サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: 豆次郎 ★ 2017/06/18(日) 22:20:39.53 ID:CAP_USER9
    6/18(日) 20:24配信
    名門ACミランのレジェンドが26日にデビュー戦、コーチも「才能」を称賛

     サッカーのイタリア・セリエAの名門ACミランの元イタリア代表DFパオロ・マルディーニが49歳にしてプロテニスデビューを果たすことが明らかになった。ESPNが報じた。自身の公式インスタグラムでも「準備万端だ」と意気込みを示し、テニスウェア姿を公開している。

     イタリアのサッカー界のレジェンドが、戦いの場をフィールドからコートに移す。驚きの挑戦を報じたのは、ESPNだ。

     記事によると、ACミラン一筋で1985年から2009年までプレーした伝説的名手は今月、ミラノで行われるATPチャレンジャーツアー「アスプリア・テニスカップ」にワイルドカード(主催者推薦)で参戦することが決定。イタリア人テニス選手でマルディーニのコーチを務めている45歳のステファノ・ランドニオとともにダブルスで参加することになったという。

     49歳の誕生日を迎える26日にプロテニス選手としてデビュー戦を迎える。イタリア誌「テニス・イタリアーノ」によると、ランドニオは「パオロの才能は素晴らしいショットに加え、優秀なサービスにある。彼はボレーも向上している」と称賛している。

     過去、米国ではNBAのマイケル・ジョーダンが野球、デニス・ロッドマンがプロレス、NFLのティム・ティーボウが野球などに挑戦した例があるが、世界的なサッカー界の一流選手が他競技に挑戦するのは超異例だ。

     現在はマイアミのサッカークラブ経営に携わっているマルディーニだが、フィールドの上で示した絶大な才能をテニスコートでも示すことができるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010004-theanswer-socc
    【画像】赤黒のユニホームからテニス選手に“変身”…インスタグラムで公開したテニスウェアで笑顔のマルディーニ「準備万端だ」
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@ 2017/06/17(土) 05:43:41.11 ID:aBrtplRE0
    3年もしたらメンバー総入れ替えになってるやろ

    続きを読む

    1: ranran roo ★2017/06/18(日) 12:14:31.39 ID:CAP_USER9
    no title

    6/18(日) 12:10配信
    theWORLD(ザ・ワールド)


    日本人選手の価値を示した名手たち

    今でこそ日本人選手が海外のクラブでプレイすることも珍しくなくなったが、その道筋を作ってくれた選手たちの存在を忘れてはならない。日本人選手の価値を証明してくれた先人がいるからこそ、海外挑戦が現実的なオプションとなっているのだ。

    今回ポルトガルの『A Bola』は欧州で輝きを放った日本人MF5名と題し、日本人選手の価値を高めた名手をピックアップしている。

    まず1人目はドイツで活躍した奥寺康彦氏。同氏はケルン、ヘルタ・ベルリン、ブレーメンの3クラブで計9年間ドイツでプレイ。今年3月にフランクフルトMF長谷部誠に抜かれるまではブンデスリーガでの最多出場記録を持っていた。ケルンではリーグ制覇、国内カップ制覇を経験しており、今ブンデスリーガで多くの日本人選手が活躍している土台を築いてくれた人物だ。

    2人目は主にセリエAで活躍した中田英寿氏。同氏はローマでスクデットを獲得するなど、近年のサッカー界にビッグインパクトを与えた日本人選手だ。思ったような活躍ができないシーズンもあったが、ローマやパルマで活躍。同メディアは「日本のデイビッド・ベッカムと呼ばれた」と称えている。

    3人目は怪我に泣かされたが、フェイエノールトで今のヨーロッパリーグを獲得するなど活躍した小野伸二。同メディアは「あのヴェスレイ・スナイデルが絶賛していた」と紹介しており、若い頃の小野は世界が認める天才プレイヤーだった。

    4人目は中村俊輔だ。中村はセリエAやリーガ・エスパニョーラでは苦戦したものの、セルティックでは才能が爆発。同メディアも危険なキッカーと紹介しており、セットプレイの質の高さは世界に強烈なインパクトを残した。

    最後の5人目は、先輩たちの意思を継ぐ存在として香川真司だ。ドルトムントで香川はゴールを量産し、小野や中村俊輔とは異なる新たなタイプとして世界を驚かせた。テクニックはもちろん、ゴール前に飛び込む嗅覚と俊敏性はプロを目指す子供たちに新たなモデルを提供したと言える。

    今では日本人選手も海外でプレイするのが当たり前のようになってきているが、それも彼らの頑張りがあってこそだ。海外に挑戦する選択肢を維持していくためには、今後も海外挑戦組がしっかりと結果を出していくしかないのだろう。

    http://www.theworldmagazine.jp/

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00010006-theworld-socc
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/06/18(日) 00:15:49.08 ID:+wieabMk0
    no title



    続きを読む

    1: Egg ★@2017/06/16(金) 12:55:35.31 ID:CAP_USER9
    スカパーJSAT株式会社は16日、18-19シーズン以降の2シーズンで日本人選手が多数在籍する
    ブンデスリーガの独占放送権および配信権(地上波を除く)を獲得したことを発表した。

    今回の締結には、スカパーはリーグ戦全34節の全9試合の他、
    プレビュー、ハイライト番組、スーパー杯、入れ替え戦の放映権が含まれている。

    ゲキサカ 6/16(金) 11:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-01640935-gekisaka-socc

    スカパー! 
    https://soccer.skyperfectv.co.jp/info/554

    続きを読む

    1: ranran roo ★@ (★ 999b-53sV [202.78.227.33]) 2017/06/16(金) 23:17:39.72 ID:CAP_USER9

    2017年06月16日 19時10分

    no title



    講演を行った本田

     サッカー日本代表FW本田圭佑(31=ACミラン)が16日、金沢市内の金沢大学で講演を行った。

     本田の姿をひと目見ようと約600人収容の講演会場に学生が殺到し、800人ほどが中に入り切れない事態となる大フィーバーぶり。星稜高時代の3年間を過ごした“第2の故郷”での人気ぶりを証明した。

     本田は「時間は限りあるものだと意識して生きている。サッカー選手だけとして終わりたくない。やりたいことは全部やりたい」と最近力を入れている実業家としての顔ものぞかせながら今後の人生設計をチラリ。「うまくいかない時ほどビッグマウスに。うまくいっている時ほど謙虚に」と自らの代名詞である“オレ様節”の哲学も披露した。

     そして「来年のW杯に出られるか、そしてW杯に出てそこで活躍できるかが、僕のサッカー人生の集大成になる。勝つためなら、どんな犠牲を払ってでも何でもやる」と激白。大詰めのロシアW杯アジア最終予選、そして来年の本大会を見据えて戦うハリルジャパンを日本代表として“最後の舞台”と位置づけた。

     強い覚悟を表明した本田が、これからどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/06/17(土) 09:02:05.12 ID:8a0+WvNI0

    C9LPRADVYAAefHB


    やっぱりハゲはダメやね

    続きを読む

    1: ののの ★ 2017/06/15(木) 18:55:41.20 ID:CAP_USER

    9f85d8af-s


    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HT1_V10C17A6000000/

    2017/6/15 18:01

     英動画配信サービスのパフォームグループは15日、傘下の「DAZN(ダ・ゾーン)」を通じ、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)などの日本での独占放映権を獲得したと発表した。2018~19年シーズンから3シーズンが対象。これまで手がけてきたスカパーJSATホールディングスにとって、Jリーグ放映権を失ったのに次いで痛手となりそうだ。

    今年のチャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めたレアル・マドリードのロナウド=ロイター
    画像の拡大
    今年のチャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めたレアル・マドリードのロナウド=ロイター
     ダ・ゾーンが独占放映権を獲得したのは、実力、人気ともクラブサッカーで世界最高峰とされるCLのほか、ヨーロッパリーグ(EL)、CLとELの前季の優勝クラブが戦うスーパーカップの3つのコンテンツ。20~21年シーズンまで、プレーオフから決勝トーナメントまで全試合のライブ中継をする。見逃した顧客向けの動画配信やハイライト映像も流す。

     ダ・ゾーンは17年からJリーグと10年契約を結び、日本のサッカーファンの獲得に本腰を入れている。日本でも根強い人気のチャンピオンズリーグも独占放映権を取得し、一段と攻勢をかける。

     一方、スカパーは長く同社のコンテンツの柱だったJリーグの放映権をダ・ゾーンに奪われ、顧客をつなぎ留める新たなコンテンツ探しが急務だった。その矢先でチャンピオンズリーグも逃したことになり、顧客流出が進む可能性がある。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ