サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: コパアメリカ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/05/06(金) 07:45:40.00 ID:CAP_USER9
    ブラジルサッカー連盟は、今年6月に開催されるコパ・アメリカ・センテナリオに向けた本メンバー23選手を発表した。

    事前に予備メンバー40選手は発表されていたが、そこからカカ(オーランド・シティ)やオスカル(チェルシー)らが外れた。
    ネイマール(バルセロナ)はリオ五輪出場がすでに公表されいたことから、予備メンバーにも入っていなかった。

    本大会では、ブラジルはエクアドル、ハイチ、ペルーと同じグループBに組み分けられている。

    本メンバーは以下の通り。

    ▼GK
    ジエゴ・アウヴェス(バレンシア)
    エデルソン(ベンフィカ)
    アリソン(インテルナシオナル)

    ▼DF
    ドウグラス・サントス(アトレティコ・ミネイロ)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
    ジウ(山東魯能)
    ファビーニョ(モナコ)
    マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
    フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)
    ダニエウ・アウベス(バルセロナ)
    ミランダ(インテル)

    ▼MF
    エリアス(コリンチャンス)
    ルーカス・リマ(サントス)
    レナト・アウグスト(北京国安)
    ルイス・グスタヴォ(ヴォルフスブルク)
    フィリペ・コウチーニョ(リバプール)
    ウィリアン(チェルシー)
    ドウグラス・コスタ(バイエルン・ミュンヘン)
    カゼミロ(レアル・マドリー)
    ラフィーニャ・アルカンタラ(バルセロナ)

    ▼FW
    フッキ(ゼニト)
    リカルド・オリヴェイラ(サントス)
    ガブリエウ(サントス)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160506-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 5月6日(金)7時40分配信

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 11:06:28.74 ID:CAP_USER9.net


     20140713-00181000-kyodo_wc-000-view
     ブラジルサッカー連盟は29日、6月に開催されるコパ・アメリカに向けてブラジル代表候補40人を発表した。FWネイマール(バルセロナ)はリオデジャネイロ五輪に出場するため、コパを欠場することを明らかにしている。また、バリSGのDFダビド・シルバとDFチアゴ・シウバ、レアル・マドリーのDFマルセロらの名前もなく、コパ不在が決まった。

     以下、コパ・アメリカ候補メンバー

    ▽GK
    アリソン(インテルナシオナル)
    ジエゴ・アウベス(バレンシア)
    エデルソン(ベンフィカ)
    マルセロ・グローイ(グレミオ)

    ▽DF
    ダニエウ・アウベス(バルセロナ)
    ファビーニョ(モナコ)
    ファグネル(コリンチャンス)
    アレックス・サンドロ(ユベントス)
    ドウグラス・サントス(A・ミネイロ)
    フィリペ・ルイス(A・マドリー)
    ガブリエル・パウリスタ(アーセナル)
    ジウ(山東魯能)
    ジェメルソン(モナコ)
    マルキーニョス(パリSG)
    ミランダ(インテル)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)

    ▽MF
    カゼミーロ(R・マドリー)
    エリアス(コリンチャンス)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
    ルイス・グスタボ(ボルフスブルク)
    ラファエル・アルカンタラ(バルセロナ)
    ウォレス(グレミオ)
    フェリペ・アンデルソン(ラツィオ)
    カカ(オーランド・シティ)
    ルーカス・リマ(サントス)
    ルーカス(パリSG)
    オスカル(チェルシー)
    ガンソ(サンパウロ)
    コウチーニョ(リバプール)
    レナト・アウグスト(北京国安)
    ウィリアン(チェルシー)
    アレックス・テイシェイラ(江蘇蘇明)
    ダグラス・コスタ(バイエルン)
    ロベルト・フィルミーノ(リバプール)

    ▽FW
    ガブリエウ(サントス)
    ガブリエウ・ジェズス(パルメイラス)
    フッキ(ゼニト)
    ジョナス(ベンフィカ)
    ルアン(グレミオ)
    リカルド・オリベイラ(サントス)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-01626862-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 19:43:10.97 ID:???*.net

    メッシの家族にもアウェーの洗礼 暴行でチリ政府関係者が謝罪

    デイリースポーツ 7月5日(日)17時40分配信

    南米選手権決勝のスタジアムでメッシの家族がアウェーの洗礼を受けた

     「南米選手権・決勝、チリ0(4PK1)0アルゼンチン」(4日、チリ・サンティアゴ)

     地元チリの進出で、決勝戦のスタンドは過剰に加熱-。応援に駆けつけていたアルゼンチンFWメッシの家族が、チリのサポーターから罵倒され安全確保のため移動しなければ
    ならない事態に陥った。5日のマルカ紙などスペインメディアが報じた。

     スペインラジオが伝えたところでは、メッシの両親、2人の兄弟、2人のいとこがアグエロの家族と一緒に観戦していたが、周囲の観客から汚い言葉を投げつけられるなど一触
    即発の事態となったという。

     かなりの数の警備員で対応していたが、それでも安全確保がままならず、ハーフタイムの間に別の一角に移動。しかも、実際に兄弟のうち一人が暴行を受け、チリの政府関係者が
    謝罪することになったという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00000076-dal-socc

    続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 12:33:47.72 ID:???*.net

    [7.4 コパ・アメリカ決勝 チリ0-0(PK4-1)アルゼンチン]

    首にかけられた準優勝のメダルをすぐに外した。
    アルゼンチン代表FWリオネル・メッシはまたもフル代表でタイトルを獲得することができなかった。

    クラブチームでは数々のタイトルを欲しいままにしているメッシ。
    昨季もバルセロナで2度目の3冠を達成し、最高の形でコパ・アメリカに乗り込んだが、
    決勝でチリにPK戦の末、敗れた。

    05年のU-20世界ユース選手権(現U-20W杯)、08年の北京五輪では優勝しているメッシだが、
    A代表でのタイトルはなし。
    主要大会では07年のコパ・アメリカ、昨年のブラジルW杯に続く3度目の準優勝となった。

    この日のPK戦では一人目のキッカーを務め、きっちりと成功させたメッシだが、
    大会全体を通してはグループリーグ初戦のパラグアイ戦でPKによる1得点を決めただけ。

    メッシ自身、「代表でゴールを決める苦労」を認めるが、
    個人としてもチームとしても思うような結果を残せずにいる。

    試合後はピッチに膝を抱えて座り込んだメッシ。
    アルゼンチン代表としてタイトルを獲得し、満面の笑顔を浮かべる日は来るのだろうか。

    スペイン紙『マルカ』は、FWエゼキエル・ラベッシの「いつかレオ(メッシ)が
    アルゼンチン代表で何かを勝ち取るときが来るよ」という祈りにも似た言葉を伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00770682-gekisaka-socc

    画像
    http://amd.c.yimg.jp/im_sigg8isLgTxtTP6cW9swZ7mz9g---x600-y450-q90/amd/20150705-00770682-gekisaka-000-2-view.jpg

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 07:57:57.05 ID:???*.net
    [7.4 コパ・アメリカ決勝 チリ0-0(PK4-2)アルゼンチン]

    コパ・アメリカは4日(日本時間5日)、決勝を行い、開催国のチリがアルゼンチンを下し、初優勝を飾った。
    0-0のまま延長戦でも決着付かず、PK戦にもつれ込んだ死闘。アルゼンチンは2人が失敗し、地元のチリがPK4-2で競り勝った。
    チリは3度目の決勝進出で悲願の初優勝となった。

    アルゼンチンは前半20分、左サイド角度のない位置からFWリオネル・メッシの右FKにFWセルヒオ・アグエロが頭で合わせるが、
    GKクラウディオ・ブラーボがセーブ。
    チリも同23分、自陣からDFフランシスコ・シルバの1本のロングパスにFWエドゥアルド・バルガスが抜け出し、フィニッシュまで持ち込んだが、シュートはクロスバーを越えた。

    アルゼンチンは前半29分にFWアンヘル・ディ・マリアが負傷交代するアクシデント。
    長い距離をドリブルで駆け上がった際、右太腿裏を痛めた模様で、FWエゼキエル・ラベッシとの交代を余儀なくされた。

    予期せぬハプニングで攻撃の中心を一人失ったアルゼンチン。
    攻撃になかなかリズムが生まれず、地元大観衆の後押しを受けるチリの攻勢に耐えながらカウンターをうかがう展開となった。
    しかし、0-0の拮抗した時間が続く中、互いに最後の決め手を欠く。

    アルゼンチンは後半アディショナルタイム、カウンターからメッシが中央でドリブルで持ち上がり、左サイドのスペースへスルーパス。
    ラベッシがゴール前に折り返し、逆サイドから途中出場のFWゴンサロ・イグアインが飛び込む決定機をつくったが、シュートは枠を捉え切れず、0-0のまま90分間を終えた。

    試合は延長戦に突入するが、両チームともになかなかゴールネットを揺らすことができない。
    アルゼンチンは延長前半13分、ラベッシが左足をつってピッチに倒れ込むが、すぐにピッチに戻った。
    MFハビエル・マスチェラーノも左ふくらはぎを痛めるが、足を引きずりながらプレーを続けるなど、まさに死闘となったファイナル。
    延長後半でもゴールは生まれず、試合は0-0のままPK戦にもつれ込んだ。

    後攻のアルゼンチンは2人目のイグアインがゴール上に外すと、3人目のMFエベル・バネガもGKブラーボに止められた。
    チリは4人目のFWアレクシス・サンチェスが決め、PK4-2。激闘の末、チリが地元で初の南米チャンピオンに輝いた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00769964-gekisaka-socc
    ゲキサカ 7月5日(日)7時54分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00769964-gekisaka-socc.view-000

    続きを読む

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 10:44:26.20 ID:???*.net

    7luo

     
    【チリ 2-1 ペルー コパ・アメリカ準決勝】

    南米No.1を決めるコパ・アメリカの準決勝が現地29日に行われ、開催国チリとペルーが激突した。

    圧倒的ホームで有利な状況のチリは、準々決勝ウルグアイ戦で相手のカバーニの尻を触って挑発したとして退場処分を受けたハラが2試合出場停止のため不在に。
    代役としてロハスが今大会初スタメンを飾った。

    対するペルーは絶好調ゲレーロの相方にファルファンが起用され、ベテランのピサーロはベンチスタート。
    右サイドにはスポルティング・リスボンで田中順也とともにプレーするカリージョが初先発を果たした。

    試合は立ち上がりから荒れ模様となる。両チームとも揉めごとを起こしながら準々決勝を勝ち上がってきたが、
    今回はペルーのCBサンブラーノが危険なタックルを繰り返し、開始6分でイエローカードを受けた。

    ボールを持つたびにブーイングを浴びながらプレーするペルーは、前線を幅広く動き回るゲレーロを起点に、
    シンプルな攻撃でチリのゴールを脅かす。ファルファンのヘディングがポストを叩くなど、惜しいチャンスを何度も作った。

    しかし、いい流れに水を差すアクシデントが起こる。20分、チリのMFアランギスの背中にスパイクの裏で蹴りを入れたサンブラーノがレッドカードを提示され、
    ペルーは70分を残して10人になってしまった。

    数的優位に立ったチリは主導権を奪い返し、28分にはバルディビアがA・サンチェスとの絶妙なコンビネーションからゴールをかすめるシュートを放つなど攻勢を強める。

    すると前半終了間際に最初のゴールが生まれる。42分、左サイドから切れ込んだA・サンチェスが中へクロスを送り、飛び込んだアランギスを通り越してポストを直撃する。
    そのこぼれ球をE・バルガスが押し込んでチリが待望の先制点を手にした。

    前半を1点リードで終えたチリは、早めにとどめを刺すべく後半開始から2人を入れ替える。
    ディアスに代えて大ベテランのD・ピサーロ、アルボルノスに代えてメナを投入して勝負に出た。

    しかし、次の1点はまさかの展開で生まれる。ボールを奪っても攻めに人数をかけられないペルーがシンプルな展開で右サイドをアドビンクラに走らせる。
    そしてクロスを上げると、クリアを試みたメデルがまさかのオウンゴール。残り30分で1人少ないペルーが追いついた。

    ホームで絶対に負けられないチリは、先制ゴールのE・バルガスが悪い流れを一気に清算する。
    64分、チリが中盤でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けると、エリア手前でE・バルガスが右足を一閃。
    無回転で鋭く落ちる見事なシュートがペルーゴールに突き刺さった。

    このゴールでE・バルガスは大会4得点目となり、得点王争いで単独トップに立った。

    追いつくための1点が欲しいペルーは大黒柱C・ピサーロとヨトゥンと投入して4-3-2のフォーメーションに移行し、リスクを冒してゴールへの意識を強める。
    その隙を突きたいチリは78分、バルディビアのスルーパスにA・サンチェスが飛び込むも、ボールは枠のわずか外へ。
    直後にはビダルも強烈なシュートでゴールを狙うが、惜しくも枠の上へと外れた。

    数的不利でも攻めの意識を持ち続けるペルーに対し、チリは巧みな時間の使い方で相手の勢いを削ぎ、アディショナルタイムも失点することなく抑えきった。

    これにより開催国チリの決勝進出が決定。コパ・アメリカ初優勝まであと1勝となっている。
    決勝は来月4日にアルゼンチン対パラグアイの勝者と行われる。

    【得点者】
    42分 1-0 E・バルガス(チリ)
    60分 1-1 オウンゴール(メデル、チリ)
    64分 2-1 E・バルガス(チリ)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010006-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月30日(火)10時22分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010006-footballc-socc.view-000
    エドゥアルド・バルガスが勝負を決めた

    続きを読む

    「ここはアメリカだ」判定に苛立つメッシに主審が驚きの発言
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00741411-gekisaka-socc
     26日に行われたコパ・アメリカ準々決勝で0-0からのPK戦の末、コロンビア代表に競り勝ったアルゼンチン代表。からくも4強入りを決めたが、この試合でFWリオネル・メッシとロベルト・ガルシア主審がかわした会話が話題になっている。

     計8枚のイエローカードが飛び交った一戦。後半アディショナルタイムにはメッシも警告を受けたが、スペイン紙『マルカ』によると、メッシは試合中、コロンビアの選手のラフプレーに苛立ちを募らせ、なかなかファウルを取らないメキシコ人主審に問いただしたのだという。

    「何回か質問したが、彼の答えは『ここはアメリカだ』というものだった」。普段、欧州でプレーするメッシらに対し、欧州と南米あるいは中米では判定基準が違うと言わんばかりだった。

     同紙によると、FWセルヒオ・アグエロも同様の発言をしており、「僕には理解できないね。南米には別のサッカーがあるようだ。主審は『ここはアメリカだ』と言ってきた。僕らもここで生まれ、昔はここでプレーしていたのに」と疑問を投げかけていた。

    ゲキサカ 6月28日(日)18時24分配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:04:59.52 ID:???*.net

    1585102_heroa

     
    コパ・アメリカ2015準々決勝が27日に行われ、ブラジル代表とパラグアイ代表が対戦した。
    試合はPK戦までもつれこむ熱戦となる。

    エースのネイマールを出場停止で欠きながらも、グループリーグ首位でベスト8進出を決めたブラジルが先制点を奪う。
    15分、ダニエウ・アウヴェスの右クロスをニアサイドのロベルト・フィルミーノがスルー。背後に飛び込んだロビーニョが右足で押し込んだ。

    一方、リードを許したパラグアイは後半から反撃を開始。セットプレーを中心にチャアンスを演出する。
    56分にはCKからネルソン・バルデス、61分にもパウロ・ダ・シルバがヘディングシュートで狙う。

    すると70分、右サイドからのクロスに反応したロケ・サンタクルスがD・アウヴェスと競り合うと、これがチアゴ・シウヴァのハンドを誘いPKを獲得。
    デルリス・ゴンザレスがしっかりと決め、試合を振り出しに戻した。

    結局90分では決着がつかず、延長戦なしのPK戦へと突入する。先行のブラジルは、1人目のフェルナンジーニョが成功するも、
    2人目のエベルトン・リベイロ、4人目のダグラス・コスタが枠を捉えられずに失敗。
    パラグアイも4人目のサンタクルスがクロスバーの上に外したが、他の4人がきっちりと決めて勝負あり。
    パラグアイがPK戦を4-3で制し、2大会連続でベスト4へと駒を進めた。
    ブラジルは前回大会でも準々決勝でPK戦の末にパラグアイに敗れ、準決勝を前に姿を消している。

    パラグアイは30日、準決勝でアルゼンチン代表と対戦する。

    【スコア】
    ブラジル代表 1-1(PK:3-4) パラグアイ代表

    【得点者】
    15分 1-0 ロビーニョ(ブラジル代表)
    72分 1-1 デルリス・ゴンザレス(パラグアイ代表)(PK)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00326163-soccerk-socc
    SOCCER KING 6月28日(日)9時38分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00326163-soccerk-socc.view-000
    PK戦を見守るブラジル代表の選手たち

    日程
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1484750.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ