サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ユーロ

    1: 阿弥陀ヶ峰 ★ 2024/03/27(水) 08:40:21.11 ID:iZUoYb379
    EURO2024予選プレーオフ決勝が26日に開催され、本大会出場全24チームが決定した。
    no title



    プレーオフには、予選各グループで2位以下となったチームの中から、UEFAネーションズリーグ2022-23の総合ランキングをもとに計12チームが参加。パスA~パスCの3グループに分かれて準決勝、決勝を行い、各パスで優勝した3か国が夏にドイツで開催される本大会に出場する。

    パスAではウェールズ代表とポーランド代表が対戦。前後半の90分間を0-0で終えた試合は、延長戦でもスコアは動かず。PK戦を5-4で制したポーランドが本大会行きの切符を手に入れた。

    パスBではウクライナ代表とアイスランド代表が激突。前半30分にアイスランドが先制しながらも、後半9分にウクライナが追い付くと、39分にFWミハイロ・ムドリクが決勝点を記録。2-1の逆転勝利を収めたウクライナの本大会出場が決定した。

    パスCで対戦したEURO2004優勝国ギリシャ代表とジョージア代表の一戦は延長戦までの120分間を0-0で終えると、ジョージアがPK戦を4-2で制して本大会行きを決めた。

    5大会連続5回目の出場となるポーランドはオランダ、オーストリア、フランスと同居するD組、4大会連続4回目の出場となるウクライナはベルギー、スロバキア、ルーマニアと同居するE組、初出場のジョージアはトルコ、ポルトガル、チェコと同居するF組に入る。

    EURO2024は6月14日に開幕。ドイツ対スコットランドの一戦で幕を開け、ベルリンで開催される決勝は7月14日に行われる。

    【パスA決勝】
    (2024年3月26日)
    ウェールズ 0-0(PK4-5) ポーランド

    【パスB決勝】
    (2024年3月26日)
    ウクライナ 2-1 アイスランド

    【パスC決勝】
    (2024年3月26日)
    ジョージア 0-0(PK4-2) ギリシャ

     以下、本大会組み合わせ

    ■A組
    ドイツ
    スコットランド
    ハンガリー
    スイス

    ■B組
    スペイン
    クロアチア
    イタリア
    アルバニア

    ■C組
    スロベニア
    デンマーク
    セルビア
    イングランド

    ■D組
    ポーランド
    オランダ
    オーストリア
    フランス

    ■E組
    ベルギー
    スロバキア
    ルーマニア
    ウクライナ

    ■F組
    トルコ
    ジョージア
    ポルトガル
    チェコ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59ce2690e0ad99d24add1b3ee9d40eafd2e7ec12






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 尺アジ ★ 2024/03/02(土) 19:03:56.92 ID:H2hM6Oz99
     「ウクライナの英雄」と呼ばれた元プロサッカー選手、アンドリー・シェフチェンコさん(47)が朝日新聞の取材に応じ、日本のウクライナ支援に感謝するとともに「日本とさらなるコラボレーションがしたい」と期待を寄せた。

    250px-Andriy_Shevchenko_2017


     ACミランなどでフォワードとして活躍し、2004年には欧州最優秀選手賞(バロンドール)も受賞したシェフチェンコさん。現在はウクライナ復興のための「アンバサダー」として活動し、同国サッカー連盟の会長も務める。

     22年2月24日にロシアがウクライナに全面侵攻を始めてからは、一貫してロシアを非難してきた。全面侵攻開始から丸2年となる日にキーウ市内で取材に応じると、「この戦争は、明らかに何かが間違っている。『フェアネス』や『ジャスティス』(正義)とは対極に位置するものだ」と語った。

     その上で「だからこそ、欧州や米国、そして日本が支援してくれている」と強調。いち早くウクライナに義援金を送ったり、昨年12月にシャフタル・ドネツクを招致したりした日本サッカー協会(JFA)に感謝の言葉を述べた。サッカーU23(23歳以下)のウクライナ代表は3月25日、福岡でU23日本代表と親善試合をする予定。シェフチェンコさんは「両国の結びつきは、より強いものになれると感じている」と述べた。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    3/2(土) 18:05
    朝日新聞デジタル

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2b2cb4834e1d8b070a1b30c32b5570b958c7ea42






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2024/02/13(火) 12:35:26.62 ID:R1asHZiY9
    フランス代表FWキリアン・エンバペは、未だ去就について決断していないようだ。

    E386_KxVUAE0eN2

    大きな注目の集まるエンバペの去就。2022年にはフリーでレアル・マドリー加入が決定的とも伝えられていたが、最終的にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約を更新した。しかし、PSGとの契約延長オプションの行使は拒否しており、現行契約は今季限りで満了に。そして1月から来季のフリー加入に向けて他クラブと自由に交渉が可能になっている。

    以前に『The Athletic』のマリオ・コルテガナ記者が伝えたところによると、レアル・マドリー側はすでにエンバペに対して提示する条件を通達済み。2年前の交渉時には年俸2600万ユーロ(約42億円)と契約ボーナス1億3000万ユーロ(約209億円)をオファーしていたものの、そこからは大きく減額。それでも、レアル・マドリー最高額の提案になるという。しかし、選手は未だ将来を決めかねているようだ。

    コルテガナ記者は12日、エンバペの状況について最新情報を伝えた。それによると、エンバペ本人はレアル・マドリー移籍に傾いているものの、選手の側近はオファーに納得していないという。側近の間で将来について意見が分かれており、今回のオファー額はPSGで受け取る給与や別の移籍先候補で稼ぐであろう金額を大きく下回っていることを指摘しているようだ。なお、PSGはエンバペに対して短期間から長期間まで複数の契約オプションを提示し、現在支払っているボーナスを除いた税引き後の年俸7500万ユーロ(約121億円)に近い金額をオファーしていると伝えられている。

    レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はエンバペと直接連絡を取り、もう一度全力を尽くした感じている模様。今でも加入を信じているが、「保証はなにもない」と指摘されている。最終的に選手はどのような決断を下すのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d35ae62fe91f21f8c4a53b06c24da05d4e3eb502






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: それでも動く名無し 2023/12/05(火) 21:06:11.83 ID:sft7s98Y0
    あるよな





    download




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2023/12/03(日) 06:03:16.80 ID:pQgr+nuk9
    EURO2024のグループステージ組み合わせが決定した。

    来夏にドイツで行われるEURO2024。開催国ドイツを含む参加国21カ国が決定し、来年3月のプレーオフで残り3枠を争う中、2日にハンブルクで本戦グループステージの組み合わせ抽選会が開催された。

    参加国21カ国+プレーオフ勝者を予選の結果に基づいてポット1からポット4に振り分け、ポット1に入ったチームから順に抽選によってグループAからグループFに振り分けられた。

    開催国ドイツはグループAに入り、6月14日の開幕戦で28年ぶりに出場するスコットランドと対戦することが決定。また、前回大会覇者ながら予選の苦戦によりポット4に入ることになったイタリアは、グループBでUEFAネーションズリーグ王者スペインやワールドカップベスト4のクロアチア、さらにアルバニアが加わった“死の組”に入ることが決まっている。

    なお、EURO2024は来年6月14日に開幕し、7月14日に決勝戦を迎える予定だ。

    EURO2024グループステージの組み合わせは以下の通り。

    ■グループA
    ドイツ、スコットランド、ハンガリー、スイス

    ■グループB
    スペイン、クロアチア、イタリア、アルバニア

    ■グループC
    スロヴェニア、デンマーク、セルビア、イングランド

    ■グループD
    プレーオフ勝者A(ポーランド、ウェールズ、フィンランド、エストニア)、オランダ、オーストリア、フランス

    ■グループE
    ベルギー、スロヴァキア、ルーマニア、プレーオフ勝者B(イスラエル、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ウクライナ、アイスランド)

    ■グループF
    トルコ、プレーオフ勝者C(ジョージア、ギリシャ、カザフスタン、ルクセンブルク)、ポルトガル、チェコ

    2023年12月03日 05:16 GOAL
    https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/euro-2024-draw-202312021930/blt86e94bea0bfcc348

    写真
    no title



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2023/10/16(月) 09:56:06.00 ID:EcbREQ9L9
    EURO2024予選第8節の8試合が15日に行われた。

    download


     グループAでは、3位ノルウェー代表と2位スペイン代表の“大一番”が実現。試合は49分にゴール前のこぼれ球を押し込んだガビの得点が決勝弾となり、スペイン代表が1-0で白星を飾った。この結果、スペイン代表は首位浮上を果たすとともに、2位スコットランド代表と並んでEURO2024本大会の出場権を獲得。一方、アーリング・ハーランドやマルティン・ウーデゴーアらタレントを擁しながらも勝ち点を積み上げられなかったノルウェー代表は3位以下が決定し、3枠が振り分けられた予選プレーオフで6大会ぶり2度目の出場権獲得を目指す。

     グループDではトルコ代表がラトビア代表をホームに迎えた。試合は前半こそスコアレスで折り返したものの、58分にユヌス・アクギュンが強烈なボレーシュートを叩き込んで先手を取る。84分にはジェンク・トスンがヘディングシュートを沈めてリードを広げると、88分にはカウンターからケレム・アクトゥルコールがトドメの一撃。後半アディショナルタイムにはトスンがこの日2点目を決め、試合は4-0でタイムアップを迎えた。

     グループDもう一方の試合では、トルコ代表を勝ち点差「3」で追い掛ける2位クロアチア代表と、3位ウェールズ代表が激突。試合はスコアレスで折り返した後半立ち上がりの47分、最終ライン背後への浮き球ボールに反応したハリー・ウィルソン左足で流し込み、ウェールズ代表が先制する。60分には左サイドからのクロスボールをウィルソンが頭で決め、ウェールズ代表がリードを広げた。クロアチア代表は75分に左コーナーキックからマリオ・パシャリッチが1点を返したものの、反撃はここまで。試合はこのままタイムアップを迎え、ウェールズ代表がクロアチア代表を抜き去って2位に浮上した。

     この結果、グループDからはトルコ代表の突破が確定。3大会連続6度目のEURO本大会出場を決めた。ラスト2試合でウェールズ代表、クロアチア代表、アルメニア代表が残る1枠を懸けて争うこととなる。

     グループEでは、ポーランド代表がモルドバ代表との一戦を1-1のドローで終え、フェロー諸島代表を1-0で下したチェコ代表に追い抜かれ3位に転落。グループIでも首位を走っていたスイス代表がベラルーシ代表との撃ち合いを3-3で終えており、アンドラ代表を4-0で撃破したルーマニア代表との順位が入れ替わった。

     今節の試合結果と順位表は下記の通り。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3c5cb0a647c07b33b7d75ff11649a1e3cd685d5








    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2023/03/26(日) 10:14:35.72 ID:M3+Kdrc29
     EURO2024予選第1節の7試合が25日に行われた。

    img_4dfdc8c1cb4330ee5fb9ef9ac4fa87f5109829


     グループAでは、過去3度の欧州制覇を誇るスペイン代表が、6大会ぶり2度目の本戦出場を目指すノルウェー代表とホームで対戦。FWアーリング・ハーランド(マンチェスター・C/イングランド)をケガで欠いたノルウェー代表に対し、スペイン代表は13分にダニ・オルモ(ライプツィヒ/ドイツ)のゴールで先制する。さらに81分から途中出場で“ラ・ロハ”デビューを飾ったホセル(エスパニョール/スペイン)が大仕事。84分に代表初ゴールを挙げると、85分にもゴールネットを揺らして母国を3-0の勝利に導いた。

    【ゴール動画】ホセルがスペイン代表デビュー戦でドブレーテ!

     同組のスコットランド代表vsキプロス代表は、21分にジョン・マッギン(アストン・ヴィラ/イングランド)のゴールでホームチームが先制。さらに87分と後半アディショナルタイム3分にスコット・マクトミネイ(マンチェスター・U/イングランド)がキプロス代表を突き放す2ゴールを挙げ、2大会連続の本戦出場に挑むスコットランド代表も3-0の快勝スタートとなった。

     グループDではクロアチア代表とウェールズ代表が対戦。FIFAワールドカップカタール2022出場国同士の一戦は、28分にアンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)の得点でクロアチア代表が先制する。しかし後半アディショナルタイム3分、この試合で“カムリ”でのデビューを飾ったネイサン・ブロードヘッド(イプスウィッチ/イングランド3部)が値千金の同点ゴールをマーク。試合は1-1のドローに終わった。

     グループIでベラルーシ代表と対戦したスイス代表は、前半だけでレナト・シュテフェン(ルガーノ/スイス)がハットトリックを達成した。62分に主将のグラニト・ジャカ(アーセナル/イングランド)がリードを広げると、65分にはゼキ・アムドゥニ(バーゼル/スイス)が代表初ゴールをマーク。3大会連続の本戦出場を目指すスイス代表が5-0の大勝スタートとなった。

     グループDのトルコ代表はアルメニア代表に2-1で逆転勝利。グループIのルーマニア代表はアンドラ代表に2-0で快勝し、同組のイスラエル代表vsコソボ代表は1-1のドローに終わった。

     25日に行われたEURO2024予選第1節の試合結果は以下の通り。なお、26日にはグループC、H、Jの第2節が行われる。

    ▼グループA
    スコットランド代表 3-0 キプロス代表
    スペイン代表 3-0 ノルウェー代表

    ▼グループD
    アルメニア代表 1-2 トルコ代表
    クロアチア代表 1-1 ウェールズ代表

    ▼グループI
    イスラエル代表 1-1 コソボ代表
    ベラルーシ代表 0-5 スイス代表
    アンドラ代表 0-2 ルーマニア代表

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d6d7d21418a964b97fa136d0c3cc75ba07312b6




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: それでも動く名無し 2022/10/09(日) 20:01:52.40 ID:ngTGHG0m0
    no title



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: それでも動く名無し 2022/09/06(火) 16:01:59.08 ID:2ZwLt7sg0
    楽しみやな


    GettyImages-937173950







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2022/06/20(月) 21:28:22.30 ID:CAP_USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長を非難した。フランス『レキップ』が伝えている。

    フランスは昨年6月に行われたユーロ2020のラウンド16、スイス代表戦をPK戦の末に敗れ、無念のベスト16敗退となっていた。

    同試合においてムバッペはPK戦を失敗し、SNS上で誹謗中傷と共に人種差別的なメッセージを受け取っていた。

    そして、先日の『レキップ』の取材ではそのSNS上での反応を受け、一時フランス代表の活動を休止する考えを持っていたことも明らかにしていた。

    「僕は常にフランス代表を全てに優先させてきたし、これからも全てに優先させるよ」

    「僕はフランス代表でプレーするために1ユーロも受け取ったことはないし、常に無償で代表チームのためにプレーするつもりだ」

    「何よりも、問題になりたくなかったんだ。でも、自分が問題になり始めたと感じた瞬間から、そして人々が僕を問題だと感じた瞬間から…。一番大事なのはフランス代表で、僕がいなくてもフランス代表が幸せなら、それはそれでいいんだ」

    「フランス代表への愛情が強すぎて、それからすべてを抽象化してしまうんだ。今回(スイス戦)もショックだったのは、PKで猿と言われたことだ。僕が周りにサポートを求めたのはそういうことだ。(活動休止を検討した理由は)僕がPKを左に蹴って、(ヤン・)ゾマーに止められたからではないんだ」

    これに対して、ル・グラエ会長は直近の国内メディアの取材で、ムバッペがPK失敗後にSNS上で誹謗中傷を理由に代表活動休止を検討していたことを認めた。ただ、その誹謗中傷から選手を守れなかったことへの反省を口にした一方、同選手自身が主張していた人種差別被害に関しては、全く言及することはなかった。

    そのため、ル・グラエ会長の対応に不満を示したムバッペは同会長のインタビュー後に自身の公式ツイッターを通じて非難した。

    「僕は彼に、何よりも人種差別に関連していること、PK失敗が理由ではないことをよく説明した」

    「だけど、彼は人種差別はなかったと思っていたようだ…」

    なお、ル・グラエ会長は、過去にも「黒人プレーヤーがゴールを決めると、スタジアム全体が沸き立つ」との物議を醸す発言を行い、元フランス代表DFパトリス・エブラ氏らから辞任を要求されたこともあった。

    先週に発表された国際サッカー連盟(FIFA)の調査結果では、昨年のユーロとアフリカ・ネーションズカップの決勝トーナメントに出場した選手の半数以上が、SNS上で何らかの差別的な罵声を浴びていたことが明らかになっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bdd64d6ca8b90ea07303e1eda5e22f29d431bb3a






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ