サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:プレミアリーグ > アーセナル

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/11(火) 07:29:43.66 ID:CAP_USER9

    cdd6a0db

     
    [4.10 プレミアリーグ第32節 クリスタル・パレス3-0アーセナル]

     アーセナルは10日、プレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスのホームに乗り込み、0-3で敗れた。
    これにより、アーセン・ベンゲル監督の解任論が過熱するかもしれない。

     前節ウエスト・ハムに勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした5位アーセナルは、同じ11人を起用し、16位クリスタル・パレス戦に臨んだ。
    予想に反して、立ち上がりから攻め込まれ、前半9分のMFモハメド・エルネニーの決定機をGKウェイン・ヘネシーのファインセーブに防がれると、
    17分に先制を許す。PA右からMFウィルフレッド・ザハが折り返したボールをMFアンドロス・タウンセンドに右足で流し込まれた。

     厳しい立ち上がりとなったアーセナルは、FWアレクシス・サンチェスを中心に反撃を開始するが、攻めあぐねる場面が目立つ。
    後半15分には、MFアーロン・ラムジーとFWオリビエ・ジルを投入したが、
    直後の18分にザハの折り返しをMFヨアン・キャバイエに決められ、点差を2点に広げられた。

     低調なパフォーマンスが続くアーセナルは後半22分、タウンセンドを第3GKエミリアーノ・マルティネスが倒してしまいPKを献上。
    これをMFルカ・ミリボイェビッチに決められ、まさかの3失点目を喫した。
    最後の交代カードでMFアレックス・オクスレード・チェンバレンを入れたが、最後までクリスタル・パレスの守備を崩せないまま、
    0-3でタイムアップを迎えた。
    『ESPN』によると、アーセナルはボール支配率72%、シュートは相手より6本少ない11本に終わり、枠内には3本しかいかなかった。

     この敗戦により、アーセナルは6位に転落。4位マンチェスター・シティとの勝ち点差が『7』に広がり、
    1995-96シーズン以来、21シーズンぶりのトップ4陥落に現実味が帯びてきた。
    ベンゲル監督は新たに2年契約を結ぶと報じられているが、サポーターからの解任要求が過熱することは間違いないだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-01638640-gekisaka-socc
    最終更新:4/11(火) 7:27

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/03/06(月) 19:07:27.08 ID:CAP_USER9
    20141012173301


     アーセナルのエースのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)が、クラブに退団する意思を伝えたという。6日付の英紙サンが報じた。

     同選手はベンゲル監督との口論後、練習を途中で放棄したことにより、5日に行われたリバプール戦(1-3で敗戦)ではベンチスタートだったという。サンチェスの態度に怒ったチームメートたちとも小競り合いとなり、監督と選手たちとの控室での関係は崩壊したと報じた。

     また同選手は、今夏にアーセナルを退団する意思を明白にしたとのこと。チームメートたちも、サンチェスの態度にいら立ち、自分勝手な選手だと思い始めているという。さらに、ほとんど選手が同監督がサンチェスをベンチスタートにさせた処分に賛成しているという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-01788511-nksports-socc

    続きを読む

    1: サインコサイン ★ 2017/02/01(水) 12:12:32.55 ID:CAP_USER9

     
    アーセナルがワトフォードに痛恨の敗戦、優勝争いに痛手

    AFP=時事 2/1(水) 12:07配信

    16-17イングランド・プレミアリーグ第23節、アーセナル対ワトフォード。試合に臨むアーセナルのメスト・エジル(2017年1月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】16-17イングランド・プレミアリーグは31日、第23節の試合が行われ、アーセナル(Arsenal)はワトフォード(Watford FC)に1-2と思わぬ黒星を喫し、タイトル争いに痛手を受けた。

    【写真】得点を喜ぶワトフォードのディーニー(その他全6枚)

     ワトフォードは29日に行われたFAカップ(FA Cup 2016-17)4回戦で3部のミルウォール(Millwall FC)に敗れ、リーグ戦ではここ7試合で勝ち星から遠ざかっていた。

     4試合のベンチ入り禁止処分が科されたアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督が本拠地エミレーツ・スタジアム(Emirates Stadium)のスタンドから見守る中、アーセナルは試合開始10分、アーロン・ラムジー(Aaron Ramsey)をかすめたユネス・カブル(Younes Kaboul)のシュートでワトフォードに先制を許した。

     さらにその3分後、ワトフォードのエティエン・カプエ(Etienne Capoue)に守備陣を混乱させられると、最後はトロイ・ディーニー(Troy Deeney)にゴール前で詰められて追加点を奪われ、高みの見物をしていた指揮官の居心地はさらに落ち着かないものになった。

     アーセナルは後半13分にアレクシス・サンチェス(Alexis Sanchez)のクロスからアレックス・イウォビ(Alex Iwobi)が1点を返したが、終盤にはルカース・ペレス(Lucas Perez)のシュートがクロスバーをたたくなどし、ワトフォード戦では1988年以来となる黒星を喫した。

     首位チェルシー(Chelsea)と勝ち点9差の3位につけるアーセナルのベンゲル監督は、「きれがなかったのは明らかだった。精神的な準備というものが整っていなかった。プレミアでは誰もが肉体的な強さを持っている。90パーセント(の努力)では足りない」とコメントしている。

     一方、2位のトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)は下位に沈むサンダーランド(Sunderland AFC)とスコアレスドローに終わり、チェルシーとの差を詰めるのに失敗した。

     前半に左サイドバックのダニー・ローズ(Danny Rose)を負傷で失ったトッテナムは、ギアを上げることもままならず、リーグ戦では2試合連続ドローとなった。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000015-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/01/10(火) 17:12:00.98 ID:CAP_USER9
    現地時間9日(以下現地時間)に行なわれたFIFA(国際サッカー連盟)の年間表彰式を欠席したバルセロナ(スペイン)。
    この決断には、各方面から遺憾の意や批難の声があがっている。

    バルサは9日、11日の国王杯(コパ・デル・レイ)アスレティック・ビルバオ戦への準備を優先するため、
    チューリッヒでのセレモニーに選手らが出席しないと発表した。

    この決断に、主催者のFIFAは失意を表した。

    また、レアル・マドリー寄りで知られるスペイン『マルカ』紙は、欠席が当日に決定されたものであることを指摘し、
    “ドタキャン”騒動がFIFAを悩ませたと批判的に報道している。

    自身4度目のFIFA年間最優秀選手賞に輝いたレアルFWクリスティアーノ・ロナウドは、スピーチの際に、
    「メッシやバルセロナのほかの選手もいてくれることを望んでいたけれど、彼らにはカップ戦がある。
    その決断は完璧に理解できるものだ」とコメント。バルサが欠席したことを残念がりつつ、決定に理解を示した。

    『マルカ』紙によれば、レアルOBの元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏はセレモニーの前、
    「バルセロナがこのような重要なイベントに出席しないなんて、少し奇妙だし悲しい。
    こういった式典で最も楽しいのは、沢山の選手が顔を合わせることなんだが」と、話していたという。

    この件について、バルサの主将MFアンドレス・イニエスタが謝罪。「バルセロナのキャプテンとして、
    そのような素晴らしい賞とベストイレブンに選んでくれたFIFAとFIFProに感謝したい。

    また、国王杯の非常に重要な試合に向けた準備のため、セレモニーを欠席することについて謝罪したい」と述べている。

    なお、スペインではレアルも2011年に、セレモニーを欠席した過去がある。

    当時C・ロナウドとジョゼ・モウリーニョ監督がそれぞれ最優秀選手賞と最優秀監督賞にノミネートされていたが、
    今回のバルサ同様にいずれも受賞はしていなかった。

    ISM 1/10(火) 12:47配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000016-ism-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<FIFA年間表彰式>C・ロナウド個人“3冠”達成!ベスト11はレアル&バルサがほぼ独占!“魔球”FK弾が年間最優秀ゴール
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483999082/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/10/04(火) 16:37:15.30 ID:CAP_USER9

    54e2023ec7

     
    アーセン・ヴェンゲル監督が就任20周年を迎えたことを受け、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がアーセナルの過去20シーズンにおけるベストイレブンを選出した。

     同HPは「ヴェンゲル監督のアーセナル在籍20周年を記念して、北ロンドンのクラブで同監督の指導を受けた選手の中からベストイレブンを選んだ。その筆頭にはティエリ・アンリが挙げられる」と記し、18選手を列挙した。

     上記のとおり、前線の一角には元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が入った。他のメンバーは、プレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた2003-04シーズンの主力が中心。元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏がアンリ氏と並んで2トップを組み、中盤には元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏や同MFロベール・ピレス氏、元スウェーデン代表MFフレドリック・リュングベリ氏らが並ぶ。

     そして守備陣には、元イングランド代表GKデイヴィッド・シーマン氏や同DFソル・キャンベル氏らが並ぶ。ベンチにはスペイン代表MFセスク・ファブレガス(現チェルシー)も名を連ね、現所属選手からはドイツ代表MFメスト・エジルが唯一、メンバー入りを果たしている。

    『UEFA.com』選出の“ヴェンゲル・アーセナル”ベストイレブンは以下のとおり。

    ▼GK
    デイヴィッド・シーマン

    ▼DF
    ローレン・エタメ
    ソル・キャンベル
    トニー・アダムス
    アシュリー・コール

    ▼MF
    パトリック・ヴィエラ
    ジウベルト・シウバ
    ロベール・ピレス
    フレドリック・リュングベリ

    ▼FW
    ティエリ・アンリ
    デニス・ベルカンプ

    ▼ベンチ入りメンバー
    イェンス・レーマン
    コロ・トゥーレ
    セスク・ファブレガス
    マルク・オーフェルマルス
    メスト・エジル
    イアン・ライト
    ヌワンコ・カヌ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00500303-soccerk-socc

    続きを読む

    96: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2016/08/27(土) 01:33:32.15 ID:BriWL9Cz0

    CbLRnpsUMAA-Zr2


    アーセナルでスタメンで毎試合出場とか不可能だからね。 
    全盛期の中田や香川でもターンオーバー要員がギリギリ。

    続きを読む

    1: Egg ★2016/08/03(水) 08:22:25.90 ID:CAP_USER9
    【マナウス1日(日本時間2日)=木下淳】

    リオデジャネイロ五輪日本代表FW浅野拓磨(21)に、新天地アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)から金言が届いた。
    WOWOWのサッカー番組でA代表ハリルホジッチ監督と対談し、浅野への評価を獲得決定後、初めて日本メディアに語ったもの。

    2日後の1次リーグ初戦ナイジェリア戦へ、浅野にとってメダル獲得と期待に応える五輪が始まる。

    決戦の地マナウスに入った浅野は、高温多湿の生ぬるい空気を切り裂いてゴールへ走り続けた。
    シュート練習で鋭い動きを見せ、ブラジル戦の疲労を感じさせない。上り調子でナイジェリア戦に向かっている。

    その浅野が世界を驚かせる姿を、既に思い描いている人がいる。
    プレミアリーグの名将ベンゲル監督。ハリルホジッチ監督と対談した中で、電撃獲得の根拠となった浅野への評価を初めて打ち明けた。

    ベンゲル監督 長所はボールを受ける質の高さ、つまりマークを外してDFの裏に動ける能力だ。その能力をもっと有効に使えるようになるため、ほかの部分を鍛えなければいけない。
    50メートル5秒9の快足に、ほれ込み、労働許可証の特定取得にも直接関わるともいわれている。期待度が高い分、原石に対する課題の指摘も具体的だった。

    ベンゲル監督 成長にはモチベーションと知性、良い指導者が必要だけれど、それより大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすることだ。
    周りから吸収できるものは、たくさんある。我々は彼を選手として成熟させたい。ゴール前でのフィニッシュ、マークの外し方、体の使い方など、欧州サッカーに必要なスキルをどんどん注入させる。

    他国への期限付き移籍の可能性も伝えられる中、まるで手元に置いて育てることが決まっているかのような口ぶりだ。そして力強い口調で、こう付け加えた。

    ベンゲル監督 重要なのは、彼の長所を崩さないことだ。サッカー選手は長所を基にキャリアを積んでいく。
    一緒にプレーする周りの選手はレベルが高い。本人の技術も自然とレベルが上がっていくに違いない。

    先月18日に渡英した浅野は、ロンドンでベンゲル監督と初対面。一夜漬けの英語であいさつし「何やったかな…もう忘れた」と覚えていないが、実際ここまで期待されていた。
    当地で「自分がどこまでやれるか楽しみ」と話し続けている浅野。名将の期待通りに活躍すれば、メダルも近づく。

    ◆WOWOW放送予定 ハリルホジッチ監督とベンゲル監督の対談は「UEFA EURO 2016 ハリルホジッチ 大会総括リポート アーセン・ベンゲル緊急参戦!」と題し、
    6日午後7時からWOWOWプライムで放送。15日と18日にはWOWOWライブでスペインにシーズン到来を告げる「スーペルコパ2016」を放送する。
    清武が加入したセビリアがバルセロナに挑む。第1戦は15日午前4時45分、第2戦は18日午前5時45分。

    日刊スポーツ 8月3日(水)8時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000020-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 17:38:20.32 ID:CAP_USER9.net

    54e2023ec7

     
     アーセナルの新指揮官候補に、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのロナルド・クーマン監督が浮上したようだ。28日付のイギリス紙『ザ・サン』が伝えている。

     同紙によると、アーセナルは20年間に渡ってクラブを率いたアーセン・ヴェンゲル監督の後任候補として、クーマン氏の名前を挙げているという。ヴェンゲル監督は、同クラブとの週給16万ポンド(約2500万円)の契約を1年残している。

     一方でクーマン監督は、サウサンプトンとの年俸200万ポンド(約3億2000万円)の契約を1年残しており、クラブは新たな長期契約を望んでいるという。しかし、同監督はチャンピオンズリーグに出場するチームを指揮することに野心を抱いているとのことだ。

     その他の後任候補には、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督と、パリ・サンジェルマンを率いるローラン・ブラン監督の名前も挙げられているが、両監督の招へいは困難であると見られている。

     また、アーセナルは30日にプレミアリーグ第36節のノリッジ戦を控えているが、同試合でアーセナルサポーター数千人が、監督交代を求める抗議活動を行う模様だと報じられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00435995-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 聖アナリスト 2016/03/11(金) 00:03:55.32 ID:ZEIyyhu4.net

    CbLRnpsUMAA-Zr2

     
    バイエルン vs アーセナル 5-1
    アーセナル vs バイエルン 2-0

    バイエルン vs ドルトムント 5-1
    ドルトムント vs バイエルン 0-0

    ドルトムントはアーセ
    ナル以下だったwwwwwwwwwwwwwwwwww

    続きを読む

    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 15:55:36.75 ID:CAP_USER*.net

    CbLRnpsUMAA-Zr2

    アーセナル、成績不振で選手だけの緊急ミーティング…監督にも秘密で実施

     アーセナルは、2日に行われたプレミアリーグ第28節スウォンジー戦に1-2で敗戦した後、
    選手だけによる秘密のミーティングを行っていたことがわかった。9日付のイギリス紙『デイリーメール』などが伝えている。

     スウォンジー戦に敗れ、公式戦4試合白星から遠ざかっていたアーセナル。
    5日に控えたトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”を前に選手だけでミーティングが行われていたという。
    チェコ代表GKペトル・チェフ、同MFトマーシュ・ロシツキー、スペイン人MFミケル・アルテタ、
    元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーのベテラン4人が選手全員に呼びかけた。
    一方で、アーセン・ヴェンゲル監督やチームスタッフは参加せず、ミーティングの存在すら知らされていないという。

     イングランド代表FWセオ・ウォルコットがハルとの試合後に、このミーティングのことを明かし
    「僕たちは嘘をつきたくない。僕たちはミーティングで良い会話ができた。チームとして重要なことだし、
    もっと頻繁に行う必要がある」と、大きな意味があるものだったと話した。

     また、「トッテナム戦では特に効果があったね。10人になってしまった時、諦めない気持ちを持つことができたんだ。
    今シーズンの分岐点になり得るね」と、10人で同点に追いついたトッテナム戦を振り返り、
    復調のきっかけとなる試合だったと明言した。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160310/409650.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ