サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブラジル代表

    1 :砂漠のマスカレード ★2021/05/29(土) 09:51:37.54ID:CAP_USER9.net

    CqGLreXUIAA7v7r


    2020年8月をもって、15年間の契約を打ち切ったナイキとブラジル代表FWネイマール。ナイキが契約解除の理由を突如発表した。

    イギリス『BBC』によると、ナイキはネイマールとの契約解除に関して「従業員に対する性的暴行の疑惑」を挙げていた。

    これまで明かされてこなかった契約解除の理由が衝撃的な内容だったが、事件は2016年発生。2018年にはナイキへ報告がなされていたという。

    アメリカ『ウォール・ストリート・ジャーナル』によれば、ナイキの従業員であった女性は2016年に友人や同僚とニューヨークでネイマールのイベントなどを手伝った際、ホテルの一室で生行為を強要されたと主張していた。

    ナイキはこの件に関して調査を行なったが、事件の結論が出ず。さらに、ネイマール側は、性的暴行を否定し、“商業的な理由”でナイキとの契約を終えたとしている。

    事件の真相は明らかにされていない中、ナイキは27日に声明を発表。その中でネイマールとの契約解除の理由に、性的暴行疑惑が関係していると明かした。

    「裏付けとなる事実が提示できないまま、ナイキが非難めいた声明を出すことは不適切なことです」

    「しかし、ナイキがアスリートとのパートナーシップを終了したのは、アスリートが従業員への不正行為に関して、信ぴょう性のある疑惑の誠実な調査に協力することを拒否したためです」とした。

    なお、ネイマールは2019年5月にもパリのホテルでブラジル人モデルのナジーラ・トリンダーデさんに強姦を働いた疑いが浮上。被害届を出され、捜査を受けていたが、合意の上だったと主張をし続けて証拠不十分で無罪となっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c48565e117eaac40900842f87e458edd185bdc7



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1 :番組の途中ですがへの\(^o^)/です2021/05/23(日) 20:30:49.09ID:3fwPjwWa0.net


    CqGLreXUIAA7v7r


    落日のサッカー王国ブラジル
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2021/05/19/post_108/

     いまブラジルのサッカーはどんどん求心力を失ってきている。
    悲しいことだが、自他ともに認めるサッカー大国ブラジルで、人々の心はサッカーから離れていってしまっている。人々は代表チームにすら愛情を持てないでいる。

     なぜなら彼らは自国を代表する選手たちのプレーを、ほぼ見たことがないのだ。ブラジルで活躍する前に国外に行ってしまった、見たこともない選手たち。
    そんなチームに親しみは感じないだろう。外国の選手と同じだ。

     コロナウイルス流行前、代表チームはブラジル国内で試合を行なったが、それはブラジルの北の国境近くの町だった。なぜならサンパウロやリオデジャネイロ、ベロオリゾンテやポルトアレグレなど南部の大都市は、代表戦を誘致することに興味がなかったからだ。大都市の大型スタジアムでブラジル代表がプレーしても、スタジアムは空席が目立って採算は取れないし、選手や監督も大都市のメディアから非難されることを望まなかったからだ。

     そこで試合は、大都市から遠く離れた、ブラジル代表の試合などそうそう生では見られない地方都市で行なわれることになった。そこなら人々は代表をありがたがってくれるだろうという算段だ。
    つまりネイマールでさえ、ブラジル人に愛されているとは言えないのだ。

     それでも優勝すれば人々の心を取り戻せるかもしれないが、今のチームではそれも難しい。代表選手のそれぞれがビッグクラブで活躍し、コンスタントにプレーしていなければ、セレソンが強くなるはずもない。

     とにかく負の連鎖がずっと続いている。ブラジルサッカーは時間をかけて、じわじわとレベルが低下しているのだ。

     こうした現実は、ブラジルが2002年以降、世界のタイトルから遠ざかっていることが如実に証明している。ほとんどはベスト8止まりで、自国開催の大会でさえ4位だった。
    2022年のカタールW杯は、ブラジルの今を映し出す鏡になるだろうが、本格的な改革と大きな運がなければ、ブラジルが優勝する姿を見ることは難しいだろう。

     これは、私が40年近い記者生活で書いたものの中でも、最も悲しい記事だと思う。


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    34: 名無し@サポーター 2021/03/01(月) 19:49:59




    fcd551e2

    eaab25df

    6d5e4586

    1460c27e

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/12/22(火) 00:18:50.17 ID:1tCwVvJE0

    neymar10


    マルセロだよな


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    837: 風吹けば名無し 2020/12/01(火) 16:23:39.83 ID:oVWeibbf0
    マイコンのこのゴール凄かったよな 
    結局代表ではアウヴェスからポジション守りきってた 
    no title


    999: 
    風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/28(水) 19:15:33.52 ID:CAP_USER9
    サッカーの米女子プロリーグNWSLで、来季から参入するレーシング(ケンタッキー州ルイビル)は28日までに、シカゴ・レッドスターズから元女子日本代表FW永里優季(33)の加入が決まったと発表した。永里は自身のツイッターに突然の移籍決定への驚きと、「ファンとチームにお礼を言いたい」などと古巣チームへの感謝の言葉をつづった。

    永里は9月にレッドスターズから神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に期限付き移籍した。今月18日のリーグ戦では日本協会の第1種(一般・大学)に登録された女子プロ選手として初の公式戦出場。後半ロスタイムには自身のパスから実兄のFW永里源気の得点も演出。約8分間、男子選手と対等にプレーし、3-1の勝利に貢献した。今後への期待も大きかっただけに、チーム関係者は「まったく聞いていない」と寝耳に水の様子だった。

    永里は11年女子W杯優勝や、12年ロンドン五輪銀メダルの立役者の1人として活躍していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c99e1ba9ed35289de91490ad37a0d464e90abee0


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/28(水) 23:14:57.92 ID:CAP_USER9
    4773572c-s


    10月27日(現地時間)、コパ・ド・ブラジル・ベスト16の第1レグが行なわれ、ボタフォゴは0-1でクイアバに敗れた。

     ボタフォゴが失点を喫したのは55分。自陣右サイドで相手のプレッシャーを受け、苦し紛れの中央への横パスをマテウス・バルボサにカットされて、ゴールまで持ち込まれてしまったのは、2列目右サイドの定位置で先発出場していた背番号4のキャプテン、本田圭佑だった。

     ペナルティエリア外からのグラウンダーのシュートをゴール右隅に叩き込まれたボタフォゴは、以降、本田ら中盤の選手をより高い位置まで上げて反撃を仕掛けたものの、相手ゴールを脅かすことはできず、ホームで痛い敗戦を喫することとなった。

     痛恨のミスを犯してしまった本田に対し、地元紙『LANCE!』は「チームのオーガナイザーは、珍しいパスエラーを犯した。誤ったプレーでマテウスの決勝ゴールに繋がるシュートを許してしまった」として、採点も10点満点「4.5」と非常に厳しいものとなった。

     一方、ブラジルの総合サイト『globo.com』は採点を「5」とし、「前半はプレーがずれ、珍しい失敗でクイアバのゴールを許した」と綴ったものの、「ミスの後、ボタフォゴのプレーを改善し、組織化して主導権を握ったが、それでも十分ではなかった」と、ある程度評価もしている。

    試合後、本田は自身のSNSに英語で、敗戦を「申し訳ない」と謝罪し、「でも、次の試合で勝つことを諦めません」と、敵地での逆転勝ち抜けを心に誓った。これに対し、「ミスはしたが、チームの真の問題は君ではない」「謝る必要はない」「次の試合で2ゴール決めてくれ」といった、擁護や激励の書き込みが寄せられた。

     ブラジル全国選手権(セリエA)を含めて、3試合連続で勝利から遠ざかっている(1分け2敗)ことについて、ブルーノ・ラザロニ監督は「チームの若さが不安材料になっているが、自信が戻ると確信している」と語っている。

     チームに自信を取り戻させるためには、34歳の経験豊富な本田にかかる期待と責任は大きい。来年2月までクラブとの契約を延長することとなった彼は、11月3日に行なわれるアウェーマッチで、SNSで誓ったようにチームを逆転勝利に導けるだろうか。

     なお、ボタフォゴはこの運命のリターンマッチの前に、10月31日、セリエA第19節でホームにセアラを迎える。

    2020.10.28
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/thedigestweb.com/football/detail/id=26997%3Fmobileapp%3D1 176sqp%3Dmq331AQRKAGYAaHP8p-c-u73uQGwASA%253D


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/17(土) 09:01:46.56 ID:CAP_USER9
    W杯南米予選のペルー戦、ネイマールの2つのPK獲得シーンが物議を醸す

     ブラジル代表FWネイマールは、現地時間14日のワールドカップ(W杯)南米予選第2節ペルー戦(4-2)で2つのPKを含むハットトリックを記録したが、相手DFが「ネイマールはマジでピエロ野郎」と激怒している。

     ネイマールは2つのPKを自身が受けたファウルによって獲得したが、これにキレたのがペルー代表DFカルロス・サンブラーノ(ボカ・ジュニオルス)だった。自身も試合中に強烈なエルボーを相手に食らわせるなど、最終的に後半44分に退場となったが、地元局「アメリカTV」の番組「ラ・バンダ・デル・チーノ」で怒りを露わにした。

    「彼は偉大な選手で世界最高の1人でもあるのかもしれないが、正直、僕からすれば彼はマジでピエロ野郎なんだ。ネイマールは自分がピッチ上で行ったすべてのことを分かっている。素晴らしい選手だが、ちょっとでも接触を探していたよ。ペナルティーエリアでは4、5回もダイブした。主審にPKの笛を吹かせるようにプレッシャーをかけるんだ。それで最終的に2つのペナルティーを得た。でも、あれはファウルじゃない」

     2018年のロシアW杯でも、ネイマールのプレーは“ダイバー”として世界中から批判を浴びた。確かにブラジル代表のエースが厳しいマークを受けるのは、“神様”ペレの時代からの宿命でもあるが、ネイマールに関してはそのイメージも定着している。ハットトリックという結果については一つの文句もつけようのないものだったが、その過程においては物議を醸している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f26341f30167e5d1622a52a6231b1c1df2870683
    10/17(土) 7:50配信

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=6sEZ1i3hFjw


    ネイマールがハットトリック!ブラジル代表、4-2でペルー代表下し2連勝! ブラジル代表vsペルー代表 W杯予選10月1


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/02(金) 19:50:12.240 ID:7rQ2f+GX0
    CqGLreXUIAA7v7r




    やっぱこれくらい懐の深い人が尊敬できるよな……
    最近の世界は差別に不寛容すぎるんだよ


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/10/14(水) 18:08:17.16 ID:CAP_USER9

    CqGLreXUIAA7v7r


    ネイマールが“神”になった――。

     10月12日に行われた、W杯南米予選ペルー戦でネイマールがハットトリックを達成。これにより、ブラジル代表通算得点を「64」とし、同代表の歴代得点で2位となった。

     なお、試合はFWロベルト・フィルミーノ(リバプール)、MFコウチーニョ(バルセロナ)を擁するブラジルがペルーを4-2で下し、2連勝としている。

     この試合前の時点での61ゴールは、日韓W杯でも活躍したFWロナウドの62ゴールに次ぐ歴代3位だったが、ハットトリックを決めて一気に抜き去った。スペイン紙は、ネイマールが“神”になったと表現している。

     現在のブラジル代表の歴代得点ランキングは以下。

    1位 ペレ 77ゴール(92試合)
    2位 ネイマール 64ゴール(104試合)
    3位 ロナウド 62ゴール(98試合)
    4位 ロマーリオ 55ゴール(70試合)
    5位 ジーコ 48ゴール(71試合)

     1試合平均得点ではネイマールは他の選手の後塵を拝すものの、サッカーの守備戦術の進化を考えれば、とんでもない数字と言っていい。これで、ネイマールの上にいるのは77ゴールのペレだけとなり、その偉業まであと13ゴールに迫っている。ネイマールがまだ28歳ということを考えれば、ここを突破することは時間の問題だろう。

     ネイマールは試合後にTwitterとInstagramを更新。ロナウドと自身の写真をアップし、ロナウドへの敬意を表しながら、伝説の選手の記録を超えたことに対する喜びを表している。

     リーグアンのマルセイユ戦では、差別的発言をしたとして長期出場停止が課される可能性もあったが、結果的におとがめなし。類まれな嗅覚で、さらにゴールを量産するつもりだ。

    サッカー批評編集部
    10/14(水) 18:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3962fcb18c46bedaadf244abf5829d26e582672f


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ