サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    no title


    歌手の小柳ルミ子(62)が19日、都内でWOWOWの『クラシコ 至高の観戦術~バルサ×レアル 伝統の一戦を語ろう~』(3月1日 前11:45※無料放送)の収録に参加。
    実は小柳は10年来の欧州サッカーファン。サッカー関連番組初出演に「サッカーのことを語れる番組出るのが夢でしたから、めちゃく、ちゃうれしい」と上機嫌で、
    収録中も語り出したら止まらない、メッシの境遇に感極まって涙するサッカー愛を見せつけた。

    2002年FIFAワールドカップ(W杯)日韓大会以降、サッカーだけでなく、ファッション、エンタメ業界でも注目を浴びていたデイビッド・ベッカムに引かれ、
    「世界中の大人がなんでこんなに夢中になるんだろう。きっと面白いスポーツなんだろうなという思いから観始めた」といい、あっという間にハマった。

    昨年6~7月に開催されたW杯ブラジル大会は、全64試合をテレビ観戦。
    日頃から、サッカーの放送スケジュールをチェックし、時間がある限り観まくっているという。
    そして、自身のブログにせっせと感想を書き込み、いつしかその試合分析眼は、玄人はだしに。
    スポーツ専門誌『Number』のインタビュー取材に応じたこともある。

    それらを見聞きしたWOWOWのスタッフが今回、3月23日に現地から独占生中継するスペインサッカー、
    リーガ・エスパニューラで「クラシコ」と呼ばれる伝統の一戦「バルセロナ×レアル・マドリード」(前4:45)の告知番組への出演をオファー。
    小柳本人にとっても待望のサッカー番組への出演が実現した。

    現在の一番のお気に入りはメッシ。「ドリブルもパスまわしも、すべてのバランスのとれた選手。ひたむきさやゴールに向かう貪欲さ、
    そういうプレースタイルが好きなのかな」とうっとり、ほほを赤らめた。
    「あと何年、現役でプレーできるかわからないけれど、メッシやクリスティアーノ・ロナウドと同じ時代を生きている自分が本当に幸せ。
    生きている間に生で試合観たいです」。

    メッシとC・ロナウドのライバル関係に「私にもデビューした頃、天地真理ちゃんという好敵手がいた。
    私がメッシで、真理ちゃんがC・ロナウドかな(笑)」と自身を重ね、収録では「サッカーは人生、社会、仕事、対人関係の縮図だ」という名言まで飛び出した。

    「サッカーからいろんなことを学ぶし、雪の日も雨の日もドロドロになりながら命がけでゴールを目指している姿は、我々の仕事にも共通するし、尊敬に値する。
    いろんな楽しみ方ができるので、ぜひ観てほしい」と熱弁。「スポーツはサッカーにかぎらず野球もテニスもゴルフも大好き。
    これを機にスポーツコメンテーターのような仕事もできたらいいな」と生き生きと話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000354-oric-ent
    オリコン 2月19日(木)21時38分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000354-oric-ent.view-000
    欧州サッカーの魅力を語った小柳ルミ子

    続きを読む

    Movie Walker 2月18日(水)13時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000017-mvwalk-movi
    デビッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカムの娘ハーパーが、3歳にして完璧な着こなしを披露し、絶賛されている。

    ヴィクトリアがデザイナーを務めるブランド、ヴィクトリア・ベッカムは、今年も現在ニューヨークで開催されている
    NYファッションウィークに参加している。ヴィクトリアを応援するため、夫デビッドとベッカム家の3人の息子たちと
    娘のハーパーが極寒のニューヨークに入った。

    その際にハーパーは、イタリアのブランド、モナリザのアイビーのコート(約3万9000円)にスキニージーンズ(値段不明)、
    クロエのキャメル色のつば広帽(約1万1000円)、赤いタートルネックセーター(約1万8000円)、そしてブーツ(約3万円)と、
    トータル10万円以上の圧巻のコーディネートで登場した。

    ファッションデザイナーであるヴィクトリアの娘とあって、生まれた時からハーパーのファッションには注目が集まっており、
    これまでもトム・クルーズとケイティ・ホームズ元夫妻の娘スリに次ぐ、幼児のファッションアイコンといわれてきた。

    しかし今回は、「もちろんヴィクトリアのチョイスもあるが、ハーパーも自分の意思が強くなってきている。
    これまでのファッションと比べてみても、コーディネートが完璧なだけではなく、服を着こなしている。
    センスが抜群だ」と、一般人のみならずファッション界からも称賛の声が上がっている。

    ヴィクトリア・ベッカムのファッションショーでは、ベッカムはじめ、3人の息子たちは黒いスーツ、
    ハーパーは黒いワンピースとお揃いの黒づくめのファッションで最前線を占拠し、大いに注目を集めたようだ。【NY在住/JUNKO】

    画像 ベッカム家の娘ハーパーちゃん、3歳にしてこの貫禄!/写真:SPLASH/アフロ
    no title

    続きを読む

    no title


    12日にイギリスの国際競売会社サザビーズで行われたオークションで、バルセロナの
    アルゼンチン代表FWリオネル・メッシと現代美術家の村上隆とのコラボレーション作品
    「Lionel Messi and a Universe of Flowers」が42万8000ユーロ(約5780万円)で落札された。
    イタリア『トゥットスポルト』紙など各国メディアが伝えている。

    この作品は、世界の子供の11人に1人が初等教育を受けられていない現状を世界に人々に
    知ってもらうため、国際児童基金(ユニセフ)がバルセロナ財団などと協力して始めた
    チャリティキャンペーン「1in11」(11人に1人)のために製作されたもの。キャンペーンにはメッシ、
    村上氏の他に先月開催された全豪オープンで優勝したプロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズや、
    イギリスの現代美術科ダミアン・ハーストらが参加している。

    今回得られた収益金はネパールやバングラデシュ、インドネシアなど東南アジア諸国の
    教育支援に充てられることになっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150213-00010004-fballista-socc



    続きを読む

    no title

    サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」がワールドカップ(W杯)で優勝したのが2011年。 
    以来、アジアの女子サッカー界を先導するが、それ以前にアジアの強豪として君臨したのが中国女子だった。
    最近の成績は芳しくなく、15年6月にカナダで開幕されるW杯での復権を期す。
    そんなチームで、インターネットで「モデル並み」と美貌が評判なGKが脚光を浴びている。

    中国メディアによると、サッカー女子中国代表は1月23日、6月開幕のカナダW杯に向けた強化合宿を開始した。
    合宿でひときわ輝いているのが、23歳のGK趙麗娜(ジャオ・リーナー)。
    清楚なルックスだけでなく、187センチの長身で、モデル体形。

    ネットユーザーからは「サッカー中国女子代表に再びこんな美女が」
    「ファッションモデルにならないのは残念」などのコメントが寄せられるほどだ。

    中国女子は1986年から99年までアジア・カップ7連覇や、96年アトランタ五輪銀メダル、
    99年女子W杯で準優勝した経験を持つ強豪。
    2006年のアジア杯では当時18歳でMVPを獲得したFW馬暁旭やFW韓端ら若手を中心に
    3大会ぶりにアジア制覇を果たし、「女王健在」を印象付けた。

    だが、11年女子W杯、12年ロンドン五輪ではともにアジア最終予選で敗退し、低迷期に陥った。
    14年5月のアジア杯で優勝した日本に、延長後半ロスタイムに失点し、惜敗。
    ハオ・ウェイ監督は「シュートの精度を上げることが課題だが、現在の実力は五分五分だ」と強調した。

    それだけに6月のW杯に向けて、ハオ監督は「目標は8強だ。もちろん現在の状況では努力が必要だが」
    とし、課題に若手の底上げを掲げる。

    となれば、23歳の趙麗娜も注目株の1人。
    以前はロックバンドのドラマーだったという彼女だが、今はサッカーに夢中とか。

    http://www.sankei.com/premium/news/150208/prm1502080015-n1.html

    画像
    http://www.sankei.com/images/news/150208/prm1502080015-p2.jpg
    no title

    続きを読む


    zltn

    卓越した語学力を誇るイブラヒモビッチ

    パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが卓越した語学力を駆使して
    主審を侮辱しているとライバルクラブの監督が告発している。英国営放送BBCが報じている。

    “天上天下唯我独尊”を地で行くイブラヒモビッチのピッチ上での行いを批判したのはフランス1部首位リヨンを率いるウベール・フルニエ監督だ。

    「このリーグのすべてのレフェリーはこの男によって侮辱されている。レフェリーはバイリンガルでもトライリンガルでもないので、彼らは理解できない。
    つまり、レフェリーを侮辱するためにイタリア語か英語で話した方がいいということになる」

    8日のPSG戦を前にした記者会見で、指揮官は衝撃的な告白を行ったという。

    PSGの「背番号10」は圧巻のプレーやセンセーショナルな言動のみならず、語学力もずば抜けている。
    スウェーデン語、セルボ・クロアチア語に加え、流暢な英語とイタリア語、日常会話程度のスペイン語を操る。

    審判のジャッジにフラストレーションを募らせた場合、フランス人主審の理解できないであろう言語をチョイスし、
    罵詈雑言を投げかけているというのだ。

    「我々はズラタンの挑発行為に負けないように願う」

    そして、フルニエ監督は日曜日の決戦で笛を吹くことになるクレモン・タルパン主審について、
    「最も挑発されるである人間はタルパン氏になるだろう」とも語っている。

    フルニエ監督の告発はサッカー界の異端児に対するフランス人レフェリーの警戒を高める作戦であるのかもしれないが、
    普段の言動を鑑みれば、卓越した語学力を侮辱行為に活用するイブラヒモビッチの姿も容易に想像がついてしまうのも事実。

    「私のチームには挑発をしないでもらいたいし、レフェリーに対する侮蔑も望まない。
    我々はズラタンの挑発行為に負けないように願うばかりだ」

    フルニエ氏はそう語っている。指揮官は3位のPSG戦を前にイブラヒモビッチに強い警戒心を抱いているようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150207-00010008-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 2月7日(土)18時7分配信

    続きを読む

    138: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 16:51:47.56 ID:YFSSm4940.net
    衝撃!試合中にU22ウズベク代表がU22韓国代表をボコボコに殴る! 




    http://giant.gfycat.com/BigheartedThickBluet.gif

    続きを読む


    ツイッターへの当クラブに関する書き込みへの対応について

    過日、フットボールチャンネル編集長のツイッターに、
    当クラブがあたかも不正会計を行っているかのような事実に基づかない書き込みがありました。

    大宮アルディージャは例年、外部の監査を受け適切に決算手続きを行っているところでありますが、
    本件を受けクラブとして大変遺憾であることから、
    フットボールチャンネルの運営会社の株式会社カンゼンに対して厳重に抗議をしてまいりました。

    そしてこのたび株式会社カンゼンは事実の誤認を認め、
    フットボールチャンネル内にてコメントを掲載しましたのでここにご報告いたします。

    ファン・サポーターの皆さまにおかれましては引き続き当クラブへの変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

    http://www.ardija.co.jp/news/detail/6508.html

    お詫び
    http://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2015/01/20150129_footballchannel.jpg
    http://www.footballchannel.jp/2015/01/29/post68909/

    当人
    no title


    関連記事
    https://twitter.com/foot_ch/status/362241145595637761
    しばき隊 清義明
    http://www.footballchannel.jp/tag/sei-yoshiaki/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ