2014-10-06-21-15-10
 セリエA第6節が5日に行われ、ユヴェントスとローマが対戦。開幕5連勝中同士の対決で、
敵地に乗り込んだローマは2-3で競り負けた。

 試合後、ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが審判団の判定に不満を爆発させた。
イタリアメディア『メディアセット』のインタビューでトッティは、2本のPKをユヴェントスに与えた審判について、
「この試合で起こったことが、試合の結果を左右した。ユーヴェがいる限り、ローマは2位のままだ。
これまでもそのように話してきたし、これからも話すことになるだろう。恐らくユーヴェは単独で
リーグを戦っていくことになるだろう」と話した。

 またトッティは、大手メディア『Sky』のインタビューでは、「ここ数年、ユーヴェはいつもこのように
勝ってきた。映像が明らかに語っている。イタリア中が、今話していることと同じことを言いたいだろう。
ユーヴェの3得点は全て不当なものだった。彼らと戦って、微妙な判定があると全てPKになる。
その一方で、対戦するチームにはそのようなものではない。自分へのファウルは明らかなPKだった。
このような状況をどうやって解決できるか。映像を導入することだ。一刻も早く導入しなければならない」と話し、
映像判定導入を望んでいることも明かしている。

SOCCER KING
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00239152-soccerk-socc

続きを読む