サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: Egg ★ 2017/10/24(火) 19:57:34.10 ID:CAP_USER9
    韓国代表は10月の欧州遠征でロシアとモロッコに連敗し、先日発表されたFIFAランキングでは中国に抜かれてアジア5番手に後退。代表チームが逆風に晒されるなか、韓国紙「スポーツ朝鮮」は「韓国サッカーは嘲笑の対象に転落した」と報道。そのうえで、国内で行われる11月10日の国際親善試合コロンビア代表、同14日のセルビア代表の2試合に向けて、「これこそ代表チームで最も見たい姿だ」と、ある試合が代表チームに教訓を投げかけたと報じている。

     ロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を獲得している韓国代表は10月の欧州遠征でロシアに2-4、モロッコに1-3と連敗。さらに過去4年間の成績で計算されるFIFAランキングの10月版では51位から62位に順位を下げた。その一方で、中国が62位から57位へ浮上し、FIFAランキングの算出が始まって以来、初めて中国を下回る屈辱を味わっている。

    「ここ数週間、韓国サッカーは凍りついた」と伝えたのは「スポーツ朝鮮」紙だ。「韓国サッカーの“顔”である代表チームは不振。韓国サッカーは嘲笑の対象に転落した」と苦戦続きの代表に言及している。

     そうしたなか、同記事がクローズアップしたのは、Kリーグのレギュラーシーズン上位6チームが参加する決勝トーナメントのFCソウル対水原三星ブルーウイングス戦だ。前半を0-0で折り返した試合は、後半6分に水原が先制するも、FCソウルが同12分と同29分に続けてゴールを決めて逆転。しかし、終了間際に水原が意地の同点弾を叩き込み、2-2のドローで終えた。

    激闘が代表チームに投げかけた教訓

     この激闘を受けて同記事では、「試合終了後、両チームの選手たちはグラウンドに倒れた。全てを注ぎ込んだ彼らは立ち上がる力さえなかった。これこそ代表チームで最も見たい姿だ」と記している。

     FCソウル対水原戦は引き分けに終わるも、白熱の攻防に観客は魅了されたという。「両チームのファンは結果の悲喜に分かれたが、『それでも面白かった』という顔を隠すことはできなかった。代表チームに投げかけた教訓だった」と言及している。

     韓国代表は10月の2連戦で7失点と守備が崩壊し、結果と内容が伴わないパフォーマンスに批判が渦巻いている。全身全霊を懸けて戦う代表戦士の姿が見たい――。それは韓国代表を応援するファンの切実な思いなのかもしれ

    10/24(火) 6:40配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    9: 名無しさん@恐縮です 2017/10/25(水) 06:23:24.48 ID:eZovhj4G0

    d107b1f2


    欧州10大リーグ1部17/18 攻撃ポイント(リーグ戦のみ) 

    日本 36-3 韓国 

    ( ´∀`) 日本 「36ポイント」 24Goal 12Assist (森岡5G 7A、中島4G 2A、岡崎4G、武藤3G、久保3G、香川2G、柴崎1G、大迫1G、吉田1G、乾1A、原口1A、酒井1A) 

    <;`Д´> 韓国 「3ポイント」 3Goal 0Assist (クォンチャンフン2G、ソン1G)
    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/24(火) 19:14:59.13 ID:CAP_USER9
    中国スーパーリーグの広州恒大は、次期監督にカルロ・アンチェロッティ氏を招へいするようだ。広東省の共産党公式メディアである『Nanfang Daily』が伝えた。

    前週末、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の元、7シーズン連続となるリーグ優勝を達成した広州恒大。しかし、スコラーリ監督の契約は今季限りとなっており、後任選びが注目されていた。

    『Nanfang Daily』によると、来月頭のシーズン終了後、広州恒大は即座に新指揮官を発表するという。1週間の休暇の後、新しいトレーニングを新監督が担当することになると伝えている。

    そして「予想外のことが起こらなければ、新監督はイタリア人の(カルロ)アンチェロッティになるだろう。彼との契約は、広州恒大と(同郷のマルチャロ・リッピが監督を務める)中国代表チームとの連携を円滑にしてくれる」と報じた。

    9月にバイエルン・ミュンヘンを解任され、フリーとなっていたアンチェロッティ氏。古巣ミランなど数々のビッグクラブが招へいを狙っていたと報じられていたが、経験豊富なイタリア人指揮官の新天地は、中国になるようだ。

    10/24(火) 18:13配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00010002-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/10/23(月) 14:39:51.93 ID:UHuVUvs80
    [オースティン(米テキサス州) 22日 ロイター] -
    13083299



    8個の五輪金メダルを獲得し、今年8月の陸上世界選手権を最後に現役を引退したウサイン・ボルト氏(31)が、
    サッカー選手としてキャリアをスタートさせることを真剣に考えていると明かした。
    ボルト氏は、サッカー選手になることが子供の頃からの夢だったと明かし
    「私にとって、個人的な目標だ。自分自身に嘘をつきたくない。これは私の夢であり、人生の新たな一章である」と述べた。

    現在、ハムストリングのケガで療養中の同氏は「2週間以内にはトレーニングを再開できるし、状態も戻るだろう」と話し、
    大ファンであるマンチェスター・ユナイテッド(マンU)元監督のアレックス・ファーガソン氏に自身の夢について語った際には
    「それなら、体調を万全にするんだ。どこまでやれるか見てみよう」と言われたことを明かした。

    さらに、ボルト氏は「ジャマイカ代表チームには、難なく入れると思う。今の代表はそこまで良いとは言えない」との見解も示した。
    来年のワールドカップ(W杯)出場を逃したジャマイカは現在、国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキングで59位。
    また、「国際陸連(IAAF)とともに陸上競技を後押しし、私が残したようなレベルが維持できるように応援していくつもりだ」としたが、
    コーチになるかについては「絶対にあり得ない」と否定した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000043-reut-spo

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/23(月) 22:30:17.47 ID:CAP_USER9
    1990年代後半にブラジル代表で実現した、ロマーリオとロナウドのいわゆるROROコンビ。活動期間こそ短かったが、サッカー史上最強の2トップと言っていいだろう。
    そんなROROコンビが現代に蘇っても通用するのか――答えはイエス、十分に通用する。なぜなら、ゴールゲッターはMFやDFとは違い、時代や戦術の変化を受けにくいポジションでもあるからだ。

    ■点獲り屋に必要な普遍的才能

    CL(チャンピオンズカップ時代を含む)の1試合あたりの得点率トップは1970年代に活躍したゲルト・ミュラーだが、トップ10には1950年代のアルフレッド・ディ・ステファノとフェレンツ・プスカシュ、
    1960年代のエウゼビオから1990年代のルート・ファン・ニステルローイ、そして今も現役のリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド、レバンドフスキまで、それぞれ活躍した時代の違うストライカーが名を連ねている。
    彼ら高得点率ゴールゲッターたちの共通点、それは “特定のエリアでスペシャルな選手”であることだ。

    “特定のエリア”とは、ペナルティエリア内のゴールエリアの幅のこと。
    このエリアからのシュートが最も得点になる確率が高く、その他のエリアからのシュートとは格段の差があるのは古今東西の統計ではっきりしており、時代を問わずここでシュートを撃てる選手が多くの得点を獲れる。

    もちろん、その点の獲り方はそれぞれだ。メッシのようにドリブルで侵入するタイプもいれば、レバンドフスキのようにクロスボールをヘディングやボレーで叩いて決めるFWもいる。
    得点率王のゲルト・ミュラーに至っては、完全にこのエリア専用の選手だった。このエリアでのプレーだけが天才的で、他ではほぼ何もしない。

    ゴール前でのシュートチャンスは一瞬。その一瞬にどこへ蹴れば入るかわかっている、シュートの決断を速くできる。それこそが“ゴールゲッターの才能”である。
    ロマーリオ、ゲルト・ミュラー、メッシ……いずれもそうなのだが、シュートの前にゴールを見たりしない。見なくてもターゲットのゴールポストがどこにあるかわかるからだ。

    内蔵されているレーダーで常にロックオンしていて、反転してもジャンプしても、倒れながらでもゴールの隅にシュートを決められる。パスだとこうはいかない。
    ターゲットが動くパスの場合は、ギリギリまで敵味方の動きを見なければならないからだ。シュートであれば、ターゲットのゴールは動かない。

    だからゴールの四隅が体に入っていれば見る必要はないし、実際見る余裕もない。このゴールの位置がわかる感覚の有無が天性のゴールゲッターとその他を分けている。
    パスもシュートもすべてが巧い万能型もいる一方で、得点能力だけが傑出しているタイプがいるのはそういう理由であり、“決定力”は他の技術とは少し違うのだ。

    そして、これはMFやDFが現代では通用しにくい理由にも繋がっている。特定エリアで一瞬の違いを生み出せれば良いゴールゲッターは例外で、
    インテンシティが急激に高まっている現代サッカーではトップレベルでプレーするためのアスリート能力のベースが桁違いに上がっているからだ。

    ロマーリオはゲルト・ミュラーとよく似ていて、ごく短い距離のスプリント能力が抜群だった。重心の低さが方向転換に有利だったのも彼と同じ。
    ただ、ボールコントロールとシュートのアイディアに関してはゲルト・ミュラーより上。

    瞬間的にDFを外してのシュート、GKをあざ笑うようなループ、高速クロスにテニスラケットを合わせるように角度を変えるボレー、誰よりも素早くこぼれ球に反応し、落下点へ入るのが速いので背が低いのにヘディングも強かった。
    ロマーリオはゴール前で点を獲るために生まれてきたようなFWである。バルセロナではシュート練習だけして帰ってしまうこともよくあったそうだ。

    >>2以降につづく

    fballista  10/20(金) 20:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010001-fballista-socc&p=1

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ