サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:ブンデスリーガー > ドルトムント

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/03/22(水) 06:21:09.08 ID:CAP_USER9

    CzUbIYMVIAEgk-X

     
    今の香川は心身ともにコンディションが良好のように映る。

    最近の香川は調子が良さそうだ。2月のダルムシュタット戦から出番を増やし、
    3月11日のヘルタ・ベルリン戦、同14日のDFBカップ準々決勝に続き、同17日のインゴルシュタット戦にもフル出場。
    持ち前のテクニック、クイックネスを生かし、複数のチャンスに絡み、
    直近のインゴルシュタット戦では強さと上手さが融合したチャンスメイクから先制点のきっかけを作った。
     
    清武にトップ下の座を譲った11月の代表戦の頃と違って、心身ともにコンディションは良好。
    ポジションを争うライバルの清武がC大阪でいまひとつ輝けていない現状を踏まえると、UAE戦で先発出場するのはおそらく香川だろう。
     
    ただ、クラブで調子が良くても代表戦であまりパッとしないのが近年の香川だ。
    その意味で、今、このアタッカーを信じていいのか、という疑問はあるだろう。
     
    香川がハリルホジッチ政権下で輝いたのは16年3月29日のシリア戦(ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選)などわずか数試合。
    どちらかと言えばネガティブな印象のほうが強いかもしれない。日本代表の10番に相応しい活躍をしていないのではないか、と。
     
    代表での香川はどうも球離れの悪い選手と相性が悪そうに映る。
    前線に良い形で走り込んでもパスをもらえず、絶妙なフリーランニングが無駄走りに終わってしまうシーンは少なくなかった。
    ドルトムントで輝けても、代表であまりインパクトを残せない。
    ということは、香川は“周囲のキャラクターに左右されるプレーヤー”という見方もできなくないわけだ。
     
    となると、今度のUAE戦では“新しい香川”が見られるかもしれない。
    3トップとして久保、大迫、原口が先発出場すれば、トップ下の香川を含む前線の4人は今回のワールドカップ予選で初めてのユニットとなるからだ。
     
    ある意味、香川にとってはチャンスだ。
    今予選で最大のターニングポイントになるだろうアウェーのUAE戦で、しかも新しいユニットで結果を残せば、その実力を改めて評価されるはずだ。
     
    もしかすると、香川にとってUAE戦は今後の代表での立ち位置を左右する試合になるかもしれない。
    こういう状況で実力を発揮してこそ、日本の10番と言えるが、果たして……。
    香川の爆発を、期待して見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00023706-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/22(水) 6:00配信

    続きを読む

    20: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/03/12(日) 08:28:22.24 ID:n+z3LVrj0
    香川キレキレ 
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/14(火) 19:29:10.61 ID:CAP_USER9

    CRdwdkKUYAAlDcz

     
    欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日(日本時間15日)から、16強による決勝トーナメント1回戦が始まり、MF香川真司(27)のドルトムントは同日に敵地でベンフィカ(ポルトガル)と対戦。現在公式戦4試合連続ベンチスタート、チームも11日のリーグ戦で最下位ダルムシュタットに敗れ、どう立て直すか注目される。

     FW岡崎慎司(30)のレスターは22日(同23日)にセビリアと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-01778712-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/02/13(月) 16:56:33.77 ID:CAP_USER9

    no title


     
    【サッカー情報局】

     サッカー担当記者:ドイツメディアは、日本代表MF香川真司(27)の所属するドルトムントのトーマス・トゥヘル監督(43)の起用法を疑問視していますね。ピッチ外は大揺れですよ。

     デスク:11日のドイツ1部リーグで、最下位ダルムシュタットに敵地で1―2と敗戦。首位バイエルン・ミュンヘンと勝ち点差は15に開いたな。

     記者:もうリーグ優勝は厳しいでしょうね。しかも初先発のMFジェニス・ブルシッチ(18)をはじめ、MFクリスチャン・プリシッチ(18)、FWエムレ・モル(19)と若手メンバーで臨んで負けましたから…。

     デスク:香川も4試合連続のベンチスタートだったな。後半17分から出てきたけど、決定的な仕事はできなかった。試合後に「最下位相手に負けたのは、もったいない」とコメントしているな。

     記者:地元メディアでは、若手起用で結果が出ていないことに加えて、香川やドイツ代表FWマリオ・ゲッツェ(24)、同FWアンドレ・シュールレ(26)といった実力者をベンチに置く指揮官の手腕や戦略を問題にしているんです。

     デスク:2人ともドイツ代表の主力選手だな。ゲッツェはブラジルW杯決勝で劇的なゴールを決めた殊勲者だよな。

     記者:トゥヘル監督は地元メディアに反論し「重要なのはハードワークだ」と…。欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメントも始まりますが、香川の起用法を含めて注目ですね。

    東スポWeb 2/13(月) 16:45配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000034-tospoweb-socc

    【サッカー】<ドルトムントのトゥヘル監督>一体何考えているの!?18歳の超新星をデビューさせ最下位ダルムシュタットに惨敗©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486832895/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2017/01/24(火) 22:14:10.27 ID:CAP_USER9
    2010年夏の欧州挑戦から足掛け8年。これほどまでに香川真司(27)が苦悩を強いられたシーズンがあっただろうか? 今季前半戦の彼はリーグ戦7試合無得点。低調なパフォーマンスに終始した。トゥヘル監督体制2年目のドルトムントは、ドイツ代表MFゲッツェやFWシュールレ、ポルトガル代表DFゲレイロやフランス代表FWデンベレらの加入で、ポジション争いが激化。負傷続きの香川は逆境に立たされ続けた。日本代表でも崖っぷちにひんするエースナンバー「10」をドイツで直撃した。(取材/サッカージャーナリスト・元川悦子)

     ◇  ◇  ◇

    「個人個人はもっと高いクオリティーがあるのに出せていない。今のドルトムントはチームとしてうまくいってない。攻守において全く連動ができていない。ただ《個の立ったサッカーをやっているだけ》と言うに尽きる。もっと(攻守の)連動性が必要になってきますし、守備を含めて課題がたくさんあると思います」

     16年最終戦となった12月20日のアウクスブルク戦。香川は6試合ぶりの公式戦出場を果たし、FWデンベレの同点弾をアシストした。が、試合後の発言は辛辣だった。

     それもそのはず。デンベレからパスを受けてフリーになった後半13分の決定機に、まさかのシュートミス。好調時の香川ならば、考えられない失態を演じてしまったのだ。

    ■「代表先発落ちは想定内」

    「あれは決めなきゃいけない(苦笑い)。ああいうシーンを外してるようじゃいけないことは百も承知」と自戒の念を込めて言うしかなかった。

    「自分自身もハッキリ言ってコンディションは最悪。(アウクスブルク戦の前の)ほぼ2週間くらい練習できてなかったんで。(状態は)決して良くないし、プレーしていても体が重かった。ただ、どんなこともポジティブに受け止め、トレーニングからやり続けていくしかないと思います」と、必死に前を向いた。

     クラブで結果が出なければ、日本代表にも悪影響が及ぶ。18年ロシアW杯アジア最終予選の前半戦の香川は昨年、初戦のUAE戦からタイ、オーストラリアと先発しながら得点に絡めず、11月15日の大一番サウジアラビア戦は、FW本田圭佑(ミラン)らとともにスタメン落ちを強いられた。

    「自分が最終予選で結果を残してる立場では決してないので、先発落ちは想定内だった」と本人もコメントしたが、泥沼状態から抜け出すにはクラブで結果を残すしかない。

    「この半年は苦しいことやうまくいかないことの方が多かったが、W杯本大会まで1年半ある。そこに照準を合わせ、どうやってクラブでリンクして戦っていくのかが大事だと思います。1年半後を見据えたら、ここで苦しんでるくらいがちょうどいいかな、と。結果は出てないけど、出すために試行錯誤しながら、日々やっていくだけ。そこはハッキリしてます」

     巻き返しなるか? ここからが本番なのだ。

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/01/22(日) 17:07:58.10 ID:CAP_USER9
    20170113-00000017-goal-000-1-view

     AIKソルナに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクが、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに移籍する可能性が高まった。21日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

     母国スウェーデンでは、FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)の後をつぐ者として大きな期待がかかっているイサク。スウェーデン紙『Aftonbladet』が伝えたところによれば、今冬にもドルトムントへと移籍することになるようだ。

     今シーズン、所属するAIKソルナにてリーグ戦24試合に出場して10得点をマークしている17歳には、レアル・マドリードを含む数多くの欧州のトップクラブが関心を示しており、先日はスウェーデン代表2試合目にして最年少での初得点(17歳113日)をもマークしている。

     ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、ブレーメン戦前のインタビューで「肯定も否定もしない」と語った。

     しかし、スウェーデンからの情報によれば、イサクはドルトムント入りを決断。再びスウェーデンへとレンタルされるのではなく、移籍が噂されるFWアドリアン・ラモスが抜けるドルトムントにそのまま残ることになるという。移籍金額は約900万ユーロ(約11億円)となる模様。果たして“黒いイブラヒモヴィッチ”がどこへ移籍するのか、その去就に注目が集まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544468-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/17(土) 17:48:44.26 ID:CAP_USER9


    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルとの新契約締結に近付いているようだ。16日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

     現在、ドルトムントと2019年6月末まで契約を結んでいるヴァイグル。同紙によると、新契約は2021年まで結ぶ予定で、給与は現在の3倍となる週給6万ポンド(約880万円)になる見込みだという。

     21歳のヴァイグルは昨シーズン、1860ミュンヘンからドルトムントに加入。1年目から主力に定着し、公式戦51試合に出場した。今シーズンもリーグ戦15試合中14試合に出場しており、加入後1年半ほどで市場価格は10倍に跳ね上がっているとも言われている。

     また、今夏ドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを獲得したマンチェスター・Cが、ヴァイグルに興味を持っている模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が気に入っているようで、来夏の獲得に向けて移籍金2000万ポンド(約29億4000万円)を準備しているようだ。ドルトムントにとっては、新契約を締結して同選手の放出を阻止したいところだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00528627-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/09(金) 21:56:43.52 ID:CAP_USER9
    米メディアはギュンドアンの穴埋まってないと問題視

    チャンピオンズリーグではレアル・マドリードとも互角に戦う実力を持ちながら、国内リーグでは勝ち点の取りこぼしも目立つドルトムント。
    順位は6位となっており、首位ライプツィヒに勝ち点差9をつけられている現状は褒められたものではない。

    今夏にアンドレ・シュールレやラファエル・ゲレイロ、
    マリオ・ゲッツェらを加えて陣容はパワーアップしたはずだが、いったいどこに問題があるのか。

    米『ESPN』は、中盤の構成を問題視している。
    今夏の補強でドルトムントの中盤はかなり豪華になり、
    日本代表MF香川真司もその影響を受けて出場機会は減っている。
    ただし、全てが完璧に噛み合っているとも言い切れない。

    ゴンサロ・カストロやゲレイロのインサイドハーフ起用は縦へのスピードをプラスすることにはなったが、
    ややリズムが単調になってしまうところがある。同メディアが問題視しているのは、
    今夏マンチェスター・シティに移籍したイルカイ・ギュンドアンのような8番の役割をこなす選手だ。

    現在のドルトムントはビルドアップの部分でアンカーのユリアン・ヴァイグルに多くの部分を頼っており、
    若いドイツ人MFには負担がかかっている。

    しかも今夏には攻撃面でも貢献できるDFマッツ・フンメルスまでバイエルンに移籍してしまい、
    組み立ての部分では明らかに問題がある。

    同メディアはヴァイグルの負担を軽減できるような選手をインサイドハーフに配置すべきと考えているようだが、
    その役割を最も上手くこなせる1人に香川真司が挙げられるのではないか。

    セバスティアン・ローデ、ヌリ・シャヒンなど他にもタレントは揃うが、彼らも出場機会は多くない。
    ゲッツェはまだベストな状態になったとは言い切れず、今一つ説得力に欠ける。
    カストロやゲレイロとは違うタイプとなれば、シャヒンや香川あたりは面白いチョイスになってくる。

    また、縦に急ぎすぎるスタイルは守備でも穴を作ってしまいやすい。ドルトムントは最近4試合で8失点しており、
    決して守備が安定しているわけではない。攻守のバランスを取るという意味でも、ギュンドアンのようにゲームをコントロールできる選手が欲しいところ。

    香川はその問題を解決できる候補者の1人のはずだが、今後チャンスは巡ってくるか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/9(金) 20:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00010023-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/11/26(土) 08:41:52.32 ID:CAP_USER9
    GettyImages-549400331-500x324


     
    「シンジは足首に問題を抱えている」と明かしたトゥヘル監督 その一方で重要性を強調

    ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が日本代表MF香川真司について「とても重要な選手。
    我々のプランに完全に入っている」と信頼を明かした。ブンデスリーガ第12節の敵地フランクフルト戦の前日記者会見で語っている。

    香川は現地時間22日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)レギア・ワルシャワ戦(8-4)で2得点1アシストと活躍し、
    UEFA公式のベストイレブンにも選ばれた。

    一方、リーグ戦ではここまで6試合の出場にとどまるなど、熾烈なポジション争いのなかでチームメートに遅れを取っていた。
    独メディアの先発予想でも、香川はフランクフルト戦でスタメン落ちと見られている。

    トゥヘル監督は会見で「シンジは他の選手と同じようにポジションを手にするために戦う必要がある。
    彼は足首に問題を抱えているが、痛みは誰にでもあるものだ」と語っている。

    それでも今回、トゥヘル監督が香川を高く評価していることが明らかとなった。

    指揮官は「シンジは我々にとって、とても重要な選手」と断
    「常にチームのためにプレーする。我々のプランに完全に入っている」とその重要性を強調した。

    MFマルコ・ロイスが長期離脱から復帰し、MFヌリ・シャヒンも復調の兆しを見せている。
    若手の台頭も著しく、中盤の争いは熾烈さを極めているが、指揮官からの信頼は薄れていないよう
    日本代表でもベンチ降格の憂き目にあった不振から抜け出すことができるだろうか。

    Football ZONE web 11/26(土) 8:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161126-00010000-soccermzw-socc

    【サッカー】<UEFA-CL>2ゴールの香川真司、戦列復帰のロイスら選出!/第5節ベスト11
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480035972/

    【サッカー】<香川真司>9.66の高評価!世界各国メディアが称賛!「ベイルの2ゴールに匹敵するほど」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479901142/

    【サッカー】<元マンUブライアン・ロブソン氏>私だったら香川を放出しなかった」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479993407/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2016/11/23(水) 06:36:47.91 ID:CAP_USER9
    CLグループF 11/22(火)28:45 ヴェストファーレンシュタディオン

    ボルシア・ドルトムント 8-4 レジア・ワルシャワ

    0-1 アレクサンダー・プリヨビッチ(前半10分)
    1-1 香川真司(前半17分)
    2-1 香川真司(前半18分)
    3-1 ヌリ・サヒン(前半20分)
    3-2 アレクサンダー・プリヨビッチ(前半24分)
    4-2 ウスマン・デンベレ(前半29分)
    5-2 マルコ・ロイス(前半32分) (香川真司アシスト)
    5-3 マルコ・ロイス(後半7分)
    6-3 ミハル・クハルチク(後半12分)
    7-3 フェリックス・パスラック(後半36分)
    7-4 ネマニヤ・ニコリッチ(後半38分)
    8-4 マルコ・ロイス(後半46分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10972392

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ