サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リバプール

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 15:42:41.79 ID:CAP_USER*.net
    オーナー、CEO、スカウトが補強を決定 監督の意見は…
     
    昨年10月にリバプールの監督を解任されたブレンダン・ロジャース氏が、名門復活を妨げる諸悪の根源とも指摘される「移籍委員会」に不満を爆発。
    希望通りの補強ができなかったと恨み節を披露している。英地元紙「テレグラフ」が報じている。

    リバプールOBで現在解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏でさえも、リバプールの「移籍委員会」については苦言を呈するほど悪名高いものだった。

    委員会はリバプールのオーナー企業であるフェンウェイ・スポーツ・グループ社長のマイク・ゴードン氏、リバプールCEOのイアン・エアー氏とスカウト陣3人によって組織され、
    選手獲得時にはロジャース氏を含めた6人の話し合いよって最終決定が下される運びとなっていた。だが、実際には指揮官の意見は全く聞き入れられていなかったという。

    「あのクラブでのトランスファー・モデルはほかのクラブとは少し異なっていた。(自分が)欲しいと思った選手は獲得リストに入らず、他の選手を獲得しなければいけなかった。
    例えば左サイドバックが欲しいと思っても、欲しい選手は来なかった。あのグループ(移籍委員会)にとって、ベストな選手を連れてくる必要があった」

    昨年10月に成績不振からドイツ人の名将ユルゲン・クロップ新監督にバトンを渡した北アイルランド人指揮官は、自身の希望が委員会に打ち消されていたと主張。
    とんでもないリバプールの補強方針の実態を暴露した。

    スアレス放出後にチリ代表FWを希望も叶わず
     
    絶対的な存在だったFWルイス・スアレスがバルセロナへ移籍し、ストライカーの補強が急務となった2014-15シーズン。
    ロジャース氏は今やプレミア屈指のFWとなったチリ代表のアレクシス・サンチェス(当時バルセロナ、現アーセナル)の獲得を逃していたという。

    並行して交渉していたイングランド代表FWリッキー・ランバート(当時サウサンプトン、現WBA)は獲得したものの、
    ロジャース氏は「突然、我々のストライカーはランバートだけになったんだ。32歳のFW一人でUEFAチャンピオンズリーグに臨むというのは全く理想的ではなかったよ」と振り返っている。

    昨夏の移籍市場では、トットナムでブレイク中の19歳、イングランド代表MFデレ・アリ(当時はMKドンズ所属)の獲得を望んでいたが、これも叶わなかった。
    ロジャース体制の3年間でリバプールは計3億ポンド(約510億円)の補強費を費やしたが、結局タイトルは獲得できないまま指揮官はクラブを去った。

    そして、移籍金に見合う活躍をした選手は数少ない。その背景には、補強に指揮官の希望が反映されない移籍委員会という闇が隠されていたようだ。

    Soccer Magazine ZONE web 1月19日(火)14時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160119-00010008-soccermzw-socc

    写真
    no title


    フェンウェイ・スポーツ・グループ
    http://www.fenwaysportsgroup.com/

    続きを読む

    CY7yLzMUkAA9xwX
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 09:09:00.28 ID:CAP_USER*.net

    CSS1ClzUsAAAq61


     
    30日に行われたプレミアリーグ第19節、サンダーランド対リヴァプールの一戦は、1?0でアウェーのリヴァプールが勝利した。

    前節は2位で折り返すことが決まったレスターと対戦して約1カ月ぶりに白星を手にしたリヴァプール。
    このまま一気に流れに乗りたいところだったが、序盤は降格圏に低迷するサンダーランドに苦しめられる。

    サンダーランドは15分、デフォーがミドルシュートを放つなど、リヴァプールゴールに迫る場面もあった。

    リヴァプールはフィルミーノが好機に絡む。26分のミドルシュートがポストを叩き、37分にはクラインの
    クロスに頭で合わすもGKに止められた。だが、全体的には最前線のベンテケが良い流れを生み出せず、
    押し切れないまま前半が終了する。

    だが、後半の立ち上がりに、ここまで予感のなかったベンテケがゴールを奪う。後半キックオフ直後、
    敵陣へのプレスで相手を囲い込んだリヴァプールは、ボールを奪って右へ展開。ボールを持った
    クラインは左前方に転がすと、中途半端なボールは誰が触るか微妙な位置へ。このボールにララナが
    触ってディフェンスラインの裏に転がり、ベンテケが反応してシュート。後半開始22秒でスコアが動いた。

    1?0となった後は、リヴァプールが主導権を握ったが、完全に支配することはできず。
    サンダーランドにもチャンスが訪れる。しかし、どちらもゴールはなかった。アディショナルタイムには
    ベンテケがGKと1対1の決定機を迎えるも、マンノーネに止められてしまう。それでも大事には至らず、
    リヴァプールが逃げ切りに成功した。

    リヴァプールは2連勝で折り返し。1月2日にウェスト・ハムと対戦する。5連敗のサンダーランドは、
    年明けに最下位のアストン・ヴィラ戦だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00000023-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/29(火) 18:37:27.91 ID:CAP_USER*.net

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    レスター戦で決勝点を決めてもスタメン確約せず

    26日のリヴァプール対レスター・シティ戦で値千金の決勝ゴールを決めたのは、
    リヴァプールFWクリスティアン・ベンテケだった。相変わらず得点能力は高く、チームに勝ち点3をもたらす
    貴重な得点だった。しかし、指揮官のユルゲン・クロップはまだベンテケがスタメンを奪うには
    足りないものがあると感じている。

    英『デイリー・ミラー』によると、クロップはベンテケにチームのために働くことを求めており、
    ゴールを決めるだけでポジションが確保されるわけではないと語った。

    「クリスティアンの得点は彼自身にとっても良いゴールだったし、我々にとっても良いものだった。
    我々は彼のゴールを必要としており、彼はゴールスコアラーだ。しかし、
    私は彼にゴールだけを求めているのではない。我々はゴールを決めることしかできず、
    残りの89分間何もできないストライカーを起用するチームではないからね。我々はゴール以外にも
    チームのために働くオプションを必要としているんだ」

    ベンテケはただ前線で構えているだけでなく、チームのために献身的に走ることが求められている。
    ハードワークこそがクロップのテーマでもあり、その点においてディボック・オリギやロベルト・フィルミーノらの
    方が優れているということなのだろう。実際にはベンテケはサイドに流れてスペースを作るなどの動きもでき、
    ただ最前線に居座るだけの選手ではない。しかし、クロップはもっともっとレベルの高いハードワークを
    求めているということかもしれない。

    ベンテケ本人もクロップと話し合ったと語っており、今後はチームスタイルに適応していかなければいけないと
    意気込んでいる。点が取れる選手でも走れなければ使わないあたりに、クロップの徹底ぶりがうかがえる。
    ベンテケに限らず、クロップの信頼を掴むためにはファイトが欠かせない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00010002-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 21:31:47.05 ID:CAP_USER*.net

    GKの補強は特に噂されるが

    シモン・ミニョレとアダム・ボグダンのパフォーマンスが安定しないことから、この冬新たなGKを
    獲得するのではないかと噂されるリヴァプール。GKの補強だけでなく、ユルゲン・クロップ監督は
    1月の移籍市場でどのような補強をするのだろうか。

    英『スカイ・スポーツ』で解説を務めるジェイミー・キャラガー氏はリヴァプールの補強ポイントを
    次のように指摘した。

    「ワトフォード戦(0-3)のような結果とパフォーマンスでは、クロップも補強を考えなければならないだろう。
    もし私がリヴァプールの監督だとしたら、GKと2人のセンターバック。そして守備的な中盤が必要だと思う」
    と最終ラインを含めた後方の主軸の強化が必要だと語った。

    リヴァプールは15節のニューカッスル戦以降、4試合勝ち星を掴めておらず、年内のあと2試合では
    首位に立つレスター・シティとの対戦も控えている。シャルケに所属するカメルーン代表DFジョエル・マティプの
    獲得に動くと噂されるが、指摘されたポジションで望むような補強を済ませ、チームを立て直すことができるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00010032-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 00:44:39.43 ID:CAP_USER*.net
    [12.20 プレミアリーグ第17節 ワトフォード3-0リバプール]

       1 - 0   03  アケ  
       2 - 0   15  イガロ
       3 - 0   85  イガロ '

    https://uk.sports.yahoo.com/football/premier-league/west-bromwich-albion-bournemouth-38478/

    プレミアリーグは20日に第17節の2試合を行い、リバプールは敵地でワトフォードと対戦した。

    開始早々3分に失点すると、前半15分と後半40分にも追加点を許し、1点も挙げることができないまま0-3で完敗。
    ユルゲン・クロップ監督就任後、初の3失点での敗戦となった。

    試合は開始早々に動いた。3連勝中のワトフォードは前半3分、左CKからGKアダム・ボグダンがキャッチし損ねたボールをDFナタン・アケが押し込み、先制点。
    リバプールは負傷中のGKシモン・ミニョレに代わって今季リーグ戦初先発となったGKボグダンのミスからの失点となってしまった。

    さらにワトフォードは前半15分、センターサークル内でのルーズボールをFWトロイ・ディーニーが拾って、ふわっとしたボールをDFラインの裏へ送る。
    これに反応したFWオディオン・イグハロがDFマルティン・シュクルテルに寄せられながらもPA右から右足で左サイドネットへ突き刺し、2-0。イグハロの4試合連続ゴールでワトフォードがリードを広げた。

    2点を追う展開となったリバプールは、なかなかPA内からシュートを打たせてもらえず苦しい時間が続く。
    さらに前半41分にシュクルテルが負傷交代を余儀なくされ、FWディボック・オリジを投入。DFルーカス・レイバがセンターバックに入った。
    後半開始からは積極的に前へ出て、PA内からMF{*アダム・ララナ}}やモレノが立て続けにシュートを放ったが、早い時間帯で1点を返すことができなかった。

    すると後半17分にワトフォードに決定機。MFホセ・マヌエル・フラードのスルーパスにDFママドゥ・サコがしりもちをつき、イグハロがフリーで抜け出して右足シュート。
    試合を決める3点目かと思われたが、GKボグダンの好セーブに阻まれ、追加点とはならなかった。

    攻めあぐねるリバプールは後半21分、MFコウチーニョのサイドチェンジをPA右角で受けたMFジョーダン・ヘンダーソンがトラップからアケをかわして右足ボレー。
    これも決定機だったが、GKエウレーリョ・ゴメスに弾き出された。同29分にはFWクリスティアン・ベンテケとMFジョードン・アイブの同時投入で同点、逆転を狙いに行った。

    しかし、次にゴールネットを揺らしたのもワトフォードだった。後半40分、途中出場のMFバロン・ベーラミの右クロスをイグハロがヘディングで合わせ、3-0。
    ワトフォードがリバプールの反撃をゼロに抑え、そのまま3-0で完封勝利をおさめ、4連勝を飾った。一方のリバプールは公式戦4試合白星なし(2分2敗)となった。

    ゲキサカ 12月21日(月)0時28分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-01504534-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 15:50:06.64 ID:CAP_USER*.net

    CQ3yY1wUwAAuXlO

     
     元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、リバプールのユルゲン・クロップ監督に
    ついて「恐れを感じている」と、その衝撃を認めた。ロンドンで行われたイベントで語ったコメントを
    英紙『ミラー』が伝えている。

     6日のニューカッスル戦に0-2で敗れ、就任後2敗目を喫したクロップ監督だが、10月の監督就任後、
    チェルシー、マンチェスター・シティを下すなど、見事に立て直しに成功した。

     15節終了時点で8位に付けているリバプールだが、トップ4に食い込む実力は十分にあると見られており、
    タイトルを獲得するのではないかと予想する声もあるほどだ。

     ファーガソン氏は「クロップ監督については恐れを感じているよ。マンチェスター・ユナイテッドとしては
    リバプールに上回られたくないからね」と、かつての“ライバル”をV字回復させた手腕に感嘆。
    そのパーソナリティーも称賛している。

    「彼には素晴らしい人間性が備わっており、常に大きな白い歯を見せて笑っている。
    ニューカッスル戦で2点目を奪われ、敗れたときですら、彼はニューカッスルの
    スティーブ・マクラーレン監督のもとに行って賞賛の言葉を口にしていた。ドルトムントでもそうだったが、
    彼は飛び抜けているよ」

    「彼のことはコーチング・セミナーの頃からよく知っている。あの人間性、躍動感、知識を持ってくれば、
    リバプールに違いをもたらすことができるだろう」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-01449780-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 14:56:23.75 ID:CAP_USER*.net



    クロップ監督、GKの強化にミランで出場機会を失う元守護神を狙う? 

     リバプールの指揮官であるユルゲン・クロップ監督は、GKの強化として
    ミランの"元守護神"獲得を願っているようだ。7日、英紙『デイリー・ミラー』が報じた。

     クロップ監督が獲得を狙うのはミランのGKディエゴ・ロペス。
    昨季レアル・マドリーからミランに移籍した34歳のGKはその後同クラブの守護神を務めていたが、
    今季GKジャンルイジ・ドンナルンマの台頭により出場機会を失っている。

     リバプールの正GKを務めるシモン・ミニョレはヨーロッパリーグ(EL)ボルドー戦で
    6秒以上ボールを保持したことで相手にPKを与えるミスを犯すなどパフォーマンスが安定していない。
    クロップ監督が就任し急速にチームが成長しているリバプールだが、後方の守りを固めることはできるのだろうか。

    http://www.footballchannel.jp/2015/12/08/post125118/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/22(日) 04:26:14.82 ID:???*.net

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    【スコア】
    マンチェスター・C 1-4 リヴァプール

    【得点者】
    0-1 7分 OG(エリアカン・マンガラ)(リヴァプール)
    0-2 23分 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
    0-3 32分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
    1-3 44分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    1-4 81分 マルティン・シュクルテル(リヴァプール)

    プレミアリーグ第13節が21日に行われ、マンチェスター・Cとリヴァプールが対戦した。

     首位に立つマンチェスター・Cは前節、再開に沈むアストン・ヴィラ相手にスコアレスドローと不本意な結果に終わった。首位堅守のためにも落とせないこの大一番では、ケガの状態が懸念されたFWセルヒオ・アグエロが先発に名を連ねた一方、DFヴァンサン・コンパニとMFダビド・シルバは欠場となった。対する10位リヴァプールは前の試合でユルゲン・クロップ新監督体制初の黒星を喫しただけに、強敵を相手に勝利を取り戻し、上位浮上のきっかけとしたい。

     試合は序盤に意外な形で動く。7分、高い位置でボールを奪ったリヴァプールは左サイドのフィリペ・コウチーニョがエリア内左に流れたロベルト・フィルミーノにスルーパスを通す。これを受けたフィルミーノがゴールライン際から折り返すと、ゴール前のDFエリアカン・マンガラが左足で触れたボールがそのまま自陣のゴールネットを揺らし、オウンゴールとなった。

     先制に成功したリヴァプールはさらに23分、DFの連携ミスでルーズになったボールをフィルミーノが拾うとドリブルでエリア手前右まで持ち運びゴール前にラストパスを通す。このボールをオフサイドラインぎりぎりで抜け出したコウチーニョが右足で流し込み、リードを2点に広げた。

     止まらないリヴァプールは32分、エリア手前でコウチーニョからパスを受けたエムレ・ジャンが絶妙なヒールパスでリターン。これでエリア内左に侵入したコウチーニョは飛び出したGKの位置を見て中央にラストパスを通し、最後はフィルミーノが難なく押し込んで3点目を奪った。

     リヴァプールの激しいプレッシャーに苦しみ3失点を喫したマンチェスター・Cだが、前半のうちに1点を返す。44分、DFの中途半端なクリアをカットしたボールがアグエロに渡ると、ドリブルでエリア手前まで持ち運び正確なミドルシュートをゴール右に沈めた。試合はリヴァプールの2点リードで前半を折り返す。

    つづく

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00372272-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ