サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ブラジル代表

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/07/31(月) 17:39:47.51 ID:CAP_USER9
    438258_heroa


    元ブラジル代表MFロナウジーニョは、サッカー選手としてキャリアを続けるには年齢的に厳しいと明かした。30日にホンジュラスで行われた親善試合、モタグア対レアル・エスパーニャ戦(0-2)終了後にインタビューに応じている。

    現在37歳のロナウジーニョだが、2015年9月に所属していたブラジル・フルミネンセとの契約を解除して以来、世界各地で開催されている親善試合などでのプレーを続けている。30日はホンジュラスを訪れ、地元2クラブによる親善試合に参加し、45分間ずつ両クラブのイレブンに加わってプレーした。レアル・エスパーニャに加わった後半にはアシストも記録している。ロナウジーニョの活躍に現役復帰を期待するファンも多いが、本人は年齢を考慮するとプロ選手としてプレーすることはもうないと告白している。

    「選手にとって大好きなサッカーを辞めることは難しいと思うが、僕は年を取り過ぎてしまったと思う。世界中にサッカースクールを開きたいと考えている。このプロジェクトを通じて、サッカーの発展に寄与していきたい」

    ロナウジーニョは現在もバルセロナの親善大使としてサッカーの振興に努めているが、今後も活動を拡大していく意向を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000015-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/03/03(金) 23:36:42.09 ID:CAP_USER9
    CpDGFhIUMAAi1Bp

     
    現地時間3月3日、ブラジルサッカー連盟(CBF)は2018FIFAワールドカップロシア大会、南米予選に向けた招集メンバー23名を発表した。

     ネイマールやミランダなどの常連メンバーに加えて、フラメンゴで好調を維持している32歳のジエゴを招集。チッチ監督はジエゴを招集した理由について、「ジエゴは非常に高いレベルの選手であり、コンディションも良好だ。1月に開催されたコロンビア戦以降、彼のことはずっと追っていた」と説明している。

     南米予選で首位に立つブラジル代表は23日に敵地で2位のウルグアイ代表と、28日はホームで7位のパラグアイ代表と対戦する。

     招集メンバーは、以下の通り。

    ▼GK
    アリソン(ローマ/イタリア)
    ヴェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)
    エデルソン(ベンフィカ/ポルトガル)

    ▼DF
    ジウ(山東魯能/中国)
    マルキーニョス(パリSG/フランス)
    ミランダ(インテル/イタリア)
    チアゴ・シウヴァ(パリSG/フランス)
    ダニエウ・アウベス(ユヴェントス/イタリア)
    ファグネル(コリンチャンス)
    マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)
    フェリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)

    ▼MF
    カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
    ジュリアーノ(ゼニト/ロシア)
    パウリーニョ(広州恒大/中国)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
    レナト・アウグスト(北京国安/中国)
    ジエゴ(フラメンゴ)
    コウチーニョ(リヴァプール/イングランド)
    ウィリアン(チェルシー/イングランド)

    ▼FW
    ネイマール(バルセロナ/スペイン)
    ジエゴ・ソウザ(スポルチ)
    ドウグラス・コスタ(バイエルン/ドイツ)
    フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00558584-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/01/18(水) 19:31:30.836 ID:yj+Nar6q0

    Ronaldinho1-500x333

     
    メッシ(笑)
    ジダン(苦笑)
    ロナウド(失笑)
    マラドーナ(嘲笑)
    ペレ(核爆)

    続きを読む

    32: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/01/19(木) 19:24:36.22 ID:j6iAZXDq0
    romario


     
    S・ロナウド・ペレ 
    A・ロナウジーニョ・ジーコ 
    B・ネイマール・ロマーリオ・ドゥンガ・ロベカル・とにかくその他

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2017/01/19(木) 23:43:34.15 ID:CAP_USER9

    robinyo_kusatu

     
    ブラジル代表のチッチ監督は19日、25日に開催されるコロンビア代表との親善試合に向けたメンバー23名を発表した。

    この試合は昨年11月末に発生したシャペコエンセの墜落事故を受けて急遽組まれたチャリティーマッチ。

    開催日がFIFA指定のAマッチデーではないため国外組は招集されなかったが、元湘南のアレックス・ムラーリャ、元鹿島のファビオ・サントスや、かつてサントスで“黄金コンビ”として話題をさらったジエゴとロビーニョの二人が揃って選出された。

    GK

    アレックス・ムラーリャ(フラメンゴ)
    ウェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)
    ダニーロ・フェルナンジス(インテルナシオナウ)

    DF

    ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)
    ルアン・ガルシア(ヴァスコ)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
    ヴィットル・ウーゴ(パウメイラス)
    ファギネル(コリンチャンス)
    マルコス・ロシャ(アトレチコ・ミネイロ)
    ジョルジ(フラメンゴ)
    ファビオ・サントス(アトレチコ・ミネイロ)

    MF

    エンヒキ(クルゼイロ)
    ワラシ(グレミオ)
    グスタヴォ・スカルパ(フルミネンセ)
    ルーカス・リマ(サントス)
    ウィリアン・アラォン(フラメンゴ)
    ロドリギーニョ(コリンチャンス)
    ジエゴ(フラメンゴ)
    カミーロ(ボタフォゴ)

    FW

    ドゥドゥ(パウメイラス)
    ルアン(グレミオ)
    ロビーニョ(アトレチコ・ミネイロ)
    ジエゴ・ソウザ(スポルチ)

    http://qoly.jp/2017/01/19/brazil-national-team-20170119

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/13(金) 21:21:56.13 ID:CAP_USER9

    15877076_1288199897907318_9142960194555215872_n

     
    2015年9月以降、無所属状態が続いている元ブラジル代表MFロナウジーニョ。

    先日、ウルグアイのナシオナルとの交渉が明らかになった彼だが、イメチェンを行っていたようだ。

    https://www.instagram.com/p/BPISmrHD78j/

    むむ!ハンチングから覗く髪の毛が金髪になっているように見える。

    『Globo』によれば、これは現地火曜日に兄アシスがリオで開いたパーティーでの様子だそう。

    兄弟の真ん中に写っているのは、アシスのガールフレンドだというブルーナさん。この写真は彼女がアップしたものだ。

    次にピッチに立つ時には金髪ロナウジーニョになっているかも?!

    http://qoly.jp/2017/01/13/ronaldinho-blonde-hair-iks-1

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@ 2016/11/11(金) 23:58:16.46 ID:biwWkWEb0

    rani

     
    何あのプレー

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@2016/12/01(木) 22:49:12.62 ID:jPLG8Ds+0

    Ronaldinho1-500x333

     
    ロナウジーニョは、バルセロナ、ACミランなどで活躍。
    フルミネンセ(ブラジル)を昨年9月に退団した後は無所属となっており、ファンは
    「#ronaldinhonachape」というハッシュタグをつくりSNS上でキャンペーンを展開。
    ロナウジーニョのインスタグラム、フェイスブック、ツイッターなどに「来年シャペコエンセでプレーしてください」
    「クラブを助けて」など、数千件のメッセージが届いているという。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/10/13(木) 17:46:44.54 ID:CAP_USER9


    世界でベストな存在ではないが、なれる可能性はある――。

     10月6日のロシア・ワールドカップ南米予選で、ブラジルはボリビアに5-0の大勝を飾ったが、ここでネイマールは68分に相手選手の肘打ちによって流血して交代退場を余儀なくされ、さらにこの試合で累積3度目の警告を受けたことで、11日のベネズエラ戦は出場停止となった。
     
     この後、ネイマールに肘打ちを食らわしたボリビアのドゥクが「ネイマールは生意気過ぎる。彼には相手に対する敬意が足りない」と、逆に苦言を呈したというニュースが、世界に広まった。
     
     ドゥクいわく、肘打ちは「ネイマールが股抜きをしようとしたので、反射的に腕を開いたことで当たってしまった」と、故意ではないことを強調した上で、「彼は世界最高の選手だから、自分の優位性を誇示するような尊大なプレーはやめるべきだ」と主張した。
     
     ネイマールといえば、股抜きだけでなく、ヒールリフトでも、スペインではたびたび物議を醸し、相手から非難を受けても、「これが僕のスタイルだから変えられない」と意に介していない。
     
     これらのプレーが相手選手を侮辱する行為なのかどうかの議論はさておき、ネイマールがたびたび論争の中心に置かれるのは事実である。そのことが、彼を世界一の選手の称号から遠ざけているとの声は少なくない。
     
     ネイマールについては、国内でもこういった議論の対象になることがある。OBのなかにも苦言を呈する者は少なからずいるが、1970年メキシコ・ワールドカップでブラジルの優勝に大貢献し、ペレ、リベリーノらとともに栄光のメンバーとなったトスタンもそのひとりだ。
     
     視力の悪化によって26歳の若さで引退し、以降は医師として活動してきたインテリジェンス溢れる69歳の元・天才プレーヤーは、スペインの日刊紙『El Pais』の取材を受け、まずネイマールを高く評価した。
     
    「ネイマールが天才であることは疑いようがない。スペクタクルな選手だ。万能のストライカーであり、シュートもうまく、当たりにも強く、プレーはスマートだ。それにスピードもある」
     
    「現時点ではまだ、そこまでの域には達していないものの、ブラジルサッカー史上最高の選手であるペレを超える可能性も秘めている」
     
    「ロマーリオ、ロナウドとはまた違ったタイプの選手であり、ネイマールはメッシのように、試合のなかで色々なプレーができる存在だ」
     
     このように称賛の言葉が続いたが、大先輩としての苦言、アドバイスも忘れなかった。
     
    「しかし現時点で、彼は世界でベストな存在ではない。なぜなら、メッシやC・ロナウドという存在がいるからだ。ただネイマールには、彼らの上に行ける可能性がある」
     
    「そのためには、改善しなければいけない点が幾つかある。特に重要なのは、自分をコントロールする力を身につけることだ。試合のなかで、感情を荒げてプレーが乱れたり、相手選手と諍いを起こしたりしてしまうことが、彼の場合は少し多いという印象がある」
     
     自らの哲学や信念などに則って行動でしているであろうネイマールにとって、これは耳の痛い話かもしれないが、果たして今後、こういった他人の声に耳を傾け、そのプレーや行動に変化が生じることはあるだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161013-00019632-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ