サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: YG防衛軍  2017/03/11(土) 17:42:50.07 ID:CAP_USER9

    C1suvMwUUAAXEj8

     
    『Outside90』は10日、「元フランス代表監督のレイモン・ドメネク氏は、リオネル・メッシは終わったと話した」と報じた。

    先日行われたPSG戦で6-1と勝利を収め、1stレグでの大敗から逆転を果たしたバルセロナ。

    歴史的なリベンジの達成に、多くのメディアはバルセロナの選手全員に高得点を付け、その勝利を賞賛した。

    しかし、あのレイモン・ドメネク氏はこの試合でのリオネル・メッシのプレーを見て、彼はもう終わった選手だという意見を持ったという。

    レイモン・ドメネク

    「この試合で最悪のバルセロナの選手は、リオネル・メッシであった。

    まるで走りたくないかのようにピッチの中心に立っていた。悪い試合では常にそうやっている。下がってきて、ゲームを作ろうとする。なんでも全てをやりたがる。

    彼には終焉の時が来ている。多くのものをもたらしてきた。とてもマジカルだった。時々、メッシは行方不明になる。

    ネイマールは息を呑むようだったね。彼は戦っていた。確信を持っていた。最後の最後まで攻撃していた。彼とスアレスはね。

    しかし、スアレスは違う。彼はボクシンググローブをつけるべき男だね」

    (PSGについて)

    「これを乗り越えることは出来ないだろうね。絶対に。

    彼らは明日の朝起きるだろう。選手もスタッフも。彼らは勝たなければならない試合をした。しかし、チャンスは1年半はやってこない。

    従って今、少なくとも1年間――新しいチャレンジを始められるまで、いつもこの結果がついて回り、書かれ続けるだろう。バルセロナ6、PSG1と」


    http://qoly.jp/2017/03/11/raymond-domenech-talked-about-lionel-messi-against-psg-kgn-1

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/03/11(土) 12:14:24.90 ID:QgmxPr7l0
    海外行ったやつみんな3年ぐらいでポンコツやん
    全員岩村やんけ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/03/11(土) 12:00:36.25 ID:CAP_USER9

    C6cHJ9_WcAIBu0Y

     
    「CLの奇跡」で歓喜と絶望を味わった。

     現地時間3月8日のチャンピオンズ・リーグ(CL)でパリ・サンジェルマンを相手に偉業を成し遂げたバルセロナ。しかし、バルサで国際部門担当のスポーツディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダにとって「奇跡の逆転劇」は、これが初めての経験ではない。ミラン時代には逆に、逆転される立場を味わっている。
     
     CL史上初となる4点ビハインドからの逆転劇は、「カンプ・ノウの奇跡」と呼ばれ世界中を驚かせた。イタリア『トゥットメルカート・ウェブ』によると、ブライダSDも一夜明けた9日、2013年まで27年間に渡って幹部を務めた古巣ミランの公式TVで、「表現できない感動だった。サッカーの歴史となるクレイジーな試合だった」と喜びを表わした。
     
     後半の立ち上がりまでに3点を奪ったバルサは、62分にエディンソン・カバーニにアウェーゴールを許す。残り約30分で再び3点が必要という敗退濃厚の状況だったが、ブライダSDは1点奪えば奇跡が起こり得ると信じていたという。「近くにいた人に、4-1になったら突破できると言っていた。ポジティブな何かを感じていたんだ」と明かしている。
     
     そして88分、ネイマールのFKでその1点が決まってからの展開は周知の通り。一部ではレフェリーの判定が有利に働いたとの声も挙がったが、ブライダSDは「運に恵まれたのは明らかで、それがなければ勝てなかったが、いつだって運は必要だ」と語った。
     
     それも、勝負は紙一重の差だということを肌身にしみて感じているからかだろう。ミランのSD時代には、リバプールと戦った2004-2005シーズンのCL決勝で苦い経験をしている。ミランが前半に3ゴールを奪いながら後半のわずか6分間で同点に追いつかれ、結局はPK戦の末に欧州王者のタイトルを逃した、いわゆる「イスタンブールの奇跡」だ。

    だからこそ、今のパリSGの気持ちを誰よりも分かるのだろう。「奇跡」で悲しみに暮れた経験を持つブライダSDは、次のように語っている。
     
    「時間とともに、傷は癒える。残念ながら私はミラン時代のリバプール戦の不運を思い出した。あのときは1週間言葉を失ったが、今はとても幸せだ」
     
    「カンプ・ノウの奇跡」と「イスタンブールの奇跡」の両方を経験し、歓喜と絶望を味わった唯一の男の言葉だけに、さすがに含蓄がある。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170311-00023312-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/03/07(火) 17:18:54.52 ID:CAP_USER9
    かつて、バルセロナでの抜群のコンビネーションを披露したロナウジーニョとリオネル・メッシ。

    バルセロナの公式Youtubeチャンネルが、その巧みな連携プレーを映像で紹介してくれた。

    https://www.youtube.com/watch?v=o_K4AQ1okeM



    ロナウジーニョ全盛期の2004年に、17歳の若さでトップチームデビューを果たしたメッシ。

    初年度こそ出場機会は限られていたが、2シーズン目には右ウイングとして出場する機会も多くなり、ロナウジーニョやサミュエル・エトーとも抜群の愛称を誇った。

    両者は4シーズンにわたってともにプレーし、リーガ・エスパニョーラやスーペル・コパ、UEFAチャンピオンズリーグといったタイトルを獲得。2008年には北京五輪の準決勝でも顔を合わせた(ロナウジーニョはオーバーエイジ)。

    バルセロナの背番号10はロナウジーニョからメッシへと受け継がれており、ともにクラブを代表するレジェンドである。

    http://qoly.jp/2017/03/07/ronaldinho-and-lionel-messi-combination-kwm-1

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/03/10(金) 15:40:40.07 ID:f/Q4RUgI0

    no title


    玄人ぶりたい奴とかトッテナム好きだよな

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:44:02.605 ID:iEosCemD0
    イグアインくらい?

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/03/10(金) 22:40:44.29 ID:CAP_USER9
    世界中のフットボールファンたちに衝撃を与えたバルセロナの歴史的勝利。

    仕事中にその結果が気になってしかたがなかった人が空の上にもいたようだ。こんな音声が秘かに話題になっている。

    https://www.facebook.com/sierra5.net/videos/1461320123918459/

    『Ekipa24.si』などによれば、これはハンガリーの航空会社『ウィズエアー』のパイロットとスロベニアのATC(≒管制官)とのやり取りだそう。

    この航空機はマドリッドからブダペストまで飛んでいた。カンプ・ノウでの試合が終わった23時前には、ちょうどスロベニアの領空に…。

    スロベニアのブルニクの管制官からの通信を受けたパイロットは、結果が気になり思わず聞いてしまったようだ。やり取りはこんな感じらしい。

    パ「すみません、チャンピオンズリーグのバルセロナ対PSGの結果を知ってますか?」

    管「はい、バルセロナ6-1PSG」

    パ「6-1!素晴らしい、ありがとう!」

    管「嬉しそうでいいですね。おめでとう!」

    http://qoly.jp/2017/03/10/pilot-at-cabout-barcelona-vs-psg-results-iks-1

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/03/10(金) 19:04:54.52 ID:CAP_USER9
    世界中のフットボールファンたちを驚かせたバルセロナの劇的勝利。

    そんななか、『Dailymail』では「2016-17シーズン、欧州で最もツイートされた(フットボールにまつわる)瞬間」について伝えていた。
    1位 セルジ・ロベルトのPSG戦6点目:1分当たり13.8万ツイート

    2位 メッシのPSG戦PK:1分当たり4.8万ツイート

    3位 PSGカバーニ、バルサ戦1stレグでの4点目:1分当たり4.5万ツイート

    4位 PSGカバーニ、バルサ戦2ndレグでのゴール:1分当たり4.2万ツイート

    4位 セルヒオ・ラモス、クラシコでの劇的ヘッド:1分当たり4.2万ツイート

    6位 ネイマール、PSG戦でのPK:1分当たり4.1万ツイート

    7位 PSGクルザワ、バルサ戦でのOG:1分当たり3.4万ツイート

    8位 モナコFWファルカオ、CLシティ戦でのループ:1分当たり3.3万ツイート

    9位 イブラヒモヴィッチ、シティGKブラボのミスを拾ってゴール:1分当たり3.2万ツイート

    10位 チェルシーMFカンテ、ユナイテッド戦で4-0となるゴール:1分当たり3.1万ツイート

    現時点での数値だが、バルサvsPSGにまつわるツイートが6つもランクイン!そして、断トツのトップはやはりセルジ・ロベルトの劇的弾。

    ちなみに、最もツイートされた試合についてはこんな情報も。

    no title


    こちらでもやはりバルサvsPSGの6-1が最もツイートされているとのこと。

    http://qoly.jp/2017/03/10/most-tweeted-football-matches-2016-2017-so-far-iks-1

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/03/10(金) 13:39:12.72 ID:07fcTERC0
    ファンキンサッカーは草

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ