サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:ブンデスリーガー > ドルトムント

    1773595_w2



    香川 カズに誓った再起…LINEで「また挑戦者として」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000008-dal-socc
    カズ(左)に再起を誓った香川
    Photo By デイリー 



    J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(47)が30日、親交がある日本代表MF香川真司(25)=マンチェスター・ユナイテッド=のドイツ1部・ドルトムント復帰について語った。

     通信アプリ「LINE」で報告があったそうで「挑戦者としてまたビッグクラブに戻ることを目標にやります」という内容のメッセージが送られてきたという。「ドイツに行く理由ができました」と現地へ応援に行くことを約束したというカズは「ガンガン試合に出てほしいね」と再出発に期待した。



    続きを読む

    00002



    SOCCER KING

    2014年08月30日11時38分

    ドルトのグロスクロイツが説得…香川に電話「そろそろ戻ってこい」

    日本代表MF香川真司のドルトムント復帰が目前に迫っているが、それを最も喜んでいるのは果たして誰だろうか。

    29日、ドイツ紙『Revier Sport』が報じた内容によると、数日の間に同クラブ所属のドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツが、
    香川に電話をかけていたようで、「香川が在籍した2010年から2012年の2年間が、グロスクロイツにとって一体どれだけ思い出に残る2年になったか」を、
    伝えたという。
    香川はその言葉にじっと耳を傾け、そしてグロスクロイツは、「そろそろ戻ってこいよ!」と話し、電話を切ったとのことだ。

    そして同紙は、「香川は1700万ユーロ(約23億円)の移籍金を置き土産にドルトムントを離れたが、両者はお互いに寂しさを感じていた。
    香川のターン、ヒールキック、フェイント。彼は瞬く間にドルトムントファンの“お気に入り”になった。
    彼は、イングランドでは全く幸せではなかった」と、記している。

    普段は陽気なグロスクロイツが香川に伝えた“帰還命令”には、冗談も少しは含まれていたことだろう。
    しかし、それがいまや実現まであと一歩となっている。
    これに最も驚き、歓喜しているのは、紛れもなくグロスクロイツ自身ではなかろうか。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9200057/

    続きを読む

    4598985_m3w624h416q75s1v18359_01045001749



    2014/08/30 6:38:00

    試合勘と自信が必要

    ボルシア・ドルトムントMFセバスティアン・ケールが、MF香川真司の加入についてコメントした。

    香川はマンチェスター・ユナイテッドから古巣のドルトムントに移籍することを決断したと見られている。
    30日にも正式な発表があると言われているところだ。

    アウクスブルクに3ー2で勝利した後、ケールはドイツ『スカイ』に「香川はフィットするか」と問われ、
    次のように答えた。

    「そのニュースについては僕たちも聞いている。彼は僕たちが連覇した2シーズンの中心メンバーの
    一人だった。僕はこのことについて知らないけど、もし彼が加わるなら、試合勘と自信をつける必要があるだろうね」

    コンタクトはあったかとの質問には、「なかった」と返答して、こう続けている。

    「試合に集中していたからね。でも、帰りの便でアキ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)とスージ
    (ミヒャエル・ツォルクSD)に聞いてみる。ただ、それから君たち(報道陣)に伝えるのは遅すぎる
    からできないけれどね」

    http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%89%E3%A4%E3%84/2014/08/30/5069450/%E3%B1%E3%BC%E3%AB%E9%A6%E5%B7%9D%E3%8C%E5%8A%A0%E3%8F%E3%8B%E3%AA%E3%89

    続きを読む

    香川、古巣ドルトムント移籍濃厚 同僚が直電
    2014年8月29日9時46分 スポーツ報知

     日本代表MF香川真司(25)=マンチェスターU(イングランド)=が古巣の
    ドルトムント(ドイツ)に移籍する可能性が濃厚になった。ドイツの地方紙
    「ヴァッツ」が28日、すでに香川とドルトムントが合意していると報じた。

     今月末に欧州の移籍市場が閉まるが、直前になって香川は再びドルトムントの
    ユニホームに袖を通すことになるかもしれない。今夏、ドルトムントが一度は
    否定した香川の復帰だが、ここにきてチームは香川の獲得に向けて動き出して
    いるという。また、ドルトムントのドイツ代表DFケビン・グロスクロイツ
    (25)が数日前に香川に電話し、ドルトムントへの復帰を要請したという
    こともあったようだ。

     もし、ドルトムントに復帰すれば、2011―12シーズン以来3季ぶりの
    ドイツでのプレーとなる。ドルトムントは欧州CLにも出場する。果たして、
    土壇場で香川の復帰が決定するか?

    http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20140829-OHT1T50119.html

    続きを読む

    no title


    バイエルンの名誉会長を務めるフランツ・ベッケンバウアー氏が、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』とのインタビューに応え、ドルトムント所属のドイツ代表MFマルコ・ロイス獲得の可能性について言及した。

     ベッケンバウアー氏は、「彼がバイエルンにいることが、すごくよく想像できる。このクラスの選手が獲得できるのであれば、動く必要がある」とバイエルンが獲得を目指すと示唆。

    また、「2015年に彼がバイエルンへ移籍しなければ、おそらくレアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブへ移籍するだろう。彼を引き留めることはほぼ無理だ」と、来夏にロイスが新天地を求めるだろうと発言した。

     ロイスは2017年夏までドルトムントと契約を結んでいるが、2015年夏から有効になると見られる契約解除の違約金が2500万ユーロ(約34億3000万円)とバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが発言し、物議を醸した。

    ベッケンバウアー氏は、「ドルトムントがロイスについて議論したくないのは理解できる。違約金の金額は大きな秘密ではなかったんだろう。

    関係者はみんな知っていたことだったんだろうね」と続け、ロイスの契約解除金は周知の事実だったとコメントしている。

     ベッケンバウアー氏の発言を受け、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・バツケCEOは『ビルト』のインタビューに応え、「迷惑だ!」と不快感を露わにしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140819-00222857-soccerk-socc

    続きを読む

    no title



    スペイン昨季王者のAマドリードがドイツ人MFマルコ・ロイス(25)=ドルトムント(ドイツ)=の獲得に動いている。スペインメディアが15日、報じた。

     ディエゴ・シメオネ監督(44)がドイツの司令塔の獲得を強く望んでいる。

    ただし、アトレチコ側はロイス獲得に必要とされる移籍金2700万ユーロ(約37億円)を一括で払える能力がなく、
    最初に1700万ユーロ(約23億3100万円)、来年1月に1000万ユーロ(約13億7100万円)と2回に分けて支払いたい意向があるという。

    しかし、ドルトムントとしては今のところロイスを放出する気はなく、残留を強調。負傷でブラジルW杯出場を棒に振った司令塔に注目が集まっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00000263-sph-socc

    続きを読む


    ドイツ・スーパーカップが13日に行われ、ドルトムントとバイエルンが対戦した。

    昨シーズン、ブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成したバイエルンと、両大会で2位に終わったドルトムントが、
    今シーズン初のタイトルを争う同大会。3年連続で同じ組み合わせとなった試合の舞台は、ドルトムントの本拠地であるジグナル・イドゥナ・パルクとなった。

    ホームのドルトムントは今夏に加入したチーロ・インモービレやマティアス・ギンターが先発。
    バイエルンは今夏にドルトムントから獲得したロベルト・レヴァンドフスキをはじめ、セバスティアン・ローデ、ファン・ベルナトといった新戦力、
    さらには19歳のピエール・エミール・ホイビュルクと17歳のジャンルカ・ガウディーノと若い選手をスタメンで起用した。

    開始10分、ドルトムントはダヴィド・アラバのパスミスを相手陣内で奪うと、インモービレがミドルシュートで狙ったが、枠の左に外れた。
    17分には右サイドからのパスをペナルティエリア内右で受けたオリヴァー・キルヒが強烈なシュートを放ったが、GKマヌエル・ノイアーが弾いた。

    迎えた23分、ドルトムントはヘンリク・ムヒタリアンがピッチ中央でボールを受け、ドリブルで前進。
    エリア内へのスルーパスはDFに阻まれたが、こぼれ球を自身で蹴りこみ、先制点を獲得した。

    31分にはバイエルンにアクシデント。ハビ・マルティネスが左ひざを痛めて、ダンテとの交代を強いられる。
    ハビ・マルティネスはそのまま担架で運ばれて、ロッカールームへと下がった。

    43分にドルトムントはヨナス・ホフマンとセバスティアン・ケールが立て続けにシュートを放つ場面があったが、ノイアーの正面を突いた。

    ハーフタイムに両チームは選手交代。ドルトムントはマルセル・シュメルツァーに代わってエリック・ドゥルム、ドルトムントはトーマス・ミュラーを下げて、
    フィリップ・ラームが入った。後半開始直後にバイエルンはレヴァンドフスキが抜け出す場面が訪れたが、飛び出したGKミチェル・ランゲラクがシュートを体に当てて防いだ。

    攻撃でいい形を作れないバイエルンは60分にホイビュルクを下げて、マリオ・ゲッツェを投入。スタジアムは大ブーイングに包まれる。
    後半に入ってもペースを握るドルトムントは62分、右サイドでウカシュ・ピシュチェクがピエール・エメリク・オーバメヤンとのワンツーで深い位置まで侵入すると、
    クロスボールにエリア内中央でオーバメヤンがヘディングシュート。これがネットを揺らし、ドルトムントに追加点が生まれる。
    直後にオーバメヤンに代わり、ドルトムントは新戦力のアドリアン・ラモスがピッチへ。

    ドルトムントが持ち味の縦へ速い攻撃を中心に攻め続ける。バイエルンは81分にアラバがFKを直接狙ったが、GKランゲラクが弾き出す。
    試合は終始ドルトムントペースで進み、バイエルンは攻撃、守備ともに噛み合わず。2-0でドルトムントが勝利した。

    今シーズン初のタイトル獲得となったドルトムントは、2年連続でスーパーカップを制した。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20140814/221212.html?view=more

    【スコア】
    ドルトムント 2-0 バイエルン

    【得点者】
    1-0 23分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
    2-0 62分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

    http://www.espnfc.us/gamecast/396239/gamecast.html
     

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ