サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: コパアメリカ

    1: Egg ★@2016/06/20(月) 11:52:53.25 ID:CAP_USER9
     コパ・アメリカ準々決勝、メキシコ対チリの一戦は0-7という衝撃の結果に終わった。メキシコ代表のエース、ハビエル”チチャリート”エルナンデスはメキシコ国民にその惨敗を謝罪した。18日、メキシコ紙『レコルド』が報じている。

     ここまで22戦無敗中のメキシコと、前回王者チリの一戦は激戦が予想されたが、思わぬワンサイドゲームになってしまい、チチャリートも「こういう敗戦は繰り返されてはならない。0-7での敗戦はひどすぎる」とコメントし、肩を落とした。

     また、その後SNSからも「全メキシコ国民にお詫びします。今夜の我々はメキシコ代表に値するものではありませんでした。非常に恥ずかしく、悲しく、胸が痛いです」とメッセージを発信している。

     メキシコ代表としては、今回の敗戦は1961年に0-8でイングランドとの親善試合に敗れて以来のワーストスコアということだ。しかし、主要大会においてはワースト記録となってしまった。準ホームとも呼べるアメリカを舞台に、悲願のコパ・アメリカ初制覇も視野に入れていたメキシコ代表の幕切れはあまりにも衝撃的なものとなってしまった。

    フットボールチャンネル 6月20日 8時10分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160620-00010009-footballc-socc

    ハイライト動画
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/copaamerica/movies/highlight/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>チリが衝撃のゴールショー!22戦無敗のメキシコに7-0圧勝©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466308898/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/19(日) 22:46:48.56 ID:CAP_USER9

    CWq02vvUwAAvtz9

     
     コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝が18日に行われ、アルゼンチン代表はベネズエラ代表と対戦し、4-1で勝利を収めた。この試合でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが代表通算54得点目を挙げて、ガブリエル・バティストゥータ氏が持つ最多得点記録に並んだ。メッシは試合後にインタビューに応じ、スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

     ベネズエラ戦で今大会初先発となったメッシは、開始早々の8分にエリア内右に走り込んだゴンサロ・イグアインへ浮き玉のパスを供給し、早速先制点をアシスト。2点リードの60分にニコラス・ガイタンとのパス交換からチームの3点目を決めると、71分にはMFエリック・ラメラの得点をお膳立て。3得点に絡む活躍でアルゼンチンの準決勝進出に貢献した。

     メッシは、アルゼンチン代表通算最多得点記録について「バティに並べたことは嬉しく思っているよ。でも、僕たちの頭の中にあるのは決勝へ進むことで、コパのタイトルを強く望んでいる」と、個人の記録よりもチームのタイトル獲得が大事だと強調した。

     さらに「一歩前進できたことは重要だ。相手が攻めてきた15分くらいを除いて、僕たちは良いプレーができた。2大会連続で決勝に進むのは簡単ではないけど、僕たちはいつも勝ちたいと思っているんだ」と続け、準優勝に終わった前回大会の雪辱を誓った。

     アルゼンチンは、21日に行われる準決勝でアメリカと対戦。中2日でこの一戦を迎えるアルゼンチンにとって、開催国との対戦は難しい試合となることが予想される。

    SOCCER KING 6月19日 16時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00458018-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/06/19(日) 13:21:02.92 ID:CAP_USER9
    コパ・アメリカの準決勝進出チームが出揃った。準決勝ではホスト国のアメリカ代表がアルゼンチン代表と、
    前回王者のチリ代表がコロンビア代表と対戦する。

     アメリカ対アルゼンチンは21日(日本時間22日10時)にヒューストンで行われる。
    主力を出場停止で欠くアメリカが、FWリオネル・メッシが復帰したアルゼンチン相手にどのような戦いができるのか。
    ただ、アメリカは中4日、アルゼンチンは中2日と日程面での優位性があり、さらにホームの大声援も期待できることから、
    アメリカの番狂わせの可能性もありそうだ。

     22日(日本時間23日9時)に行うもう1試合では、コロンビアとチリが激突する。
    準々決勝をPK戦で勝ち上がるなど勝負強さを見せるコロンビアと、
    準々決勝でメキシコ相手に7得点を決める圧勝劇を見せたチリの対戦は、好ゲームになること必至だ。
    またチリとアルゼンチンが勝ち上がれば、昨年度大会の決勝の再現となる。話題性十分のコパ・アメリカから目が離せない。

    【準決勝】
    (6月22日)
    アメリカ 10:00 アルゼンチン [ヒューストン]

    (6月23日)
    コロンビア 9:00 チリ [シカゴ]

    【3位決定戦】
    (6月26日)
    未定 9:00 未定 [フェニックス]

    【決勝】
    (6月27日)
    未定 9:00 未定 [ニュージャージー]

    ※試合時間は日本時間

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-01628445-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/19(日) 10:09:26.39 ID:CAP_USER9
    【スコア】
    アルゼンチン代表 4-1 ベネズエラ代表

    【得点者】
    1-0 8分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表)
    2-0 27分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表)
    3-0 60分 リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
    3-1 70分 サロモン・ロンドン(ベネズエラ代表)
    4-1 71分 エリク・ラメラ(アルゼンチン代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2569-2569-lv

    超WORLDサッカー
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26930&tmid=1

     コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝が18日に行われ、アルゼンチン代表とベネズエラ代表が対戦した。

     アルゼンチンはグループステージで唯一の3連勝を飾り、盤石の体制で決勝トーナメントに進出した。一方、ベネズエラは強豪ウルグアイを押し退け、2位でグループステージを突破した。

     アルゼンチンはこの試合で初めてFWリオネル・メッシを先発で起用。ニコラス・ガイタン、ゴンサロ・イグアインとともに前線を形成する。一方、ベネズエラはエースのサロモン・ロンドンとホセフ・マルティネスが2トップを組んだ。

     試合は開始早々に動く。8分、アルゼンチンは右サイドでメッシがボールを受けると、左足で浮き球のパスを前線へ入れる。これをエリア内右に走りこんだイグアインが右足でハーフボレーシュート。ボールはゴール左下に決まり、アルゼンチンがいきなりリードを手にした。

     続く27分、ベネズエラに致命的なミスが起きる。最終ラインでパスを回すと、アルキメデス・フィゲラが中途半端なバックパスをGKダニ・エルナンデスへ送る。これをイグアインがカットすると、そのままGKをかわして無人のゴールにボールを流し込んだ。アルゼンチンがリードを2点に広げた。

     ベネズエラは苦しい展開となったが、勇気を持って猛攻を仕掛ける。35分、フィゲラが高い位置でハビエル・マスチェラーノからボールを奪うと、ロンドンが左足シュート。しかし、ここはGKセルヒオ・ロメロがセーブ。得点を許さない。さらに39分、右CKを獲得すると、アレハンドロ・ゲラのクロスからロンドンがヘディングで合わせた。しかし、ここは惜しくも左ポストを直撃。ゴールにつながらなかった。

     ここでベネズエラに決定的なチャンスが訪れる。43分、右サイドのロンドンから折り返しのボールが入ると、GKロメロがJ・マルティネスを倒し、ベネズエラにPKが与えられた。キッカーはルイス・セイハス。ここでチップキックを選択したが、GKロメロは一歩も動かず、正面でキャッチされてしまった。このまま2-0でアルゼンチンがリードしてハーフタイムを迎える。

     1点を返したいベネズエラは、後半立ち上がりの55分にセイハスを下げてフアンピを投入する。しかし、次の得点を奪ったのはアルゼンチンだった。60分、ガイタンが中盤でボールをカットすると、メッシに預けて左サイドへ走りこむ。メッシがエリア左のガイタンへパスを出すと、再び折り返しを受けたメッシがゴール中央に決め、決定的な3点目を奪った。メッシにとってはアルゼンチン代表通算54得点目となり、ガブリエル・バティストゥータ氏が持つ最多得点記録に並んだ。

     ベネズエラは70分、左サイドのゲラが上げた右足クロスをロンドンが頭でわずかにコースを変え、ようやく1点を返した。しかし、直後の71分にアルゼンチンがキックオフから攻撃を仕掛け、最後は途中出場のエリク・ラメラがゴール。再びリードを3点に戻した。このまま4-1でアルゼンチンがベネズエラを下し、準決勝に駒を進めた。

     アルゼンチンは21日に行われる準決勝で、開催国のアメリカと対戦する。

    SOCCER KING 6月19日 10時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00457873-soccerk-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    メッシがバティストゥータに並び、イグアインはスーパーゴール アルゼンチンが快勝で準決勝へ
    GOAL 6月19日 10時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000002-goal-socc

    [コパ・アメリカ]メッシ先発復帰で“完全体”アルゼンチンが4発完勝で4強へ
    ゲキサカ 6月19日 10時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-01628440-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/06/17(金) 12:46:41.76 ID:CAP_USER9
     
    【スコア】
    アメリカ代表 2-1 エクアドル代表

    【得点者】
    1-0 22分 クリント・デンプシー(アメリカ代表)
    2-0 65分 ギャシ・ザーデス(アメリカ代表)
    2-1 74分 ミカエル・アロージョ(エクアドル代表)

    ゲキサカLive速報
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2559-2559-lv

    16日に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ準々決勝、アメリカ対エクアドルの一戦は、アメリカが2-1の勝利を収めて準決勝進出を果たした。

    グループAを首位通過した開催国アメリカは、パラグアイ戦で退場処分を受けたイェドリンが欠場しベスラーが先発。エクアドルはハイチに快勝したGS最終戦からJ・アヨビが外れてアロヨが入る。

    両チームともに序盤から積極的にゴールに迫る姿勢を見せたが、先手を取ったのはアメリカ。22分、ドリブルで仕掛けたウッドはシュートを打てなかったが、右サイドのゴールライン際まで持ち込んだところで後ろへ戻し、エリア手前で受けたジョーンズがすかさずクロスを上げる。これに頭で合わせたデンプシーが3試合連続となるゴールを叩き込んだ。

    42分にも追加点の大きなチャンスを迎えたアメリカだが、デンプシーの突破からパスを受けてフリーになったベドヤのシュートをGKドミンゲスがファインセーブ。エクアドルが反撃に望みをつなぐ。

    前半アディショナルタイムにはアメリカの不用意なバックパスを奪い、最後はアロヨがシュートにまで持ち込んだがGKグザンが阻む。1-0のままハーフタイムを迎えた。

    後半に入り激しさを増した試合は、52分に両チームが退場者を出す展開に。ベドヤとの競り合いで相手の足を蹴ったA・バレンシアは2枚目のイエローカードを受けて退場。そこから両チームの選手たちがもみ合いとなる中で、アロヨの顔を殴るように手を出したジョーンズには一発レッドが提示された。

    10人対10人での戦いとなったが、再びスコアを動かしたのはアメリカの方だった。65分、左からのクロスをザーデスが頭で折り返し、これを受けたデンプシーがエリア内へ抜け出す。守備陣と競り合いながらもボールを失わず、ゴール前へ低いボールを送ると、最後はザーデスが押し込んで2-0とした。

    これでアメリカが大きく勝利を引き寄せたかに見えたが、エクアドルも諦めない。74分にはエリア右側でFKを獲得すると、W・アヨビが低いマイナスのボールをエリア手前に送り、これをアロヨが思い切り良く蹴り込んで1点差に詰め寄った。

    さらに同点ゴールも狙うエクアドルは立て続けにアメリカのゴールを脅かしていく。76分にはモンテーロの左からのクロスにE・バレンシアが飛び込むが、至近距離からのフリーでのヘッドは枠外へ。直後にも再びE・バレンシアがヘッドを外すなど、あと一歩のチャンスを量産していく。

    90分を過ぎてもエクアドルの猛攻は続き、クロスがあわやオウンゴールを誘いかける場面も。結局エクアドルはチャンスを逃し続けたことが高くつき、そのまま2-1の勝利を収めたアメリカが4強進出を果たした。アメリカは準決勝でアルゼンチン対ベネズエラの勝者と対戦する。

    GOAL 6月17日 12時32分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000007-goal-socc

    開催国アメリカが4強進出…エース・デンプシーが3戦連続ゴールで勝利導く
    SOCCER KING 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00456901-soccerk-socc

    両チームに退場者 荒れた試合を制しホスト国アメリカが4強も…準決は複数主力出場停止
    ゲキサカ 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-01628378-gekisaka-socc

    個人技満載、両軍に退場者! 激しすぎる対決を制してベスト4へ進出したのはアメリカ
    theWORLD(ザ・ワールド) 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00010006-theworld-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>観客総動員数が100万人に迫る!最多観客動員は、メキシコ対ジャマイカの一戦で、8万3263人
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466119331/

    続きを読む

    1: そまのほ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/15(水) 10:25:00.60 ID:CAP_USER9
    ブラジル代表監督の後任にチチ氏 ドゥンガ解任を受け

     ブラジル・サッカー連盟は14日、ドゥンガ代表監督の解任を発表した。
    地元メディアによると、後任候補は昨季のブラジル選手権を制したコリンチャンスのチチ監督に絞られている。
    新監督は8月のリオデジャネイロ五輪でも指揮を執る。

     ドゥンガ氏は自国開催で4位にとどまった一昨年のワールドカップ(W杯)後に就任。
    昨年の南米選手権は準々決勝止まりで、今年の同選手権では1次リーグ敗退を喫した。

     チチ氏は2012年にコリンチャンスをクラブW杯優勝に導くなど実績は十分で、就任を望む声が高まっている。(共同)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20160615/wor16061509560010-n1.html

    続きを読む

    1: Egg 2016/06/15(水) 13:31:20.47 ID:CAP_USER9
     
    【スコア】
    アルゼンチン代表 3-0 ボリビア代表

    【得点者】
    1-0 13分 エリク・ラメラ(アルゼンチン代表)
    2-0 15分 エセキエル・ラベッシ(アルゼンチン代表)
    3-0 32分 ビクトール・クエスタ(アルゼンチン代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2552-2552-lv

    【スコア】
    チリ代表 4-2 パナマ代表

    【得点者】
    0-1 5分 ミゲル・カマルゴ(パナマ代表)
    1-1 15分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    2-1 43分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    3-1 50分 アレクシス・サンチェス(チリ代表)
    3-2 75分 アブディエル・アロージョ(パナマ代表)
    4-2 89分 アレクシス・サンチェス(チリ代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2551-2551-lv

    【グループD順位表】
    (左から消化試合数/勝点/勝敗/得失点差)
    1位 アルゼンチン 3/9/3勝/+9
    2位 チリ 3/6/2勝1敗/+2
    3位 パナマ 3/3/1勝2敗/-6
    4位 ボリビア 3/0/3敗/-5

    ◇決勝トーナメント

    (6月17日)
    アメリカ 10:30 エクアドル [シアトル]

    (6月18日)
    ペルー 9:00 コロンビア [ニュージャージー]

    (6月19日)
    アルゼンチン 8:00 ベネズエラ [ボストン]
    メキシコ 11:00 チリ [サンノゼ]

    ゲキサカ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-01628328-gekisaka-socc

    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦が14日に行われ、アルゼンチン代表とボリビア代表が対戦した。

     グループDはアルゼンチン、チリ、パナマ、ボリビアの4カ国が所属する。初戦で前回王者のチリを下したアルゼンチンは、第2戦でパナマに5-0と大勝。エースのFWリオネル・メッシがハットトリックを達成するなど好調を維持し、1993年以来9大会ぶりの優勝を目指す。一方、ボリビアはパナマとチリに連敗し、グループステージ敗退が決定している。アルゼンチンはメッシやMFハビエル・マスチェラーノらを温存。MFマティアス・クラネビッテルやFWセルヒオ・アグエロらが先発メンバーに名を連ねた。

     試合は開始からアルゼンチンのペース。13分、エリア手前でFKを獲得すると、キッカーのエリク・ラメラが直接シュート。これが壁に入っていたヤスマニ・ドゥクに当ってしまい、アルゼンチンが早々に先制点を奪った。

     直後の15分、中盤でアグエロがボールを受けると、右サイドを駆け上がってきたファクンド・ロンカリアへ展開する。ロンカリアが右足クロスを入れると、イグアインがヘディングシュート。これはGKカルロス・ランペがなんとか弾いたが、こぼれ球をエセキエル・ラベッシがダイレクトボレーで蹴りこみ、すぐさまリードを2点に広げた。

     その後もアルゼンチンの攻勢が続く。32分、左CKの流れからラメラがクロスを供給する。コレをエリア手前のアグエロがボレーシュート。相手に当たったこぼれ球をエリア内右のラベッシが拾うと、ラベッシの低いクロスをビクトール・クエスタが合わせ、前半のうちに3点差をつけた。このまま3-0でアルゼンチンがリードしてハーフタイムを迎える。

     アルゼンチンは後半開始からイグアインとエベル・バネガを下げ、メッシとルーカス・ビリアを投入した。61分、エリア手前右でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足で直接シュート。壁を越えたボールがゴール左に迫ったが、ここは惜しくもポストの左へ外れてしまった。

     後半は両チームともに決定機まで持ち込めない。86分、エリア手前でボールをうけたアグエロが左足でミドルシュートを狙ったが、ボールはクロスバーの上へ外れてしまった。このままアルゼンチンが3-0でボリビアを下し、グループステージ3連勝でグループステージを終えた。

     決勝トーナメントに進出したアルゼンチンは、18日に行われる準々決勝でベネズエラと対戦する。

    SOCCER KING 6月15日 13時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00456090-soccerk-socc

    王者チリが辛くも決勝T進出…サンチェス2得点などでパナマとの乱打戦制す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00456072-soccerk-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    続きを読む

    1: Egg ★t 2016/06/14(火) 17:33:58.14 ID:CAP_USER9
    12日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦でペルー代表に0-1と敗れ、
    29年ぶりのグループステージ敗退が決まったブラジル代表。同代表を率いるドゥンガ監督が解任される見通しとなった。

    ブラジルメディア『グローボ』が13日に報じている。

    ブラジル代表はペルー代表に0-1と敗れ、1勝1分け1敗の勝ち点4でグループ3位が決定。
    1987年大会以来のコパ・アメリカ・グループステージ敗退が決まった。

    まさかの敗退を受けて国内では批判が高まっているが、
    ブラジルサッカー連盟(CBF)内でもドゥンガ監督を解任する動きが加速しているようだ。

    報道によると、同監督とテクニカルディレクターを務めるジルマール氏の失脚が迫っている。

    ブラジル代表は2018年のロシア・ワールドカップ南米予選で第6節を終え、
    本大会出場圏外の6位に沈んでいる。成績不振に陥る中でも現体制を支持、
    擁護していた連盟内の派閥も、今回のコパ・アメリカ敗退を受けて解任阻止を断念したと伝えられている。

    報道によると、CBFのマルコ・ポーロ・デル・ネロ会長がアメリカから帰国した後、
    後任人事を決定して正式発表が行われる予定となっている。

    SOCCER KING 6月14日(火)17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00455712-soccerk-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<コパアメリカ・USA>“神の手”ゴールで敗退…怒り爆発のブラジル代表ドゥンガ監督「一体何のためのヘッドセットなんだ」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465798914/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>ブラジルが29年ぶりのGS敗退!“神の手”ゴールに沈む…エクアドルがハイチに大勝決勝T進出★2
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465792968/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2016/06/14(火) 18:35:23.65 ID:CAP_USER9

    469101_herol

     
    ブラジル代表は12日にコパ・アメリカのグループリーグ第3節でペルー代表と対戦し、0-1敗れた。
    これにより、グループ3位が決定し、1987年大会以来、29年ぶりの敗退が決まった。

    これを受けて、8月のリオデジャネイロ五輪に出場するため、今大会を欠場したFWネイマールがインスタグラム(@neymarjr)を更新。
    ラジル代表の先発メンバーの集合写真を掲載し、「僕たちがここに来るまでやってきたことを誰も気に留めないし、かばってくれる人もいない。
    代表チームのユニフォームを着ることは誇りであり、僕らは愛を持って仕事に取り組んでいる」と綴った。

    サッカー王国・ブラジルが屈辱のグループリーグ敗退で国内外から多くの批判が上がっている。さらにドゥンガ監督の解任論も浮上している。
    ネイマールは、「みんな僕らについて好き勝手言い始めるだろう。くそったれだ」と過激な言葉を使って周囲の批判を牽制。その上で「サッカーというのはこんなものだ。
    僕はブラジル人だ。最後までチームと一緒にいたいと思う」とチームメイトを擁護した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-01628296-gekisaka-socc
    ゲキサカ 6月14日(火)12時21分配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/13(月) 21:54:11.95 ID:CAP_USER9
    コパ・アメリカでブラジルを29年ぶりのグループステージ敗退に追い込んだペルー。
    試合終盤に決勝点を挙げた渦中のFWが疑惑のゴールについてコメントした。スペイン『マルカ』など複数メディアが報じている。

    後半途中から出場したペルー代表FWラウル・ルイディアスは75分、左サイドからのクロスに合わせてゴールネットを揺らした。
    しかし、映像を確認するとルイディアスは右腕を振ってボールをゴールに押し込んだのは明らかだった。

    当然目の前で見ていたブラジル代表のGKアリソンをはじめとした多くの選手が主審に抗議し、
    副審も一度はハンドを取ってゴールを取り消した。それでも審判団が協議した結果、ペルーに得点が認められてブラジルは敗れ去った。

    新たな“神の手”ゴールとも呼ばれる重要な1点を決めたルイディアスは試合後、
    「非常に高速な動きだった。ボールは僕の太ももに当たった。なぜ論争が起こるのか理解できない」と述べ、自身の反則を否定。

    ゴールが正当なものであったと主張している。

    これまでハンドが誤ってゴールと判定されたことは数多くあったが、王国ブラジルの敗退を決定付けたルイディアスの1点は、
    サッカーの歴史においてかつてのディエゴ・マラドーナの”神の手”に匹敵する重要なシーンとして語り継がれるだろう。

    フットボールチャンネル 6月13日(月)21時36分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160613-00010036-footballc-socc

    写真
    no title


    ◆動画 ブラジルのテレビの実況
    http://globoesporte.globo.com/tempo-real/videos/v/gol-do-peru-apos-polemica-arbitro-confirma-gol-de-ruidiaz-aos-29-do-2o-tempo/5089035/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>ブラジルが29年ぶりのGS敗退!“神の手”ゴールに沈む…エクアドルがハイチに大勝決勝T進出★2c2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465792968/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>“神の手”ゴールで敗退…怒り爆発のブラジル代表ドゥンガ監督「一体何のためのヘッドセットなんだ」c2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465798914/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ