サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    ☆今日の人気記事


    続きを読む



    969 名前:名無しステーション [sage] 投稿日:2018/07/12(木) 03:18:48.67 ID:GP09nOF/0 [4/4] 
    このタトゥー、もしかしてサウスゲートか・・・? 
    no title

    no title



    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    219: 名無しステーション 2018/07/12(木) 01:53:00.61 ID:CTOSaOTU0
    クロアチアスタメン 
    Subasic; Vrsaljko, Lovren, Vida, Strinic; Rakitic, Modric(C), Brozovic; Rebic, Mandzukic, Perisic. 
    イングランドスタメン 
    Pickford; Walker, Stones, Maguire; Trippier, Henderson, Lingard, Dele, Young; Sterling, Kane(C). 
    no title


    Referee: Cuneyt Cakir (TUR) 
    Assistant referees: Bahattin Duran (TUR), Tarik Ongun (TUR) 
    Fourth official: Bjorn Kuipers (NED) 
    Reserve AR: Sander van Roekel (NED) 
    VAR: Danny Makkelie (NED) 
    AVAR: Barian Dankert (GER), Carlos Astroza (CHI), Felix Zwayer (GER)
    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/07/12(木) 00:34:09.04 ID:CAP_USER9
    7/11(水) 23:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00281085-footballc-socc
    no title


     ユベントスは10日、レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得することが合意に達したと発表した。だが、この大型補強に反発するフィアット社の労働者がストライキを決行する事態にも発展している。伊紙『コッリエーレ・デッラ・セーラ』などが伝えた。

     ユーベはC・ロナウド獲得の費用を公表しており、移籍金1億ユーロ(約130億円)がマドリーに支払われる。また、4年契約を交わしたC・ロナウドには年俸3000万ユーロ(約39億円)という世界トップレベルの報酬が支払われるという。

     この巨額取引の鍵を握るのは、クラブの最大株主であるアニェッリ家が保有するフィアット社であると報じられていた。実質的な親会社である同社がC・ロナウド獲得の資金をユーベに提供したとみられている。

     しかし、間接的にそのしわ寄せを受けることになる一般労働者の間には不満もあるようだ。フィアット社の労働組合はストライキを宣言し、座り込みや抗議活動を行っていると報じられている。

     工場に掲げられた横断幕には、「ロナウドには4億ユーロ、工員たちは蹴られるだけ…」「払っているのは我々だ」などの言葉が書かれているという。

    「長年にわたって労働者たちに金銭面での多大な犠牲を要求し続ける一方で、同じ企業が一人のサッカー選手獲得に何億ユーロも費やす決定を下すのは受け入れがたい」と労働組合による声明が伝えられている。



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/07/11(水) 17:34:24.72 ID:CAP_USER9

    Bm9TixpCcAEJn15


    勢い付くユーベがC・ロナウドに続きマルセロ引き抜きに動く! A・サンドロ退団した場合の後釜に

    ▽ユベントスがレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)の引き抜きを画策しているようだ。イタリア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。

    ▽ユベントスは10日、クラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)を4年契約で獲得。

    ▽そして、今夏最大のビッグディールを成立させた白い貴婦人は、さらにマドリーからもう1人のワールドクラスの獲得を目指しているようだ。

    ▽『メディアセット・プレミアム』が伝えるところによれば、ユベントスではパリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドらが関心を寄せるブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)に今夏の退団の可能性が出ており、クラブはその後釜としてマルセロの獲得を考慮しているようだ。

    ▽現在、マドリーと2022年までの契約を残すマルセロは、C・ロナウドに続きトリノに新天地を求めることになるのか…。

    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320180




    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ