サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: アルゼンチン代表

    1: Egg ★2ch.net 2017/04/08(土) 09:31:09.51 ID:CAP_USER9
    no title
    マラドーナの孫はあの現役代表選手の息子だが…。

     時代が変われば風習も変わるということなのだろうか。元アルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータとディエゴ・マラドーナが、現在の代表チームを嘆いた。アルゼンチン・メディア『TYCスポーツ』が伝えている。
     
     同メディアの番組にロシア・ワールドカップ南米予選で苦戦するアルゼンチン代表を奮起させる目的で出演したバティストゥータは、ロッカールームを訪ねた時のことを次のように振り返っている。
     
    「僕が控え室を訪ねた時、メンバーの半分は挨拶をしてくれなかった。敬意を欠いていたというわけじゃないとは思う。僕がここにいた時と今は時代が違うし、何も感じなかっただけだと思うよ」
     
     自身が活躍した1990年代と現代は違うという理由で、現代表戦士たちの態度を責めることはしなかったバティストゥータだが、そんな元ストライカーに代わって一喝したのは、他でもないマラドーナだった。
     
     バティストゥータのコメントを読んだというアルゼンチン・サッカー界の神は、「泣きたくなったね。俺の孫のベンハミンですらバティストゥータのことは知っている。一部だろうと挨拶をしなかったというのは理解できない」と、礼節を欠いた行動だと嘆いたのだ。

     ちなみに、現在8歳のベンハミンくんは、マラドーナの次女ジャンニーナとセルヒオ・アグエロの子供。2人はすでに離婚しているが、初孫とあって“お爺ちゃん”はかなり溺愛している。
     
     現在、アルゼンチン代表は南米予選でオセアニア代表チームとの大陸間プレーオフに回る5位。本大会自動出場圏内の4位チリとは勝点1差だが、リオネル・メッシが審判への暴言で残り4戦すべての出場停止が決まり、苦境に立たされている。
     
     大黒柱メッシを欠くなかで勝利を挙げるためには、スタッフを含めたチーム一丸で戦うことが求められる。しかし、2人の偉大な先達が指摘した礼節欠く行動をしているようでは、それも厳しいように思うがはたして……。

    SOCCER DIGEST Web 4/8(土) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170408-00024346-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★2017/02/15(水) 21:16:37.44 ID:CAP_USER9
    サッカー界の伝説ディエゴ・マラドーナ氏が再び事件を起こした。15日、スペイン『カデナ・セル』が報じている。

    現在チャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリー対ナポリ戦を観戦するためにスペイン・マドリッドを訪れているマラドーナ氏。
    そこでスペイン警察は同氏を婦女暴行の容疑で捜査していることがわかった。

    マラドーナ氏は恋人と思われている女性に対して婦女暴行を行なった疑惑が上がっているが、女性が捜査を拒否したため現在は立件されていないとみられている。

    マラドーナ氏は先日ナポリの国際アンバサダーならびにFIFA大使に就任したばかりだった。
    同氏は過去にコカイン使用によって逮捕された経験を持っている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00010025-footballc-socc
    フットボールチャンネル 2/15(水) 19:30配信

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/08/26(金) 22:40:00.11 ID:CAP_USER9

    lgf01a201307021900

     
    ■メッシの代表引退撤回を受けて、アルゼンチンの英雄が批判に転じる 

     アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が、バルセロナの代表引退を撤回したバルセロナのFWリオネル・メッシに苦言を呈している。世間を騒がせた今夏の代表引退宣言は、タイトルを獲得できないことに対する世間の批判から逃れるために演じたものだったと主張した。アルゼンチン放送局「TyC Sports」が報じている。

     メッシは6月に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)に出場。決勝まで勝ち進んだものの、2大会連続でチリに敗れて涙を呑んだ。2014年ブラジル・ワールドカップ、15年南米選手権チリ大会に続き、メジャートーナメントの決勝に3年間で3度も敗れる悲劇を経験。傷心のメッシは、大会直後に代表引退を発表していた。

     その後、アルゼンチン代表のエドガルド・バウサ新監督の説得に応じる形でメッシは代表復帰を決意したが、マラドーナ氏は一連の騒動は批判から逃れるための選択だったのではないかと指摘している。

    「(メッシは)批判から逃れたが、アルゼンチン国民は苦しんでいる。きっと彼の代表引退は演じられたもので、我々が3度の決勝で敗れたことを忘れさせようとしているんだ」

    ■代表引退発表時には翻意を求めていたが…

     マラドーナ氏は6月の南米選手権開催中に、メッシに対して「リーダーの器にない」と厳しい言葉をぶつけてきたが、代表引退発表時には即座に翻意を求めた。しかし、すぐに心変わりしたのか、数日後には「休ませてあげよう」と前言を撤回するなど、自身の後継者と言われるメッシに対する発言がこれまで二転三転していた。今回もメッシの代表引退宣言撤回を受けて、責任逃れのためだったという批判的な論調に転じている。

     メッシは母国のレジェンドからの批判を、どのように受け止めるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160826-00010014-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 18:30:32.39 ID:???*.net
    中国からの超高額オファーを蹴っていた

    あくまでも、今夏にボカへの帰還を果たしたのは、古巣への思いが強かったからだという。そして、中国からの超高額オファーを蹴っていたことも明かした。

    「ユベントスを去ると決めた後に、中国のクラブからすごいオファーがあったんだ。年俸で、2000万ユーロ(約27億円)を出すと言ってきた。
    だが、そういう問題ではないんだ。人間は裸で生まれ、裸で死んでいく。それは、いくら金があっても変わらない。
    僕は10年間、家族と離れていたし、愛するクラブの助けになりたかったんだ」

    世界トップクラスの年俸が保証されているオファーを蹴ってでも、家族とボカへの思いを優先させたテベス。
    古巣ユベントスの苦境を憂いながらも、アルゼンチンの地で望んだ生活を手に入れているようだった。

    Soccer Magazine ZONE web 9月29日(火)10時42分配信 一部抜粋
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010003-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 14:00:04.55 ID:???*.net
    W杯、南米選手権準優勝に怒る国民とメディアに、アパッチの雄叫び
     
    アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスが、今夏の南米選手権チリ大会で準優勝に終わり、国民から批判を浴びているFWリオネル・メッシ(バルセロナ)を擁護。
    エースを中傷するメディアやサポーターに「地獄に落ちろ!」と言い放っている。スペイン地元紙「スポルト」が報じた。

    アルゼンチンは、今年6月にかけてチリ行なわれたコパ・アメリカで決勝に進出。しかし、決勝戦では開催国チリにPK戦の末に敗れた。
    2014年ブラジル・ワールドカップに続いて準優勝に終わったことで、主将で背番号「10」のメッシが槍玉に上がった。
    国内のファンやメディアが世界最大のスーパースターに対するバッシングが過熱し、メッシは傷心のあまりに代表活動休止を検討していると報じられていた。

    後輩の現状に、ユベントスから古巣ボカ・ジュニアーズに復帰したテベスも心を痛めている。

    「メッシは多くの批判を受けて苦しんでいる。耐え難いものだろうね。彼は個人的にこうした批判を受けているんだ」

    メッシは所属するバルセロナで、これまでに7度のリーグ優勝をはじめ、欧州チャンピオンズリーグを4度、国王杯3度、FIFAクラブワールドカップも2度制覇など栄光に満ちたキャリアを送ってきた。
    アルゼンチン代表での活躍についても過度に期待が高まる一方、メッシはその責任と重圧を背負ってきた。テベスは同情のあまりに、苛烈なバッシングを続けるサポーターとメディアに罵詈雑言を放っている。

    「国民やマスコミはメッシを傷付けた。もし自分がメッシの立場だったら、『地獄に落ちろ』と言ってやりたい気分だろう。そして、代表では2度とプレーしないだろう」

    アパッチの異名を持つテベスは厳しい言葉でメッシ叩きを続ける人々をなじった。メッシの立場なら、アルゼンチン代表引退に踏み切っていると語っている。

    代表活動休止の可能性も浮上していたメッシだが、17日に発表された最新のアルゼンチン代表メンバーにはテベスと共に選出されている。
    強大なプレッシャーが掛かる中、スーパースターは批判を吹き飛ばすような活躍を披露することができるのだろうか。

    アルゼンチンは9月にアメリカ遠征を行い、4日にボリビア、8日にメキシコと対戦する予定となっている。

    Soccer Magazine ZONE web 8月22日(土)15時14分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150822-00010011-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 01:18:02.60 ID:???*.net


     
    サッカーのアルゼンチン代表FWメッシ(バルセロナ)に対して続いている批判に、
    兄のマティアス・メッシさんが反撃に転じた。16日のスペイン紙エル・ムンド・デポルティボなどが報じた。

    自身のソーシャルサイトで、マティアスさんは「メッシにとっての不幸は彼がアルゼンチン人だということ」
    「アルゼンチンはメッシを抱えるのに相応しくない」などとコメント。

    “執拗”にさえ思える、こき下ろしに「くだらないヤツら」と、声高に叫ぶように大文字表記している。

    メッシに対する否定的な見方は、7月の南米選手権(コパ・アメリカ)決勝敗退以降、アルゼンチン国内で再燃。
    元アルゼンチン代表で元同監督のマラドーナ氏は「バルセロナでは何点も取っているのにここでは何もしない。
    彼はアルゼンチン人なのか、スウェーデン人なのか?」と話すなど批判の勢いは止まらず、
    一部にはメッシが代表参加を拒否するのではとの見方さえ出ている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000063-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 20:16:54.31 ID:???*.net
    アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が、自身の後継者とされるFWリオネル・メッシを崇めるのをやめろと主張している。

    マラドーナ氏はコパ・アメリカ決勝でチリに敗れた試合について、アルゼンチン『オレ』にコメントした。『マルカ』など複数メディアが伝えている。

    「彼が世界最高の選手なのは知っている。しかし彼は批判されて当然だよ。レアル・ソシエダ戦で4得点を挙げた男が、代表ではボールにすら触れない。アルゼンチン人なのか、スウェーデン人なのか?と思ってしまうよ」

    「我々はメッシを甘やかすのをやめ、ただのアルゼンチン代表の1選手として扱うべきだ。批判しすぎるのもよくない。メッシは誰かを殺したわけでも、性犯罪をおかしたわけでもない。

    彼の向上に繋がる批判であればよいが、代表でプレイするべきかなんてアンケートをとるのは馬鹿げている。それより我々は連盟会長を変えるべきだ。準優勝で満足していてはいけないよ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00010005-theworld-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/15(水) 18:07:40.00 ID:???*.net

    aimar-500x356

     
    リーベル・プレートの元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマール(35)が、現役引退を決意したようだ。

    リーベルは14日に行われたコパ・リベルタドーレス準決勝ファーストレグ、パラグアイのグアラニとの試合に2-0で先勝して決勝進出へ前進。
    だが、右足首に負傷を抱えてこの試合のメンバーから外れたアイマールは引退を考えているのではないかの憶測が持たれていた。

    その後、アイマールはチームメートに宛てた手紙で引退の意志を明らかにした模様だ。メディア関係者が手紙を入手したとして、『ESPN』スペイン版など複数メディアがその内容を伝えている。

    「チームメートのみんな、まずはこの数カ月間に良くしてくれたことについて感謝したい。ファンタスティックなメンバーの一員として気持ちよく過ごすことができた。
    一緒に戦える体の状態になるように全力を尽くしたが、メンバーには入らないと昨日伝えられた」

    「ほかの選手たちのための場所を占めたいとは思わない。だから、プロしてプレーすることを終える決意をした。
    外側からチームを応援し続けて、彼らにふさわしいすべての結果が得られることを願っている。みんなに心からの抱擁を!」

    リーベルの下部組織で育ったアイマールは、1996年にトップチームにデビュー。
    欧州に渡ってバレンシア、レアル・サラゴサ、ベンフィカで活躍し、アルゼンチン代表としても50試合以上に出場した。

    その後マレーシアでのプレーを経て、今年はじめに14年ぶりのリーベル復帰を果たしたが、2月には以前から問題を抱えていた右足首を手術。
    5月31日に行われたロサリオ・セントラル戦でようやく2度目のデビューを果たしたものの、
    コパ・アルヘンティーナのもう1試合を含め、復帰後は2試合のみのプレーに終わることになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000012-goal-socc
    GOAL 7月15日(水)14時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000012-goal-socc.view-000

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 09:46:07.61 ID:???*.net

    blog_import_547c079c282aa


    サッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏の父親、ドン・ディエゴ(Don Diego)氏が25日、87歳で死去したと地元メディアが報じた。
    ドン・ディエゴ氏は、冠動脈と呼吸器系に以前から問題を抱えていた。

    息子のマラドーナ氏は今月2日、自宅があるアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)からアルゼンチンに帰国し、
    ブエノスアイレス(Buenos Aires)の病院で父親に付き添っていた。

    アルゼンチンでは国民的人気者だったドン・ディエゴ氏は、2014年からブエノスアイレス市内の私立病院に入院していた。

    マラドーナ氏の母親トタさんは2011年に他界している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000003-jij_afp-socc
    AFP=時事 6月26日(金)9時34分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000003-jij_afp-socc.view-000
    AFP=時事 6月26日(金)9時34分配信

    リベルタドーレス杯準決勝、ボカ・ジュニアーズ対CFウニベルシダ・デ・チレの試合を観戦するため、
    ボカ・ジュニアーズの本拠地ラ・ボンボネーラスタジアムを訪れた元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(右)と父親のドン・ディエゴ氏(2012年6月14日撮影)

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 09:48:03.14 ID:???*.net

    720p-Tevez

     
    ユベントスFWカルロス・テベスはチームを離れることになりそうだ。

    伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、23日夜にユベントスのジュゼッペ・マロッタ代表取締役とボカ・ジュニアーズのダニエル・アンジェリシ会長が会談。
    テベスの移籍に対して、500万ユーロ(約6億9000万円)をベースにした条件で大筋合意に達した報じている。
    また、細部の調整のために再度の交渉が必要であり、トレード要員が織り込まれる可能性もあるようだ。

    ユベントスとの契約が1年残っているテベスだが、古巣であるボカへの復帰を望んでいると以前から伝えられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00722393-gekisaka-socc
    ゲキサカ 6月24日(水)9時27分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00722393-gekisaka-socc.view-000

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ