サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:セリエA > ユベントス

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/06(日) 16:35:24.77 ID:???*.net
    images

     
    伊紙分析 開幕2連敗の理由はバイエルンに移籍したチリ代表MFビダル

    セリエA開幕からよもやの2連敗を喫したユベントスだが、絶対王者の史上初となる開幕連敗スタートについて
    イタリアメディアは様々な分析をしている。
    その中で、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、その要因をイタリアサッカーらしい視点で評している。

    ユベントスは、この夏の移籍市場でイタリア代表MFアンドレア・ピルロやアルゼンチン代表
    FWカルロス・テベスといったゲームを決定づけることができる濃色を持った選手を放出した。
    しかし、ガゼッタ紙はその2選手よりも、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの放出に大きな原因を求めている。
    その存在価値は、中盤でプロフェッショナルな汚いプレーをすることにあるとしている。

    イタリアにはDF、MF、FWといったポジションの中で、さらに位置取りや選手の個性によってさまざまな呼び方がある。
    例えばMFの中で日本では「司令塔」や「ゲームメーカー」と呼ばれる選手も、
    ACミランの日本代表FW本田圭佑のようなトップ下で攻撃をコントロールするタイプの選手は
    「トレクアルティスタ」と呼ばれる。これは、ピッチ上のラスト4分の3のエリアで仕事をする選手という意味だ。
    逆に、ピルロのように深い位置からゲームメークをする選手は「レジスタ」と呼ばれる。

    そして、中盤で相手に激しく当たるタイプの選手は「インコントリスタ」と呼ばれる。
    これは「接触する」とか、「衝突する」という意味の単語が語源になった言葉だ。
    しかし、ガゼッタ紙はビダルのような役回りを「カッティヴィスタ」と表現している。
    これは、単純に直訳すると“悪いことをする人間”になる。
    つまり、相手のカウンターの芽をファウルで摘んでしまうだとか、
    相手の中心選手に厳しく当たってイライラさせてしまうような“プロフェッショナルなヒール”が、
    現在のユーベには不在だと評している。
    .
    ファウルで流れを引き寄せる「プロフェッショナルのヒール」がいない

    イタリアにおけるこのタイプの選手の典型としては、元イタリア代表MFのジェンナーロ・ガットゥーゾが思い浮かぶ。
    確かに昨季のユベントスでは、ビダルがそのような仕事を一手に引き受けていた感がある。
    イエローカードも多かったが、その考え方の是非は脇に置いて、イタリアでは選手に対して、
    警告を受けるようなファウルも試合中に一度与えられた権利と捉えられる向きもあるため、
    カードの多さが評価の低さにつながることはあまりない。

    ライバルクラブを見渡せば、インテルには新加入の元ブラジル代表MFフェリペ・メロと
    チリ代表MFガリー・メデルがいる。フィオレンティーナはスペイン代表MFマリオ・スアレスを補強。
    ナポリもMFアランを獲得した。ミランには元オランダ代表MFナイジェル・デヨングがいて、
    ラツィオもビッグクラブから興味を示されていたアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアを手元に残した。
    ユベントスも、ビダルを手元に残すか彼らのような選手を補強すべきだったと分析している。

    ユベントスはアントニオ・コンテ前監督をして「勝利への鋼の意志を示さなくてはいけない」という
    コンセプトの下でプレーし、連覇を続けてきた。
    アッレグリ監督はより美しいサッカーを展開するチームを作り上げようとしているが、
    それでシーズンを戦い抜く余裕があるのかと、ガゼッタ紙は疑問を呈している。

    リーグ5連覇へ向けて黄色信号が点灯するようなスタートを切ったユベントスだが、
    連綿と受け継がれてきた勝利への意志をピッチで示すことができるのだろうか。
    求められているのは、チームを輝かせるために自らが悪者になることを厭わない
    「カッティヴィスタ」の出現なのかもしれない

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150906-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 06:52:13.62 ID:???*.net

    img_f04b76c2e84e949e27f1c18a017f7099179359

     
    【スコア】
    ローマ 2-1 ユヴェントス

    【得点者】
    1-0 61分 ミラレム・ピアニッチ(ローマ)
    2-0 79分 エディン・ジェコ(ローマ)
    2-1 87分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)

    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10788615

    動画
    http://www.ballball.com/ja-jp/article/85681-roma-2-1-juventus/

    30日に行われたセリエA第2節、ローマ対ユヴェントスの一戦は、2-1でホームのローマが勝利を収めた。

    開幕戦でドロー発進となったローマは、トップ下で先発予想もあったトッティがベンチスタート。イアゴ・ファルケがスタメンに名を連ねる。

    中盤ではケイタが先発し、デ・ロッシがマノラスとのコンビで守備ラインに入った。守備ラインには新加入のディーニェがデビューを飾る。

    ホームでの開幕戦を落としたユーヴェは、3バックの一角にバルザーリではなくカセレスを起用。
    中盤はストゥラーロが先発し、前節同様にパドインが底を務める。
    前線ではマンジュキッチのパートナーに、移籍したコマンに代わってディバラが今季初先発となった。

    ガルシア監督が「1点ビハインドで始めるつもりで」と話していたローマは、指揮官の指示どおりにキックオフからスタートダッシュ。
    開始わずか30秒で、ディーニェが好クロスを入れると、ファーに飛び込んだフロレンツィがマンジュキッチとの交錯で倒れるが、主審の笛は鳴らない。

    その後も一方的に試合を支配したローマは、24分に決定機。サラーからのパスを受けたピアニッチが、ペナルティーエリアの外からピアニッチが右足を振り抜く。ダイレクトで放ったシュートは、だがポストに嫌われた。

    押し込みながらもゴールを奪えないまま前半を終えたローマは、後半に入って60分のゼコのチャンスも、シュートをブッフォンに阻まれた。だが61分、ついに均衡を破る。ピアニッチが得意のFKで見事なシュートを突き刺した。

    ビハインドを背負ったアッレグリ監督は、直後にマンジュキッチを下げ、負傷から復帰したモラタを投入。
    スコアが動いたことで試合はさらにヒートアップし、64分にデ・ロッシがハンドを犯した際には、ユーヴェ陣営がPKを主張して主審に猛抗議する。
    だが、映像ではペナルティーエリアの外でのプレーだった。

    71分にCKからポグバが惜しいヘディングを放ち、直後にはナインゴランの強烈なミドルシュートがブッフォンを襲うなど、両チームがゴールを狙い、試合は次の1点が重要となる展開となる。

    アッレグリ監督は72分、リヒトシュタイナーに代えてペレイラを入れ、4-3-1-2に移行すると、75分には最後のカード。パドインを下げ、新加入のクアドラードを送り出した。

    だが78分、ユーヴェが致命的な痛手を負う。3分前に警告を受けていたエブラが、途中出場したイトゥルベに対するファウルで2枚目のイエローカードをもらい、退場となってしまう。

    数的不利に陥ったユーヴェにとどめを刺したのは、ゼコだった。79分、左サイドからイアゴ・ファルケがクロスを入れると、
    キエッリーニとの空中戦を制し、高く上がったボールを頭で叩き込む。ローマが決定的な追加点を奪った。

    2点のビハインドを背負った10人のユーヴェは、87分にペレイラの突破からディバラが1点を返すことに成功。
    残り時間わずかながら同点弾を目指すと、アディショナルタイムにはCKにボヌッチが頭で合わせてチャンスとする。だが、シュチェスニーの好セーブに阻まれて万事休すとなった。

    イタリアメディアによると、ユヴェントスが開幕から2連敗するのは初めてのこと。5連覇の偉業に挑む王者に、暗雲が立ち込めつつある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000034-goal-socc

    ユーヴェ史上初の開幕連敗…ローマがボスニアコンビの活躍で決戦制す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00345390-soccerk-socc


    王者ユーベが史上初の開幕連敗!!ローマが大一番制し今季初勝利
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-01017456-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 11:26:49.26 ID:???*.net

    GettyImages-476344858-500x333
     
     
    ユベントスは6日、イタリア代表のMFアンドレア・ピルロ(36)が、
    米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCへ移籍することが決定したと発表した。

     2006年のドイツW杯で世界王者になったピルロは、2011年夏にユベントスへ移籍すると、
    現在までスクデット4連覇を達成したチームの中心選手として中盤を支配してきた。また、ミラン時代にはチャンピオンズリーグを2度制覇し、
    イタリアのクラブで通算694試合に出場したサッカー界のレジェンドとして多大な功績を残した。

     ユベントスはクラブの公式HPで「アンドレアは入団当初から現在に至るまで、
    ビアンコネーリをイタリアとヨーロッパのトップクラブに回帰させるサイクルの象徴的な存在だった。
    彼と素晴らしい4年間を過ごせたことは、我々の特権であり名誉である。今まで本当にありがとう、
    マエストロ」と、ピルロに感謝の気持ちを表明している。

     また、ピルロは移籍するニューヨーク・シティを通じて「私は長い間、海外でプレーすることを望んでいた。
    このクラブは自分と同じくらい野心があり、リーグで成功を収めるという強い意志がある。
    過去にも海外に移籍するチャンスはあったが、ニューヨークのファンの情熱に疑いはなかった。
    ジェイソン・クレイス監督は素晴らしい考えをもった人間であり、勝利のために良い関係を築いていけると思う」と新天地での活躍を誓った。

     なお、ニューヨーク・シティには、元イングランド代表のMFフランク・ランパードや元スペイン代表のFWダビド・ビジャなどが在籍しており、
    ピルロは欧州の元ライバルたちと強力なタッグを組むことになる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150707-00010001-footballc-socc

    続きを読む

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 00:49:12.02 ID:???*.net

    917572_heroa

     
    米メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティ(NYC)FCが、現地26日にユベントスに所属するイタリア代表のMFアンドレア・ピルロ(36) の入団発表を行う見込みだと、
    米メディア『スポーティング・ニュース』が報じている。

    ピルロは1995年にセリエAデビューを果たすと、そこから2014-15シーズンまで21年に渡って国内リーグに在籍。
    そのため、現役引退までにはイタリア国外でプレーしたい願望を口にしていた。
    また、20日の夜には、NYCの本拠地であるヤンキー・スタジアムで家族と野球観戦をする姿がとらえられている。

    さらに、伊紙『ラ・スタンパ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、2016年6月までユベントスと契約を結ぶピルロが、
    MLS開幕直前の2月までトリノに残り、2015-16シーズンの途中までチームに残る可能性を伝えている。

    なお、NYCには元スペイン代表のFWダビド・ビジャが所属しており、元イングランド代表のMFフランク・ランパードも7月1日から加入予定となっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010021-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月21日(日)19時35分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010021-footballc-socc.view-000

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 08:25:42.09 ID:???*.net
     
    720p-Tevez

     
    今後はクラブ間交渉へ

    ユベントスのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスが母国の古巣ボカ・ジュニアーズに復帰を決意したと、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    今季リーグ戦20ゴールで得点ランク3位と活躍したテベスは南米選手権中に自分の去就を決めたという。記事では「テベスは自分の国に帰ることに決めた」と報じている。

    テベスは2013年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入した。ユベントスではエースナンバーである背番号「10」を背負い、公式戦96試合50得点と活躍。チームリーダーとして活躍してきた。

    ジュゼッペ・マロッタGMは去就問題に関して、テベスの意向を尊重する方針を明らかにしており、クラブ間交渉が今後スタートすることになる。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150618-00010014-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 6月18日(木)22時18分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150618-00010014-soccermzw-socc.view-000
    ボカ復帰が目前に迫るテベス

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 19:30:44.19 ID:???*.net

    img_dd4c718b0ad50796a4b752154c94a437306966



    レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドといった欧州列強クラブによって繰り広げられるポール・ポグバ争奪戦に、新たな候補が加わるようだ。

    その候補とはマンチェスター・シティとバルセロナだ。特に今季主要タイトル三冠を達成したバルサは熱視線を送っている。

    未成年選手の登録違反で来年1月まで補強禁止処分を言い渡されながら、大物の獲得を目指すバルサのアリエド・ブライダSD(スポーツディレクター)は
    伊『ガゼッタTV』でポグバについて次のように語った。

    「ポグバはヨーロッパのあらゆるチームでプレーできるクオリティを備えており、すべての人が欲しがるのは当たり前のことだ。まだ22歳で、非凡なものを持っている」

    ブライダSDは今季のチャンピオンズリーグ決勝で対戦し、年間を通して驚くべきハイパフォーマンスでユベントスをけん引したフランス代表の怪物を絶賛している。

    そして「彼は我々とともにプレーできるだろう。
    もし彼が選択しなければならない場合、バルサが最も彼の関心を惹くプロジェクトであり、チームになると考えている。
    私はポグバにバルサへ来るよう助言したい。私もバルトメウ会長も彼が重要な選手であると感じている」と、ポグバへラブコールを送った。

    英紙『ミラー』はバルサのポグバへのオファーを8100万ユーロ(約112億円)ほどと見積もっているが、
    『デイリー・スター』によれば対抗するマンチェスター・シティの提示する移籍金を破格の2億ユーロ(約300億円)と伝えており、報道が過熱している。

    あまりに現実的でない移籍金の額は報道における誇張に過ぎない可能性もあるが、
    いずれにせよポグバという存在が自慢の資金力をフル活用してでも獲得したい逸材中の逸材であることに間違いない。
    今後の各クラブの動向に注目だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150614-00010020-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月14日(日)18時50分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150614-00010020-footballc-socc.view-000

    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 22:50:59.15 ID:???*.net
    ユヴェントスは9日、レアル・マドリード退団を発表した
    ドイツ代表MFサミ・ケディラを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

    クラブの発表によれば契約期間は2019年6月までの4年契約。
    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は年俸400万ユーロ(約5億3000万円)と報じている。

    ケディラは、先月の23日に自身のインスタグラムで退団を明かし、
    日本代表DF内田篤人が所属するシャルケからの関心が伝えられていたが、
    ユヴェントスが争奪戦を制することに。

    同選手は、2010年にシュトゥットガルトからレアル・マドリードに加入。
    今シーズンはけがの影響もあり、リーグ戦で先発したのはわずか3試合に留まっている。

    チャンピオンズリーグ決勝で惜しくもバルセロナに敗れたユヴェントスは、
    既にパレルモからアルゼンチン人FWパウロ・ディバラを獲得しており、
    ケディラは来シーズンへ向けて2人目の補強選手となった。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00320907-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 06:23:49.93 ID:IVTEuLfbM.net




    悲しいンゴ
    鳥のさえずりが聞こえるンゴ

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 22:39:05.49 ID:???*.net

    レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)の監督を務めるジネディーヌ・ジダン氏が、6日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝でバルセロナと対戦するユヴェントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタに期待を寄せている。
     
    5日、スペイン紙『マルカ』が同氏のコメントを伝えた。

     昨夏、レアル・マドリードからユヴェントスへ移籍したモラタは今シーズン大ブレイクを果たした。CL準決勝では古巣レアル・マドリード相手に2試合で2得点を挙げ、決勝進出に大きく貢献している。

     昨シーズン、アシスタントコーチとしてモラタを指導したジダン氏は
    「我々は彼に敗退させられた。素晴らしい一年を過ごしているね。決勝では彼とユヴェントスに勝ってほしい。なにか大きなことをしてくれると願っているよ」と、同選手の活躍に期待していると話した。

     また、現役時代にはユヴェントスでも活躍したジダン氏はCL決勝を戦う古巣について次のようにコメントしている。

    「私は5年間ユーヴェでプレーした。決勝でユーヴェを見ることができて嬉しいよ。長い間、決勝戦を戦うことができていなかったけど、重要なのは彼らが戻ってきたということだ」

    「私が大好きな(アンドレア・)ピルロ、(ポール・)ポグバ、(カルロス・)テベスのような、偉大な選手たちがプレーする舞台、それがファイナルだね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150606-00319602-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ