サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:ブンデスリーガー > バイエルン

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 13:29:19.25 ID:???*.net
    hqdefault

     
    世界を代表するサイドアタッカーだが……

    今季のバイエルンはこれまでと何が違うのか。最も目につきやすい部分で言うなら、FWロベルト・レヴァンドフスキの大爆発だろう。
    レヴァンドフスキはここまですべてのコンペティションで19ゴールを挙げており、リーグ戦でも得点ランクトップだ。得点を奪えるFWが目覚めたことが何より大きい変化だ。

    英紙『デイリー・ミラー』もレヴァンドフスキの爆発が成功のポイントと伝えたが、同時に1つの疑問を投げかけている。
    これまでチームの顔だったアリエン・ロッベンが不要なのではないかと。

    ロッベンは現在負傷離脱しているフランク・リベリと合わせて欧州屈指のサイドアタッカーと呼ばれ、一時期はこの2人がいないと相手を崩せないと言われたこともあった。

    しかし、今季はロッベンもシーズン序盤戦で負傷離脱し、チームの顔だったサイドアタッカー2枚を失った。同メディアは、これがレヴァンドフスキ爆発の要因だと主張する。
    ここまでのレヴァンドフスキのハイライトといえば、ヴォルフスブルク戦での5ゴール、その4日後のマインツ戦での2ゴール、さらにその3日後のディナモ・ザグレブ戦でのハットトリックだ。

    この3試合ともロッベンは離脱しており、穴を埋めたドウグラス・コスタやキングスレイ・コマンがシンプルなプレイを心がけたことがレヴァンドフスキの爆発を呼んだのではないだろうか。

    同メディアによる と、レヴァンドフスキが決めた19ゴールのうち、ロッベン不在時に決めたのは14ゴールだ。半分以上を不在時に決めており、ロッベンの我を通すプレイがレヴァンドフスキと合っていないのかもしれない。
    実際、ロッベンが復帰した10月24日のケルン戦以来、レヴァンドフスキに複数得点は生まれていない。これはペースが落ちたというより、ロッベンの復帰でリズムが乱れたことが原因となっているのかもしれない。

    今やチームの顔はレヴァンドフスキとミュラーになり、ロッベンとリベリはピークが過ぎたように見える。ロッベンの復帰は、チームを悪い方向へと向かわせるのだろうか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 11月14日(土)12時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00010010-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 00:15:23.69 ID:???*.net

    hqdefault

     
    バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキは、同僚のFWアリエン・ロッベンのプレーに腹を立てているのかもしれない。
    ドイツ『シュポルト・ビルト』が2人の関係は良好ではないと伝えている。

    7日に行われたブンデスリーガ第12節、バイエルンは4-0でシュトゥットガルトを一蹴。
    ロッベンによる先制点やレヴァンドフスキによるチーム3点目などで圧倒的な攻撃力で前半のうちに勝負に決着をつけた。

    しかし、後半に追加点は決まらず、スコアは動かないまま終了のホイッスルを迎えている。

    『シュポルト・ビルト』は、この一戦の52分と71分の場面にフォーカスを当てた。縦パスに反応して相手GK前でフリーとなったロッベンだが、
    いずれもシュートを外している。どちらの場面でもレヴァンドフスキが駆け上がり、ボールを受ければ押し込むだけというポジションを取っていた。

    レヴァンドフスキはこの試合では、チャンスを逃した場面に限らず、何度も不満な様子でロッベンに激しくアピールしていた。
    ポーランド代表のアタッカーは同メディアに対し、「そのことについては何も言いたくない」とコメントを控えながらも、「君たちが見たとおりだよ…」と付け加えている。

    一方のロッベンは、レヴァンドフスキからの「クレーム」について「その逆もあるからね」と返している。
    「前半には彼にも違うプレーを選んだ方が良かった場面があった」と逆にレヴァンドフスキからパスを受けたかったことを明かした。

    また『シュポルト・ビルト』によると、ピッチ上での相性が良くないことから2人の関係も良好ではない様子だ。
    実際にこれまでともにプレーしたリーグ戦ではロッベンがレヴァンドフスキのゴールをアシストしたのはわずか3回だったという。

    今季はすでに14点を挙げ、リーグ得点ランキングで1位タイにつけているレヴァンドフスキ。
    ドグラス・コスタ、トーマス・ミュラーと攻撃陣のプレーヤーたちはレヴァンドフスキのゴールを3回ずつアシストしている。

    第10節で戦列に復帰したばかりのロッベンからのアシストがあれば、2人は今後「仲直り」に向かうのだろうか。

    2015年11月11日(水)21:46
    http://sp.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=222208&page=0

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 17:25:28.93 ID:???*.net
    ブンデスリーグ第11節、アイントラハト・フランクフルト対バイエルン・ミュンヘン戦は0-0のドローに終わった。
    バイエルンは開幕からリーグ戦10連勝だったのだが、それがついに止まった形だ。

    フランクフルトの長谷部誠もフル出場した一戦ではこんなシーンがあった

    http://streamable.com/kmd2?t=0.1

    試合終盤、バイエルンがボックス内にクロスを入れた場面。長谷部ともつれたアリエン・ロッベンが
    ピッチに倒れ込むも、シーバーツ主審はPKではなくダイブの判定を下し、イエローカードを提示した。

    長谷部は一瞬相手を抱きかかえるような形になったが、ロッベンが倒れたのは明らかにその後。
    これにはさすがの長谷部もご立腹といった感じであった。

    王者と引き分けることに成功したフランクフルトのアルミン・フェー監督は「我々は多くの情熱と規律を持って戦った。
    得た勝ち点に満足している」と試合後にコメント。

    一方、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「勝つためにできることは全てやった。フランクフルトはいい仕事をした」
    と相手の戦いぶりを讃えていた

    http://qoly.jp/2015/10/31/hasebe-vs-robben

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 00:21:43.96 ID:???*.net

    no title

     
    2015年10月24日(土)キックオフ:22:30 / 試合会場:アリアンツ・アレーナ

    バイエルン・ミュンヘン 4-0 1.FCケルン

    得点
    アルイェン・ロッベン(前半35分)
    アルトゥロ・ビダル(前半40分)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半17分)
    トーマス・ミュラー(後半32分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786918

    後半13分 アントニー・モデスト → 大迫勇也

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 23:01:21.30 ID:???*.net
    欧州選手権予選12得点は歴代2位タイ

    バイエルン・ミュンヘンで大爆発中のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの勢いが止まらない。

    8日の欧州選手権予選グループDのスコットランド戦で先発出場すると、開始直後の3分と後半終了間際のアディショナルタイムにそれぞれゴールを決め、2得点の活躍。アウェーで2-2の引き分けに持ち込んだ。

     ブンデスリーガ出場7試合で12ゴールの得点力をいかんなく発揮した。前半3分、FWアルカディウス・ミリク(アヤックス)からのラストパスで抜け出すと、右足で冷静に流し込んで先制ゴールを決めた。

    その後、2点を奪われて逆転を許すも、後半終了間際のアディショナルタイム、ゴール前のこぼれ球に反応するとスライディングしながら押し込み、この日2点目のゴール。この価値ある1点がチームに勝ち点1を呼び込み、ポーランドが本大会出場へと前進した。

     とにかく現在のレバンドフスキは、全世界に強烈なゴールマシーンぶりを見せつけている。

    所属のバイエルンで、9月22日のヴォルフスブルク戦における9分間で5ゴールという金字塔を打ち立てて以来、絶好調だ。同26日のマインツ戦で2ゴール、 

    同29日のUEFAチャンピオンズリーグのディナモ・ザグレブ戦で3ゴール、10月4日のドルトムント戦で2ゴール。

    そして、この日はポーランド代表として2ゴール。公式戦5試合連続で複数得点を記録し、実に17日間で14ゴールの荒稼ぎを見せている。

     そして、レバンドフスキの好調が一過性でないことを示すデータもある。 

    この日の2ゴールで、この欧州選手権予選でのゴール数を12に伸ばした。これは歴代2位タイの記録だ。

    トップは2008年大会予選における北アイルランド代表FWデイビッド・ヒーリーがマークした13ゴール。記録まであと1ゴールに迫っている。

    アイルランドとの大一番で記録達成も狙う

     その記録に挑戦する舞台は、大一番となる。3位のアイルランドが首位のドイツを破ったことで、グループDはドイツが勝ち点19でトップのまま、勝ち点差1でポーランドとアイルランドが追う大混戦になった。 

    そして、次の予選最終戦はポーランド対アイルランドの直接対決が組まれている。まさに、天国と地獄を分ける一戦になる。  

    前回の対戦は、ポーランドがアウェーで1-1で引き分けたため、勝利した方が文句なく本大会出場を決め、引き分ければスコア次第ということになる。

     イングランドの名門リバプールへの就任が発表されたユルゲン・クロップ監督の下、日本代表MF香川真司などとともにドルトムントでブレイクを果たしたポーランドの点取り屋は、
    最後の大一番で記録達成と母国の本大会出場をつかみ取るべく、ゴールを奪いにかかるはずだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151009-00010016-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: アスペルガー・ロー(関東・甲信越)@\(^o^)/ (ガラプー KK41-FjCw) 2015/10/07(水) 19:01:56.77

    バルサもチェルシーも今年は結果悪い
    やっぱペップが凄いんだよ

    サッカーで1番重要なのは監督

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 00:28:33.46 ID:???*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

    ブンデスリーガは26日、第7節2日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツはホームで開幕6連勝中の首位バイエルンと対戦し、0-3で敗れた。
    武藤は1トップで6試合連続の先発となり、3試合ぶりにフル出場したが、4試合連続で無得点に終わった。

    序盤からボールポゼッションを高め、ゲームを支配するバイエルン。前半20分にはMFキングスレー・コマンがドリブルでPA内に切れ込んだところで
    MFパブロ・デ・ブラシスに倒され、PKを獲得したが、MFトーマス・ミュラーのキックはクロスバーを越え、絶好の先制機を逃した。

    劣勢のマインツも前半28分に決定機を迎えた。左サイドのデ・ブラシスからPA内左で横パスを受けた武藤がドリブルで中に運び、
    右足を振り抜く。ニアサイドを狙ったが、わずかにゴール左へ外れ、惜しくも先制点とはならなかった。

    前半はスコアレスで折り返したが、バイエルンは後半6分、右サイドを縦に突破したコマンのクロスからFWロベルト・レワンドフスキがヘディングシュート。
    前節のボルフスブルク戦(5-1)で圧巻の5ゴールを記録したエースが2戦連発となる今季9ゴール目を決め、バイエルンが先制した。

    後半18分、途中出場のMFアルトゥーロ・ビダルのワンタッチパスに抜け出したレワンドフスキが追加点。
    この日2得点目で今季早くも2ケタとなる10ゴール目を記録すると、後半23分にはMFダグラス・コスタの左クロスにコマンが合わせ、3-0と突き放した。

    何とか反撃に出たいマインツだが、後半22分、クレメンスの右足シュートがクロスバーを直撃するなど1点が遠い。
    結局、そのまま0-1の零封負けを喫し、2試合連続の無得点で2連敗となった。

    バイエルンはこれで開幕から無傷の7連勝。勝ち点を21に伸ばし、首位を快走している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-01134431-gekisaka-socc

    9.26 ブンデスリーガ第7節 マインツ0-3バイエルン]

    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半6分)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半18分)
    キングスレイ・コマン(後半23分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786899

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 12:59:39.93 ID:???*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     
    26日に行われるブンデスリーガ第7節で日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツとバイエルン・ミュンヘンが対戦する。

    4節シャルケ戦から3試合連続で白星がない9位マインツの今節の対戦相手は前人未到のリーグ4連覇を目指す王者バイエルン。

    前節も昨季2位ヴォルフスブルクを5-1で破るなど、そのチーム力はやはり頭一つ抜けている。

    勝点15で並んでいたドルトムントが前節ホッフェンハイムに引き分けたため、とうとう単独首位に浮上することになった。

    独『キッカー』は、これまで最前線で先発してきた武藤がこの試合では2列目に入ると予想。

    フォーメーションはここ最近と同様に[4-2-3-1]でスタートするとされ、武藤が務めてきた1トップの位置には22歳のコロンビア人FWジョン・コルドバが入ると見ている。

    武藤はここ最近の試合でサイドに流れてからの突破、クロスに光るものがあり、この試合でも活躍に期待がかかる。

    バイエルンは前節途中出場から5ゴールを挙げたロベルト・レヴァンドフスキが先発する見込みだ。

    試合は日本時間26日22時30分キックオフ予定。

    以下、『キッカー』による先発予想。

    マインツ

    GK:カリウス
    DF:ブロジンスキ、ブンガート、ベル、ベングトソン
    DMF:バウムガルトリンガー、ラッツァ
    OMF:クレメンス、マリ、武藤
    FW:コルドバ

    バイエルン・ミュンヘン

    GK:ノイアー
    DF:ラーム、ハビ・マルティネス、ボアテング、アラバ
    DMF:ヴィダル、アロンソ
    OMF:ゲッツェ、ミュラー、コスタ
    FW:レヴァンドフスキ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00010005-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 05:26:32.02 ID:???*.net


    バイエルン・ミュンヘン 5 - 1 ヴォルフスブルク

       0 - 1   26 カリジューリ
       1 - 1   51 レヴァンドフスキ
       2 - 1   52 レヴァンドフスキ
       3 - 1   55 レヴァンドフスキ
       4 - 1   57 レヴァンドフスキ
       5 - 1   60 レヴァンドフスキ

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786882

    22日に行われたブンデスリーガ第6節、バイエルン・ミュンヘン対ヴォルフスブルクの一戦は、5-1でホームのバイエルンが勝利した。
    バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、ブンデスリーガ史上最速ハットトリックを達成している。

    前半はアウェーのヴォルフスブルクが良い形で試合を進める。
    バイエルンの一強体制に終止符を打ちたいヴォルフスブルクは、26分に先制した。敵陣中央からドラクスラーが右へ展開すると、
    走り込んだカリジューリが右足でトラップ。ペナルティーエリア右で右足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。

    バイエルンはその後も集中力を欠く場面がある。それを象徴するのが38分のプレーだ。
    守備範囲の広さに自信を持つGKノイアーがかなり高い位置まで飛び出すが、ボールをクリアしきれない。

    すると、ヴォルフスブルクはハーフウェーライン手前からギラボギががら空きとなったゴールを狙う。
    このシュートは左ポストに当たって枠を外れ、ノイアーが安堵した。

    1点を追うバイエルン。グアルディオラは後半のスタート時にチアゴとベルナトを下げて、
    レヴァンドフスキとハビ・マルティネスを投入する。この交代策は、指揮官の予想を上回る効果を生んだ。

    51分、右サイドからグラウンダーのボールが入ると、ビダルがヒールで落とし、ミュラーが引き取ってゴールを目指す。
    これはDFにブロックされるも、ゴール前のレヴァンドフスキが押し込んで同点に追いついた。

    続く52分もレヴァンドフスキ。自身の前が空いた瞬間にペナルティーエリア手前から右足でミドルシュートを放ち、あっという間に逆転する。
    さらに55分にもレヴァンドフスキがゴールを挙げて、ハットトリックを達成。3分19秒でのハットトリックは、ブンデスリーガ史上最速とのことだ。

    だが、まだ止まらない。57分、左からのクロスがDFに当たって中に入ると、レヴァンドフスキがボレーでとらえて4点目。
    60分には右からのクロスに鮮やかなジャンピングボレーで合わせて5点目を挙げてしまった。途中出場から15分で5得点という離れ業に、グアルディオラ監督もただ驚くばかりだった。

    一気に勝負を決めてしまったバイエルンは、落ち着いてボールをキープしつつ、さらなるゴールをうかがう。レヴァンドフスキが6点目に近づくこともあったが、その後はスコアが動かない。
    レヴァンドフスキの強烈なゴールラッシュの余韻が冷めやらぬまま、5-1で試合終了のホイッスルが鳴った。

    GOAL 9月23日(水)5時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000037-goal-socc

    動画
    http://www.ballball.com/ja-jp/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:24:58.03 ID:???*.net
     
    【AFP=時事】バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)の
    カール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長は15日、
    今季のチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2015-16)に
    ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)が出場していないことを残念に思っていることを明かした。

    ドルトムントが開幕4連勝、指揮官は試合内容に「満足」

    2011年と2012年にドイツ・ブンデスリーガ1部を連覇しているドルトムントは、
    トーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)新監督の下でリーグ戦開幕4連勝を飾っており、
    現在はバイエルンを得失点差で上回り首位に立っている。

     ユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)政権の最終年となった昨季、ドルトムントはリーグ戦を7位で終えると、
    ドイツカップ(German Cup 2014-15)決勝ではVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)に敗れた。

     今季のドルトムントはヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2015-16)に出場し、
    17日にはクバン・クラスノダール(Kuban Krasnodar)と対戦する。

     しかし、16日にオリンピアコス(Olympiakos)との試合を控えているバイエルンのルンメニゲ社長は、
    ドルトムントのチャンピオンズリーグ不在を嘆いている。

     ルンメニゲ社長は、「ドルトムントは現在ヨーロッパリーグに出場している。
    彼らは常にドイツサッカーのクオリティーを証明してきた」と語った。

    「ドルトムントは常に成長し、現在のところうまくやっている。それは今後も続くだろう

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000030-jij_afp-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ