サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:セリエA > ユベントス

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/08/24(水) 11:32:11.70 ID:CAP_USER9

    CqSfTC9UEAAbWjX

     
    ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスにイタリアのサッカーを理解するように警告を行った。
    23日付け『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

    33歳のD・アウベスはこの夏の移籍マーケットでバルセロナからユベントスに移籍。
    セリエA開幕戦のフィオレンティーナ戦に出場して新天地デビューを飾り、2-1の勝利に貢献した。

    アッレグリ監督はD・アウベスについて素晴らしいパフォーマンスを行ったと称賛した一方で、“イタリア流”への順応を促した。

    「まだ改善しなければならない。バルセロナやレアル・マドリーの試合は6-0や5-0、4-0など大差の結果になるが、ここイタリアでは1-0や2-1など僅差の試合が多い。
    イタリアではボールを保持しているときにリスクが高いプレーを選択すべきではない」と。

    ただ、アッレグリ監督は「彼は頭のいい選手だから大丈夫だ」と、D・アウベスの適応に不安は感じていないようだ。

    母国ブラジルのバイーアからセビージャに加入したD・アウベスは、2008年にバルセロナへ移籍。
    あわせて14年間スペインでプレーし、今回が初めてのイタリア挑戦となる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00010019-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月24日(水)11時20分配信

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/07/19(火) 18:51:07.36 ID:CAP_USER9

    no title
     
    イタリア1部リーグ(セリエA)、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバがマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に移籍し、ユーベがその移籍金でナポリのFWゴンサロ・イグアイン獲得を目指すようだ。ポグバの代理人であるライオラ氏は、すでにマンチェスターに移動しているという。19日のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     同紙によると、マンUはユーベに1億2500万ユーロ(約147億円)を支払い、そのうちの20%に当たる2500万ユーロ(約29億円)をポグバ本人の取り分とする条件で合意したという。年俸は1200万ユーロ(約14億円)で5年契約となる見込み。

     ユーベはこの移籍金で、クラブとの違約金+移籍金が9470万ユーロ(約111億円)とされるイグアイン獲得に動くという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000082-dal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/07/20(水) 13:09:28.75 ID:CAP_USER9

    img_dd4c718b0ad50796a4b752154c94a437306966

     
    ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、マンチェスター・Uに移籍することで合意に達したようだ。イタリアメディア『メディアセット』が19日に報じている。

     同メディアによると、マンチェスター・Uが年俸1500万ユーロ(約17億円)の5年契約をポグバに提示し、これを受け入れた模様。さらに複数のスポンサーから500万ユーロ(約6億円)の報酬も得られるという。

     しかし、クラブ間の合意には至っていないものと見られ、マンチェスター・Uは1億ユーロ(約116億円)ものオファーを提示しているが、ユヴェントスはこれを上回る移籍金を要求していると伝えられている。

     これだけの移籍金を提示されても動かないことから、ユヴェントスが放出を希望していないのは明白なようだが、ポグバ本人はマンチェスター・Uへの移籍を決意したようだ。

     果たして、マンチェスター・Uが移籍金を増額させて一気に移籍を成立させるのか、あるいはユヴェントスが歩み寄りを見せるのか、いよいよポグバの去就決定が近づいている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00470108-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/17(木) 07:18:59.47 ID:CAP_USER*.net


    Cds8zU7UEAAa53m


    【スコア】
    バイエルン・ミュンヘン 4 - 2 ユヴェントス (2試合合計:6-4)

    【得点者】
    0 - 1   06'   ポグバ
    0 - 2   28'   クアドラード
    1 - 2   73'   レヴァンドフスキ
    2 - 2   90'   ミュラー
    3 - 2   108'  ティアゴ・アルカンタラ
    4 - 2   110'  コマン

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10918855
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2016/matches/live/index.html?day=8&session=4&match=2015773

    バイエルン、4発逆転で延長戦制す!ユーベは2点リードからの悪夢…
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-01625482-gekisaka-socc

    ★ベスト8進出チーム
    バルセロナ
    レアル・マドリード
    アトレチコ・マドリード
    バイエルン・ミュンヘン
    ボルフスブルク
    マンチェスター・シティ
    パリSG
    ベンフィカ

    抽選日 2016年3月18日

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 19:20:49.56 ID:CAP_USER*.net

    img_dd4c718b0ad50796a4b752154c94a437306966

     
    攻撃的なスペクタクルな展開となるか

    ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で対戦する
    バイエルン相手にバスは停めないと宣言した。

    この一戦はバイエルンが攻めてユヴェントスが耐え抜くという構図が予想されたが、アッレグリは自分たちも
    攻撃的に出ると強気だ。伊『フットボールイタリア』はアッレグリのコメントを伝えており、
    ユヴェントスの指揮官はバイエルン戦へ向けて最善の準備をすると気を引き締めている。

    「グアルディオラがバイエルンを去ることで何か変わるか? そんなことはない。彼らはグアルディオラの
    到着とハインケスの退任を発表したシーズンにチャンピオンズリーグのトロフィーを掲げているからね。
    我々はバスを停めることはしないよ。美しい一戦になるだろう。我々は準々決勝に行くための最高の
    準備をしなければならない」

    「チャンピオンズリーグは非常に重要だ。昨季のベルリンでのファイナルの後、ユヴェントスは世界的に
    有名なものに変わった。チャンピオンズリーグは世界中で見られているし、我々は常にベスト16には
    入れるようにしないといけないんだ」

    アッレグリは昨季のファイナルでもバルセロナ相手に真っ向勝負を挑み、序盤はバルサを慌てさせる
    シーンも作った。今回のバイエルン戦でも引きこもることはせず、真っ向からバイエルンを潰しに向かう考えだ。
    アーセナルとバルセロナなど魅力的な対戦カードが揃った今季のチャンピオンズリーグだが、
    その中でもユヴェントスとバイエルンの一戦は最も注目すべき試合だろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00010014-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 00:06:23.67 ID:CAP_USER*.net

    GettyImages-476344858-500x333

     
     MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロが、
    サポーターの1人に対して今冬の移籍市場で日本代表DF長友佑都が所属するインテルに移籍することはないと
    語った。17日付のイタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。

     ピルロは今年7月に4シーズンにわたってプレーしたユヴェントスからニューヨーク・シティに移籍。
    今季はリーグ戦13試合に出場して5アシストを記録したが無得点に終わった。

     同紙の読者で、熱狂的なユヴェントスのサポーターであるパオロさんが、ローマ発でミラノ経由トリノ行きの
    高速列車“フレッチャ・ロッサ”内でピルロと遭遇。インテルの本拠地であるミラノでピルロが下車すると、
    不安を感じたパオロさんはピルロに「アンドレア、冗談はやめてくれ。ミラノに一体何をしに行くんだ?」と
    質問を投げかけると、ピルロが「安心してくれ、ニューヨークでの居心地は良い」と答えた。
    この2人のやりとりが明るみとなったという。

     ピルロに関しては、MLSが来年3月までオフシーズンに入るため、短期的に欧州のクラブで
    プレーすることが噂されている。特にインテルは、指揮官のロベルト・マンチーニ監督がレンタルを
    希望しているとイタリアの複数メディアで報じられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00381016-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 12:31:03.79 ID:CAP_USER*.net

    img_dd4c718b0ad50796a4b752154c94a437306966

     
    <セリエA:ラツィオ0-2ユベントス>◇4日◇ローマ

     ユベントスがアウェーでラツィオを2-0で破り、リーグ戦5連勝と巻き返してきた。

     リーグ戦5試合連続で白星のないラツィオに対し、ユベントスは前半7分、
    ペナルティーエリア左で相手クリアを拾ったFWディバラが左足でシュート気味の強烈なクロスを送ると、
    相手DFジェンティレッティのオウンゴールを誘って早々と先制。同32分にもディバラがほぼ正面から
    左足ミドルシュートをゴール右に突き刺して2点目を奪った。

     ユベントスは8勝3分け4敗の勝ち点27で、暫定でローマと並び4位タイとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151205-00000061-nksports-socc

    続きを読む

    1: 木村カエレφ ★@\(^o^)/ 2015/11/26(木) 07:00:40.20 ID:CAP_USER*.net

     
     チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が25日に行われ、ユヴェントスとマンチェスター・Cが対戦した。

     ホームのユヴェントスは第3節と第4節で対戦したボルシアMGと2戦連続のドロー。グループステージ突破を決めきれなかった。一方、マンチェスター・Cは初戦のユヴェントス戦こそ敗れたが、
    その後は3連勝を飾り、一足先に決勝トーナメント進出を果たした。両チームともに負傷者が続出していて、ユヴェントスはドイツ代表MFサミ・ケディラが欠場、フランス代表DF
    パトリス・エヴラがベンチスタート。マンチェスター・Cはベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、スペイン代表MFダビド・シルバらが欠場を強いられた。

     試合は序盤からユヴェントスがペースを握ったが、最初にチャンスを作ったのはマンチェスター・Cだった。16分、左サイドのケヴィン・デ・ブライネが右足でクロスを上げると、
    ゴール前のヤヤ・トゥーレが潰れ、走りこんだフェルナンジーニョが右足シュート。しかし、ボールは枠の上に外れてしまった。

     ユヴェントスは18分、中盤からポール・ポグバがドリブル突破を仕掛け、左サイドのアレックス・サンドロへ展開。A・サンドロがフリーでクロスを上げると、
    中央のマリオ・マンジュキッチが右足ボレーで合わせてゴール。ホームのユヴェントスが先制点を奪った。

     続く28分、クラウディオ・マルキージオがエリア内右に浮き球のパスを供給すると、シュテファン・リヒトシュタイナーがヘディングで落とし、マンジュキッチが右足ボレーシュート。
    しかし、ここはGKジョー・ハートが横っ飛びでなんとか防いだ。

     前半終了間際の44分、自陣ゴール前でクラウディオ・マルキージオがGKジャンルイジ・ブッフォンへバックパス。これが短くなり、セルヒオ・アグエロがGKと一対一になったが、
    ここはブッフォンが体を張ってなんとか守り切った。前半はこのままユヴェントスが1点をリードして終える。

     後半立ち上がりの52分、マンチェスター・Cがビッグチャンスを迎える。左CKを獲得すると、デ・ブライネのクロスボールからフェルナンドがヘディングシュート。
    しかし、ここはGKブッフォンがビッグセーブで得点を許さなかった。

     ユヴェントスは54分にマンジュキッチが太ももを痛めて負傷交代。アルバロ・モラタがピッチに送り込まれた。すると直後の55分、ゴール前に抜けだしたモラタがGKと一対一になり、
    右足でループシュート。わずかにポスト左に外れかけたところをステファノ・ストゥラーロが詰めたが、ここはポストに阻まれてしまった。

     マンチェスター・Cは69分にアグエロを下げ、ラヒーム・スターリングを投入した。

     ユヴェントスは79分にビッグチャンスを迎える。ストゥラーロのパスから抜けだしたモラタがドリブル突破。モラタはエリア手前でDF二人をかわしてシュートを放ったが、
    ここはGKハートがなんとか防いだ。

     直後の80分、マンチェスター・Cは左サイドを突破したデ・ブライネの折り返しからスターリングがダイレクトシュートを放ったが、ここは枠の右に外れてしまい、決定機を逃してしまった。
    このまま1-0でユヴェントスが勝利を収め、決勝トーナメント進出が決定。さらにグループEの首位に浮上した。

     次節、ユヴェントスは敵地でセビージャと、マンチェスター・CはホームでボルシアMGと対戦する。

    【スコア】
    ユヴェントス 1-0 マンチェスター・C

    【得点者】
    1-0 18分 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00373822-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/15(日) 00:21:33.09 ID:???*.net

    GettyImages-476344858-500x333

     
    不調スタートとなったユヴェントス

    イタリアで大成功を収めたスペイン人など、近年では非常に珍しい。大きく異なるサッカーへの価値観や、
    戦術、文化の違いなども挑戦を困難にしてきたのだろう。ユヴェントスFWアルバロ・モラタにとっても決して
    ファンタスティックとはいえないシーズンを過ごしている。

    今夏に、チームの核として活躍していたアンドレア・ピルロやアルトゥーロ・ビダル、
    さらにはカルロス・テベスまでも放出することになってしまった昨季王者ユヴェントス。
    伊『フットボール・イタリア』がそんなユヴェントスの現状を語るモラタのコメントを伝えた。

    「今季はより複雑なシーズンとなってしまったね。怪我人の影響もあったし、僕自身やりたい
    ポジションでプレイできていないんだ。それにピルロとジョレンテが居なくなったのは相当キツイね。
    ジョレンテには個人的に助けてもらったよ。彼が居なかったら去年僕は活躍できなかっただろうね。
    ピルロはセットプレイだけで勝ち点10~15以上を必ず確保してくれる存在だ」

    また、自身の将来については「レアルが僕を買い戻す? その噂も最近は徐々に静まってきたね。
    おそらく僕がゴールを決めていないからだろう。僕がレアルに戻るのを夢見ているかって?
    夢はいつだってタイトルを獲得することだ」と語った。また、成功の秘訣を聞かれると
    「自己犠牲と謙虚さだね」と答えた。

    レアル・マドリードへの復帰は明言を避けたが、現時点ではユヴェントスでの挑戦を続ける気で
    いるのかもしれない。今季はパウロ・ディバラやマリオ・マンジュキッチなど、多くのアタッカーが加わった
    ユヴェントスだが、シーズンが進むにつれ必ずやモラタの力が必要になる日が来るにちがいない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00010018-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 23:30:28.70 ID:???*.net


    images
     
     不調に喘ぐユベントスについに指揮官解任の噂が挙がっている。30日、イタリア『カルチョメルカート.com』が報じた。

     現在セリエAで12位と低迷しているユベントス。前節サッスオーロに敗れ、今季早くも4敗目を喫した。
    この不振によって、ついにマッシミリアーノ・アッレグリ監督にも解任の噂が挙がっている。

     後任候補に挙がるのはマルチェロ・リッピ、ファビオ・カペッロ、ルチアーノ・スパレッティ、
    そしてワルテル・マッツァーリの4名だ。リッピ氏とカペッロ氏はかつてユベントスの監督を務めている。

     マッツァーリ監督は昨季までインテルを指揮し、日本代表DF長友佑都も指導した。
    昨年11月に成績不振によってインテルの監督を解任され、現在はフリーの身となっている。

     現地時間の31日、ユベントスはトリノとの“トリノダービー”を戦う。宿敵に敗れることがあれば、
    一気にアッレグリ監督の解任報道は進むだろう。果たして、アレグリ監督は今季最後まで
    ユベントスの指揮官を務め上げることはできるのだろうか。

    http://www.footballchannel.jp/2015/10/30/post117175/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ