サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ACL

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/24(金) 15:40:38.10 ID:CAP_USER9
    2017年アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ(ACL)の組別リーグが21日に開幕する中、韓国Kリーグを代表して出場したFCソウル、水原三星(スウォン・サムスン)、済州(チェジュ)ユナイテッド、蔚山(ウルサン)現代は第1節で1勝すらできなかった。

    FCソウルは上海上港(中国)に0-1で、蔚山現代は鹿島アントラーズに0-2、済州は江蘇蘇寧(中国)に0-1でそれぞれ敗北した。その上、水原三星が川崎フロンターレと1-1で引き分けをを記録し、Kリーグチームは初戦で全敗を喫した。

    Kリーグチームの不振は、日本のJリーグや中国のスーパーリーグの高空飛行と重なりさらに苦い後味を残した。Jリーグは鹿島と川崎、浦和レッズ、カンバ大阪が3勝1引き分けという成績で快調なスタートを切った。中国の上海と江蘇、そして広州恒大など3チームが出場したスーパーリーグは、組別リーグ初戦を全勝で飾った。

    一方、ACLの組別リーグ第2節は28日と来月1日に開かれる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000034-cnippou-kr

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/23(木) 21:17:06.46 ID:CAP_USER9
     20日から22日にかけてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第1節が行われた。Jリーグから出場した4チームは3勝1分けの好成績で発進することに成功している。

     21日の試合では浦和レッズが豪州のウェスタン・シドニー・ワンダラーズに4-0、鹿島アントラーズが韓国の蔚山現代に2-0で勝利。22日にはガンバ大阪が豪州のアデレード・ユナイテッドを3-0で下し、韓国の水原三星と対戦した川崎フロンターレは1-1で引き分けた。

     2007年には浦和、08年にはG大阪がアジア王者に輝いたものの、日本勢はその後ACLで苦戦が続き、タイトルに手が届かない年月を過ごしてきた。特に大会のスタートでは出遅れることが多く、過去5シーズンのグループステージ第1節計20試合のうち日本勢が勝利を収めたのはわずか4試合だった。

     だが今季、初戦を戦った4チームの勝ち点合計「10」は、Jリーグから4チームが出場するようになった2009年大会以降で最高の成績となった。2009年に3勝1敗で勝ち点9を獲得したのが過去最高だが、その後は多くのチームが初戦で勝ち点を落とし、2015年に至っては1分け3敗で勝ち点1しか獲得することができなかった。

     一方日本勢以外では、3チームのみの出場となった中国が全勝で勝ち点9を獲得。韓国は4チームが1分け3敗という成績に終わり、日本とは対照的に2009年大会以降の初戦で過去最低の成績となった。オーストラリアは3チームで勝ち点1にとどまり、東アジアの主要4ヶ国の成績はくっきりと明暗が分かれている。

     まだ初戦を終えただけでしかないが、幸先の良いスタートを切ることができたのは確か。来週に行われる第2節でも、各チームが好成績を収めることが期待されるところだ。

    フットボールチャンネル 2/23(木) 19:00
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00010025-footballc-socc

    ■東地区

    [グループE]
    鹿島 2-0 蔚山現代 [カシマ]
    1.鹿島(日本)(3)+2
    2.ムアントン・U(タイ)(1)0
    2.ブリスベン・ロアー(豪州)(1)0
    4.蔚山現代(韓国)(0)-2

    [グループF]
    1.浦和(日本)(3)+4
    2.上海上港(中国)(3)+1
    3.FCソウル(韓国)(0)-1
    4.Wシドニー(豪州)(0)-4

    [グループG]
    1.広州恒大(中国)(3)+7
    2.水原三星(韓国)(1)0
    2.川崎F(日本)(1)0
    4.イースタンSC(香港)(0)-7

    [グループH]
    1.G大阪(日本)(3)+3
    2.江蘇蘇寧(中国)(3)+1
    3.済州ユナイテッド(韓国)(0)-1
    4.アデレード・U(豪州)(0)-3

    ■西地区

    [グループA]
    1.アルアハリ(UAE)(3)+1
    1.アルターウォン(サウジアラビア)(3)+1
    3.ロコモティフ(ウズベキスタン)(0)-1
    3.エステグラル(イラン)(0)-1

    [グループB]
    1.レフウィヤ(カタール)(3)+3
    2.エステグラル・フゼスタン(イラン)(3)+1
    3.アルファテ(サウジアラビア)(0)-1
    4.アルジャジーラ(UAE)(0)-3

    [グループC]
    1.アルアハリ(サウジアラビア)(3)+2
    2.ゾバハン(イラン)(1)0
    2.アルアイン(UAE)(1)0
    4.ブニョドコル(ウズベキスタン)(0)-2

    [グループD]
    1.アルラーヤン(カタール)(3)+1
    2.アルヒラル(サウジアラビア)(1)0
    2.ペルセポリス(イラン)(1)0
    4.アルワフダ(UAE)(0)-1

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

    試合結果 順位表
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

    続きを読む

    200: U-名無しさん@実況・^^です (ワッチョイW e739-qQ6Q) 2017/02/22(水) 21:58:38.10 ID:Icu3p9C70
    今頃韓国の野球ファンが躍動してるだろ
    続きを読む

    1: Egg  2017/02/23(木) 00:05:10.79 ID:CAP_USER9
     川崎フロンターレは22日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ初戦で水原三星ブルーウィングスをホームに迎え、1-1と引き分けた。水原三星のソ・ジョンウォン監督は試合後の会見で、ACLにおける日本勢の抱く課題について触れた。

     近年、日本勢はACLで満足な結果を残すことができていない。2007年は浦和レッズ、08年はガンバ大阪が優勝を飾り、日本勢で2連覇を収めるなど一時代を築いた。

    しかし、それから8年間、アジアの頂点からは遠のいている。15年にはG大阪がベスト4まで進むも、昨年はサンフレッチェ広島、G大阪が予選敗退、浦和、FC東京がベスト16と日本勢は早々にアジアの舞台から姿を消すことになった。

     ソ・ジョンウォン監督は、アジアの戦いにおける日本勢の低調な成績について、「アジアの中で非常にレベルの高いサッカーをしているのは日本のクラブであると思っている。戦力、戦略は素晴らしいものを持っている」と前置きしたうえで、弱点についても自身の見解を述べた。

    ■敵将が語る、日本クラブの弱点

    「やや残念なのが、ボールを保持している時は強い一方で、ボールを持っていない時に弱い部分があるのではないか。セカンドボールもそれに当たる。あとは後半に入ると、全体的に体力が低下しがちな点もある。その体力低下によって失点が出てきてしまう。そういった弱点が、ACLで上位に上がれない要因だと思っている」

     この一戦でも、敵将が指摘した課題が垣間見えた。前半には川崎がテンポの良い猛攻撃を仕掛け、試合の主導権を掌握。前半10分に幸先良く先制点を奪ったものの、後半に入ると足が止まる場面が見受けられ、一転して水原三星が攻勢に出る展開が続いた。

     このようにソ・ジョンウォン監督が提言した課題は、日本勢がアジアの覇権を奪回するうえで重要なヒントになり得るかもしれない。

    Football ZONE web 2/22(水) 22:51配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00010026-soccermzw-socc

    【サッカー】<ACL>小林悠が先制点もOGで失点…新生・川崎フロンターレは初陣ドロー
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487764389/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/22(水) 21:17:02.36 ID:CAP_USER9
    21日に開幕した、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節。

    日本勢として最初に試合を行った浦和レッズは、ウェスタンシドニー・ワンダラーズのホームに乗り込み0-4の完勝を収めた。

    鹿島アントラーズとのフジゼロックス・スーパーカップから中2日ということで、コンディションも心配された浦和。

    前半こそゴールを割ることができなかったが、56分からの12分間で3得点を立て続けに奪うと、新加入のラファエル・シルバも初ゴールをマークし、懸念の初戦をモノにした。

    そんなこの試合はオーストラリアのシドニーで開催されたのだが、観客席には元日本代表選手の姿があった。

    no title


    その人物とは、田代有三!

    鹿島アントラーズで長くプレーした田代は現在34歳。この日、スタジアムで試合を観戦し、試合後には鹿島時代の同僚である興梠慎三と記念写真を撮ったようだ。

    では、田代はなぜオーストラリアにいたのだろうか?

    田代は2015年からセレッソ大阪に在籍し、昨年末に退団が発表に。

    その後新天地を探していたのだが、オーストラリア2部サウス・コースト・ウォルヴスへの加入が目前であるそうだ。公式発表はまだであるが、クラブ公式が「田代の加入が迫っている」という旨の記事を紹介しており、興梠との写真もクラブがアップしたものである。

    サウス・コースト・ウォルヴスは、オーストラリア南東部に位置するウロンゴンをホームとするチーム。

    http://qoly.jp/2017/02/22/urawa-reds-20170222-kwm-1?part=2

    続きを読む

    1: Egg  2017/02/22(水) 20:53:09.06 ID:CAP_USER9
    会場/等々力陸上競技場

    【スコア】

    川崎フロンターレ 1-1 水原三星ブルーウィングス

    【得点者】

    【川】11' 小林悠 
    【水】23' オウンゴール

    ・川崎フロンターレ
    チョンソンリョン、車屋紳太郎、舞行龍ジェームズ、谷口彰悟、田坂祐介、阿部浩之(72分➡奈良竜樹)、大島僚太( 83分➡三好康児)、中村憲剛、エドゥアルド・ネット、家長昭博(85分➡ハイネル)、小林悠

    ・水原三星
    シンファヨン、ヤンサンミン、クジャリョン、チャンホイク、イジョンス、イヨンレ、サントス、キムミヌ、イジョンソン、ヨムギフン、ジョナタン

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022201/livetxt/#live


     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は22日、グループリーグ第1節を行い、昨季J1年間3位で3年ぶり5度目のACL出場となる川崎フロンターレはホームで水原三星(韓国)と対戦し、1-1で引き分けた。前半11分、FW小林悠のゴールで先制したが、同23分にオウンゴールで失点。そのまま同点で90分間を終え、ホームでのACL初戦は引き分けに終わった。

     昨季限りで風間八宏前監督が退任し、鬼木達新監督がコーチから昇格した川崎F。その公式戦初陣はMF家長昭博、MF阿部浩之、DF舞行龍ジェームズの新戦力3人が先発した。システムは4-4-2を採用。GKチョン・ソンリョン、4バックは右からMF田坂祐介、舞行龍、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎と並んだ。中盤はMF大島僚太とMFエドゥアルド・ネットのダブルボランチで、右に阿部、左にMF中村憲剛。今季からキャプテンを務める小林と家長が2トップを組んだ。

     阿部と中村の両サイドハーフが中に絞り気味にポジションを取り、両サイドバックの攻撃参加を促す川崎Fは、2トップの一角に入った家長も自由に動いて分厚い攻撃を仕掛ける。前半11分には大島の縦パスが相手に当たって浮いたボールに中村が反応。PA内左に走り込んで左足ダイレクトで折り返すと、小林が胸で押し込んだ。

     新キャプテンに就任した小林がチームの今季公式戦初ゴール。勢いづく川崎Fは前半15分にも阿部が強烈な右足ミドルを放つが、GKの好セーブに阻まれた。すると、アンラッキーな形で同点に追いつかれてしまう。前半23分、水原三星はMFヨム・ギフンがPA内左の深い位置に切れ込み、マイナスのクロス。これが自陣ゴールに向かって守備をしていた谷口の足に当たってそのままゴールマウスへ。痛恨のオウンゴールで試合は振り出しに戻った。

     それでも川崎Fの攻勢は続く。大島が抜群のテクニックでパスをさばき、鮮やかなパス交換で水原三星守備陣を翻弄。前半36分には敵陣で相手のトラップミスを奪った中村が縦に入れ、小林の横パスをフリーの阿部が右足で狙ったが、惜しくもゴール右へ。決定的なチャンスを生かせず、前半は1-1で折り返した。

     後半は一転して膠着状態が続き、両チームがなかなか決定機をつくれない。川崎Fは後半27分に最初のカードを切り、阿部に代えてDF奈良竜樹を投入。昨季、2度の左脛骨骨折に見舞われた奈良は昨年9月22日の天皇杯3回戦・千葉戦以来、約5か月ぶりの公式戦復帰となった。

     この交代でシステムも3-6-1に変更。3バックは右から舞行龍、谷口、奈良で、右ウイングバックに田坂、左ウイングバックに車屋がポジションを上げ、前線は小林を頂点に家長と中村がシャドーの位置に入った。

     後半31分、家長が右サイドから左足で上げたクロスは小林にわずかに合わず。同35分にはエドゥアルド・ネットが中盤でボールを奪い、縦パスを受けた家長がフィニッシュまで持ち込んだが、左足のシュートはGKに弾かれた。

     川崎Fは後半37分、大島に代えてMF三好康児、同40分に家長に代えてFWハイネルを投入し、交代枠を使い切る。中村がボランチに下がり、三好とハイネルはシャドーの位置に入ったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、1-1のままタイムアップ。ここまで浦和、鹿島、G大阪とJリーグ勢がすべてACL初戦を完封で勝っていたが、川崎Fは続くことができず、史上初となる日本勢ACL初戦全勝はならなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01637140-gekisaka-socc

    【サッカー】<ACL>ガンバ大阪、9年ぶりのアジア制覇へ好発進!敵地でアデレード・Uに3得点快勝
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487760730/

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/22(水) 19:52:10.84 ID:CAP_USER9
    会場/ハインドマーシュ スタジアム

    【スコア】

    アデレート・ユナイテッド 0-3 ガンバ大阪

    【得点者】

    【ガ】21' 長沢駿 
    【ガ】45+1' 今野泰幸
    【ガ】81' オウンゴール

    (アデレード・ユナイテッド)
    ホール、マローン(65分➡ディアワラ)、マッゴーワン、レーガン、ガルシオ、エルリッチ、キムジェソン、ミレウスニッチ(82分➡マカリーナス)、マグリー、オドハーティ(89分➡オチエン)、シリオ

    (ガンバ大阪)
    東口順昭、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝、オジェソク、遠藤保仁、今野泰幸(85分➡初瀬亮)、井手口陽介、倉田秋、アデミウソン(90分➡高木彰人)、長沢駿(79分➡堂安律)

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022202/livetxt/#live

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第1節が22日に行われ、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)とガンバ大阪が対戦した。

     2008年以来のアジア制覇を狙うG大阪は、7日に行われたプレーオフでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)を下し、ACL本戦出場権を獲得。前日行われた試合では浦和レッズと鹿島アントラーズの日本勢2チームが白星スタートを飾っており、この流れに乗って勝ち点3を持ち帰りたいところだ。先発にはMF遠藤保仁やMF井手口陽介、MF倉田秋、FWアデミウソンらが起用された。

     立ち上がりからゲームの主導権を握ったG大阪は19分、ペナルティエリア内右に抜け出した倉田が右足の強烈なシュートを放つと、GKが弾いたボールを繋いで二次攻撃を仕掛け、今野泰幸がエリア外から左足で狙う。しかしここは枠の右にそれた。

     直後の21分、右サイドでボールを受けたオ・ジェソクが正確なクロスを放り込むと、中央の長沢駿が頭で合わせる。強烈なシュートがゴール左隅に決まり、G大阪が先制に成功した。

     リードを得たG大阪は、その後アデレード・ユナイテッドの猛攻に苦しめられたが、体を張った守備でゴールを許さない。すると前半アディショナルタイム1分、エリア内右に流れたボールを井手口が拾って右足シュート。ここはDFにブロックされたが、こぼれ球を今野が豪快にゴールへ蹴り込み、G大阪がリードを広げて前半を折り返した。

     後半に入ると2点を追いかけるアデレード・ユナイテッドが押し込む展開となり、G大阪はこれを凌ぎながら、カウンターやセットプレーでゴールを狙う。だが65分、66分と立て続けに迎えたチャンスを決めきれず、追加点を奪うには至らない。

     それでも終盤に入った81分、右サイドからのFKを遠藤がゴール前に蹴り込み、GKの手前で三浦弦太が反応。ジャストミートすることはできなかったが、DFに当たったボールがゴールへ転がり込み、オウンゴールとなった。

     試合はこのままタイムアップを迎え、G大阪が3-0でアデレード・ユナイテッドを下した。

     次節、アデレード・ユナイテッドは3月1日に敵地で江蘇蘇寧(中国)と、G大阪は同日にホームで済州ユナイテッド(韓国)と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554531-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2017/02/21(火) 20:51:27.19 ID:CAP_USER9
    AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD1
    2017年2月21日(火)19:00KO カシマ

    鹿島アントラーズ 2-0 蔚山現代

    得点
    64' 金崎 夢生
    82' 鈴木 優磨

    http://www.jleague.jp/match/acl/2017/022101/livetxt/

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/02/21(火) 21:57:50.77

    L8wufmxz6AkqTdaa

     
    ACL

    今日
    浦和○ 4-0 ウエスタンシドニー
    鹿島○ 2-0 蔚山現代

    明日
    脚大 --- アデレードユナイテッド
    川崎 --- 水原三星


    今年は浦和がリーグ優勝だな

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/21(火) 18:50:40.66 ID:CAP_USER9
     会場/キャンベルタウン・スポーツスタジアム

    【スコア】

    ウェスタン・シドニー  0-4  浦和レッズ 

    【得点者】

    【浦】56' 興梠 慎三 
    【浦】58' 李 忠成
    【浦】68' 槙野 智章
    【浦】86' ラファエル シルバ


    (WSW)ヤニェトヴィッチ、クリスビー、ハミル、ネヴィル、ボルダ、ルシュティツァ(後半24分→シャボウ)、ディマス、楠神順平(後半32分➡コール)、バッカス、N・マルティネス、マジョク(後半21分➡グリフィス)

    (浦和レッズ)西川周作、森脇良太、遠藤航、槙野智章、関根貴大、阿部勇樹、青木拓矢(後半34分➡那須大亮)、宇賀神友弥、李忠成、武藤雄樹(後半25分➡ラファエルシルバ)、興梠慎三(後半40分➡矢島慎也)

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022102/livetxt/#live


     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は21日、グループリーグ第1節1日目を行い、F組では浦和レッズがウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)のホームに乗り込んだ。前半をスコアレスで折り返したものの、後半11分にFW興梠慎三、同13分にFW李忠成、同23分にDF槙野智章、同41分にFWラファエル・シルバがゴールを奪い、浦和が4-0で快勝した。白星スタートを切った浦和は、28日に行われる第2節でFCソウル(韓国)とホームで対戦する。

     浦和は18日に行われた富士ゼロックススーパー杯鹿島戦(●2-3)から先発を3人入れ替え、DF槙野智章、MF関根貴大、FW興梠慎三らを先発起用。3-4-2-1のシステムを採用してGKに西川周作、最終ラインは右からDF森脇良太、DF遠藤航、槙野を並べ、ボランチにMF阿部勇樹とMF青木拓矢、アウトサイドは右に関根、左にMF宇賀神友弥を配置し、シャドーに李とFW武藤雄樹、1トップに興梠を据えた。一方のWシドニーのスターティングメンバーには川崎FやC大阪、鳥栖でプレー経験のあるMF楠神順平が名を連ねた。

     試合開始直後に李、前半8分に武藤がシュートを狙うなど、序盤から積極的な姿勢を見せる浦和は同13分、森脇のサイドチェンジを宇賀神がダイレクトで折り返し、走り込んだ武藤が左足で狙うがシュートはGKベドラン・ヤンイェトビッチの守備範囲に飛んでしまう。その後は両チームともに相手守備を崩し切れず、得点が生まれないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

     スコアレスのまま後半を迎えると、後半11分に浦和が先制に成功する。中盤でボールを奪うと、森脇のパスを受けた李がドリブルで前線に運んで相手選手の注意を引きつける。走り込んだ興梠がパスを呼び込んでPA内に進入すると、右足アウトの鮮やかなシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

     勢いに乗った浦和は2分後の後半13分、PA内で仕掛けた関根のドリブルは阻まれたも、こぼれ球を青木が拾い、左サイドの興梠に展開。興梠がダイレクトでゴール前に浮き球のパスを送ると、反応した李が左足のダイレクトボレーでゴールを陥れ、リードを2点差に広げた。

     さらに後半23分には武藤が蹴り出したCKを槙野が右足で押し込み、3点目を奪取する。同25分には武藤に代えてR・シルバ、同33分に青木に代えてDF那須大亮、同40分には興梠に代えてMF矢島慎也を投入。すると同41分、矢島のパスを受けたR・シルバがPA内まで持ち込んで右足シュートを突き刺し、浦和での公式戦デビュー戦でゴールを記録。その後もWシドニーの反撃を許さず、浦和が4-0の完封勝利を収めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01637116-gekisaka-socc

    AFC公式サイト
    http://www.the-afc.com/results

    ゲキサカ 日程 順位表
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ