サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: Marine look  2017/03/16(木) 23:43:50.90 ID:CAP_USER9
     日本サッカー協会の小倉純二最高顧問(78)が16日、低迷気味の日本代表人気に危機感を示した。
    15日にテレビ朝日系で生中継された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド第3戦「日本対イスラエル」の視聴率が、27・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と発表された。

     東京・文京区のJFAハウスで開催されたフットサルW杯招致委員会に出席した後、小倉最高顧問は「野球の日本代表に興味が集まることはすばらしいこと」と話した上「あの視聴率には危機感を持っている。サッカー界全体がそういう意識を持たないといけない」と話した。

     また同最高顧問は「今、継続中のW杯最終予選の視聴率は21%が最高だった。以前はW杯最終予選は30%を超えていたわけだから、サッカー界全体が危機感を持たないと」と話した。
    昨年、W杯最終予選は5試合が行われ、最高を記録したのは、11月15日にテレビ朝日系で放送されたW杯アジア最終予選「日本-サウジアラビア」の平均視聴率は21・8%(関東地区)だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793027-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/03/16(木) 16:09:41.96 ID:CAP_USER9
    快進撃を見せる侍ジャパン。2次ラウンドのキューバ戦が行われた14日夜、東京・四谷にある野球ファンの聖地、居酒屋「あぶさん」には、野球ファンがあふれた。テレビ観戦したファンは、侍ジャパンの一挙手一投足に声援を送り、最後は勝利に酔いしれた。

     試合開始時刻の午後7時には客は半分ほどだったが、仕事終わりのサラリーマンなどが徐々に集まり、終盤にはほぼ満席となった。

     ヤクルトファン歴5年の会社員浅沼健太朗さん(29)は、ヤクルト山田哲人内野手の2本塁打に「これだけ復活してくれてうれしい。仕事を頑張れます」と歓喜。日本ハム増井浩俊投手の高校の後輩という大学4年生の渡辺義さんは「ユニホームをいただいたりしました。偉大な先輩。最高です!」と満面の笑みを見せた。

     店主の石井和夫さんは、青学大出身の小久保裕紀監督と学生時代から面識があるといい、「頑張ってほしい」とエールを送っていた。

     故障のためWBC出場を辞退した日本ハム大谷翔平投手のファンという会社員の向まさみさん(30)は、「大谷がいないWBCなんて…と思っていたけど、なんだかんだで熱が入ります」と話し、「明日は東京ドームへ(イスラエル戦を)観戦しに行きます。明日も勝ってくれると信じています」と熱弁した。

     医療事務職の松岡カリンさん(32)は野球ファンが増えていることを実感しているという。「これからも見ようかな。WBCで野球に興味をもった友人も多いです」と話した。

     盛り上がりを見せる一方で、WBCの問題点を指摘するファンもいた。スポーツビジネスを学んでいる大学4年生の藤本洋平さんは、自身の海外経験をふまえ、「サッカーのワールドカップと違い、開催国以外の認知度が低いのが問題」と分析。スポーツ界全体におけるWBCの位置づけを不安視する声も聞かれた。

    [2017年3月15日0時50分]
    http://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/1792306_m.html?mode=all

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2017/03/15(水) 23:51:45.95 ID:CAP_USER9
    スポーツ韓国 2017-03-15 14:20

    20140627-00206111-soccerk-000-3-view



    チョン・モンギュ大韓サッカー協会長が「2030年韓・中・日ワールドカップを推進する」意思を表明した。

    チョン会長は15日午後2時、水原SKアトリウムで開かれたFIFA(国際サッカー連盟)U-20ワールドカップコリア2017組み分け抽選式を控えて
    取材陣と会った席で「インファンティーノFIFA会長とも対話を交わしてみた」としてこのように言った。

    彼は「もちろん今の政治状況では難しいが」と前置きしながらも「時間が経てばよくならないか」と言った。

    引き続きチョン会長は「これからはワールドカップが48ヶ国に増えた。一つの国で開催するのは負担になるしかない」とし
    「できれば北朝鮮までも考慮して4ヶ国共同開催も考慮している」と伝えた。

    しかし、最近日本サッカー協会長が共同開催推進に対して「初耳」と言ったことと関しては「まだ具体的な対話を交わしていない」と線を引いた。

    http://news.nate.com/view/20170315n22461?mid=n1007

    1
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489562619/

    続きを読む

    1: 名無しステーション 2017/03/15(水) 21:12:12.66 ID:RQTc03egp

    428_1


     
    五分五分?

    続きを読む

    1: Egg ★2017/03/15(水) 10:21:31.62 ID:CAP_USER9
    CqGLreXUIAA7v7r

     
     元ブラジル代表の名サイドバックであるカフー氏は、同国代表の現エースであるバルセロナのFWネイマールを称賛し、「サッカーの王様」ペレ氏のゴール記録を上回ることも可能だと語った。国際サッカー連盟(FIFA)が公式サイトでインタビューを伝えている。

     18歳でブラジル代表にデビューしたネイマールは、今年2月にようやく25歳となったところだが、すでに代表歴代4位の50ゴールを記録。ロナウジーニョやリバウド、ベベットらの名選手の通算ゴール数を上回っている。

     現時点でネイマール以上のゴール数を記録しているのは、いずれもレジェンド級の選手ばかりだ。歴代4位はロマーリオ(55点)、3位はロナウド(62点)、2位は日本でもプレーしたジーコ(66点)。そして77点での1位にペレ氏が君臨し、1971年以来頂点の座を守り続けている。

     このまま順調に活躍を続ければ、ネイマールがその記録を更新することも不可能ではないかもしれない。「全ての記録は破られるためにある。もちろんネイマールにはその力がある。彼はまだ若く、時間は彼の味方だ。今のようにプレーを続けていけば、可能性は十分にあるだろう」とカフー氏は見通しを述べた。

     ブラジル代表としてワールドカップ4大会に出場したカフー氏自身は、142キャップという同国代表の最多出場記録を保持している。現在74キャップのネイマールは、いつかはその記録を脅かすことにもなるのだろうか。

    フットボールチャンネル 3/14(火) 23:32
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010038-footballc-socc

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/03/10(金) 17:36:57.076 ID:iNTcGBNA0

    38f58e120ba87e5ef65d09d6138336ff

     
    どこだっけ

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/03/14(火) 00:10:56.326 ID:f3A5rExx0
    わざわざ力入れてつま先避けて蹴ってる時点でアホやん
    つま先でケロよ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ