サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: フランス代表

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 11:56:06.66 ID:CAP_USER*.net

    【AFP=時事】
    サッカーフランス代表のマチュー・ヴァルブエナ(Mathieu Valbuena)は27日、
    代表でチームメートのカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)から、
    ガールフレンドとの「テープ」を取り戻すための金の支払いを「それとなく」伝えられたと明かした。

    代表チームの体面を大きく傷つけたスキャンダルについて、初めて公にコメントしたヴァルブエナは
    仏紙ルモンド(Le Monde)に対し、ベンゼマの行動に「とても、とても、とてもがっかりした」と語った。

    レアル・マドリード(Real Madrid)に所属する27歳のベンゼマは、この映像に関するヴァルブエナ脅迫の共謀罪で起訴されている。

    ルモンド紙から、ベンゼマからただ脅迫者に会うよう求められたのかと問われたヴァルブエナは、
    「あおった。つまり、それとなく『払わなきゃならない』(と言われた)」と返答した。

    「つっかかるような話し方ではなかったし、直接、金について具体的な話はなかった」

    ベンゼマの友人であるカリム・ゼナティ(Karim Zenati)被告を含む4人が、盗んだ映像を使った脅迫の罪で起訴されている。

    ベンゼマは、10月5日に仏代表合宿地のクレールフォンテーヌ・アン・イブリーヌ(Clairefontaine-en-Yvelines)でヴァルブエナに話を持ちかけたとされている。

    ヴァルブエナは、代表のチームメートがこの事件に密接に関係していることは受け入れがたいことだとコメントした。

    「とても、とても、とてもがっかりした。自分が言えるのは、カリム(ベンゼマ)との関係は彼が言うほど誠実なものではないということだ」

    「初めて警察の事情聴取に行ったときは、カリム・ベンゼマが絡んでいるなんて全く思ってもいなかった」

    またヴァルブエナは、10月20日にベンゼマから電話でこの件に絡んでいることは知らないと言うように頼まれたことも明かしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000010-jij_afp-socc
    AFP=時事 11月28日(土)11時10分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000010-jij_afp-socc.view-000
    サッカー国際親善試合、フランス対ジャマイカ。国歌斉唱に臨むフランスのマチュー・ヴァルブエナ(左)とカリム・ベンゼマ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/15(日) 17:55:28.94 ID:???*.net
    チケット所持 爆発物の入ったベスト着用が発覚し逃走

    パリ郊外スタッド・ドゥ・フランスで行なわれた国際親善試合のフランス対ドイツの試合中、
    スタジアムのレストランやゲート付近で起きた爆発についての詳細が明らかになった。

    自爆テロの容疑者の少なくとも1人は試合のチケットを所持し、爆発物を仕込んだベストを着用してスタジアムに入場しようとしていた。
    選手やスタジアム内の観客が犠牲になっていた可能性もあったと、米「ウォール・ストリート・ジャーナル」が報じている。
     
    容疑者の男はフランス対ドイツ戦のチケットを所持し、スタジアムの入場ゲートに現れていた。
    警備員によれば、男は試合のおよそ15分前にセキュリティーチェックに現れ、
    ファーストネームをズへイル(Zouheir)と名乗ったとされている。

    しかし、ボディチェックで爆発物が仕込まれたベストを着ていたことが発覚。
    警備からの逃走を試み、その後にベストを爆発させたという。
    警察当局によれば、スタジアム内で自爆テロを行い、より多くの死者と混乱を引き起こす目的だったとの疑いを立てている。

    スタジアム周辺で3人が自爆テロか

    そして、その3分後にはスタジアムの外で犯行グループの別の人間が自爆、
    さらに3人目はスタジアム近くのマクドナルドで同様に自爆テロを行い、一般市民の1人が命を奪われたという。

    スタジアム内で爆発が起きていれば、スタンドの観客、そして選手にも被害が及んでいた可能性がある。
    多くの人間を恐怖に陥れた衝撃のテロ事件は、サッカー界にも大きな爪痕を残している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151115-00010008-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 11月15日(日)11時33分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151115-00010008-soccermzw-socc.view-000

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 19:05:51.64 ID:???*.net
    henry_t

     
     13日にフランスで発生したテロの被害者たちやその家族、関係者たちにサッカー界から続々とメッセージが送られている。

     同日、フランス・パリ中心部のバタクラン劇場付近などで複数の銃撃、爆発が起こる同時多発テロが発生し、
    少なくとも150人以上の死傷者が出た。フランス代表とドイツ代表による親善試合が行われたスタット・ド・フランス
    でも、爆発により3人の死亡が確認されたという。

     この事件を受けて、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏はツイッターで、「パリで起きたショッキングな
    事件に愕然としている。僕の心は全ての被害者、今現在も苦しんでる罪のない人々とともにあるよ」とコメント。
    元同代表MFサミル・ナスリもツイッターで、「この野蛮な行為を説明する言葉などない。被害者の家族に心から
    お悔やみを申し上げます」とツイートし、インスタグラムでは「パリのために祈ろう(Pray for Paris)」との
    メッセージとエッフェル塔の写真を掲載した。

     元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバはツイッターで「僕の心はいつもパリにある」とし、
    元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も「この世界はどうなってしまうんだ……」とツイートし、
    この事件で受けた衝撃を明かした。

     また、その他多くの選手たちに加え、アーセナル、マンチェスター・U、バルセロナ、ドルトムント、
    バイエルン、ユヴェントスなど、多くのクラブも「パリのために祈ろう(Pray for Paris)」や被害者への
    哀悼のメッセージをSNSで掲載している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00369997-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/15(日) 10:30:51.57 ID:???*.net
    マルセイユMFディアラ 「何の罪もなく銃弾の犠牲になった」

    フランスの首都パリを襲った同時多発テロはサッカー界にも大きな衝撃を与えている。
    13日に行なわれた国際親善試合のフランス対ドイツの試合が行なわれたパリ郊外のスタッド・ドゥ・フランスでもゲート付近の爆破によって3人が死亡するなどの被害が発生。
    そして、フランス代表MFラサナ・ディアラは従姉妹がこのテロによって亡くなったことを明かした。
    選手は悲しみに暮れている。英国営放送「BBC」などが伝えている。

    世界を震撼させているパリの同時多発テロでは、スタジアムでの爆発以外にも、コンサートホールなどでも爆撃や銃撃による被害が発生。
    日本時間15日朝の時点で死者の数は128人にも及んでいる。
    そうした中、フランス代表の一員で、現在は仏マルセイユでプレーするMFディアラは、自身の従姉妹がテロの被害の犠牲になっていたことを明かした。

    「このニュースを聞いて、悄然としている。僕の従姉妹であるアスタ・ディアキテは、何の罪もなく銃撃の犠牲になったうちの一人なんだ。彼女は僕の姉のような存在だった」

    アスタさんはテロリストの凶弾に倒れた。悲しみに暮れるディアラだが、毅然とした態度でテロの恐怖に立ち向かう姿勢を示していた。

    「こうしたテロが起きている状況の中、僕らのように国を代表している人間や様々な人種にとって団結して恐怖に立ち向かい続けることが大切だ。
    愛、尊敬、そして平和のために団結しよう。多くのメッセージありがとう。
    みんなも自分のため、そして愛する人のことを心配してほしい。犠牲者の方々は安らかな眠りを」

    パリでの大規模テロは人々の心にあまりに大きな傷跡を残している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151115-00010005-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 11月15日(日)9時23分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151115-00010005-soccermzw-socc.view-000
    ディアラがテロにより従姉妹を亡くしたことを明かした

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 22:39:31.23 ID:???*.net
    13日にフランスで発生したテロの被害者たちやその家族、関係者たちにサッカー界から続々とメッセージが送られている。

    同日、フランス・パリ中心部のバタクラン劇場付近などで複数の銃撃、爆発が起こる同時多発テロが発生し、少なくとも150人以上の死傷者が出た。
    フランス代表とドイツ代表による親善試合が行われたスタット・ド・フランスでも、爆発により3人の死亡が確認されたという。

    この事件を受けて、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏はツイッターで、「パリで起きたショッキングな事件に愕然としている。
    僕の心は全ての被害者、今現在も苦しんでる罪のない人々とともにあるよ」とコメント。

    元同代表MFサミル・ナスリもツイッターで、「この野蛮な行為を説明する言葉などない。被害者の家族に心からお悔やみを申し上げます」とツイートし、
    インスタグラムでは「パリのために祈ろう(Pray for Paris)」とのメッセージとエッフェル塔の写真を掲載した。

    元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバはツイッターで「僕の心はいつもパリにある」とし、
    元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も「この世界はどうなってしまうんだ……」とツイートし、この事件で受けた衝撃を明かした。

    また、その他多くの選手たちに加え、アーセナル、マンチェスター・U、バルセロナ、ドルトムント、バイエルン、ユヴェントスなど、多くのクラブも
    「パリのために祈ろう(Pray for Paris)」や被害者への哀悼のメッセージをSNSで掲載している。

    2015年11月14日 18時46分
    http://www.excite.co.jp/News/soccer/20151114/Soccerking_369997.html

    写真
    no title

    続きを読む

    670: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/10/02(木) 20:26:51.54 ID:7NEaNHKz0.net
    no title
    続きを読む

    b8d3de17

    バイエルンのMFフランク・リベリがフランス代表からの引退を表明した。
    ドイツ誌『キッカー』のインタビューで明らかにした。

     31歳のリベリは国際Aマッチ81試合に出場し、16ゴールを記録。
    06年のドイツW杯、10年の南アフリカW杯に出場したが、ブラジルW杯は腰痛のため土壇場で出場を断念した。

    『キッカー』によると、リベリは代表引退について「個人的な事情だ」と説明。
    「家族との時間を大事にしたい。これからはバイエルンでのプレーに集中する。
    (フランス代表としては)たくさんの素晴らしい若手たちに道を譲りたい」と語っている。

    「これまでにたくさんの浮き沈みがあった。でも、これからは人生の新しい章が始まるんだ」

    ゲキサカ 8月14日(木)3時14分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140814-00138208-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ