サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:プレミアリーグ > チェルシー

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/10(木) 22:25:47.68 ID:???*.net

    no title


     
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、どん欲に勝利を追い求める。
    相手を“挑発”することで、試合を優位に進めようと試みることもしばしばだ。

    得意の“挑発”は、18歳の愛娘にも受け継がれている。
    ロンドンのロイヤル・オペラハウスで行われた雑誌『GQ』の式典で“スペシャル・ワン”の愛娘マチルダさんは、
    レッドカーペットで多くの男性陣の視線を釘付けにした。
    その隣で、父親はむっつり顔。撮影されている間、一度たりとも仏頂面を崩すことはなかったという。
    イギリスメディアによると、モウリーニョがこの式典に参加したのは、マチルダさんに説得されたからだという。

    すっかり大人の女性となったマチルダさん。一人で行かせたくないというのは、父親心かもしれない。
    マチルダさんは今年、人気イギリスバンド「ワン・ダイレクション」のナイル・ホーランとパーティーに参加した様子を写真に撮られていた。
    ナイル側の関係者は「ただの友人です」と説明している。
    それでも、どこの馬の骨とも分からない男と一緒に行くくらいなら…、とチェルシーのボスが重い腰を上げたのかもしれない。

    娘を守るべく目を光らせる指揮官。この冷徹な守備を突破できる男はいるのだろうか?


    写真
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000031-goal-socc.view-000

    記事
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000031-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 11:49:39.78 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の息子が、バルセロナ、
    そしてFWリオネル・メッシのファンであるとスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

    現在フルアムのU-16でGKを務めるジョゼ・マリオは自身のSNSで、
    鏡の前に立ち今シーズンのバルセロナのユニフォームを着用した自分の姿を写し、「僕の大好きなチームのひとつ」とツイートした。
    自撮りをしたそのユニフォームの背中には10番とメッシの名前が入っている。

    UEFAスーパーカップの試合後にはメッシの公式ツイッターを「世界最高の選手がいる世界のベストチーム…
    FCバルセロナ!! レオ・メッシとチャンピオンたち!!」というコメントを添えてリツイートしていた。
    モウリーニョ監督の息子がバルセロナ、そしてメッシのファンであるのは明らかだ。

    ジョゼ・マリオは父親がバルセロナのテクニカルスタッフとして働いていた時に産まれた。
    それが関係しているのかはわからないが、バルセロナが好きなようだ。
    モウリーニョ監督といえば、2006年のチェルシー対バルセロナ戦後に
    メッシがファールを受け倒れる姿を「劇場」と批評したり、レアル・マドリード監督時代に
    メッシがベンチの近くに立つとくさいものがあるかのように手を振ったりしていた。

    FWクリスティアーノ・ロナウドとの関係が良好ではなくなってからは「メッシは唯一の存在。
    マークするのは不可能だ」と公の場でメッシを称えるようになったが、
    レアル・マドリードを率いていた監督時の印象は根強く、バルセロナ、メッシと敵対しているイメージは強烈だ。
    それもあってか、同監督の息子がバルセロナを好んでいることはまるでサプライズであるかのように伝えられている。
    彼のようなツイートをしている16歳のサッカー好きな少年は、世界中どこにでもいるだろうに。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150823-00342844-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 21:55:11.61 ID:???*.net
    1328972_herol

    チェルシーが、今夏の移籍市場で、エヴァートン所属のイングランド代表DFジョン・ストーンズ、リヨンに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット、アトレティコ・マドリード所属のフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンの三人の補強を画策しているという。

    イギリス紙の『メトロ』や『エクスプレス』など複数メディアが18日付で報じた。

     16日に行われたプレミアリーグ第2節のマンチェスター・C戦で0-3と完敗したチェルシーは、8300万ポンド(約162億円)の資金を投入して、大型補強を狙っているようだ。

     21歳の若手CBストーンズの加入はイングランド代表DFガリー・ケーヒル、元同代表DFジョン・テリー、フランス代表DKクル・ズマがいるCBのポジションに競争をもたらすとされている。

    だが、所属先のエヴァートンが慰留を望んでいるため、獲得までのハードルは高そうだ。移籍が実現するとしても、移籍金は4000万ポンド(約78億円)まで高騰する模様。

     また、市場価値が2100万ポンド(約41億円)と見積もられているラカゼットは、スペイン代表FWジエゴ・コスタとの間に激しいポジション争いをもたらすとみられている。

    グリエスマンが加入した場合は右サイドアタッカーのポジションを務めるのではないかと報道された。

     チェルシーは、23日に行われるプレミアリーグ第3節でウェスト・ブロムウィッチと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00341853-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 01:59:44.11 ID:???*.net

    1790532_herol


    マンチェスター・シティ 3-0 チェルシー

    セルヒオ・アグエロ(前半32分)
    ヴィンセント・コンパニー(後半35分)
    フェルナンジーニョ(後半40分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784561

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 01:09:11.10 ID:???*.net

    aefaefee0307

     
    8日に行われたチェルシーVSスウォンジーの一戦。ジョゼ・モウリーニョ監督がMFエデン・アザールの治療に向かったメディカルスタッフのエヴァ・カルネイロに苦言を呈した問題で、多くのサポーターはモウリーニョが間違っていると考えているようだ。

    モウリーニョはアザールが重傷ではなく、疲れていただけだと発言。クルトワの退場で10人だったことを考えても、カルネイロは治療に行くべきではなかったと考えている。しかし、チェルシーサポーターからはカルネイロを擁護する発言が出ているようだ。

    『デイリー・ミラー』によると、サポーターはモウリーニョの判断が間違っていたと考えており、カルネイロのFacebookに次のような励ましの言葉を送っている。

    「ジョゼは医者ではない。アザールをサポートするためにも、正しい判断だった。チェルシーのサポーターはあなたを愛している。モウリーニョに代わって謝るよ。申し訳なかった」

    また、QPRなどで長くメディカルスタッフを務めるブライアン・モリス氏も、カルネイロの行動を支持している。

    「彼女はプロ以外の何物でもないよ。彼女の対応は非常に丁寧だった。メディカルスタッフの仕事は非常に難しく、常に選手と監督の間に立って行わなければならないんだ。

    人々は興奮しながらゲームを見ているが、我々は別の視点で見つめ、相手のタックルで転がったボールではなく、選手がどういった反応をするかを見ている。

    周囲がゲームの緊張やストレスを感じている場合でも冷静さを保ち、時に選手の負傷はゲーム展開よりも重要なものになるんだ」

    まさに同氏が指摘するようにモウリーニョは試合展開にストレスを感じていたが、今回はカルネイロの判断が正しかったということか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00010022-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 14:59:16.95 ID:???*.net


     
    チェルシーが女性チームドクターのエヴァ・カルネイロ氏に降格処分を通達し、16日に敵地で行われるマンチェスター・Cとの大一番に帯同させないことが明らかとなった。

    11日のイギリス紙『テレグラフ』などが報じた。

     カルネイロ氏は8日にホームで行われたプレミアリーグ開幕節のスウォンジー戦にて、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにベルギー代表MFエデン・アザールが負傷したため、同じチームドクターのジョン・ファーン氏とともにピッチに入り治療を施していた。

    だが、医療チームがピッチに入った直後に、ジョゼ・モウリーニョ監督が激昂する姿をテレビカメラに収められていた。

     試合後の会見でもモウリーニョ監督は「私はチームドクターが取った行動に不満だった。彼らは直情的で未熟な行動をとった。

    チームのキット係であれ、ドクターであれ、秘書であれ、ベンチに座る以上、試合を理解しなければならない」と痛烈に批判した。

     チェルシーは同試合で後半の52分にベルギー代表GKティボー・クルトワが退場。後半ロスタイムの同場面では、チームドクターがピッチに入ったことにより、アザールは一度ピッチ外へ出なければならず、9人の状態で戦っていた。

     同紙によると、カルネイロ氏はファーストチームのドクターとしての役割は継続するものの、今後の活動範囲は練習場のみに制限され、試合日や遠征には帯同しないとされている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00339605-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 11:26:42.23 ID:???*.net
     
    韓国メディア・国民日報は17日、イングランド・プレミアリーグのチャンピオン、チェルシーが横浜ゴムをスポンサーに迎え、新ユニフォームをお披露目したと報じた。

    記事は、横浜ゴムはサムスンを追い出し、チェルシーと手を結んだ日本企業と紹介している。

    チェルシーは17日、公式ウェブサイト上で新ユニフォームを着たMFアザール選手(24、ベルギー)の写真を公開している。

    デザインはサムスンがスポンサーだった時と大きく変わらず、チェルシーのホームカラーである青を使い、肩には3本の白い線が入っている。

    胸元にはサムスンの文字がなくなり、YOKOHAMA Tyersと書かれている。横浜ゴムのロゴマークであるYマークも付け加えられた。

    サッカーファンからは「違和感がある」「Yの赤いロゴマークは要らない」「Jリーグのチームみたい」との意見や「軽くて爽やか」との意見が寄せられたという。

    この記事に対し、韓国のネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。

    「なぜ日本なの?」

    「日本の右翼企業でしょ?チェルシーが負けることを願う」

    「サムスンの方がカッコよかった」

    「チェルシーの優勝はこれで終わり」

    「チェルシー、さようなら」

    「サムスンじゃないなんて、慣れない」

    「サムスンのスポンサー費用が少なすぎる」

    「改めてみると、サムスンが一番似合ってた」

    「スポンサーまで日本に奪われた」

    「アザールを日本人に見せる魔法のユニフォーム」

    「Jリーグのユニフォームにそっくり」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150719-00000007-xinhua-cn

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 13:49:11.99 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
    チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督がイギリス『サンデー・タイムズ』でのインタビューで、自身のサッカー哲学について語った。

    ポルトガル人指揮官は自チームのパフォーマンスを退屈とする意見に真っ向から反論。サッカーにおいて重要なのが「勝利する」ことであり、ポゼッションなどに執着する必要性を否定している。

    「一つのアイデアを有した人々が存在する。カウンターなど使うことなく、後方から攻撃を構築して良質なポゼッションにを実践するというね」

    「カウンターを使わなければ愚か者だ。それはライバルのバランスが崩れているときに使用する武器であり、得点を決める可能性を生み出せる。サッカーが変化することは決してない。サッカーは勝つものなんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00000033-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/27(水) 16:30:58.34 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
    5シーズンぶりのプレミアリーグ制覇を成し遂げたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が26日、シーズン終了を祝うディナーの席でライバル3チームへの強烈な皮肉を述べた。   

    『ESPN』などが報じている。

    「私の選手たちは最初から最後まで、彼らにふさわしいだけの敬意を払われてこなかった。これは深刻なことだ」。 
     
    まずはチェルシーの選手たちが正当に評価されていないことへの不満を述べると、会場のスクリーンにライバルチームと思われるユニフォームのグラフィックを映し出し、“反論”した。

    「サッカーのピッチには2つのゴールと一つのボールがある。しかし、あるチームはゴールのないピッチでプレーすることが好きなようだった。
    そのチームは非常に良いサッカーをし、とてもよくボールも動いた。ポゼッションは本当に美しい。しかし、ゴールがないんだ」

     スクリーンに映し出されたのは赤いユニフォーム。ポゼッションを重視するマンチェスター・ユナイテッドへの皮肉だった。
     
    「彼らはFIFAにもそういうプレーをすべきだと主張した。だが、『それは不可能だ』と言われた。なぜならサッカーではポゼッションが高いチームが試合に勝ったり、チャンピオンになったりするわけではないからだ」

     続いて映し出されたのは水色のユニフォーム。マンチェスター・シティに対しては、自分たちのサッカー、スタイルを重視することを皮肉ったようだ。

    「別のチームは一つのゴールだけでプレーすることを求めた。彼らはファンタスティックで、あらゆる位置からたくさんのゴールを決めた。   

    しかし、彼らは決して失点しない。(一つしか)ゴールがないからだ。FIFAは彼らに言ったんだ。『残念だが、キミたちはチャンピオンになれない。なぜならサッカーは2つのゴールで行うものだからだ』とね」

     3つ目は赤いシャツに白い袖。シーズン後半に調子を上げたアーセナルへの皮肉だ。

    「3つ目のチームは2つのゴールでプレーした。いくつかのゴールを決め、いくつかの失点もした。ファンタスティックだったよ。 

    彼らはFIFAに1月から4月の間だけプレーすることを望んだ。しかし、リーグ戦は8月から5月まで戦わないといけない。だから彼らはチャンピオンになれなかった」

     最後に映し出されたのは青いユニフォーム。チェルシーだ。守備的な戦術に対して「ゴール前にバスを置いた」と批判されたことへの反論も含め、自分たちがいかにチャンピオンにふさわしいかを力説した。

    「最後のチームは通常のルールでプレーした。彼らは試合に勝つには相手より1ゴール多く決めなければいけないことを知っていた。では、そのためにどうするか。多くのゴールを決めるか、失点せずに1ゴール決めるかだ。   
    彼らはその両方をやった。数多くのゴールを決めたときは、いくつかの失点もする。1ゴールだけのときは失点しない。そして、彼らは8月から5月まで戦った。時にはバスを買ってね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00601766-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 07:41:14.18 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
    チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、レアル・マドリーを率いて戦ったリーガエスパニョーラが競争力の低いリーグと断じている。

    2010-11シーズンから3シーズンにわたってマドリーを率い、2011-12シーズンには勝ち点100を獲得してリーガ優勝を果たしたモウリーニョ監督。
    このポルトガル人指揮官によれば、リーガは自身が馴れ親しんだプレミアリーグより競争力で劣っているという。

    イギリス『トーク・スポーツ』のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、次のようにコメントした。

    「私はスペインに滞在したことがあるが、楽しむことはできなかった。勝ち点100&121得点という記録でリーガを勝ち取りながら、
    真剣に戦いに臨んだのは、シーズンを通して3~4試合だったからね。勝ち点92を獲得しながら優勝を逃したこともあったが、結局戦ったのは4~5試合だけだった」

    「あのリーグでは、常に勝利しなければならないという重圧を感じることになる。勝ち続けなければ決して王者にはなれず、勝って、勝って、また勝たなければならないんだよ。
    リーガではビッグクラブと残りのチームの間に深淵なる差が存在するんだ」

    モウリーニョ監督にとっては、プレミアリーグこそが最も気を抜けないリーグのようだ。

    「ほかの国では休みを取れば試合に勝利することができる。だがスペイン、またはイタリアでは休みながら、次に控える欧州での試合を考えながら勝利を収めることができた」

    「今季、我々はブラッドフォード戦で選手を休ませたが、そのために敗戦を喫してしまった。これがイングランドのサッカーなんだよ。
    2-0で勝利しているときに1失点を許せば、その後に難しい時間を過ごし、2-2とされる可能性だってある」

    「プレミアリーグは息つく暇がない。フィジカル、メンタル両面の高いインテンシティーによってね。プレミアとリーガには大きな差が存在していると思うよ。
    バルセロナかマドリーがプレミアで優勝できるか? 可能かもしれないし、無理かもしれない。だがリーガのように支配することはできないだろう」

    GOAL 5月19日(火)7時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00000040-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ