サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: コパアメリカ

    35: 名無しさん@恐縮です 2019/06/29(土) 08:00:29.66 ID:j+vm+vWs0

    D9JB6cFVUAA_JE0


    まあ守備陣の差でブラジルには勝てんだろ 
    アルゼンチンの聞いた事ない右SBと守備しないメッシサイドはエベルトンで虐殺


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/29(土) 06:17:40.95 ID:f0t9AyhV9
    コパ・アメリカ2019の準々決勝が28日に行われ、ベネズエラ代表とアルゼンチン代表が対戦した。

    試合は10分、リオネル・メッシの左CKをペナルティエリア右のセルヒオ・アグエロがシュート。ゴール前のラウタロ・マルティネスがヒールでコースを変えてゴールネットを揺らし、アルゼンチンが先制に成功した。

    その後は膠着状態が続いたが、アルゼンチンは74分にアグエロがエリア手前から強烈なミドルシュートを放つと、GKが弾いたボールをジオヴァニ・ロ・チェルソが押し込んで決定的な追加点を挙げた。

    試合はこのままタイムアップを迎え、アルゼンチンが2-0で完封勝利。3大会連続のベスト4進出を決めた。7月2日に行われる準決勝では開催国のブラジルと対戦する。

    【スコア】
    ベネズエラ代表 0-2 アルゼンチン代表

    【得点者】
    0-1 10分 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン)
    0-2 74分 ジオヴァニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン)

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019062803

    6/29(土) 5:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00952945-soccerk-socc

    写真
    no title


    アルゼンチン、会心の勝利で3大会連続準決勝進出!宿敵ブラジルとの大一番へ/コパ・アメリカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00010001-goal-socc

    “激しさ”を取り戻したアルゼンチンがベネズエラを粉砕! 宿敵ブラジルの待つベスト4進出【コパ・アメリカ】
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00060722-sdigestw-socc

    アルゼンチンがベネズエラ下して3大会連続4強入り!宿敵ブラジルが待つ準決勝へ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-43468753-gekisaka-socc

    アルゼンチン、ブラジル待つ準決勝へ。ベネズエラ撃破で4強入り【コパ・アメリカ】
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00328590-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/26(水) 09:18:09.26 ID:PDfQe6KR9

    dazn-20180104-rs


    グループリーグ初戦のチリ戦で森保ジャパンが0―4の大敗を喫した瞬間、日本国内のテレビ局関係者は、胸をなで下ろしたことだろう。

     南米選手権(コパ・アメリカ)は、インターネットによるスポーツ中継動画配信サービスのDAZNが全試合を独占配信する権利を持っている。地上波、BSなどテレビで日本代表の試合は見られず、これは2010年1月6日のアジア杯予選イエメン戦(サヌア)以来の珍事となった。

    ■大会直前に久保のレアル入りが発表される

    「放送しないのに勝ち上がり、話題になれば『民放やNHKは何をしているんだ? 国民的関心事を放送しないのはけしからん』と批判され、NHKの場合は受信料不払いの悪しき流れにもなりかねない」(放送関係者)

     ところが大会前にチーム最年少の18歳MF久保建英のスペインの強豪レアル・マドリード入りが発表され、そこからグングンとコパへの関心が高まり、2戦目に優勝候補ウルグアイとガップリ四つの戦いを見せ、2―2で勝ち点1をゲットすると「DAZNでしか見られない……民放やNHKは怠慢じゃないのか」という声が噴出してきた。「今回のコパのDAZN独占配信は、大会後にレアル入りする久保の動向が大きく関係した」とサッカー関係者が続ける。

    「2020年東京五輪を横目でにらみつつ、久保が5月23日にポーランドで開幕した20歳以下のW杯(6月15日閉幕)に呼ばれるのか、五輪世代である22歳以下代表が参戦する6月1日に開幕したトゥーロン国際大会(フランス=15日閉幕)に出るのか、それともコパに出場するA代表に招集されるのか、民放とNHKには見極めがつかなかった。実際、各大会の中で唯一のFIFA主催大会である20歳以下のW杯に出るだろうというのが大方の見方だったため、テレビ局はコパの放送から手を引いてしまった」

     試合の時間帯も最悪だった。グループリーグ3試合とも日本戦は午前8時(日本時間)のキックオフ。民放では最後までテレビ東京が放送するかどうか、逡巡したといわれているが、各局とも力を入れている朝の情報番組を休んでまで「久保不在で目玉のないコパを放送するバリューはない」という判断に落ち着いた格好。NHKがBSで放送することを検討したようだが、NHKの判断も<民放各局にならえ>で落ち着いた。

    ■「日本は大会を軽視している」

     久保が選ばれていたとしても、コパのメンバーは“無名の若手”が中心になるといわれていた。

     森保監督に「東京五輪世代の22歳以下の選手に南米のガチンコ勝負の経験を積ませたい」思惑があったからだが、今回招集された23選手中、初代表の22歳以下選手が13人も含まれており、ベネズエラのドゥダメル監督に「若い選手を多く連れてきた日本は大会の重要性を軽視している」と批判されたが、主力抜きのメンバー構成も日本の各テレビ局の腰が引けてしまった理由になった。

     もともと、DAZNの運営会社であるパフォーム・グループ(イングランド)は、コパを主催している南米サッカー連盟(CONMEBOL=本部パラグアイ)と南米各国リーグの放送などで太いパイプがあり、早い段階で「コパはDAZNが独占配信する」という話が流れていた。

     それでも民放かNHKのBSが「せめて日本戦くらいは放送するだろう」ともっぱらだった。

     しかしフタを開けてみると――。テレビ局は18歳の久保に振り回された揚げ句、大局を見誤った。久保も罪作りな男である。

    19/06/26 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/256897

    6: 名無しさん@恐縮です 2019/06/26(水) 09:21:09.46 ID:YDsm5iO40
    久保くんさんのデビュー戦逃すとは 
    大失態だろ


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/26(水) 19:53:03.42 ID:Ja8Afezh9
    柴崎岳も「小さな部分は大きな差」警報を鳴らす。
     
    日本代表が惜しくもグループステージ敗退に終わったコパ・アメリカ2019。3試合で3ゴールしか奪えなかった決定力と並び、大きな敗因となったのが、デュエルで苦戦を強いられたことだった。
     
    とりわけ1節のチリ戦と2節のウルグアイ戦は、相手のインテンシティーの高さに苦しみ、競り合いで負けるシーンが目に付いた。0-4の惨敗を喫したチリ戦後には、
    キャプテンの柴崎岳も「インテンシティーの部分はもっと高めなければいけないと思います。彼ら(チリ)のほうが競り合いやその後のセカンドに関しても数段上だった、そういった小さな部分は大きな差」と漏らしていた。
     
    実際、『Opta』によれば、日本のデュエル勝率はコパ・アメリカ出場12か国で最下位だったという。
     
    【コパ・アメリカ2019のデュエル勝率】
    56.6%:ウルグアイ
    54.6%:ブラジル
    53.9%:コロンビア
    52.2%:チリ
    52.2%:カタール
    51.4%:ペルー
    50.0%:エクアドル
    48.8%:ベネズエラ
    47.5%:アルゼンチン
    47.0%:パラグアイ
    44.6%:ボリビア
    41.3%:日本
    ※グループステージ終了時点
     
    基本中の基本である1対1の競り合いで勝てるか否かは試合の行方を左右する重要な要素で、インテンシティーが高まっているモダンフットボールではさらにその傾向が強まっている。
    グループステージを首位通過しているウルグアイ、ブラジル、コロンビアが、デュエル勝率でトップ3を占めているのは偶然ではない。
     
    東京五輪世代を中心に臨んだ若き日本代表にとっては、本当の意味で世界と対等に戦ううえで大きな教訓となりそうだ。

    6/26(水) 19:47配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00060658-sdigestw-socc

    写真
    no title


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/26(水) 08:54:12.37 ID:PDfQe6KR9
    no title


    日本代表はコパ・アメリカ2019のグループリーグ第3節でエクアドル代表と対戦。惜しくも1-1で引き分けて大会敗退となったが、MF久保建英は今大会で真価を発揮してみせた。

     この試合で久保はFW岡崎慎司との2トップでフル出場。前線でボールを収めると、冷静な判断から攻撃陣に決定機を幾度ともたらした。試合終盤には自身がゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールに。自ら勝利を呼び寄せることができず、悔しい結果となった。

     しかし、データサイト『opta』のツイッター(@OptaJiro)は大会を去る久保のデータを紹介。今大会でオープンプレーからラストパスを放った本数が大会最多であることを伝えている。

     久保のラストパス本数は現時点で大会最多の8本。続くプレーヤーには世界屈指のスターが名を連ねており、2位にはFWアレクシス・サンチェス(チリ/7本)が入った。3位は6本で5選手がランクイン。MF柴崎岳(6本)、MFハメス・ロドリゲス(コロンビア)、FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)、MFチャルレス・アランギス(チリ)、DFロナルド・エルナンデス(ベネズエラ)が続いている。

    ゲキサカ 6/25(火) 23:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-43468663-gekisaka-socc



    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    18: 風吹けば名無し 2019/06/25(火) 11:49:18.20 ID:Avb2Py/k0
    ほいよ、これが戦犯中島上田前田のアチアチGIFセットね 

    久保→中島 
    https://i.imgur.com/IvXl7YB.gif 

    https://i.imgur.com/rIxbIxo.gif 



    久保→前田→上田 
    https://i.imgur.com/1C8ZK4w.gif 

    久保→中島 
    https://i.imgur.com/DWydVTk.gif


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2019/06/25(火)17:53:29.36 ID: 

    49bb223e-s



    痛恨の決定機逸…FW上田綺世「僕はまだ力が足りなかった」 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-43468638-gekisaka-socc 

    「チームを得点という形も含めて救うことが求められていたけど、それができなくて悔しい結果になりました。あれを決めてチームを救える存在が、あそこにいるべきだった。僕はまだ力が足りなかった」 

     第1節チリ戦でもチャンスに顔を出し、幾度となくフィニッシュに持ち込みながらもノーゴールに終わっていた。 
    9年半ぶりに大学生としてA代表に選出されたストライカーは、「良く言えば、客観的に見たチャンスをこのタイミングで得て、力不足を知れたというのは良かったと思う」と気丈に答える。 


    決定機を逃した前田大然「申し訳ない。何もできなかった。本当に僕が出場してよかったのか…」 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010031-goal-socc 

    今大会で代表初招集となった前田は、初戦のチリ代表戦でも66分から出場。2試合で、残念ながら記録に残る結果は残せなかった。 
    エクアドル戦後、前田は「点を取ってこいって言われて送り出してもらったんですけど、決めきれずに申し訳ないです」と落胆。 
    決定機の場面については、「しっかりとボールを蹴ることができてなかった。悔いが残るシュートになりました。クラブチームの時からの課題。そういうところで冷静になれる人が上で戦える。実力が伴っていない」と自身への厳しい言葉を並べた。 

    さらに前田は大会を通じて、「申し訳ない思い。本当に(自分が)出場してよかったのかという、そんな思い。本当に何もできなかった」と口にしたが、 
    最後には「でも、切り替えてやらなくてはならない。この舞台に戻ってくるのは、これから結果を残していくしかない。切り替えてやっていきたい」と前を見据えた。



    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ