリーニョのサッカーは魅力的ではないと指摘。スペイン相手にゲームを支配したコンテの方が実力は上と捉えている。

    最後に残ったのはシメオネだが、シメオネのサッカーは少しコンテと似ている部分がある。選手たちは献身的に走り、激しくファイトする。このあたりはコンテの求めていることと同じだ。

    しかし同メディアは、コンテの作るチームはシメオネのチームほど守備的ではないと主張しており、徹底的に守備を固めるシメオネよりコンテの方が魅力的との意見だ。

    限られた戦力で結果を出し、なおかつ見る者を魅了する面白いスタイルで戦う。この両方を実現しているコンテはまさに現在世界最高の指揮官なのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00010005-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/12(木) 18:08:06.81 ID:CAP_USER9

    166ccdcd

    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは、来季からバイエルン・ミュンヘンを率いるカルロ・アンチェロッティ氏の構想には入っていないようだ。ドイツ紙「南ドイツ新聞」によれば、ゲッツェはすでに新監督と直接電話で会談し、来季の立場が保証されていないと伝えられたという。

     15年にレアル・マドリード監督を解任されて以来、2シーズンぶりの現場復帰が決まっているアンチェロッティ氏だが、すでにバイエルンで大きな影響力を示しているようだ。

    10日に獲得が発表されたばかりのポルトガル代表MFレナト・サンチェスについても、クラブに獲得を要求していた逸材だという。さらに、イタリア人指揮官はゲッツェに対して、レギュラーとしてプレーしたいのであれば移籍すべきとの旨を伝えたという。

     アンチェロッティ氏の構想内で、攻撃のセンターラインに入るのは前線がポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとドイツ代表FWトーマス・ミュラー、セントラルMFがスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルといった選手たち。ゲッツェの序列は彼らより下になるため、レギュラーの保証はないという。

     2017年でバイエルンとの契約満了を迎えるゲッツェは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でファーストチョイスではなかったのに続き、すでに新体制での立場も危うくなっている。

    23歳の小柄なアタッカーには、恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールや古巣ドルトムントが興味を示していると伝えられている。14年ブラジル・ワールドカップでは決勝アルゼンチン戦でドイツを優勝に導くゴールを決めた男が、ブンデス王者のなかで苦境に立たされている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160512-00010011-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 00:23:18.30 ID:???*.net
    カルロ・アンチェロッティ氏は、英紙『デイリー・ミラー』のインタビューで昨季まで率いていたレアル・マドリーで選手との衝突があったことを明かした。

     マドリーの監督就任1年目で悲願の“デシマ”(10度目のチャンピオンズリーグ優勝)を達成したアンチェロッティ氏だが、2年目となった昨季はタイトルを獲得することが出来ずに解任された。

    「クビは監督という職業のうちのひとつだと理解している。マドリーではタイトルを取らなければならないのは分かっていた」と語っている。

     また、アンチェロッティ氏は自身を物静かな人間であり、“鞭”を使うことはしないと認めているが、マドリー監督時代には内紛があったことを暴露した。

    「数選手と問題があったよ。彼らは第二監督のポール・クレメントに『クソッタレ』と言い放ち、私は彼らに2度と試合で使わないことを伝えた。クラブには彼らを放出するよう頼んだよ」

     しかし、その問題は数選手のみであったとし、アンチェロッティ氏は「マドリーではとても満足していたよ。選手たちと素晴らしい関係を築けていたからね」としている。

     ほとんどの選手は真面目でプロフェッショナルであったからこそ、マドリーを離れるのは「失望した」と話している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151113-00010044-footballc-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 12:06:27.55 ID:???*.net

    carlo

     
    日本代表FW本田圭佑の所属するミランは2日、
    公式サイトでカルロ・アンチェロッティ氏の来季監督就任がないことを発表した。

    レアル・マドリーの指揮官を解任されたアンチェロッティ氏には古巣再建の期待がかかっていた。
    ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOも先月28日のマドリード入りして復帰を打診するなど、
    本人も復帰の可能性は50%だと話したと伝えられていた。

    しかし当初よりアンチェロッティ氏は持病の手術をカナダで受けることになっており、1年間の休養を希望。
    イタリア語、英語、スペイン語でツイッターを更新した同氏は「ミランの関心に感謝する。

    とても好きなクラブに『ノー』と言うのは難しいことだった。
    でも私は休まなければならない。ミランの幸運を祈っている」とつぶやいた。

    ミランの後任人事が振り出しに戻ったは、フィリッポ・インザーギ監督の解任は濃厚となっている。

    『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、フィオレンティーナのビンチェンツォ・モンテッラ監督や
    パルマのロベルト・ドナドーニ監督らを候補に挙げたが、
    現時点での最有力はサンプドリアの指揮官を退任したシニシャ・ミハイロビッチ氏だと伝えている。

    ゲキサカ 6月3日(水)11時29分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00631373-gekisaka-socc

    続きを読む

    carlo
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 03:38:03.91 ID:???*.net


     
    レアル・マドリー、アンチェロッティ監督の解任を発表

    レアル・マドリーを10度目のチャンピオンズリーグ優勝に導いたアンチェロッティ

    2015/05/26 3:16:00

    レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が25日に記者会見を開き、カルロ・アンチェ
    ロッティ監督(55)の解任を発表した。

    レアル・マドリーの首脳陣は同日午後に本拠地サンティアゴ・ベルナベウで会議を開き、アンチェ
    ロッティ監督の解任を承認。その後ペレス会長が同スタジアムで記者会見に臨み、その旨を発表
    する運びとなった。

    アンチェロッティ監督は2013-14シーズンにジョゼ・モウリーニョ現チェルシー監督の後任
    としてレアル・マドリー指揮官に就任。同シーズンにはコパ・デル・レイ優勝のほか、クラブが
    切望していた10度目のチャンピオンズリーグ優勝に導いている。また今季前半戦にはUEFAスーパー
    カップ&クラブ・ワールドカップ優勝や、サッカー史上3位の記録となる公式戦22連勝を達成
    するなどして、クラブ史上最高のチームとなる可能性も報じられた。

    しかしアンチェロッティ監督率いるチームは、負傷者が相次いだ今年1月以降から急激に失速する。
    コパ・デル・レイ5回戦でアトレティコ・マドリーに敗れ、チャンピオンズリーグではユヴェントスと
    対峙した準決勝で敗退。リーガエスパニョーラでもバルセロナの優勝を許して、主要タイトルを
    獲得できずにシーズンを終えた。なお今季勝率は12月までが85%(28試合24勝)だった
    のに対して、1月以降は58%(29試合17勝)まで落ち込んでいる。

    レアル・マドリーでは21世紀に入って以降、リーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの
    主要タイトルを獲得できずに解任を免れた監督は皆無となっているが、ペレス会長は選手やファンが
    アンチェロッティ監督続投を願ったにもかかわらず、その慣例に従った模様。2000~2006年に
    第一次政権を敷き、2009年から第二次政権をスタートさせたペレス会長にとって、アンチェ
    ロッティ監督は12年間で別れを告げた9人目の指揮官となった。

    アンチェロッティ監督の後任だが、スペイン『アス』によれば選手時代にレアル・マドリーの下部
    組織に在籍し、Bチームを率いた経歴も持つナポリのラファエル・ベニテス監督が最有力候補のようだ。
    ベニテス監督に次ぐ候補は、セビージャを率いるウナイエメリ監督と見られている。

    http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%B9%E3%9A%E3%A4%E3%B3/2015/05/26/12084242/real

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ