サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: その他のリーグ

    1: Egg ★ 2018/07/22(日) 16:48:03.93 ID:CAP_USER9
    ムバッペ、イ・サンウは意識する。

     ――2年前にNumberに出てもらった時は、ガンバ大阪のU-23。当時は自分の理想と現実のギャップが大きすぎると言っていましたが、あれから1年、2年でだいぶ追いついてきたのでは? 

     「まだまだです。いまの理想で言えば、ロシアW杯に出てますよ。実際、オランダであと5点でも取っていれば選ばれていただろうし」

     ――現在19歳(インタビュー当時)ですが、同年代で意識している選手はいますか? 

     「ムバッペ。同世代ではダントツですもん。フランス代表の10番ですし、年俸12億ぐらい稼いでるらしい。そういう選手を引きずり下ろせるように、日々練習しているんで」

     ――個人競技だと顕著ですが、サッカーでも子供時代からライバル関係が続くことは多々ありますよね。堂安選手の場合は? 

     「ムバッペは接点がないですが、韓国代表のイ・スンウはまさにそうですね。最初は中3だったかな。ガンバでスペイン遠征に行ったときにあいつはバルサにいて、でも僕が点を取って勝ったんですよ。大会MVPが僕で、得点王があいつやったんです。

     で高1になったら、あいつは韓国代表でAFC U-16に来ていて、僕は日本代表のキャプテンでした。そのときは独走されて2点決められました。その後、ワールドユースであいつもおれも3点取って。だから1勝1分1敗。でも、あいつはバルサからベローナに行って1点しか取ってないけどA代表でW杯へ。イタリアはレベル高いから、そういう評価なんでしょうね。でもイ・スンウには絶対負けないですよ」

    一部抜粋

    7/22(日) 11:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00831394-number-socc&p=5





    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/07/20(金) 05:40:47.95 ID:CAP_USER9
    31908_ext_04_0



    17-18シーズン、ベルギーのジュピラー・リーグで大ブレイクを果たした森岡亮太。冬の移籍市場でワースラント・ベフェレンからアンデルレヒトに引き抜かれたばかりだが、わずか半年で再移籍する可能性もあるようだ。

    あの日本代表の奥さんも!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

    ベルギー『voetbalnieuws』によると、アンデルレヒトは新シーズンに向けて選手の刷新を計る見通しにあり、森岡亮太、カラ・ムポジなどが放出候補に浮上しているという。

    また、同じく地元メディア『HLN』では、アンデルレヒトはクラブの若返りを目指しており、森岡のほかにイヴァン・オブラドビッチ、ルカシュ・テオドリチュクもオファー次第で売却する構えにあるようだ。

    記事によるとアンデルレヒト所属のレアンデル・デンドンケルはベルギー代表として、前述のテオドリチュクはポーランド代表としてロシア・ワールドカップのメンバーに名を連ねた。ステップアップの可能性も取りざたされている一方で、本人たちは移籍については口を閉ざしているという。

    昨シーズン、森岡はべフェレンで前半戦24試合7ゴールの成績を挙げ、1月に移籍したアンデルレヒトでは18試合6ゴールと、ジュピラー・リーグ1年目で大ブレイクを果たしていた。

    昨年11月、今年3月とヴァイッド・ハリルホジッチ体制の日本代表で森岡は招集されたが、西野朗新体制の4月からは日本代表で構想外に。現時点でアンデルレヒトに具体的な森岡獲得オファーが届いているのかどうか不明だが、複数のベルギーメディアが報じているように、森岡がアンデルレヒトを半年で去る可能性も十分にありそうだ。

    ヨーロッパ主要リーグの移籍市場が閉幕する8月31日まで、引き続きその動向が注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010001-goal-socc





    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/12(木) 23:23:58.50 ID:CAP_USER9
    ポルトがルイ・コスタ獲得…昨季は中島翔哉とプレー
    7/12(木) 21:48配信 ゲキサカ

    3133b594-ce39-3b15-ca62-7c4e8b8546f5


    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?249526-249526-fl
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-01656151-gekisaka-socc

    ポルトガル1部のポルトは10日、ポルティモネンセからFWルイ・コスタ(22)を獲得したことを発表した。クラブ公式サイトによると契約期間は2021年までの3年間。まずはBチームでプレーすることになるという。

    元ポルトガル代表のレジェンドであるルイ・コスタ氏(46)と同じ名前のルイ・コスタは、1996年生まれの22歳ストライカーだ。バルジム(2部)の下部組織から2016-17シーズンにトップ昇格し、2017-18シーズンにMF中島翔哉の所属するポルティモネンセに移籍。同シーズン開幕後にファマリソン(2部)にレンタルされたが、シーズン途中にポルティモネンセへ復帰していた。

    ポルトは28回のリーグ優勝を誇るポルトガル屈指の名門。ルイ・コスタはクラブ公式サイトを通じて「(ポルト加入は)私がいつも抱いていた夢」と語り、「クラブの目標を手助けし、幸せにするために全力を尽くす」と意気込みを示している。

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/04(金) 08:25:50.65 ID:CAP_USER9
    no title



    アヤックスとPSVからコンタクト 「今の年齢で数多くの試合でプレーすることが大事」

    オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律には、すでに国内の名門2クラブから声がかかっているという。海外挑戦1年目で9得点と結果を残し、西野朗新監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)に挑む日本代表の“秘密兵器”との見方も強まるなか、現地紙「Dagblad van het Noorden」で今後の去就について語っている。

    【動画】“王冠”が付与されるほどの高難度技! フローニンゲンMF堂安律、鮮やかな「ダブル股抜き」

     その突破力と決定力から“日本のロッベン”という異名を与えられ始めた堂安は、オランダでの注目も高まっている。昨年行われたU-20W杯でも3得点を挙げるなど実績を残していることもあり、ビッグクラブもすでに目をつけているようだ。

    「今年に入ってから、アヤックスとPSVからコンタクトがありました。それもあって、このリーグは若いフットボーラーにチャンスがすぐ来るんだなと知りました。今の年齢で数多くの試合でプレーすることが大事だと思っています。フローニンゲンでのシーズンの後にはW杯があります。これは僕の待っていたチャンスですしね」

     ロシアW杯のメンバー入りと同時に、意欲を感じさせるのはメガクラブへの移籍だ。堂安も口にした通り、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)や元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現LAギャラクシー)ら数々の点取り屋を輩出したアヤックス、そして元韓国代表MFパク・チソンがマンチェスター・ユナイテッドで飛躍する前に実力を磨いたPSVが堂安に熱視線を送っていることは、本人にとっても大きなモチベーションになるだろう。

    「ゴールに絡む必要性がある」

     とはいえ、堂安は自らの足元を見ることも忘れていない。

    「ゴールに絡む必要性があると思います。なぜなら全力でプレーせず、ゴールを挙げることができなければ、僕はサッカー人生において何も成し遂げられないと思っているので」

     高まる評価と市場価値にも浮つくことのないヤングスター候補は、今後どのような成長曲線を見せてくれるだろうか。

    5/4(金) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180504-00101819-soccermzw-socc




    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/01(火) 10:25:50.89 ID:CAP_USER9
    5/1(火) 10:17配信
    日刊スポーツ
    no title



    フローニンゲンMF堂安(17年6月29日撮影)

    <オランダリーグ:フローニンゲン4-0エクセルシオール>◇4月29日◇フローニンゲン

     オランダ1部フローニンゲンMF堂安律(19)が、ホームでのエクセルシオール戦後に今季のMVPとして表彰された。

     試合にはフル出場し、2-0の後半26分に今季9点目となるゴールを決め、4-0の快勝に貢献。「試合前は今日負けたら(受賞)スピーチしづらいと思っていたので、勝ててよかった」。移籍1年目について「本当に充実した1年だった。最後にワールドカップに行って終わりたい」と笑いながら話した。ヘーレンフェインMF小林祐希(26)は敵地でのNAC戦にフル出場し、試合は0-3で敗れた。(エリーヌ・スウェーブルス通信員)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00195214-nksports-socc




    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/02(月) 11:32:47.79 ID:CAP_USER9
    4/2(月) 11:17配信

    DZvt1D3VAAADNgL

    時事通信

     サッカーのベルギー1部リーグは1日、レギュラーシーズンの上位6チームで優勝を争うプレーオフが行われ、ヘントの久保裕也は敵地で、森岡亮太のアンデルレヒトとの対戦で後半34分から出場し、同41分に追加点を挙げた。今季8点目。試合は2―0で勝った。森岡はフル出場した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000035-jij-spo

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/01(日) 06:37:38.41 ID:CAP_USER9
    LA Galaxy 4-3 Los Angeles FC

    0-1 5' Carlos Vela
    0-2 26' Carlos Vela
    0-3 48' Daniel Steres
    1-3 61' Sebastian Lletget

    71' Ibrahimovicが途中出場

    2-3 73' Chris Pontius
    3-3 77' Zlatan Ibrahimovic (映像 https://www.youtube.com/watch?v=YjKhdWeB4l8)


    4-3 90' Zlatan Ibrahimovic (映像 https://www.youtube.com/watch?v=5frBw1Ml8cU)



    http://www.livescore.com/soccer/usa/mls/la-galaxy-vs-los-angeles-fc/1-2692693/

    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/12(月) 12:12:44.239 ID:HL34aYLXM
    ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第30節(最終節)が11日に行われ、FW豊川雄太の所属するオイペンはホームでロイヤル・ムスクロンと対戦した。

    no title


     最下位の16位のみが自動降格となるベルギーリーグにあって、前節終了時点で最下位オイペンと15位のメヘレンは同勝ち点で並んでおり、
    勝ち点が同じ場合に優先される当該チーム同士の対戦成績も1勝1敗。
    両者を分けていたのは得失点差「1」のみだった。

     残留のために勝利が欲しいオイペンだったが、試合は0-0のまま膠着状態が続いていく。
    一方のメヘレンは同時に行われた試合で57分までに2点のリードを奪っており、オイペンは最低でも3点のリードを奪う必要が生じていた。

     極めて厳しい状況下で57分にピッチへと送り出された豊川は、自らのプレーによって苦境にあったチームを鼓舞していく。
    73分に左サイドで得たセットプレーからルイス・ガルシアがクロスを上げると、豊川が頭で合わせてゴールに流し込む。
    ベルギーでの自身初得点を挙げると同時に、チームに待望の先制点をもたらした。

     直後の76分には、右サイドから上がったクロスを豊川が足元に収めてから、グラウンダーでガルシアにパスを戻して見事なミドルシュートでの得点を呼び込む。
    アシストを記録し、チームの2点目を演出してみせた。

     豊川の勢いはこれだけに留まらず、80分には右サイドのCKからガルシアが上げたクロスに、フリーになった豊川が合わせて力強いヘディングを叩き込み、この試合2得点目を挙げてチームのリードを3点に広げる。

     いよいよ順位を逆転させられる状況となったチームの残留を決定づけたのは、この試合で誰よりも輝いていた男だった。
    89分、豊川はシュートのこぼれ球を収めようとしたディフェンダーのタッチが大きくなったところを見逃さず、ボールを奪ってゴールへと押し込む。
    途中出場でハットトリックという快挙を成し遂げ、チームにとってこの上なく大きな4点目をもたらした。

     試合はそのまま4-0で終了。
    全4得点に絡む豊川の奮闘で崖っぷちから蘇ったオイペンは、順位を15位に上げて奇跡的な残留を成し遂げた。
    豊川は57分からの出場で3ゴール1アシストという神がかり的な活躍を見せ、チームの逆転残留に大きく貢献している。

    【スコア】
    オイペン 4-0 ロイヤル・ムスクロン

    【得点者】
    1-0 73分 豊川雄太(オイペン)
    2-0 76分 ルイス・ガルシア(オイペン)
    3-0 80分 豊川雄太(オイペン)
    4-0 89分 豊川雄太(オイペン)


    https://www.google.co.jp/amp/s/www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180312/727071.html/amp

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ