サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: その他のリーグ

    283: 名無しさん@恐縮です 2018/09/24(月) 19:05:01.08 ID:yzfqC3js0

    Dn0ARVQXcAAcpxs


    中島レベルにすんなり53億円も払えるクラブなんて 
    プレミアリーグくらいしかないですやん 
    でもスペインリーグに行って欲しいんだけどな



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/09/24(月) 18:05:25.40 ID:CAP_USER9

    DKW2nlSVoAAx3r7



    現地時間23日にプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)第5節の試合が行われ、ポルティモネンセがビトーリア・ギマランイスに3-2の勝利を収めた。ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉はこの試合で2ゴール1アシストの大活躍を見せている。

     中島は前半5分、エリア内で相手DF2人に囲まれながらもボールを失わず先制ゴールを記録。チームの2点目に繋がるパスも供給し、最後は86分にGKとの1対1からループシュートを決めてチームを勝利に導いた。

     中島は欧州デビューとなった昨季の活躍により、各国のビッグクラブからも注目を集めている。ポルトガル紙『レコルド』が伝えたところによれば、この試合にもスカウトが視察に訪れていたようだ。

     特にウクライナの強豪クラブであるシャフタール・ドネツクが「中島獲得を諦めていない」と伝えられている。1月にもオファーを出してポルティモネンセに断られていたというシャフタールは、この試合にもスカウティングスタッフを派遣していたとのことだ。

     他にもスペインのセビージャやマジョルカ、長谷部誠の所属するドイツのフランクフルトの関係者がスタジアムに来ていたと伝えられている。この日のプレーは各クラブのスカウトに強い印象を与えたかもしれない。

    9/24(月) 15:19配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00290599-footballc-socc

    【サッカー】<中島翔哉>2G1Aの大暴れ! 超絶トラップからの一撃にサポーターも「天才でしかない」と絶賛!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537744264/




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/09/24(月) 08:11:04.75 ID:CAP_USER9

    2018-05-14-shoya-nakajima_195gdvgsyil141nqke8grnl46n


    全得点に絡む奮迅の出来でチームに初勝利を
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180924-00047697-sdigestw-000-12-view.jpg

    国際Aマッチウイークを経て、ポルトガル・リーグ1部が再開。日本代表MF中島翔哉が所属するポルティモネンセはホームでのギマラエス戦に臨んだ。

    【動画】中島翔哉の「超絶トラップからの一撃」&「鮮やかループ弾」をチェック!
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=47697

     その開始5分だった。いきなり、日本代表の新10番が魅せる。後方から供給されたロングボールを、つま先でピタッと足下に止めるスーパートラップを披露。そこからDFふたりを細かいフェイントで翻弄して左足を振り抜き、ゴールの右隅に先制点を突き刺さしたのだ。

     その後も、ポルティモネンセは圧倒的なポゼッションで相手チームを圧倒。中島は30分にも味方のパスを絶妙なトラップで収めてシュートを放つが、これは相手GKに阻まれた。
     
     後半も中島は前線で躍動し、仲間と息の合ったプレーを披露する。

     チームは守備のミスから64分にオウンゴールを献上。その4分後に中島のアシストからラザロニがゴールを決めて勝ち越しに成功するも、ふたたび82分に追いつかれてしまう。

     ここで大仕事をやってのけたのが、中島だ。86分、敵のクリアミスを奪うや、相手GKをあざ笑うかのような芸術的なループシュートを決め、本拠地のサポーターを狂喜させたのだ。

     試合は3-2で終了。中島は2ゴール・1アシストとすべてのゴールに絡む活躍ぶりで、チームの今季初勝利に貢献した。

     ポルトガル地元紙の『Regiao Sul』は「ショウヤ・ナカジマがポルティモネンセの勝利を演出!」と絶賛。同じく『O Jogo』も「素晴らしいポジショニングからのゴール!」と日本人MFのハイパフォーマンスをトップで報じている。

     ポルティモネンセのサポーターも、中島が魅せた数々のテクニックに感服。ツイッター上では「2点目、なんてスウィートなロブなんだ」「天才でしかない」「現代のフットボール界における最大の疑問は、ナカジマがまだポルティモネンセにいることだ」と唸っている。

     まさに中島の独壇場となったギマラエス戦。ここからチームとともに、一気に波に乗りそうな気配だ。

    9/24(月) 7:00配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00047697-sdigestw-socc

    2G1Aと躍動の中島翔哉、今季初勝利に安堵「嬉しい。早く勝ちたかった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000038-goal-socc



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/09/23(日) 06:11:58.98 ID:CAP_USER9
    ジュピラーリーグは22日に第8節が行われ、シント=トロイデンはアントワープと対戦した。

    前節、鎌田大地のゴールで勝ち越し、連勝を飾ったシント=トロイデン。今季初の3連勝を目指した一戦では、遠藤航と冨安健洋は先発出場。一方、鎌田はこの試合もベンチスタートとなった。

    前半はスコアレスで折り返したが、後半開始3分で先制に成功する。勝ち越し点が欲しい中、76分には先制点をアシストしたセバに代わり、鎌田がピッチに立った。

    すると、その鎌田が魅せる。後半アディショナルタイム、カウンターからエリア右でフリーとなってボールを受けると、飛び出したGKを冷静にかわしてゴールを奪った。鎌田の2試合連続ゴールで、シント=トロイデンは大きな勝ち越し点を手にする。

    試合はこのまま終了。日本人選手の活躍もあり、シント=トロイデンは今季初の3連勝を達成した。

    9/23(日) 5:50配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000029-goal-socc

    写真
    no title

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/09/18(火) 18:53:14.83 ID:CAP_USER9
    9/18(火) 18:45配信 日刊スポーツ

    長友佑都が所属するガラタサライ(トルコ)は18日(日本時間19日)に欧州CL1次リーグ初戦でロコモティフ・モスクワ(ロシア)と対戦する。

    18日のトルコ紙ミリエットによると、テリム監督は17日の記者会見で「非常に重要な対戦相手です。経験豊富な選手がそろっている」と警戒心を見せたという

    さらに長友について「世界中のどのチームも彼と一緒にプレーしたいと思いますよ。本当にいい性格の持ち主」と称賛。「練習でもみんなの手本になる。練習に最も早く来て、最も遅くまで練習する。彼への褒め言葉はどんなに言っても言い足りない」。さらに「たぶん、将来的に日本からさらに他の選手を獲得するでしょう」とも話したという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00334842-nksports-socc




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    215: 名無しさん@恐縮です 2018/09/14(金) 10:03:34.52 ID:VTEpY4Lw02018-05-14-shoya-nakajima_195gdvgsyil141nqke8grnl46n




    ポルティモはアホやろ 
    いくらなんでも中島に2000万ユーロは高すぎ 

    中田(24) 約2800万ユーロ 
    ローマ→パルマ 

    香川(23) 約1600万ユーロ 
    ドル→マンU 

    清武(26) 約650万ユーロ 
    ハノーバー→セビージャ




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/09/07(金) 06:03:00.90 ID:CAP_USER9
    UEFAネーションズリーグは6日にリーグAの試合が行われ、グループ1ではドイツとフランスが対戦した。

    今夏新たに設置されたUEFAネーションズリーグ。およそ10カ月かけて欧州の頂点を決めるUEFAの新たな戦いは、現W杯王者と前W杯王者の激突という、世界屈指の好カードで幕を開けた。

    ロシアW杯で20年ぶりの優勝を飾ったフランスは、クロアチアとの決勝戦からのメンバー変更は1人のみ。負傷離脱している守護神ロリスに代わり、アレオラがゴールマウスに入った。ムバッペやグリーズマン、ポグバらが軒並み先発している。

    対するブラジルW杯王者ドイツは、主将ノイアーの他、フンメルスやボアテング、ミュラー、クロースなど重鎮メンバーが先発。代表引退したエジルらの代わりに、ギンターやゴレツカなど若いメンバーがスタメン入りしている。

    試合は、やはりドイツがボールを握って激しいプレッシャーをかけ、フランスがカウンターをねらう展開となる。アレオラがヴェルナーのシュートをセーブし、ノイアーがジルーのヘッドを防ぐなど、両守護神もゲームを引き締め、前半はスコアレスで折り返す。

    後半はドイツが主導権を握る展開に。フンメルスやロイス、ギンターが決定機を迎え、何度も枠内シュートを放つものの、フランス守護神アレオラが好セーブを連発。ゴールを許さない。

    結局、試合はスコアレスで終了。記念すべきUEFAネーションズリーグ・リーグA開幕戦は、0-0に終わった。

    ■試合結果

    ドイツ 0-0 フランス

    https://www.uefa.com/uefanationsleague/season=2019/matches/round=2000959/match=2024025/lineups/index.html?iv=true

    9/7(金) 5:38配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000020-goal-socc

    写真
    no title



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/08/31(金) 16:51:53.54 ID:CAP_USER
    2018年8月30日、台湾・自由時報によると、ジャカルタ・アジア大会のサッカー準決勝、韓国対ベトナムの試合で、ベトナムサポーターから辛辣(しんらつ)なボードが掲げられた。

    記事によると、観戦に訪れたベトナムサポーターは「ソン・フンミンは兵役へ」と英語で書かれたボードを掲げた。ボードには軍服を着た人物にソンの顔を合成した写真も付いていた。

    このほか、「グッバイ・コリア」などと書かれたボードも見られたという。なお、試合は3?1で韓国が勝利した。

    韓国のエースであるソンは、今大会が兵役免除のラストチャンス。1日の決勝で日本との試合に勝利すれば念願がかなう。


    2018年8月31日(金) 16時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b639732-s0-c50-d0052.html

    ※台湾・自由時報の記事
    http://sports.ltn.com.tw/news/breakingnews/2535569

    画像
    no title





    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/29(水) 17:23:32.046 ID:nr4FlrWg0NIKU
    ベトナムは過去最強


    999: 
    風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ