no title



川島はブラジルで笑いの種。反応が遅く、常に躊躇 

日本代表は14日、シンガポールのナショナル・スタジアムでブラジルと対戦。
FWネイマールに4得点を決められて0-4と完敗を喫した。

この試合について、著名なブラジル人ジャーナリストで
英紙『ガーディアン』にも寄稿しているフェルナンド・ドゥアルテ氏に戦評を書いてもらった。

ブラジルは良い試合をしたが、このスコアは日本選手の精神的な脆さが原因だ。
選手の精神的強さは“アイスキャンディー”のように気まぐれなものだ。

以前、私はジーコ氏と日本人選手について話をしたことがある。
彼は「日本の選手はイライラすると精神的に非常に脆くなる」と語った。

さて、この試合を見ると、私は彼の言っていた意味を完璧に理解することが出来た。
日本の選手たちは90分を通して怯えているように見えた。
彼らは、より懸命に働く必要がある。

選手個々について、私が話をすることは難しい。
しかし、川島永嗣はブラジルでは笑いの種となるだろう。彼のプレーには実に失望した。
彼は反応が遅く、常に躊躇しているように見えた。

武藤には好印象「常にチャレンジしていた」

本田圭佑も同様に何も出来なかったが、彼1人を非難することは出来ない。
なぜなら、チーム全体が酷かったからだ。あのような状況でピッチに投入されて何が出来るというのか? 
他の誰でもチームを救うことなど無理だ。

この試合で良いパフォーマンスをした日本の選手を挙げるのは実に困難な作業だ。
それでも、1人推すのであれば武藤嘉紀だと言うだろう。少なくとも、彼はチャレンジしていた。

結論として、ネイマールとブラジル(日本以外)にとって素晴らしい夜となった。
日本人選手のナイーブ過ぎる心が、この試合を実に簡単なものとした。

フェルナンド・ドゥアルテ
ブラジルの大手ニュースサイト『UOL』の欧州サッカー通信員。で
英メディア『ガーディアン』や『ESPN.com』にも寄稿。
10年間ブラジル代表を追い続け、2度のW杯を取材している。
ツイッターアカウントは@Fernando_Duarte

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141015-00010005-footballc-socc

続きを読む