サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: コパアメリカ

    1: Egg ★@2016/06/11(土) 12:40:39.44 ID:CAP_USER9

    【スコア】
    アルゼンチン代表 5-0 パナマ代表

    【得点者】
    1-0 7分 ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン)
    2-0 68分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    3-0 79分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    4-0 87分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    5-0 90分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)

    http://www.beinsports.com/en/livescores/match-center/2015/128/848012

    【スコア】
    チリ代表 2-1 ボリビア代表

    【得点者】
    1-0 45+1分 アルトゥーロ・ビダル(チリ)
    1-1 61分 ジャスマニ・カンポス(ボリビア)
    2-1 90+10分 アルトゥーロ・ビダル(PK)(チリ)

    http://www.beinsports.com/en/livescores/match-center/2015/128/848013

    ◇南米選手権1次リーグD組(2016年6月10日)

    南米選手権は10日に米国各地で1次リーグD組の2試合が行われ、
    アルゼンチンはパナマを5―0で下し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

    負傷明けのアルゼンチン代表主将メッシが後半途中から出場して、
    ハットトリックを達成する活躍でチームをけん引した。昨季大会優勝のチリはボリビアを2―1で下し、今大会初勝利を挙げた。

    初戦王者チリを下したアルゼンチンは、前半7分FKからDFオタメンディが頭で合わせて先制。
    後半16分負傷明けのメッシが途中出場すると、わずか7分後にゴールを決める。

    メッシは同33分に加点すると、同42分にハットトリックを達成。
    アルゼンチンは後半ロスタイムにもFWアグエロが決めて、5点を奪う大勝で決勝トーナメント進出を決めた。

    初戦ともに敗れているチーム同士の対戦は、チリがボールを支配して展開。
    前半をスコアレスで折り返し、後半開始直後MFビダルが決めて先制。

    後半16分FK弾で追いつかれて、試合は引き分けに終わるかと思われたが、
    後半ロスタイムにクロスが相手選手の腕に当たってPKを獲得。
    ビダルが決めて勝ち越すとそのまま逃げ切って、チリが初勝利を挙げた。

    スポニチアネックス 6月11日(土)12時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000092-spnannex-socc

    復帰のメッシが圧巻のハット…アルゼンチン、5発快勝で決勝T進出決める
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00454269-soccerk-socc

    千両役者だメッシ!途中出場26分間でハットトリックの鮮烈復帰!!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-01628198-gekisaka-socc

    王者チリ、終盤のPK弾で今大会初勝利…ビダル2発でボリビア下す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00454267-soccerk-socc

    王者チリ、アディショナルタイムのPK弾で辛勝
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000003-goal-socc

    AT10分の劇的PK弾!前年王者チリがボリビアに競り勝ち今大会初勝利
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-01628197-gekisaka-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/10(金) 12:08:00.46 ID:CAP_USER9
    ■優勝候補ウルグアイがよもやの2連敗

    ウルグアイの悪童ストライカーが温存されたままの連敗にぶちキレた。現地時間10日のコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)でウルグアイはベネズエラ相手に0-1の敗戦を喫した。右太もも裏の故障で欠場したエースFWルイス・スアレス(バルセロナ)がオスカル・タバレス監督に怒声を挙げ、ベンチ内の強化ガラスをたたくなど怒りを露わにする場面があった。

     初戦メキシコ戦を1-3で落としたウルグアイは、FIFAランキング77位のベネズエラに対しても苦戦を強いられた。前半36分に相手エースFWサロモン・ロンドン(ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)に先制ゴールを許すと、ウルグアイは攻守にチグハグなまま時計の針が進んでいった。

     この状況にいてもたってもいられなかったのがスアレスだ。今季リーガでは40得点を挙げるなど圧倒的な決定力を見せつけたスアレスだが、5月22日のスペイン国王杯決勝で追った右足太もも裏に故障が発生。代表チームに帯同したものの負傷の状況を懸念したオスカル・タバレス監督は記者会見で、今大会全試合の欠場も示唆していた。

     大会敗退危機にスアレスは立ち上がった。後半35分にウォーミングアップ後、出場を直訴して指揮官に声をかけたものの、タバレス監督は取り合わず。この仕打ちに対して悪童の顔をのぞかせた。タバレス監督に罵声を浴びせると、ベンチ内の仕切り部分である強化ガラスを思い切りパンチ。そして着用していたビブスを投げ捨てるなど、怒りを露わにした。

    ■以前は噛み付き事件で世界を震撼

     スアレスは今年のバロンドール最有力候補に挙がるほどの活躍を見せ、バルセロナの二冠に貢献したが、2014年ワールドカップブラジル大会1次リーグイタリア戦ではジョルジオ・キエッリーニの肩に噛み付いた事件で世界を震撼させていた。アヤックス、リバプール時代にも噛みつきの前科のあったエースはチームの危機で出場機会を与えられなかったことで、ダークサイドをのぞかせてしまった格好だ。

     試合は後半終了間際にフリーで抜け出したFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)が立て続けに決定機を迎えたが、シュートは枠をとらえられず完封負け。絶対的エースの穴は埋まらぬまま連敗を喫し、タイムアップの瞬間にグループリーグ突破がほぼ絶望的な状況となった。1分もピッチに立たぬまま敗北を見届けたスアレスとしては、フラストレーションだけが溜まる2試合だったことは間違いない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160610-00010005-soccermzw-socc

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>優勝候補ウルグアイがまさかの敗退!スアレス出場できず…ベネズエラが連勝で決勝トーナメントへ©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465522516/

    続きを読む

    1: Egg ★2016/06/10(金) 13:06:17.03 ID:CAP_USER9
    【スコア】
    メキシコ代表 2-0 ジャマイカ代表

    【得点者】
    1-0 18分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ代表)
    2-0 81分 オリベ・ペラルタ(メキシコ代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2528-2528-lv

    【グループC順位表】
    (左から消化試合数/勝点/勝敗/得失点差)
    1位 メキシコ 2/6/2勝/+4
    2位 ベネズエラ 2/6/2勝/+2
    3位 ウルグアイ 2/0/2敗/-3
    4位 ジャマイカ 2/0/2敗/-3

    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦が9日に行われ、メキシコ代表とジャマイカ代表が対戦した。

    グループCはメキシコ、ウルグアイ、ジャマイカ、ベネズエラの4カ国によって決勝トーナメント進出が争われている。

    初戦で強豪ウルグアイを破ったメキシコは、この試合に勝てば決勝トーナメント進出が決まる。
    一方、ジャマイカはベネズエラ相手に善戦しながらも0-1の敗戦。負ければグループステージ敗退が決定する。

    この試合で最初にチャンスを作ったのはジャマイカ。7分、クライトン・ドナルドソンが右サイドに抜け出し、エリア内右に進入。
    右45度の位置から右足シュートを放ったが、ボールはわずかに枠の左へ外れてしまった。

    一方のメキシコもチャンスを作る。18分、右サイドからラウール・ヒメネスがクロスを入れると、ボールはファーサイドのヘスス・コロナにボールがわたる。
    J・コロナがすぐさま左足でクロスを入れなおすと、ゴール前のハビエル・エルナンデスがヘディングでゴール右下に決め、メキシコが先制に成功した。

    リードを許したジャマイカは同点を目指して反撃に出る。39分、ドナルドソンが右サイドからグラウンダーのクロスを入れる。

    これをゴール前のギャラス・マックリアリーが落とし、マイケル・ヘクターがダイレクトシュートを放ったが、
    ここはGKギジェルモ・オチョアがビッグセーブを見せてチームを救った。このまま1-0でメキシコがリードしてハーフタイムを迎えた。

    メキシコは後半立ち上がりに相手ゴールへ迫る。48分、J・コロナが左サイドから右足で斜めのクロスを入れる。
    ファーサイドのR・ヒメネスが折り返し、J・エルナンデスが飛び込んだが、ここは触ることができなかった。

    続く55分、エリア手前右でボールを受けたR・ヒメネスが、切り返して右45度の位置から左足シュートを狙った。
    カーブのかかったボールは惜しくも枠の左上に外れ、追加点を奪うことができない。

    ジャマイカは自陣で守りを固めながら少ない人数で決定機を作る。64分、ドナルドソンが中盤からドリブル突破を開始。
    エリア内右に進入したところでヤセル・コロナにスライディングタックルで倒されたが、ここは笛を吹かれることがなかった。
    さらに67分、自陣ゴール前でGKアンドレ・ブレイクが前線へ大きくクリアする。ジャイルズ・バーンズがこのボールをヘディングですらし、
    これを受けたドナルドソンがドリブル開始。再びエリア内に進入して決定機となるが、ここは転倒してしまい、チャンスを生かせなかった。

    78分、メキシコは得点を挙げたJ・エルナンデスを下げ、オリベ・ペラルタを投入した。
    直後の81分、途中出場のイルヴィン・ロサーノが左サイドを駆け上がり、マイナスの折り返しを入れる。

    これを受けたエクトル・エレーラのトラップが大きくなると、こぼれ球を走りこんだペラルタがダイレクトシュート。
    これが右ポストに当たりながらゴールに吸い込まれ、メキシコが大きな追加点を奪った。

    このまま2-0でメキシコがジャマイカを下し、勝ち点を6に伸ばして決勝トーナメント進出を決めた。
    この結果、ベネズエラの決勝トーナメント進出とウルグアイ、ジャマイカのグループステージ敗退が決定した。

    13日に行われる第3戦で、メキシコはベネズエラ代表と、ジャマイカはウルグアイ代表と対戦する。

    SOCCER KING 6月10日(金)12時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00453708-soccerk-socc

    写真
    no title


    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>優勝候補ウルグアイがまさかの敗退!スアレス出場できず…ベネズエラが連勝で決勝トーナメントへ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465522516/

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/06/07(火) 13:10:06.07 ID:CAP_USER9

    CkUx8qyUUAAeH_O

     
    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016・グループステージ第1戦が6日に行われ、アルゼンチン代表とチリ代表が対戦した。

     昨年行われたコパ・アメリカ2015の決勝で激突した両者が早くも今大会の初戦で顔を合わせることとなった。
    その決勝戦でPK戦の末に敗れて優勝を逃したアルゼンチンは、主将でエースのFWリオネル・メッシがケガを抱えており、
    ベンチスタートに。前線にはMFアンヘル・ディ・マリア、FWゴンサロ・イグアインとともにMFニコラス・ガイタンが起用された。
    一方、王者として臨むチリはMFアルトゥーロ・ビダル、FWアレクシス・サンチェスらがスタメンに名を連ねている。

     開始2分、アルゼンチンが早くもチャンスを作る。エリア手前左からディ・マリアがアーリークロスを上げると、
    ガイタンがヘディングで合わせる。しかしこのシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。
    さらに8分、今度はガイタンからパスを受けたディ・マリアがエリア手前左から左足でミドルシュートを放ったが、
    枠を捉えることができなかった。

     やや攻撃が停滞していたアルゼンチンは23分、カウンターを仕掛け、ディ・マリアが左サイドを駆け上がった
    エベル・バネガにスルーパス。
    ここからグラウンダーのクロスが入ると、ニアサイドでイグアインが合わせたが、シュートはDFに当たってゴール左へ外れた。
    さらにこのプレーで得た左CKにマルコス・ロホが頭で合わせたが、わずかに枠の右へ逸れた。

     30分にはチリに好機が訪れる。高い位置でボールを奪うと、エリア手前中央のビダルが左に預け、
    A・サンチェスが右足でミドルシュート。しかしここはGKの好セーブに阻まれた。試合はこのまま0-0で前半を折り返す。

     後半に入り51分、アルゼンチンは高い位置でボールを奪ったバネガが、エリア内左に走り込んだディ・マリアへスルーパス。
    これを受けたディ・マリアがワントラップから左足のシュートをゴール左下に沈め、アルゼンチンが先制に成功した。

     さらに59分、ショートカウンターを仕掛けたアルゼンチンはディ・マリアがドリブルで中央を持ち上がり、
    左のバネガへパスを預ける。ファーストタッチでエリア内に侵入したバネガが左足を振りぬくと、
    DFに当たってコースが変わったシュートがニアサイドに決まり、リードが2点に広がった。

     貴重な追加点を奪ったアルゼンチンは74分にイグアインを下げてセルヒオ・アグエロを投入。
    80分には1ゴール1アシストの活躍を披露したディ・マリアに代えてエリク・ラメラをピッチへ送り出す。

     後半アディショナル3分、チリは左サイドでFKを獲得すると、
    エリア内中央のエリック・プルガルが飛び出したGKの手前でヘディング。
    このシュートがゴールに吸い込まれ、1点を返した。
    しかし直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、アルゼンチンが前回王者チリを2-1で下した。

     10日に行われる第2戦でアルゼンチンはボリビア代表と、チリはパナマ代表と対戦する。

    【スコア】
    アルゼンチン代表 2-0 チリ代表

    【得点者】
    1-0 51分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
    2-0 59分 エベル・バネガ(アルゼンチン)
    2-1 90+3分 エリック・プルガル(チリ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00452321-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg 2016/06/06(月) 11:24:01.37 ID:CAP_USER9
    【スコア】
    メキシコ代表 3-1 ウルグアイ代表

    【得点者】
    1-0 4分 オウンゴール(アルバロ・ペレイラ)(メキシコ代表)
    1-1 74分 ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ代表)
    2-1 85分 ラファエル・マルケス(メキシコ代表)
    3-1 90+3分 エクトル・エレーラ(メキシコ代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2517-2517-lv

    超WORLDサッカー
    http://web.ultra-soccer.jp/live/main?mid=26813&tmid=555

    メキシコが優勝候補ウルグアイを破る…37歳DFマルケスが値千金の決勝弾
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00451877-soccerk-socc

    L・スアレス欠場のウルグアイが黒星発進、両軍に退場者の激戦を制したのはメキシコ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000008-goal-socc

    メキシコ、最速オウンゴール&37歳マルケス弾などでウルグアイ下す/コパ・アメリカ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000012-ism-socc

    互いに退場者…大会史上最速OGで先制のメキシコ、追いつかれるも突き放しウルグアイに3発勝利
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-01628035-gekisaka-socc


    【スコア】
    ジャマイカ代表 0-1 ベネズエラ代表

    【得点者】
    0-1 15分 ホセフ・マルティネス

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2516-2516-lv

    ベネズエラが初戦白星発進…マルティネス弾で10人のジャマイカを下す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00451843-soccerk-socc

    ★試合巧者ベネズエラが不運のジャマイカを下して白星スタート
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=242227

    スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/06/05(日) 13:06:12.43 ID:CAP_USER9

    no title

     
    ■ブラジル 0-0 エクアドル

    bein sports
    http://www.beinsports.com/us/livescores/match-center/2015/128/847998

     コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第1戦が4日に行われ、ブラジル代表とエクアドル代表が対戦した。

     3日に開幕を迎えた今大会。グループBはブラジル、エクアドル、ハイチ、ペルーの4カ国が決勝トーナメント進出を争う。2007年大会以来9度目の優勝を狙うブラジルは、4-3-3のシステムを採用。前線にはFWジョナス、MFフィリペ・コウチーニョ、MFウィリアンが入った。初優勝を狙うエクアドルは4-4-2のフォーメーションで、FWエネル・バレンシアとミジェール・ボラーニョスが2トップのコンビを組む。

     開始5分、最初にチャンスを作ったのはエクアドル。エリア手前でボールを受けたボラーニョスがミドルシュートを放ったが、ここは惜しくも枠の右へ外れた。

     一方、ブラジルも直後に決定機を迎える。6分、ウィリアンが右サイドからドリブル突破を仕掛けると、相手DFをかわしてエリア右横からグラウンダーのボールを入れる。これを逆サイドから走りこんだコウチーニョが合わせたが、GKエステバン・ドレールがなんとか防いた。

     37分、エクアドルがカウンターからチャンスを作る。抜けだしたジェフェルソン・モンテーロがファウルを受け、エリア手前左でFKを獲得。キッカーのE・バレンシアが直接狙ったが、GKアリソンがなんとか横っ飛びで防いだ。前半はスコアレスのままハーフタイムを迎えた。

     後半立ち上がりもペースを握るのはブラジル。49分に左サイドでFKを獲得すると、ウィリアンは右のダニエウ・アウヴェスへパス。D・アウヴェスがゴール前に浮き球を入れ、ファーサイドのコウチーニョが頭で折り返すと、最後はジウがヘディングシュートを放ったが、ボールは勢いなくGKにキャッチされてしまった。

     ブラジルは62分にジョナスを下げ、ガブリエウを投入した。

     なかなかチャンスを作れないでいたエクアドルが思わぬ形でチャンスをむかえる。66分、左サイドから攻め込むと、ボラーニョスがゴールライン付近から鋭い折り返しのボールを入れる。これをGKアリソンがキャッチミスし、ボールはゴールに吸い込まれた。エクアドルが先制かと思われたが、副審はボラーニョスがクロスを上げる前にボールがラインを割っていたと判定。エクアドルの得点は認められなかった。

     ブラジルは83分に決定機。左サイドのレナト・アウグストがアーリークロスを入れると、ファーサイドから飛び込んだ途中出場のルーカス・モウラが頭で合わせたが、シュートは枠の左へ外れてしまった。

     結局、両チームともに最後までゴールを割ることができず、0-0のスコアレスドローに終わった。

     9日の第2戦で、ブラジルはハイチ代表とエクアドルはペルー代表と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00451606-soccerk-socc

    ■コスタリカ 0-0 パラグアイ

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2513-2513-lv

    コスタリカとパラグアイの対戦はスコアレスドロー…ともに決定力欠く
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00451589-soccerk-socc

    ■ハイチ代表 0-1 ペルー代表

    0-1 61分 パオロ・ゲレーロ(ペルー代表)

    超WORLDサッカー!
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26806&tmid=554

    ペルーがハイチを下し白星発進…エースFWゲレーロが値千金の決勝弾
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00451600-soccerk-socc

    【サッカー】<コパ・アメリカ>開幕! コロンビアがサパタ&ハメス弾で開催国アメリカ撃破
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465011457/

    スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/06/04(土) 22:45:55.11 ID:CAP_USER9

    kaka-500x333

     
    コパ・アメリカ・センテナリオが開幕し、大会2日目となる4日(日本時間5日午前)はいよいよブラジル代表が登場する。
    ブラジルは自国開催した2014年ワールドカップの準決勝でドイツに1-7と歴史的な大敗を喫し、
    その後、フェリペ・スコラーリ監督からドゥンガ監督に指揮官を変更した。

    しかし、チームは昨年のコパ・アメリカで準々決勝敗退、2018年ワールドカップ南米予選でも6試合を終えて
    10チーム中6位と苦しんでいる。

    ブラジルは今大会、エースで主将のネイマールが母国開催のリオ五輪で悲願の金メダルを目指すため、
    コパ・アメリカを欠場することが早い段階で決まった。

    そんな中でもドゥンガ監督は確執を伝えられるチアゴ・シウヴァ、マルセロ、
    最近の低調なパフォーマンスが批判されていたダヴィド・ルイス、さらにオスカル、
    フィルミーノらかつての主力メンバーを23人に選出せず、メンバーを大幅に変更してこの大会に臨む決断をした。

    しかし…

    ▼5月21日、リカルド・オリヴェイラが負傷し離脱、ジョナスに変更

    ▼5月26日、ドウグラス・コスタに負傷が発覚し離脱、カカに変更

    ▼5月31日、エデルソン、ラフィーニャが負傷により離脱、マルセロ・グロイ、ルーカス・モウラに変更

    ▼6月1日、追加招集されたカカが負傷し離脱、ガンソに変更

    ▼6月2日、ルイス・グスタヴォが家庭の事情により離脱、ワラシに変更

    5月5日に発表された当初の23人から、なんとこの2週間で6人も負傷などにより
    変更することになってしまったのだ(最終メンバーはこちら)。
    http://qoly.jp/2016/05/05/copa-america-centenario-brazil-20160505

    一般的に、ブラジル国民はリオ五輪での金メダルをより望んでいるとされ、
    8度の優勝を誇るコパ・アメリカへの関心度はそれほど高くないのだという。
    ただ一方、批判を浴びているドゥンガ監督がもし今大会で結果を残せなかった場合、
    解任される可能性もあるのではないかとの話も出ている。

    グループBに入ったブラジルは4日にエクアドル、8日にハイチ、12日にペルーと対戦する。
    グループステージは比較的対戦相手に恵まれたため、すんなりと突破するかもしれないが問題はその後だろう。

    手負いのカナリアは、果たして100周年のこの記念大会で大きく羽ばたくことが出来るだろうか。

    http://qoly.jp/2016/06/04/copa-america-centenario-brazil?part=2

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/04(土) 12:37:37.76 ID:CAP_USER9
    【スコア】
    アメリカ代表 0-2 コロンビア代表

    【得点者】
    0-1 8分 クリスティアン・サパタ(コロンビア)
    0-2 42分 ハメス・ロドリゲス(PK)(コロンビア)

    http://www.beinsports.com/us/livescores/match-center/2015/128/847992

    http://matchcenter.mlssoccer.com/matchcenter/2016-06-03-us-mens-national-team-vs-colombia

    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016開幕戦が3日に行われ、アメリカ代表とコロンビア代表が対戦した。

     いよいよ開幕を迎えたコパ・アメリカ。同大会は南米サッカー連盟が主催する世界で最も古いナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会として知られている。原則4年ごとに行われる大会だが、今年は100周年記念として、昨年に続き2年連続の開催となる。

    今大会では南米サッカー連盟に加盟するアルゼンチン、ブラジル、コロンビア、ウルグアイなど10カ国に加え、北中米カリブ海サッカー連盟に加盟するアメリカ、ジャマイカ、メキシコなど6カ国の合計16カ国が出場し、優勝を争う。

     開催国として大会制覇を狙うアメリカはMFマイケル・ブラッドリー、FWクリント・デンプシーらが先発に名を連ねた。一方、2001年大会以来2度目の優勝を目指すコロンビアはMFフアン・クアドラード、MFハメス・ロドリゲス、FWカルロス・バッカらがスタメン起用された。

     先制したのはコロンビア。8分、右からのCKをエドウィン・カルドナがゴール前に蹴り込むと、マークを外してフリーとなったクリスティアン・サパタが右足ボレー。低く抑えたシュートがゴール右下に決まった。

     その後は互いになかなか決定機を作り出すことができないまま時間が経過したが、コロンビアが42分に追加点を奪う。左サイドからファリド・ディアスがクロスを上げると、このボールがエリア内のDFデアンドレ・イェドリンの手に当たりPKを獲得。これをJ・ロドリゲスがゴール右下に沈めた。

     このまま2-0で前半を折り返す。

     後半に入り60分、アメリカは右からのCKにゴール前のデンプシーが頭で合わせると、シュートは枠の右隅を捉えたが、ここはDFにクリアされてしまった。さらに64分、エリア手前右で得たFKをデンプシーが直接狙うと、このシュートも枠の右を捉えたが、今度はGKダビド・オスピナの好セーブに阻まれた。

     コロンビアは73分、相手選手に倒されて肩を痛めたJ・ロドリゲスがギジェルモ・セリスとの交代でピッチを退いた。アクシデントに見舞われたコロンビアは77分、カウンターでディフェンスラインの裏に抜け出したバッカがGKと一対一の局面を迎えたが、右足で放ったシュートはクロスバーを直撃。3点目とはならなかった。

     決定機を逃したコロンビアだったが、残り時間で大きなピンチを迎えることはなく、試合はこのまま終了。コロンビアが開催国アメリカを2-0で下した。

     次節、アメリカは7日にコスタリカ代表と、コロンビアは同日にパラグアイ代表と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00451357-soccerk-socc

    スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/21(土) 12:12:44.60 ID:CAP_USER9
    コパ・アメリカに向けたアルゼンチン代表メンバーが発表された。バルセロナFWリオネル・メッシなどが順当に名前を連ねている。
    メッシやアグエロ、イグアインなどを擁する超豪華攻撃陣では、カルロス・テベスやパウロ・ディバラ、マウロ・イカルディといった選手が外れた。
    アルゼンチン代表はコパ・アメリカのグループステージで、チリ、パナマ、ボリビアと対戦する。

    招集メンバー23人は以下のとおり。

    GK

    ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)

    グスマン(ティグレス)

    アンドゥハル(エストゥディアンテス)

    DF

    ロンカリア(フィオレンティーナ)

    ロホ(マンチェスター・ユナイテッド)

    オタメンディ(マンチェスター・シティ)

    フネス・モリ(エヴァートン)

    ガライ(ゼニト)

    クエスタ(インデペンディエンテ)

    マイダナ(リーベル・プレート)

    メルカド(リーベル・プレート)

    MF

    マスチェラーノ(バルセロナ)

    アウグスト・フェルナンデス(アトレティコ・マドリー)

    クラネビッテル(アトレティコ・マドリー)

    バネガ(セビージャ)

    ビリア(ラツィオ)

    ラメラ(トッテナム)

    パストーレ(パリ・サンジェルマン)

    FW

    メッシ(バルセロナ)

    イグアイン(ナポリ)

    アグエロ(マンチェスター・シティ)

    ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)

    ラベッシ(河北華夏)

    GOAL 5月21日(土)11時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00000006-goal-socc

    スカパー!コパ・アメリカ
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/05/06(金) 18:02:01.14 ID:CAP_USER9
    前代未聞のスポーツ一面

    no title


    ドルトムントのクリスティアン・プリシッチは、17歳ながらブンデスリーガ歴代8位の若さでデビューを飾り、
    さらに歴代4位の若さで初得点も記録している期待の新星である。
    またクロアチア人の祖父がおりアメリカとクロアチアの二重国籍であった為にどちらの国の代表で
    プレイするか注目を集めたが生まれ育ったアメリカの代表になることを選択した。

    そんなプリシッチに対してアメリカ全土からの期待が見て取れる。
    米『Washington Post』のスポーツ面の一面をこの新星が飾ったのだ。
    記事の内容はドイツとアメリカ2つの国の注目を集める17歳というもので、
    これに対してMLSの公式サイトも驚きの声を上げている。
    10代のサッカー選手が同紙のスポーツ面の一面で扱われることは今までに前例がないが、
    サッカーに対するアメリカ国民の態度も変わってきており、
    今夏開催されるコパ・アメリカに出場するアメリカ代表への国民の期待は過去に例を見ないほど
    高いと同サイトは伝えている。

    プリシッチは3月にアメリカA代表デビューを果たしたばかりだが、コパ・アメリカへの出場は確実視されている。
    南米勢ばかりに目が行きがちな今大会だが、アメリカ全土の期待を背負ったこの17歳が
    どのような夏を生まれ育った地で過ごすのか注目してみてはいかがだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00010012-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ