サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    388: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 01:57:41.72 ID:SHikP2Rkp

    chelsea-fc-2018-19-jersey-home-adidas-06-o


    チェルシー最近どうなん 
    シティに粉砕されてたころとか閉塞感半端なかったが持ち直してんのか


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    59: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 01:27:29.25 ID:cSKfKgOh0

    thumb_55810_default_news_size_5-1


    この前のシティのCBもミスしてたしユナイテッドのCBもあれやし 
    アーセナルのやつもやらかしてるし 
    プレミアのCB大丈夫か?

    61: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 01:27:54.37 ID:uJGXXtSq0
    >>59 
    ファンダイクがいるのでセーフ
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 22:38:14.54 ID:KiH3pEoI9

    d07e9649


    釜本邦茂以降、カズほど日本代表で明確な得点源となったストライカーは生まれていない

    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57546_ext_04_0_1555924455.webp?v=1555924651

    平成の時代もあと1週間足らずで幕を閉じることになるが、この30年余りで日本サッカー界は大きな進化を遂げてきた。とりわけ日本代表は苦難の道のりを経てワールドカップ初出場を果たし、3度のベスト16進出を実現するなど劇的な変貌を見せている。そんな平成の時代を振り返ると、日本代表に欠かせない11人はいかなる構成になるのか。昭和の時代から日本サッカーを長く取材してきた識者に平成の日本代表ベスト11を選んでもらった。

    【PHOTO】日本代表戦を彩る美女サポーターたち


    ――◆――◆――
     
     欧州の所属クラブでの到達度、日本代表での貢献度、その時代での突出ぶりやインパクトなど、どこに重きを置くかで微妙に人選が変わってくる。時代背景を考えれば、平成の幕が開いて10年間近くは、井原正巳抜きの代表は考えられなかったわけだが、その後プレミアで活躍する選手が出てきた以上、苦難の時代を支えた選手に「ベスト」の称号を与えるのは難しい。しかしそれでもやはりアマチュアからプロの時代への水先案内人として、三浦知良(カズ)だけは外せない。後発の選手たちに比べれば欧州での実績は見劣りするし、ワールドカップへの出場も果たせなかったが、釜本邦茂以降、カズほど日本代表で明確な得点源となったストライカーは生まれていない。弱小国から変貌を遂げていく日本代表の足跡を辿れば、大半の貴重なゴールを記録したのはカズで、大舞台での勝負強さや、意識改革を牽引する存在としてのキャラクターは際立っていた。
     
     また日本がワールドカップ初出場を果たし、世界に伍して戦っていく過程で、中田英寿が果たした役割も同等の価値を持つ。当時世界最高水準を誇るセリエAでも弱小のペルージャに所属しながら、どんなビッグクラブにも臆することがなく、特に前回覇者のユベントスから2ゴールを奪ったデビュー戦は鮮烈だった。次の移籍先がイタリアの至宝フランチェスコ・トッティを擁すローマだったのは不運だったが、裏返せば「イタリアの王子」に肉薄する力を示し、スクデット獲得へ重要な役割も果たした。さらに世界チャンピオンのフランスとのアウェー戦で見せた孤軍奮闘ぶりは、トップレベルでも重要に戦える能力の高さを立証していた。
     
     逆に香川真司は、欧州での到達地点が群を抜いている。ドイツでの二冠は、かつて奥寺康彦も経験しているが、香川は2年連続して明らかに牽引し、最高級の評価とともにマンチェスター・ユナイテッドへとステップアップ。スタメン定着には失敗したが、リーグ制覇も経験した。一方中村俊輔、小野伸二、本田圭佑に優劣をつけるのは難しい。おそらく若くしてフェイエノールトをUEFAカップ優勝に導いた小野の才能は突出していた。だが他の2人に比べるとフル稼働の時間が短い。本田は日本代表での功績が光り、ワールドカップでも3大会連続で得点している。一方セルティックでレジェンドとなった中村俊のインパクトとファンタジーは別格だ。

    つづく

    4/22(月) 18:14 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00057546-sdigestw-socc


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 22:06:15.13 ID:KiH3pEoI9

    D11tW1JU0AAXc5j



    神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が、0―1と敗れた20日の浦和戦(埼スタ)でボールボーイに暴言を吐いていたことが22日、明らかになった。

    ボールを受けとる際にドイツ語で「ちゃんと渡せ!」という趣旨の言葉と、侮蔑的なスラングを発した声が中継カメラの音声に拾われており、欧州メディアで報じられていた。この日、神戸市内で練習したポドルスキは取材に応じなかったが、クラブ関係者によると、反省と謝罪の意向を示しているという。

     フアンマヌエル・リージョ前監督(53)の契約解除、自身もキャプテンを降りるなど不安定なチームの中で、いらだちが募っていた模様のポドルスキ。感情が間違った方向に出た今回の暴言だが、クラブによると、この日までにJリーグからの聞き取り調査等の連絡はないという。

     浦和戦後には、問題続きのチーム状況について「正直に前を向いて、どこかで根回しをするとかじゃなくて、常に正直に一つずつ積み上げていくことが大事になってくる」と話していたポドルスキ。事態の早期収束とピッチに集中する環境を取り戻すことが、チーム再浮上には必要になる。

    4/22(月) 21:55配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a
    =20190422-00000199-sph-socc

    【サッカー】<ポドルスキ(ヴィッセル神戸)>埼スタでボールボーイに暴言!?「ちゃんと渡すんだ!この野郎」欧州メディアが報じる..
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555799847/



    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 18:54:11.41 ID:KiH3pEoI9

    f4de0546-s



     森保ジャパンの“ベルギーコンビ”が今夏にステップアップを果たしそうだ。先週末に行われたベルギー1部のプレーオフ第5節で日本代表FW鎌田大地(22=シントトロイデン)とMF伊東純也(26=ゲンク)が揃って活躍。欧州各国のクラブからの評価がうなぎ上りの2人は今夏移籍の可能性が高まっている。特に熱心なのがイングランドのあの2クラブだ。

     鎌田は20日に行われた中位プレーオフの敵地オイペン戦に出場し、後半4分に先制ゴールを決めて今季15得点目をマーク。試合は1―1の引き分けに終わったが、退場者も出す中で貴重な勝ち点1獲得に貢献した。伊東は上位プレーオフのスタンダール戦(19日)にフル出場。鋭いドリブル突破と豊富な運動量で攻撃をけん引して3―1の勝利を呼び込んだ。

     鎌田は抜群の得点力を遺憾なく発揮。伊東は優勝を争う強豪で主力として活躍し、ベルギーのみならず欧州主要リーグからも注目を集める存在になっている。ともに今夏の移籍市場でステップアップしそうだが、特に2人に熱視線を注ぐのがイングランド・プレミアリーグのウルバーハンプトンとレスターだ。

     欧州事情に精通する関係者によると「ウルバーとレスターは(MF中島)翔哉(24=アルドハイル)の獲得を狙って結果的に実現しなかったが、引き続き日本人選手に強い関心を持っている。欧州でやれるメドがついた鎌田や伊東には熱心と聞く」。両クラブが日本人選手に注目する理由は、ともにアジア系のオーナーという背景がある。

     ウルバーハンプトンは中国の投資会社「復星集団」が実質的なオーナー。日本でも積極的に事業を展開していることもあり、日本人選手の獲得を狙っている。また、レスターは名物オーナーだったタイの実業家ウィチャィ・スリバッダナプラバ氏が昨年10月に不慮の死を遂げたが、副会長で息子のアイヤワット氏が後継者となった。父同様に親日家ということもあり、2015―16年シーズンの優勝の立役者で今季終了後に退団と報じられたFW岡崎慎司(33)に続く日本人選手の獲得を視野に入れている。

     鎌田はドイツ1部Eフランクフルトから、伊東はJ2柏からともに期限付き移籍中だが、ウルバーハンプトンとレスターは完全移籍での獲得に向けてリストアップ。さらに両クラブともJの若手にも興味を示している。2人以外にも、来季は新たにイングランドでプレーする選手が増えてもおかしくな
    い。

    4/22(月) 16:31配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000038-tospoweb-socc


    2: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:55:46.89 ID:H9tHiTuX0
    カマタはフランクで結果出せ

    3: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:56:09.96 ID:R+uEYMfy0
    プレミアは代表出場率とか関係してくるんだろ? 
    無理じゃん

    6: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:57:56.28 ID:sbxjBSxV0
    >>3 
    ある程度高額な移籍だと免除されるじゃなかった?


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 05:53:46.94 ID:CuURnrahd

    DIJfAkrV0AACxIO


    さすがにプレミアが世界一のリーグってことでいいよな?




    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ