サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/22(日) 17:46:24.704 ID:o9WHQf2/0
    DJCNS5fW0AAzVMc

    南アフリカWCから8年もスターが誕生しないんじゃ
    人気下がって当たり前じゃね
    その間にテニスは錦織、フィギアは羽生、野球はダルや大谷とか出してきて
    ファンの興味をつないでるのに





    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/22(日) 15:54:17.38 ID:CAP_USER9

    23253_ext_04_0


     スウェーデン代表を率いるヤン・アンデルソン監督は元同代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの2018 FIFA ワールドカップ・ロシアでの招集を否定しているようだ。21日、スウェーデンメディア『TV4』が同監督のコメントを伝えている。

     イブラヒモヴィッチは2016年に行われた欧州選手権フランス大会を最後に代表引退を明言。しかし、スウェーデン代表がW杯プレーオフでイタリア代表に勝利し本大会出場を決めると、同選手は自身のSNSを通じて代表復帰希望を匂わせる発言を度々している。

     これを受け、同選手の代表復帰がささやかれているが、アンデルソン監督はイブラヒモヴィッチのW杯メンバー入りについて次のようにコメントし完全否定している。

    「ズラタンや他の多くの選手はユーロ2016終了後に代表チームから離れると発言しているし、その発言をリスペクトしている。だからここにきてメディアの想像や最近のズラタン本人のコメントを考慮に入れたりはしないよ。私はこれまでに交わしてきた会話の内容やコメントを考慮している。今になって招集することは絶対にないよ」

     同選手は4月にマンチェスター・Uからメジャーリーグサッカーのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍。デビュー戦で2ゴールを決めるなど負傷明けとは思えない輝きを取り戻している。

    しかし、同選手はオンライン賭博を行うBetherd社のアンバサダーに就任していることから、国際サッカー連盟の規定に抵触するためW杯に出場できない可能性も指摘されている。果たして、スウェーデンの“王様”はロシアの地に立つのだろうか注目が集まっている。

    4/22(日) 15:48配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00746902-soccerk-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180422-00746902-soccerk-000-1-view.jpg

    【サッカー】<イブラヒモビッチ>米人気番組に登場!「俺様のいないワールドカップはワールドカップじゃない」と“イブラ節”を炸裂
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524173777/





    続きを読む

    148: _ (ワッチョイ 6f97-KCyy [111.98.67.97]) 2018/04/16(月) 23:13:46.21 ID:uLRy/UJ80

    news_236654_1


    サンチェス加入はまだ時間が経ってないので成否を判断するのは早すぎるけど、 
    ●良い点 
    ①サイドや中央でキープしながらドリブルするので、スペースを作り出せるのと、味方の上りなどタメが作れる 
    ②成功率はともかく、チェレンジするパスがポグバ以外からも出せるように。 
    ③高い位置からチェイシングするのと、仲間を鼓舞できる。 
    ●悪い点 
    ①相手の守備が何であれ、ワンツーを多用(仲間にも要求)し過ぎ、アーセナルが何故トレセンと揶揄されてるのかわかって欲しい 
    ②左奥を使う頻度が激減。右側ばかりにパスをして、左側SBを有効的に使わない。さらにIHの位置に下り過ぎ。ポグバの位置を奪う。 
    ③シンプルに縦や横にはたく選択が減った。モウ戦術でカウンターは生命線なので、連携強化を。 

    ボールを無闇に保持しても、PLみたいにハイレベルなリーグでは点は入らないので、チャレンジパスを果敢に出来る部分だけでも十二分にプラスだと思う。あとは連携さえ・・・。

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/22(日) 05:37:07.78 ID:CAP_USER9
    ポルトやバルセロナなどで活躍した元ポルトガル代表MFデコ氏が来日していることが判明した。

    デコ氏は21日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節・浦和レッズ対北海道コンサドーレ札幌を元浦和MFロブソン・ポンテ氏らとともに現地で観戦。

    DAZNの中継にも映った。来日理由については「友達に会いにきた」とだけコメントしている。

    4/21(土) 19:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00746493-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/04/22(日) 11:48:10.16 ID:CAP_USER9

    Troussier


    2018年4月22日 9時30分
    21日放送、日本テレビ「Going!Sports&News」では、元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏にインタビュー。ワールドカップ(W杯)の2カ月前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任した日本代表について取材した。

    2002年の日韓W杯で日本を率いたトルシエ氏。自宅に甲冑や日本刀、仏像など、日本の物であふれ、当時の写真を大切に保管している同氏は、「あのときを思い出すとうれしくなる」と日本への想いを語った。

    西野朗監督の就任について、トルシエ氏は「日本人を理解し、ハリルホジッチの考えも理解しているので、これまでの代表と完全に断絶されることはない」と、「最善の決断だった」と評価した。

    1998年W杯で3カ月前に南アフリカ代表の監督に就任した経験を持つトルシエ氏は、「コンディションの良い選手で初戦のシナリオを描く」ことがまず大切とし、「どんなシナリオになっても動じないようにプラスアルファとなる選手について考える必要がある」と続けた。

    では、どんなメンバーを招集すべきなのか。トルシエ氏が「彼のいない日本は考えられない」と、まず名前を挙げたのは、「ゴールも決めるし、素晴らしいクオリティーもある」という本田圭佑だ。

    メキシコリーグで15試合7ゴール7アシストと結果を出している本田について、トルシエ氏は「キックが一流」と評価。フリーキックが重要な現在のサッカーにおいて、直接フリーキックを決められる本田は「大きな武器」になるとし、「私なら100%選ぶ」と太鼓判を押している。

    一方で、香川真司については「ドイツの1部リーグでプレーしているので、経験は豊富。技術もあり、ゴールを決められる」と評価しつつ、「コンディション次第では、かつての中村俊輔と同じ状況になるかもしれない」との見解を示した。

    日韓W杯で中村を外したトルシエ氏は、「コンディションが100%整っていれば選んでいた」と、状態が万全ではなかったと説明。先日負傷からの練習復帰が報じられたばかりの香川も、コンディションがメンバー入りを左右すると考えているようだ。

    その香川と「どちらかを選ぶことになる」とトルシエ氏が評価したのは、柴崎岳だ。「なんといってもバルセロナからゴールを奪った男だからね」「中盤の攻撃的な選手でアシストもゴールもできる」と、香川と比較される存在に挙げた。

    一方で、トルシエ氏は「試合が動かないときや戦術の相性で勝てないときがある。そんなときは稲妻が必要だ」ともコメント。「ドリブルで局面を打開してゴールを決めてくれるから重要」と、原口元気と乾貴士もキーマンだと指摘する。

    トルシエ氏は「原口はW杯に必要なフォワードそのもの。すばやく技術もあるので、PKを奪えるかもしれない。守備にも参加するし、チャンスになったらすばやく切り替え攻撃に参加することもできる」と絶賛。「100%メンバーに選ばれるでしょう」と、原口も欠かせない選手と推薦した。

    最後に、トルシエ氏は「選手全員に役目があることを気づかせることが大切。それが国の代表チームをつくるということ」だと、愛する日本代表に激励の言葉を送っている。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14613518/




    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/04/22(日) 09:01:13.48 ID:bldJMTX30

    news_211433_1


    こんなにワクワクせん試合ばっかなのはハリルが初めてや
    トルシエとかオシムとかザックとか何だかんだ夢をくれた





    続きを読む

    ↑このページのトップヘ