サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: Egg ★ 2019/04/23(火) 12:50:44.17 ID:v6GU9kqD9
    もはや内紛状態だ。神戸は20日の明治安田生命J1リーグ第8節・浦和戦(埼玉)に0-1で敗れ、11位に低迷している。

    総年俸40億円超の日本版銀河系軍団は、空中分解寸前か。クラブは17日に就任わずか7カ月目のリージョ前監督の契約解除と、昨年9月まで指揮を執っていた吉田孝行監督の再登板を発表。前監督は「私と家族にとっては、こうする事がベストだと思いました」と謎めいたコメントを残した。元ドイツ代表FWポドルスキは同日、主将を辞任した。

     こうして迎えた浦和戦は、スペイン代表MFイニエスタがコンディション不良で今季リーグ戦を初めて欠場。吉田監督は「全然大きな問題じゃない。その程度のケガです」と詳細を明かさなかった。

     ポドルスキは先発出場したが、後半14分、思うようにボールが渡されないことにいらだち、ボールボーイに「huren sohn!(フーレン・ゾーン=ドイツ語で“クソ野郎”という意味)」と暴言を浴びせたところを実況中継のマイクが拾い、欧州にも拡散して物議を醸している。試合後には改めて主将辞任の理由について「自分に対する信頼も含めて、はっきりしたモノがみえなかった」と語った。

     不穏なムードの要因は、オーナーである楽天・三木谷浩史会長兼社長(54)にあるとみる関係者が多い。


     神戸のシーズン途中の監督交代は3季連続。このクラブの監督は“短命政権”に終わるケースがあまりに多い。

     かつての神戸スタッフのひとりは「現場介入が甚だしい。私がいたときには、試合前日に三木谷会長が決めたスタメンがファクスで送られてきた。当時の監督、コーチはやがてそれを破り捨てるようになりましたけどね」と証言する。

     昨年のW杯ロシア大会直前に日本代表監督に就任しベスト16に導いた西野朗氏(64)も、2012年5月に神戸監督に就任し、わずか6カ月で解任されている。

     そんな三木谷会長が進める神戸の“バルサ化”は、どう結実するのだろうか。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2019.4.23 ザクザク
    http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/190423/spo1904230005-s1.html

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/23(火) 10:15:37.71 ID:fQ1oAaw59
    [4.22 ベルギー・リーグ2A第5節 シャルルロワ4-0ベールスホット・ウィルレイク]

     ベルギー・リーグのプレーオフ2A第5節が22日に行われ、MF森岡亮太の所属するシャルルロワはホームでベールスホット・ウィルレイクと対戦し、4-0で勝利した。ベンチスタートの森岡は後半18分に途中出場。2-0の同35分に追加点を挙げ、4試合ぶりとなる今季3得点目を記録した。

     2連勝中のシャルルロワは前半アディショナルタイム5分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て獲得したPKをFWアダマ・ニアネが決めて先制すると、前節のウェスターロ戦(2-0)を欠場していた森岡を後半18分に投入。後半27分にはカウンターからFWビクター・オシムヘンのゴールで2-0とした。

     そして迎えた後半35分、左サイドからのFKが相手にヘディングでクリアされ、高く跳ね上がったボールにPA手前中央の森岡が反応。後ろに下がりながら落下地点に入り、右足で鮮やかなダイレクトシュートを突き刺す。プレーオフ2A第1節シントトロイデン戦(1-3)以来、4戦ぶりとなる今季3ゴール目となった。

     シャルルロワは後半40分にFWジェレミー・ペルベのPKでさらに1点を追加し、4-0で快勝。3試合連続の無失点で3連勝を飾った。

    4/23(火) 8:38配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-43466233-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 09:04:27.26 ID:1Vxq/zCG9


    48852_ext_04_0

    ベルギー・ジュピラーリーグはプレーオフに突入し、いよいよ佳境だ。

     そのプレーオフ2で首位を走っているのがシント=トロイデン(STVV)である。遠藤航、冨安健洋、鎌田大地ら6人の日本人選手を擁するチームはレギュラーシーズンを6位で終了。7~15位と2部の3チームを加えた計12チームがA、Bのふたつのグループに分かれるのがプレーオフ2で、現在は総当たり戦が実施されている。

    その結果を受けて、それぞれの1位同士が対戦。勝者にはヨーロッパリーグ(EL)予選の参戦権を賭けたプレーオフ1チーム(4位)との対戦権が与えられる。

     欧州の移籍マーケットで声価を急速に高めているのが、ほかでもない、20歳にして日本代表の主軸の一角を担うCB冨安である。

     ドイツの移籍専門サイト『tranfermarkt』が付けた推定市場格はすでに900万ユーロ(約11億7000万円)にのぼる。日本人選手では1位中島翔哉(アル・ドゥハイル)の1800万ユーロ(約23億4000万円)、2位武藤嘉紀(ニューカッスル・ユナイテッド)の1000万ユーロ(約13億円)に次ぐ、堂々3位の評価額だ。STVVではトップの数値を誇り、ジュピラーリーグ全体で見ても8位。どれだけの注目株に成り上がったかが分かる。

     クラブとの現行契約は2021年6月まであるが、今シーズン終了後のステップアップ移籍が有力視されている。そんななか、STVVの最終ラインで冨安とCBコンビを組む熟練工がその実力に太鼓判を押した。32歳のポルトガル人DFジョルジュ・テイシェイラだ。

     これまでポルトガル、イスラエル、イタリア、イングランド、スイス、ベルギーで活躍してきた渡り鳥は、ベルギー全国紙『HBVL』の取材に応じ、日本の若きサムライをこう評した。

    「シーズン当初はいろいろとアドバイスしたりもしたけど、本当にトミ(冨安)は試合を重ねるにつれてどんどん成長していったよ。彼はまだ若く、ディフェンダーとしての伸びしろもふんだんに備えている。輝かしい未来が待っているだろうし、遅かれ早かれもっと大きな舞台に到達するだろうね。個人的にはドイツのブンデスリーガが理想的かなと思う。イングランドは彼には向いてないように感じるな」

     ドイツのほうがベターだという具体的な理由には言及していないが、その目を見張るばかりの急成長に驚きを隠せない様子だ。

     日本代表と欧州リーグでハイパフォーマンスを連発し、飛ぶ鳥を落とす勢いの冨安。はたしてこの夏に活躍の場を移すのか。実に楽しみになってきた。

    4/22(月) 5:18 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010001-sdigestw-socc

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57527_ext_04_0_1555869246.webp?v=1555878415



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 07:15:40.95 ID:ayTyGR/w9
    2017年に関心が報じられたPSG、バルサ&レアルとの久保獲得レースに割って入るか

    パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間21日、2年連続でリーグ・アン優勝を果たした。
    フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらトップタレントを擁するフランス王者だが、
    来季に向けて2人の10代プレーヤーをターゲットとしており、そのうちの1人がFC東京のMF久保建英だという。
    フランスのスポーツ専門局「RMCスポーツ」が報じている。

    リーグ優勝に王手をかけていたPSGは2連敗で足踏みしていたが、21日の第33節モナコ戦を前に2位リールがトゥールーズと0-0で引き分けたため、連覇が決定。
    本拠地でのモナコ戦もムバッペのハットトリックに加え、ネイマールとカバーニも途中出場で復帰して3-1で勝利と、リーグタイトル獲得に花を添えた。

    そんなフランス王者は、2人の若手有望株に熱視線を送っているという。それがナンシーU-19の18歳フランス人FWビラル・ハッサニとFC東京の久保だ。
    記事では、「ハッサニと久保がターゲット」と題して伝えている。

    「スペインのメディアでも報じられたように、久保はPSGのターゲットの1人だ。
    しかし、日本人アタッカーの獲得レースは、バルセロナとレアルがリードしている。それでも、彼はPSGの真剣な関心の対象だ」

    PSGは2017年11月、バルサ下部組織出身の久保獲得に興味を示しているとフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」によって報じられた。
    一方で、バルサ復帰説は根強く、今年4月にはスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」でレアルが契約をしようと動いていると伝えられるなど、6月に18歳を迎える久保の去就報道は熱を帯びている。

    果たして、PSGはスペインの2大巨頭に割って入り、“久保争奪戦”に参戦するのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00184577-soccermzw-socc
    4/23(火) 6:40配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ