サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 海外の反応

    1: Egg ★@ 2017/05/23(火) 06:51:34.04 ID:CAP_USER9
    アルゼンチンの老舗が「なんて15歳だ!」と銘打ち。
    no title



     南アフリカ戦の快勝劇から一夜明け、欧米の各国メディアがこぞって取り上げたのが、決勝アシストでU-20日本代表に勝利をもたらした久保建英だ。なにをおいてもまず、その15歳という年齢に衝撃を受けたようだ。

     世界の報道機関はどう伝えたのか。いくつかの記事をピックアップして紹介しよう。

    「なんて15歳だ!」との見出しで久保を称えたのが、アルゼンチンの老舗スポーツ紙『Ole!』のインターナショナル版だ。
     
    「マシア(バルセロナの下部組織)出身のリトルボーイのパスがアジア王者の日本に勝利をもたらした。そう、彼はまだ15歳。そう、20歳以下の大会で5歳も飛び越してプレーしているのだ」と驚きをもって報じ、「福岡のバルセロナスクールで才能を見出された」と、マシア時代の写真を使い、その生い立ちを書き綴っている。
     
     ポルトガルからはスポーツオンラインの『MAIS FUTEBOL』。そのヘッドラインは「15歳のアシストが試合を決めた」で、「59分に登場するや流れを変え、すぐさまピッチ上の主人公となった」と褒めちぎった。「バルセロナで将来を嘱望されていたが、契約上の問題で日本への帰国を余儀なくされた。現在はFC東京で才能を育まれている」と記している。
     
     U-20ワールドカップのホストントリー、韓国国内でも話題沸騰。『朝鮮日報』オンラインは「背番号20のあどけない日本人選手が準備を始めると、サポーターから歓声が上がった。日本サッカー界が『天才』と呼ぶ久保建英だ。我らのイ・スンウが『韓国のメッシ』と称されるように、久保は日本で『リトル・メッシ』と呼ばれている」と説明。
     
     さらに、「所属チームはもちろん、日本のサッカー界全体が久保をサポートしはじめた。2020年の東京オリンピックを控え、さまざまな代表チームに久保を選抜してキャリアを積ませている」とした。

    『ESPN』は「(南アフリカの)守備陣を完全に欺いた」。

     日本が初戦で対戦した南アフリカのサッカー専門サイト『SOCCER LADUMA』は、「1-0とリードしてからお互いに好機があり、我らがアマジタ(U-20南アフリカ代表の愛称)はスコアをダブルにできる可能性が十分にあったが、あの時間帯に逃がし続けたのが結果的に響いた」と悔やみつつ、「15歳の久保はピッチに入るやいなや、立ちどころに才能を見せつけた。ゴールにこそ繋がらなかったが、いきなり小川に通したスルーパスは見事」と評した。
     
     そのほか、『ESPN』は堂安律の決勝点を導いた久保の折り返しを「(南アフリカの)守備陣を完全に欺いた」と伝え、『EURO SPORTS』は「日本のヤングアタッカーたちが躍動した。なかでも久保建英は15歳ながら観衆を大いに沸かせた」と報じている。
     
     先発かベンチスタートかは定かでないが、水曜日の第2戦・ウルグアイ戦でも確実に出場機会は訪れるだろう。1年前、高円宮プレミアリーグに飛び級で出場して話題をさらっていた神童は、ついに世界中のメディアの関心を集めるまでの存在となった。

    SOCCER DIGEST Web 5/23(火) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00025994-sdigestw-socc

    【サッカー】<U-20W杯>日本代表、小川&堂安のGOALで南アフリカに逆転勝利!15歳久保が決勝点を絶妙アシスト!初戦を勝利で飾る★4
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495450924/

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ 2017/05/22(月) 09:53:53.33 ID:CAP_USER9
    敵地カンプ・ノウで躍動! バルサ相手にゴールを奪った初めての日本人選手に

     エイバルMF乾貴士がバルサ相手に挙げた2ゴールは、欧州各国に衝撃を与えているようだ。乾貴士は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦に先発出場。日本人史上初となる対バルサ戦での得点となる先制ゴールを含む2得点をマークした。この大活躍に、スペインをはじめとした各国メディアが速報で扱っている。

     乾はこの日も左サイド2列目でキックオフの笛を聞いた。すると前半7分、MFアンデル・カパが上げた右サイドのクロスに対して、乾が左サイドでフリーとなると、左足ダイレクトで合わせて先制ゴール。逆転優勝を狙うバルサの勢いをそぐ今季リーグ戦2得点目に、乾は喜びを露わにした。

     乾はその後もカウンターを仕掛けるエイバルでチャンスメーク、フィニッシュと攻撃に関与し続ける。すると後半17分、カウンターからFWセルジ・エンリクのパスを受けて左サイドでフリーになると、左足ハーフボレー。再びバルサGKテア・シュテーゲンの頭上を打ち破った。

     このゴールは各国メディアでも取り上げられた。英紙「デイリー・ミラー」、スペイン紙「AS」、欧州のスポーツ専門放送局「EURO SPORT」の公式ツイッターではそれぞれこう記された。

    “鬼門”のリーガで存在感を発揮

    「ゴーーーール! バルセロナ0-2エイバル。イヌイは2得点目をゲット! カンプ・ノウで信じられないシーンだ!」(デイリー・ミラー)
    「なんというゴール!」(AS)
    「エイバル、2-0! イヌイの2ゴール目だ!」(EURO SPORT)

     またスペイン最大級の全国紙「マルカ」でも、「イヌイはバルサ相手に初めてゴールを決めた日本人選手となった」とのタイトルで速報。「バスクのサイドアタッカーはカンプ・ノウでの2得点で、2-0のリードを奪うサプライズを巻き起こした」と記されている。

     試合こそ、その後“MSNトリオ”の破壊力が牙を剥いたバルサの猛攻に遭い、エイバルは2-4の逆転負けを喫した。しかし今季の乾はレギュラーの座を確立し、日本人選手にとって“鬼門”と言われるリーガの舞台で存在感を示した。世界的ビッグクラブ相手に叩き込んだ2ゴールは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対しても大きなアピールになったことは間違いない。

    Football ZONE web 5/22(月) 5:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010009-soccermzw-socc

    2017/05/22(月) 06:02:46.36
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495400566/

    【サッカー】<乾貴士>バルセロナから2ゴール!カンプ・ノウで左足2発の衝撃..試合はバルサが逆転勝利 ★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495411564/

    続きを読む

    1: @Egg  2017/05/07(日) 10:17:49.26 ID:CAP_USER9
    ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督はポルトガル国内でレアル・マドリードFWクリスティアノ・ロナルドの評価が低いことを嘆いたと、6日にスペイン紙マルカ(電子版)が報じた。

    リスボンでのイベントに出席した際、欧州CL準決勝アトレチコ・マドリード戦でロナルドがハットトリックを決めたことについてメディアに尋ねられ、以下のようにコメントした。

    「クリスティアノをポルトガル人があまり評価していないことを理解できない。欧州選手権予選で批判があったし、ゴールを決めないと言われていた。

    その後、どんな形でもゴールを決められると話す。彼はいつでもゴールを決めている。彼のことは18歳の時から知っているが全く変わらない。いつもゴールを決めている」。

    日刊スポーツ 5/6(土) 19:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-01819208-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: @Egg ★@2017/04/22(土) 13:39:16.25 ID:CAP_USER9
    結果は残念だったが……

    日本代表FW久保裕也の所属するヘントは21日にベルギーリーグ・優勝プレーオフ第4節でオーステンデと対戦し、1-1で引き分けた。

    オーステンデ相手に先制を許す苦しい展開だったが、それを救ったのは久保だ。
    失点を許してから5分後、久保は右サイドのカルーが上げたクロスに左足で合わせて流し込み、貴重な同点弾を決めてみせた。

    久保は前節のシャルルロワ戦でも決勝点を挙げており、まさにエースと呼ぶにふさわしいパフォーマンスだ。

    ベルギー『VOELBALKRANT』も「また久保だ。彼は11試合で7ゴール決めており、
    日本人は非常に重要な貢献をした」と評価。『HLN』も「日本人に感謝」と久保のゴールを称賛している。

    しかし、結果は少々残念だ。ヘントは3節終了時点で2勝1分と良いペースで、今回も引き分けたためプレーオフでは無敗だ。
    しかし、今回の一戦は勝ち星を取り逃がしたとの印象が強い。

    序盤からチャンスはあったものの、ヘントはなかなか決め切ることができなかった。

    両メディアもオーステンデのGKプロトのパフォーマンスを称えており、
    「ヘントをイライラさせた」と何度かスーパーセーブがあったことを伝えている。

    今回の引き分けで首位アンデルレヒトとの差が開く可能性があり、
    ヘントにとってオーステンデ戦の引き分けは痛い。両メディアはヘントがミスを犯したと見ており、少々厳しい結果となってしまった。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/22(土) 10:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00010006-theworld-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<ヘントFW久保裕也>19発!日本人欧州最多ゴール更新も引き分けに「残念です」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492822102/

    続きを読む

    1: Egg ★^^ 2017/04/18(火) 08:47:32.74 ID:CAP_USER9


     no title
    クオリティーを見せつける

    またしてもあっさりと結果を残した。ベルギーのヘントに所属する日本代表FW久保裕也が17日、優勝のかかったプレイオフ1の第3節シャルルロワ戦にトップ下として先発出場を果たし、美しい決勝ゴールを挙げている。

    [動画]圧巻! ヘント久保が左足でニアをぶち抜いた華麗な決勝ゴールシーン

    敵地スタッド・ドゥ・ペイ・ド・シャルルロワへと乗り込んだヘントは、守備時に5バックを形成するシャルルロワの要塞をなかなか崩すことができずに苦戦するも、突破口を見出したのは“いつものように”久保だった。23分、後方から出された浮き球のパスをFWクリバリが最前線で収めきれず、そのこぼれ球を拾った久保は超スピードで駆け抜け、DF陣を置き去り。敵は慌ててスライディングで寄せるも、スピードに乗った久保は豪快に左足を振り抜き、ニアサイドへボールを流し込んだ。

    ヘントが、クラブ史上最高額を支払い獲得した日本人FWの一撃を最後まで守り抜き、結局このまま1-0で完封勝利。値千金の決勝ゴールを挙げた久保に対し、SNS上には賛辞の言葉で溢れかえることとなった。

    「ヘント史上最高の助っ人外国人と言っても過言じゃない」」

    「日本には何人の優秀な“クボ”がいるんだ」

    「メヘレン戦から1ヶ月後にまた最高のゴールを決めた」

    先日、日本のJリーグで最年少ゴールを挙げ、世界中のメディアが取り上げた同姓のFC東京FW久保建英を引き合いに出すサポーターもいる。

    ここまでヘント加入後11試合で8ゴール3アシスト(クラブ公式)をもたらした久保。彼は今やこのチームにとって、不可欠な存在と化しているのかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/18(火) 7:50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010001-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/19(月) 00:16:25.15 ID:CAP_USER9

    no title


     
    マドリーについては「世界最高の世界王者」と強さを称える。

    [クラブW杯決勝]レアル・マドリー4-2鹿島アントラーズ/2016年12月18日/横浜国際総合競技場
     
     レアル・マドリーは鹿島アントラーズを延長戦の末、4-2で下して、インターコンチネンタル・カップ時代を含めて史上最多となる通算5度目の世界制覇を果たした。
     
     柴崎が2ゴールを挙げるなど、マドリーが優勢という大方の予想とは大きく異なる展開となった試合を、世界のメディアも大々的に報じている。
     
     イングランドメディア『BBC』は、ハットトリックを叩き込んだクリスチアーノ・ロナウドの活躍で勝者となったマドリーを「世界最高の世界王者」と称えた。
     
     さらに同メディアは、ヨーロッパ王者と延長戦にまで、もつれる好ゲームを演じた鹿島についても触れ、「洗練された鹿島が、マドリーに本当の恐怖を与えた」とし、「鹿島は日本勢初の決勝進出チームとして、とても面白く、興味深い試合を演じた。そして柴崎は素晴らしいゴールを2つ決めた」と一時逆転となるゴールを決めた柴崎のプレーを称賛した。
     
    『デイリーメール』紙は、マドリーを世界制覇に導いたC・ロナウドについて「自らが英雄であったことを、歴史の1ページに名を刻んだ」と、そのパフォーマンスを称えた。
     
     しかし、同紙は「マン・オブ・ザ・マッチはベンゼマだ」と1ゴール・1アシストの活躍を披露したフランス代表FWを高く評価した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161219-00021308-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/11/23(水) 20:39:02.11 ID:CAP_USER9
    いよいよ覚醒した香川

    no title



    彼の中で何かが爆発したのだろう。22日のチャンピオンズリーグ第5節レギア・ワルシャワ戦に先発出場を果たしたドルトムントの香川真司が、77秒間の華麗な舞によってホームの観客を唸らせた。

    8-4というファンタスティックなスコアにおいて、この日本人MFが関与したゴールは3つだ。2つの素晴らしい得点と、マルコ・ロイスへの気遣いに満ちたアシストである。歴史的な大勝の中で確実に存在感を放った香川に対し、英『Who Scored.com』は9.66という高評価を付けた。また「香川少年! ありがとうロイス! ドルトムントが大勝」と銘打ったブラジルのスポーツメディア『globo esporte』も次のように同試合を振り返っている。

    「日本人プレイヤー、香川真司もこの大勝したゲームにおいて非常に印象的だった。77秒間で2ゴール。これは2010年に(当時トッテナムに所属していた)ガレス・ベイルが記録した76秒での2ゴールに匹敵するほどだ」

    現在はレアル・マドリードでプレイし、2013年までトッテナムに在籍していたウェールズの怪物とも比較された香川。トーマス・トゥヘル政権の下、今季はベンチ外へと追いやられることも少なくなかったが、この日の2ゴール1アシストは指揮官の目にどう映っただろうか。国内リーグでもこの好調を継続させてくれることを願いたい。

    theWORLD(ザ・ワールド) 11/23(水) 18:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00010017-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/11/23(水) 13:15:45.74 ID:CAP_USER9
    芸術ボレーに高評価

    多くの日本人にとっては清々しい朝となった。理由は言わずもがなレスターのサムライが鮮やかなゴールを突き刺したからに他ならない。

    日本代表FW岡崎慎司擁するレスターは22日、ホームでチャンピオンズリーグ第5節のブルージュ戦に臨み、2-1で撃破。
    試合開始5分でいきなり均衡を破ったのは、この日欧州の舞台で初スタメンを飾った岡崎だ。

    自陣エリアからスタートしたロングカウンターの最中、猛然と走り続けたこの日本人ストライカーはフクスのクロスを左足ボレーで合わせ先制。
    このゴールがレスターに火をつけ、最後にはクラブ史上初の欧州16強を達成した。

    当然ながら英『Daily Mail』もこの働き者へ7.5点の高評価を付け、惜しみない賛辞を送っている。

    同試合における最高点は2点目のPKを突き刺したリヤド・マフレズ(8点)となったものの、
    開始5分で誕生した芸術ボレーの瞬間についても「フクスは理想的なクロスを上げたが、岡崎のボレーはさらに格別だった」と絶賛。

    今夏にはイスラム・スリマニやアーメド・ムサといった実力者を破格の移籍金で次々と獲得したプレミア王者だったが、
    誰をプレイさせれば“レスターらしさ”が生まれるかを痛感したことだろう。

    theWORLD(ザ・ワールド) 11/23(水) 12:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00010007-theworld-socc

    美しすぎる岡崎のボレー弾を動画
    https://www.youtube.com/watch?v=qJZMJKef71Q



    岡崎、神ボレー炸裂! 前半だけで6km以上走った“シンジられない”貢献でレスター16強へ UCLでは6人目の日本人ゴールゲッターに
    http://www.theworldmagazine.jp/20161123/01world/ucl/96982

    レスター:ツィーラー、シンプソン、フート、モーガン、フクス、ドリンクウォーター、キング、オルブライトン(→アマーティ 78)、マフレズ(→シュルップ 68)、岡崎(→グレイ 68)、バーディ
    ブルージュ:ブテル、プーラン、クールス、デボック(→ファン・ライン 70)、ミシェル、シモンズ、クラウデミール(→ウェズレイ 84)、イスキエルド、イスラ(→リンボンベ 61)、ファナケン、フォッセン

    [スコア]
    レスター 2-1 ブルージュ
    [得点者]
    レスター:岡崎(5)、マフレズ(29)
    ブルージュ:イスキエルド(52)


    【サッカー】<2ゴール1アシストの香川真司>ドイツメディアもファンも“1点台”の高評価!「78秒のショータイム」/UEFA-CL©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479873912/

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@ 2016/10/27(木) 10:00:14.13 ID:CxJtB7I20

    no title

     
    ブジャールド(嘘つき)     広告用の豚           ピッチを徘徊するゾンビ
    火星人             カタツムリ            家畜の残飯
    肉とも魚とも言えない物   遊園地の射的         ワーストワン
    三輪車              悪夢の夜            鳥かごの中の鳥
    UFO               空っぽのバッテリー      のろま遅い
    砂漠で迷子          髪の毛が目立つだけ      エラーと言うよりホラー
    透明人間           軟弱                落胆
    キックボード          酸素が足りない         アマチュアレベル
    サハラ砂漠でもブーイング   破滅的            靴磨きの方が役立つ
    パラメトロゼロ(移籍金ゼロ)  右サイド失格         ジャングルで迷子
    ミステリアス          引っ込み思案         全てがミス
    異物              くすんだトップ下        消え行く存在
    穏やかな日本の海      皆既日食のような闇     足も頭もスロー
    厄介な存在          足手まとい           放心状態
    不可解なオブジェ      ファッキンサムライ       バーゲン軍団
    鼓笛隊のおもちゃ      最悪の一人           足より口に毒
    ダム              トーテムポール以下     刀のないサムライ
    幽霊              パンキナーロ(ベンチ要員)  ハラキリ状態
    マーケティングマン     ミラネッロに来た寿司配達員  料金所の入り口
    毒ガス撒き散らし      メディア男            左下の男
    無益              ミラネッロの幽霊       家にいるべき 
    ユニークな10番        自ら飛び出した魚      絶望的な選択肢
    ミランの中で唯一の汚点  逃亡中          珍プレー番組行き

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/10/21(金) 22:17:05.87 ID:CAP_USER9
    ミラン“10番”に浮上した中国行きの噂はイタリアでも話題に

    ACミランの日本代表FW本田圭佑が、冬の移籍市場で中国の上海上港の補強ターゲットになっているとの報道が、イタリアでも話題を呼んでいる。
    イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」もその情報を報じているが、「航空券を買ってやるから、早く行け」などと、ミランサポーターの反応は辛辣なものが並んだ。

    同メディアの記事は移籍金300万ユーロ(約3億4000万円)での交渉など、
    日本で報道されたものとほぼ同じ内容だったが、コメント欄には本田の実力に対する厳しい評価があふれている。

    「本田はバルセロナに売り込んだと聞いたが、これがそこに力が達していない証明なんじゃないのか?」

    「彼は持っている力は発揮してくれていると思うよ。それが今の状態だろう」

    「本田は悪い選手だとは思わないけど、チームにはそれ以上の選手がいるからね」

    本田を引き留めるような言葉はほとんどなく、中には「早く出て行ってくれ」とばかりの強烈な言葉も並んだ。

    「“タダ”で出て行ってくれてもいい」

    「航空券を買ってやるから、早く行け」

    「本田なら“タダ”で出て行ってくれてもいい」

    「分かった、そこに行ってもらおう」

    今月の初旬に、ミラニスタによるMFリッカルド・モントリーボへのブーイングを巡って本田が持論を展開した際には、サポーターの反応は賛否両論といった様子だったが、
    こと移籍話に関しては残留を望む声は皆無だ。果たして本田は、今季終了時点で契約が切れるミランとの関係、そして中国移籍について、どのような結論を出していくのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010019-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月21日(金)21時40分配信

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ