サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: その他のリーグ

    1: Egg ★ 2018/05/04(金) 08:25:50.65 ID:CAP_USER9
    no title



    アヤックスとPSVからコンタクト 「今の年齢で数多くの試合でプレーすることが大事」

    オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律には、すでに国内の名門2クラブから声がかかっているという。海外挑戦1年目で9得点と結果を残し、西野朗新監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)に挑む日本代表の“秘密兵器”との見方も強まるなか、現地紙「Dagblad van het Noorden」で今後の去就について語っている。

    【動画】“王冠”が付与されるほどの高難度技! フローニンゲンMF堂安律、鮮やかな「ダブル股抜き」

     その突破力と決定力から“日本のロッベン”という異名を与えられ始めた堂安は、オランダでの注目も高まっている。昨年行われたU-20W杯でも3得点を挙げるなど実績を残していることもあり、ビッグクラブもすでに目をつけているようだ。

    「今年に入ってから、アヤックスとPSVからコンタクトがありました。それもあって、このリーグは若いフットボーラーにチャンスがすぐ来るんだなと知りました。今の年齢で数多くの試合でプレーすることが大事だと思っています。フローニンゲンでのシーズンの後にはW杯があります。これは僕の待っていたチャンスですしね」

     ロシアW杯のメンバー入りと同時に、意欲を感じさせるのはメガクラブへの移籍だ。堂安も口にした通り、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)や元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現LAギャラクシー)ら数々の点取り屋を輩出したアヤックス、そして元韓国代表MFパク・チソンがマンチェスター・ユナイテッドで飛躍する前に実力を磨いたPSVが堂安に熱視線を送っていることは、本人にとっても大きなモチベーションになるだろう。

    「ゴールに絡む必要性がある」

     とはいえ、堂安は自らの足元を見ることも忘れていない。

    「ゴールに絡む必要性があると思います。なぜなら全力でプレーせず、ゴールを挙げることができなければ、僕はサッカー人生において何も成し遂げられないと思っているので」

     高まる評価と市場価値にも浮つくことのないヤングスター候補は、今後どのような成長曲線を見せてくれるだろうか。

    5/4(金) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180504-00101819-soccermzw-socc




    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/01(火) 10:25:50.89 ID:CAP_USER9
    5/1(火) 10:17配信
    日刊スポーツ
    no title



    フローニンゲンMF堂安(17年6月29日撮影)

    <オランダリーグ:フローニンゲン4-0エクセルシオール>◇4月29日◇フローニンゲン

     オランダ1部フローニンゲンMF堂安律(19)が、ホームでのエクセルシオール戦後に今季のMVPとして表彰された。

     試合にはフル出場し、2-0の後半26分に今季9点目となるゴールを決め、4-0の快勝に貢献。「試合前は今日負けたら(受賞)スピーチしづらいと思っていたので、勝ててよかった」。移籍1年目について「本当に充実した1年だった。最後にワールドカップに行って終わりたい」と笑いながら話した。ヘーレンフェインMF小林祐希(26)は敵地でのNAC戦にフル出場し、試合は0-3で敗れた。(エリーヌ・スウェーブルス通信員)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00195214-nksports-socc




    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/02(月) 11:32:47.79 ID:CAP_USER9
    4/2(月) 11:17配信

    DZvt1D3VAAADNgL

    時事通信

     サッカーのベルギー1部リーグは1日、レギュラーシーズンの上位6チームで優勝を争うプレーオフが行われ、ヘントの久保裕也は敵地で、森岡亮太のアンデルレヒトとの対戦で後半34分から出場し、同41分に追加点を挙げた。今季8点目。試合は2―0で勝った。森岡はフル出場した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000035-jij-spo

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/01(日) 06:37:38.41 ID:CAP_USER9
    LA Galaxy 4-3 Los Angeles FC

    0-1 5' Carlos Vela
    0-2 26' Carlos Vela
    0-3 48' Daniel Steres
    1-3 61' Sebastian Lletget

    71' Ibrahimovicが途中出場

    2-3 73' Chris Pontius
    3-3 77' Zlatan Ibrahimovic (映像 https://www.youtube.com/watch?v=YjKhdWeB4l8)


    4-3 90' Zlatan Ibrahimovic (映像 https://www.youtube.com/watch?v=5frBw1Ml8cU)



    http://www.livescore.com/soccer/usa/mls/la-galaxy-vs-los-angeles-fc/1-2692693/

    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/12(月) 12:12:44.239 ID:HL34aYLXM
    ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第30節(最終節)が11日に行われ、FW豊川雄太の所属するオイペンはホームでロイヤル・ムスクロンと対戦した。

    no title


     最下位の16位のみが自動降格となるベルギーリーグにあって、前節終了時点で最下位オイペンと15位のメヘレンは同勝ち点で並んでおり、
    勝ち点が同じ場合に優先される当該チーム同士の対戦成績も1勝1敗。
    両者を分けていたのは得失点差「1」のみだった。

     残留のために勝利が欲しいオイペンだったが、試合は0-0のまま膠着状態が続いていく。
    一方のメヘレンは同時に行われた試合で57分までに2点のリードを奪っており、オイペンは最低でも3点のリードを奪う必要が生じていた。

     極めて厳しい状況下で57分にピッチへと送り出された豊川は、自らのプレーによって苦境にあったチームを鼓舞していく。
    73分に左サイドで得たセットプレーからルイス・ガルシアがクロスを上げると、豊川が頭で合わせてゴールに流し込む。
    ベルギーでの自身初得点を挙げると同時に、チームに待望の先制点をもたらした。

     直後の76分には、右サイドから上がったクロスを豊川が足元に収めてから、グラウンダーでガルシアにパスを戻して見事なミドルシュートでの得点を呼び込む。
    アシストを記録し、チームの2点目を演出してみせた。

     豊川の勢いはこれだけに留まらず、80分には右サイドのCKからガルシアが上げたクロスに、フリーになった豊川が合わせて力強いヘディングを叩き込み、この試合2得点目を挙げてチームのリードを3点に広げる。

     いよいよ順位を逆転させられる状況となったチームの残留を決定づけたのは、この試合で誰よりも輝いていた男だった。
    89分、豊川はシュートのこぼれ球を収めようとしたディフェンダーのタッチが大きくなったところを見逃さず、ボールを奪ってゴールへと押し込む。
    途中出場でハットトリックという快挙を成し遂げ、チームにとってこの上なく大きな4点目をもたらした。

     試合はそのまま4-0で終了。
    全4得点に絡む豊川の奮闘で崖っぷちから蘇ったオイペンは、順位を15位に上げて奇跡的な残留を成し遂げた。
    豊川は57分からの出場で3ゴール1アシストという神がかり的な活躍を見せ、チームの逆転残留に大きく貢献している。

    【スコア】
    オイペン 4-0 ロイヤル・ムスクロン

    【得点者】
    1-0 73分 豊川雄太(オイペン)
    2-0 76分 ルイス・ガルシア(オイペン)
    3-0 80分 豊川雄太(オイペン)
    4-0 89分 豊川雄太(オイペン)


    https://www.google.co.jp/amp/s/www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180312/727071.html/amp

    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/02/13(火) 06:19:01.01 ID:CAP_USER9
    長友佑都、存在感を示しての快勝に「僕のパフォーマンスは仲間の助けがあってのもの」
    2/13(火) 5:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00035613-sdigestw-socc
    no title

    自身もチームも、満足のいく内容で結果を残した。急速にチームに馴染んでいっている長友。インテル同様、ここでも愛される存在となりそうだ。 (C) Getty Images

     シュペルリギ(トルコ1部リーグ)第21節で、ガラタサライはホームでアンタルヤスポルを3-0で下し、首位へ浮上した。
     ?
     長友佑都は左SBとしてスタメンに名を連ね、勝利に貢献。先月末にインテルからレンタルで加入して以来、3試合連続でのフル出場となった。
     
     デビュー戦となった20節のシワススポル戦では、頻繁にサイドを駆け上がるもあまりパスが出なかったのが、続く国内カップのコンヤスポル戦では彼に対してボールが渡るようになり、今節アンタルヤスポル戦では、スムーズなパスワークも見られるなど、試合ごとに進歩を見せている。
     
     クロスやフィードも効果的なものが増えてきており、チームのなかで存在感も重要度も増している長友は、快勝を飾った後、ガラタサライの公式サイトで以下のように喜びを語った。

    「勝つことができて、とても嬉しいです。1週間、トレーニングを積んできました。今日の僕のパフォーマンスは、チームメイトの助けがあってのものであり、とても感謝しています」
     
     3試合でフル出場を果たし、どの試合でも90分間動きが止まることがなく、コンディションの良さを窺わせる長友。チームメイトとの連係も高めている彼は、長年トルコ代表を率い、フィオレンティーナ、ミランなどもセリエAクラブでも指揮を執ったことがある世界的名将にも言及している。
     
    「ファティフ・テリム監督はとても良い指導者であり、フィジカル面でもメンタル面でも、最高の状態を引き出してくれます」

     そんな長友について、フットボールマネジャーのアブドゥラヒム・アルバイラクは「長友の獲得が良い補強だったことを、誰もが知っている」と語るが、彼もまた「重要なのはチームを作り上げて、このレベルに引き上げること。我々に大きなチャンスを与えてくれた“先生”にも感謝しなければ」と、テリム監督を称賛している。(『ASLAN ARENASI.com』より)
     
     期待を受けて迎え入れられ、周囲からサポートを受けながら、短期間で確実に進歩を見せている長友。首位に立ったチームは次節(18日)、敵地で11位のカスムパシャと対戦するが、今度はどのようなプレーを見せてくれるか、非常に楽しみだ。

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/02/05(月) 13:21:58.13 ID:CAP_USER9
    DVPkXZNV4AAcFAG

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00254693-footballc-socc
    トルコのガラタサライへ移籍したDF長友佑都は、現地時間4日に行われたトルコ1部リーグ第20節のシバススポル戦で新天地デビューを飾った。だが現地メディアは長友のデビュー戦でのパフォーマンスを厳しく評している。

     長友は7年間在籍したインテルからのレンタルでガラタサライへの移籍が決定。移籍後初のリーグ戦で早速左サイドバックとして先発起用され、フル出場を果たしたが、結果はアウェイで1-2の敗戦に終わった。

     トルコメディア『Sporx』は、この試合の長友のプレーをデータで分析。加入後2回の練習に参加しただけという段階でパス成功率90%を記録したことは好意的に評価されているが、19回あった1対1の場面で5回しか勝利できなかったことは「ガラタサライのファンを不安にさせたデータ」だと述べられている。

     元トルコ代表のルドバン・ディルメン氏は、「初戦では弱い選手に見えた。このフィジカルでは厳しそうだ」と長友を評し、ルーマニア代表DFヤスミン・ラトヴリェヴィッチの起用を勧めている。解説者のメフメト・デミルコル氏も同様に、「もちろん長友のことは気に入らなかった。並の選手だ」と批判している。

    『futbolarena.com』も長友に対し、「期待を下回るパフォーマンスだった」「攻撃面でノーインパクトだった」「フィジカルが弱かった」と厳しい言葉を並べている。ほろ苦いデビュー戦となったが、今後の巻き返しに期待したいところだ。

    フットボールチャンネル編集部

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ