サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: アルゼンチン代表

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/28(土) 12:51:42.76 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】サッカー元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏の死亡当時の状況について、アルゼンチン検察が医療過失の可能性があったかどうか捜査していることが司法筋によって27日に明らかになった。同氏の親戚筋はAFPの取材に対し、「すでに不審な点がある」と話している。

    これに先立ち、マラドーナ氏の代理人を務めるマティアス・モルラ(Matias Morla)氏は、死亡当日の状況に関して、通報を受けた救急車がマラドーナ氏の家に到着するのに30分以上もかかっていたことから捜査を要求していた。

     予備の検視では、マラドーナ氏は「急性肺水腫と慢性心臓疾患」により、25日の正午(日本時間26日午前0時)に眠ったまま亡くなったと結論づけられた。司法筋は匿名を条件に、「彼(マラドーナ氏)は自宅で死亡し、死亡診断書には誰もサインしていなかったため、捜査が開始された。それは何か疑問点や不審点があったというわけではない」と明かした。

     60歳だったマラドーナ氏は今月上旬に脳血腫の除去手術を受け、ブエノスアイレス北部ティグレ(Tigre)にあるゲーティッド・コミュニティー(門やフェンスで囲われた居住区)内の住居で療養しながら、24時間体制の看護を受けていた。

     親戚筋は「ディエゴが亡くなった日に検察が来て、女性看護師が供述を行った。供述が続けられた後、最終的に彼女は話の内容は強要されたとテレビで語っている。だから、供述にはいくつか矛盾点がある」と述べている。

     この日検察が発表したコメント文によると、25日早朝にマラドーナ氏が生きている姿を最後に確認したのは別の男性看護師で、夜のシフトを終える際の話として、「彼の供述からすれば、午前6時半頃に(マラドーナ氏が)生きている姿を最後に見たのは彼の可能性が高いと結論づけられる」という。

     この看護師は26日に受けた検察の聴取で、「彼(マラドーナ氏)がベッドに横たわっている姿を見たとき、眠っていて正常に呼吸していたのを確認した」と供述したとされている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb3f1ae7ffd137a21a9f6f6cbbcbfb928f2058f5
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2020/11/28(土)10:08:08.33 ID: tyfjO9EY0.net


    no title


    no title


     【サンパウロ時事】南米アルゼンチンで25日に死去したサッカー元同国代表、ディエゴ・マラドーナさんの葬儀関係者3人が、遺体と「記念写真」を撮っていたことが分かり、物議を醸している。 
     関係者である親子2人はマラドーナさんが亡くなった夜、ひつぎに横たわる遺体の傍らで笑みを浮かべ、親指を立てるなどして写真撮影。 
    もう1人は右手を遺体の額に置き、同じく親指を立てて写真に納まっていた。 
     写真は瞬く間にインターネット上で拡散。「撮った人間はろくでなし」(マラドーナさんの弁護士)などと非難が渦巻いた。 
    抗議の電話が殺到しているという男性の一人は、地元ラジオで「皆さんに許しを乞いたい。マラドーナさんのファンであり、本意ではなかった」と弁明している。 

    マラドーナさん遺体と「記念撮影」 葬儀関係者への怒り広がる—アルゼンチン 
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112800249



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/28(土) 01:02:51.47 ID:CAP_USER9
    【11月27日 AFP】サッカー旧西ドイツ代表でキャプテンを務めたローター・マテウス(Lothar Matthaus)氏は、1986年と1990年のW杯(World Cup)決勝で対戦し、先日亡くなった元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏を、史上「最高の対戦相手」と評した。

     メキシコ市で行われた1986年W杯の決勝で、マテウス氏はマラドーナ氏を激しくマークしたが、心臓発作で25日に死去したマラドーナ氏は、傑出したパフォーマンスでチームを鼓舞。終盤に生まれたホルヘ・ブルチャガ(Jorge Burruchaga)氏の決勝ゴールはマラドーナ氏の華麗なパスが起点となっており、3-2で勝利したアルゼンチンが優勝を果たした。

    しかし、イタリアで行われた4年後の1990年大会では、マテウス氏がキャプテンを務めた西ドイツが決勝でアルゼンチンを1-0で下し、リベンジを果たしている。

     59歳のマテウス氏は、マラドーナ氏との試合は「大変でわくわくする勝負」だったと独紙ビルト(Bild)に語った。

    「私の心に永遠にあり続ける思い出」「彼との対戦はいつも挑戦だった。人生の半分は彼と一緒で、私にとって最高の対戦相手だった」「60歳で亡くなるなんてあまりに早すぎる。その知らせにとても悲しくなる」

     マテウス氏はまた、マラドーナ氏が持つ才能に唯一匹敵するのは、現在のアルゼンチン代表のスーパースター、リオネル・メッシ(Lionel Messi)だけだと続けた。

    「最高速のときでさえ、いつだってボールは彼のしもべだった。今日ではメッシでしか見られないかもしれないが」「彼にボールを渡さないようにするのが最善の策だった」 (c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3318182
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/11/27(金) 07:43:23.00 ID:CAP_USER9

     英雄亡き後に待ち受けるドロ沼の争いとは――。サッカー界のスーパースターで元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が25日に60歳で死去したことで、新たな〝火種〟が持ち上がっている。あまりにも早すぎる死に世界中に衝撃が走ったが、今後に注目されるのが莫大な遺産の行方。複雑な家族構成ゆえ、相続を主張する関係者が続出しそうな雲行きとなっている。

     マラドーナ氏は現役時代にスペイン1部バルセロナ、イタリア1部ナポリ、アルゼンチン1部ボカジュニアーズなどの強豪クラブを渡り歩き、高額な報酬を手にしてきた。引退後もアルゼンチン代表監督を務めたほか、2011年にはUAE1部アルワスルに年俸990万ポンド(約14億円)という破格の待遇で招かれるなどサッカーにおける収入だけでも100億円以上を荒稼ぎした。

     それ以外にもスポンサーや権利関係の副収入に加え、キューバのフィデル・カストロ議長やイタリアマフィア、ドバイの投資家などさまざまな〝タニマチ〟がいたとされ、莫大な資産を築いたとみられている。マラドーナ氏の突然の訃報を受け、遺産の行方にも注目が集まりそうだ。

     北中米や南米で展開するメディア「エルフットボレロ」米国版は「マラドーナの死後、億万長者の財産の相続人は誰か」と題して今後の遺産相続を巡る争いを予想した。「彼の死の前に遺産はすでに論争されていた」と同紙が指摘するように、その資産規模が大きすぎるがゆえに生前から金銭トラブルが頻発。15年には自身の預金口座から無断で約10億円を引き出されたとして前妻クラウディアさんを訴えている。

     マラドーナ氏に現在の配偶者はおらず「直接の相続人は(実子の)ダルマとジャンニーナ、フェルナンド、ディエゴ・ジュニア、ジャナ。彼らの間で財産の大部分を分割する」と同紙は指摘。ただ、一筋縄ではいきそうもない。

     この5人のほか、英紙「サン」は「19年に、マラドーナ氏の顧問弁護士が3人のキューバ人の子供を認知しており、合計8人の子供がいる」と報じている。正式に血縁関係が認められれば、当然相続権が生じる。さらにマラドーナ氏には札幌や福岡でプレーした実弟のウーゴ氏(51)を始め7人のきょうだいがおり、こちらも遺産相続を主張する可能性がある。

    「誰が財産を得るのか、明日から戦争が始まる」と同メディア。稀代のスーパースターが残した遺産を巡り、まさに骨肉の争いが繰り広げられそうだ。

    東京スポーツ
    11/27(金) 5:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/519777f8c3dd19b01820d59f32f15c861334f1fe


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/11/27(金) 08:12:10.16 ID:CAP_USER9
    11/27(金) 8:00
    スポーツ報知

    マラドーナのユニホームを着ると…暴漢には遭わないが胴上げされる?記者が現地で体感した偉大さ
    18年のロシアW杯のナイジェリア戦の試合前、スタンドにマラドーナ氏が現れると、その場所だけ曇り空から日差しが差し込む“奇跡”が起きた(ロイター)
     元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が25日、ブエノスアイレス近郊の自宅で亡くなった。60歳だった。「神の手」や「5人抜き」などで知られ、魅力的なプレーと奔放な言動で愛されたレジェンドの突然の死に、世界中が悲しみに暮れた。

     *  *  *

     入社前の2014年5月、アルゼンチン・ブエノエスアイレスを訪れた。街ではマラドーナさんをたくさん見かけた。銅像やポスター、足跡のモニュメントから壁の落書きまで、至る所に。当時のマラドーナの髪型とひげをマネしている現地の方も何人かいた。思っていたより何倍も、アルゼンチンはマラドーナの国だった。

     土産物店の店員から「マラドーナのユニホームを買わないか」と言われた。「これを着れば、暴漢に遭う可能性はゼロだよ!」と。

     当地は治安が非常に悪く、旅行客用の警察(ツーリストポリス)は常に被害者で長蛇の列。特に東洋人は標的にされやすい、とされていた。だがそのユニホームを着ると、笑顔で手を振られたり、写真を撮ろうと言われたり、接する人みな温かかった。みんなマラドーナが大好きなのだ。営業トークだとばかり思っていた店員の言葉は、どうやら本当だったようで、危険な目に遭うことなく1週間ほどの滞在を終えた。

     その1か月後、私はブラジルで宙を舞った。W杯のアルゼンチン―スイスをマラドーナユニホームで観戦した。「マラドーナを着たアジア人がいるぞ」。アルゼンチンサポーター数十人が私を担ぎ、胴上げした。背部の「MARADONA」の文字にキスを繰り返すおじいさんまでいた。アルゼンチンにおけるマラドーナの偉大さを思い知らされた。

     その4か月後、私はスロバキアで懇願された。欧州リーグ・スロヴァンブラチスラバ―ナポリを観戦した際のこと。アウェーの地に乗り込んでいたマラドーナの古巣・ナポリの青年サポーターから「そのユニホームを譲ってくれないか」とせがまれた。

     スタジアムのアウェー席は熱狂的で知られるナポリサポーターで埋まっていたが、最も大きなフラッグはマラドーナ氏の顔が描かれたものだった。イタリア・ナポリにおけるマラドーナの偉大さを思い知らされた。

     *  *  *

     “ご威光”で暴漢を未然に防ぎ、宙を舞い、おじいさんから無数のキスを受けたあのユニホームを受け取ったイタリア人の青年は、きっと今頃、悲しみに暮れているに違いない。譲り渡したことを後悔し、後に似たデザインのユニホームをネットで買い直すことになった私も今、悲しみに暮れている。(岡島 智哉)

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201127-11260345-sph-000-1-view.jpg?w=640&h=640&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1cb9b20c62f194f53b695ebcd9dcff5149cef3f


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: エルボードロップ(東京都) [IN] 2020/11/27(金) 10:48:51.94 ID:kh4djyie0● BE:878898748-PLT(16000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    心臓麻痺で死亡したサッカー界のヒーロー、ディエゴ・マラドーナが棺桶に横たわっている写真が流出し、波紋が広がっている。

    マラドーナの顧問弁護士マティアス・モリアは現地時間26日、「互助会(冠婚葬祭の準備をする所)の職員らが
    棺に横たわったマラドーナと記念写真を撮って流出した」とし、問題の写真と職員の実名をツイッターで公開した。

    彼は「写真を撮って流出した男はディエゴ·モリーナという名の男。私の友達(マラドーナ)のために皆を怒らせるようなことをした。
    必ず代価を払わせる」と厳重に警告した。

    公開された写真は2枚。実名が公開された男は、風采の良い青年で、マラドーナの遺体が横たわっている棺桶のふたを開けたまま、
    横でポーズを取りながら記念撮影をした。

    また、他の写真には名前が公開されていないある青年と中年の男がマラドーナの館の周辺に立っている。
    青年も親指を立ててポーズを取った。一部メディアは「波紋が広がると、問題の互助会職員3人を直ちに全員解雇した」と報じたが、
    会社側の説明は異なった。

    マラドーナの塩と棺桶を準備した互助会は3代で運営され、「フィニエル」という会社だ。祖父、父に続き互助会を運営する
    マティアス・ピコン社長は「マラドーナの遺体と写真を撮った人は正社員ではなく日雇いだった」と主張した。
    また「マラドーナの遺族が選んだ棺があまりにも重く、普段より人手が必要だった。
    日当を払って雇った人たちがあきれるようなことをした」と話した。

    (つづく)

    https://gogotsu.com/archives/60800
    ※実際の写真にはマラドーナが映っている
    no title

    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/11/26(木) 12:18:26.81 ID:CAP_USER9
    11/26(木) 11:17
    デイリースポーツ

    堂安律「憧れはマラドーナだったなー」レジェンド死去を追悼
     堂安律
     サッカー日本代表MF堂安律(22)=ビーレフェルト=が26日、自身のツイッターを更新。60歳でなくなったディエゴ・マラドーナ氏を悼んだ。

     「小学生の頃、恩師に誕生日プレゼントで貰ったのがマラドーナのプレー集だった。その頃から憧れはマラドーナだったなー。」と特別な存在だったことをつづり「沢山の夢を与えてもらいました。ご冥福をお祈りします」と追悼の意を表した。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a72cd28028587295cc8aca88cc0083e32ae563f0


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: キャベツ大臣 ★ 2020/11/26(木) 23:19:48.78 ID:CAP_USER9
    【11月26日 AFP】25日に60歳で亡くなったサッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏について、1986年のW杯(World Cup)メキシコ大会準々決勝で有名な「神の手」ゴールの被害者となった元イングランド代表GKのピーター・シルトン(Peter Shilton)氏は、「偉大さは持っていたようだが、スポーツマンシップはなかった」と話した。

     シルトン氏は英大衆紙デーリー・メール(Daily Mail)に対し、アルゼンチンが2-1で勝利した試合でマラドーナ氏が決めた2点のうち先制点となった問題のゴールについて、一度も謝罪がなかったことが気に入らなかったと語った。

    「私が気に入らなかったのは、彼が一度も謝らなかったことだ」「どのタイミングでも、ずるをしたとは一度も言わなかったし、謝りたいとも言わなかった」

    「代わりに彼は『神の手』というせりふを使った。あれは良くなかった」「偉大さは持っていたようだが、残念ながらスポーツマンシップはなかった」

     また、自身はイングランド代表として125試合に出場したシルトン氏は、「私の人生はディエゴ・マラドーナのそれと長く絡み合っているが、自分が望む形ではない」と続けた。

    「だが、こんなにも若く亡くなったと聞いて悲しんでいる」「彼は対戦した中で間違いなく最高の選手だった。彼の家族にお悔やみ申し上げる」 (c)AFP

    2020年11月26日 18:08
    https://www.afpbb.com/articles/-/3318118
    1986年サッカーW杯メキシコ大会準々決勝、アルゼンチン対イングランド。「神の手」ゴールを決めるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナ(中央奥)。
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/11/26(木) 13:12:34.03 ID:CAP_USER9
    11/26(木) 12:54
    日刊スポーツ

    ジーコ氏「素晴らしい友人」マラドーナ氏を悼む
    鹿島ジーコTD(2018年12月11日撮影)
    現在鹿島のテクニカルディレクターを務めるジーコ氏(67)も、友人マラドーナ氏の死去を悼んだ。

    【写真】60歳で亡くなったマラドーナさん

    自身のインスタグラムに何枚も一緒の写真をアップ。「水曜日はいやな日ですね。私は今日、自分たちの世代で最も偉大な選手に敬意を表したい。彼は一緒にプレーする喜びを与えてくれた素晴らしい友人。サッカーと友情のためにあなたがしてくれたすべてのことに感謝します。安らかに眠ってください。神のご加護があなたの家族にあるように」などと記した。

    ジーコ氏は05年にブラジルでチャリティーマッチを開催。2人は「ジーコスター」チームで一緒にプレーし、「今なら幸せな気持ちで死ねる」(ジーコ氏)「友だちのジーコとプレーできてうれしい」(マラドーナ氏)と喜んだこともあった。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/400a79d70f13eeeee8eacab77080904a7874b024


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/11/26(木) 06:06:14.10 ID:ldaPO8780

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ