サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: オモシロニュース

    1: 豆次郎 ★ 2018/03/28(水) 17:27:12.47 ID:CAP_USER9
    GettyImages-647981740-1-738x490


    3/28(水) 16:45配信
    【ベルギー・リエージュ27日(日本時間28日)発】日本代表の元エースが“復権”に失敗した。キリンチャレンジカップ・ウクライナ戦に臨んだ日本は、またもふがいないパフォーマンスで1―2と敗戦。ロシアW杯本番に向けて大きな不安を露呈し、ラストチャンスと言われる中で先発したFW本田圭佑(31=パチューカ)はインパクトを残せなかった。試合後はバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の方針にも異論を唱えるなど、自身3度目のW杯出場に暗雲が漂っている。

     約6か月ぶりのスタメンだったが、代表での“定位置”の右サイドでアピールはできなかった。サイドで起点になろうと懸命にボールをキープするものの、チームの攻撃を遅らせるばかり。スピードと運動量が足りない場面も目立ち、チャンスをつくり出すこともできないまま後半19分にピッチを去った。

     本田は「個人的には満足できないですけど、負けた以上ね。ただ、正直もうちょっとやりたかったなというのはありますね」と悔しさをにじませた。その理由について「前半から(敵の)サイドバックを走らせていた部分があったから。サッカーは奥深くて、最初の布石が後半になって生きてくる場面での交代やったので個人的には悔しいですよね」と解説した。

     その上で「監督にもっと見てみたいと思わせられなかった自分に非があるのはわかってますけど」とも。昨夏にレベルの高い欧州を離れてメキシコリーグへ移籍。ようやく調子を取り戻して代表復帰。しかし先発の好機も生かせずにロシアW杯メンバー入りが遠のいたことは、十分に理解しているという。

     ただ、自身よりもチームの状態の方が気がかりのようだ。23日のマリ戦(1―1)でも結果が出せずにチームは空中分解寸前。そんな状況で迎えたウクライナ戦も力負けとW杯に向けて不安は尽きない。「対策としては(試合を)支配することが大事で、結果として守備もよくなると考えている。ただ、チームがそれ(支配率)を大事にしているかというと、明らかに違う」とハリルジャパンの戦術と方針に異論を唱えた。

     さらに選手個々が能力を発揮できていない現状について「個以外のものが、個を引き立たせるというのもありますよ。それができていないというのはあるでしょうね」と、選手の特長を引き出すような組織的な戦いができていないと指摘。つまりはハリルホジッチ監督の戦略こそが日本代表が低迷している原因であると言わんばかりだ。

     とはいえ、3度目のW杯出場を目指す本田は指揮官の評価を覆すようなパフォーマンスを見せられなかったのも事実。今後もクラブでアピールを続けるが、5月31日に発表されるW杯メンバー入りはますます厳しい状況になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000037-tospoweb-socc




    続きを読む

    76: 名無しさん@恐縮です 2018/03/28(水) 07:32:37.46 ID:jII5nzw/0
    url


    マラドーナ世代としてはメッシにマラドーナを超えてほしかったが、こりゃメッシがいたら優勝できるってレベルじゃねーな 
    あの準優勝が精一杯なんだろーな 

    もちろんメッシが偉大なのは当然だが、やっぱりクラブでどんだけ活躍してもワールドカップで活躍してねーとそれだけの選手かってなるし 
    ジョージ・ウェアだってミランで化け物だったけど、サッカー知ってる連中は知ってても、全世界的な知名度ねーしな 

    ニワカが聞けば、このままじゃマラドーナ>メッシなるよ 

    それも仕方はないが、メッシが不憫ではあるな 
    マラドーナの登場の衝撃はこれまでの選手とは比べ物にならんものだったし 
    口で説明するのは難しいが、明らかにメッシの登場より衝撃的だったわ 
    勿論ワールドカップ効果もあるだろーが 
    このままじゃメッシがクラブで地味に凄いってだけの選手になるのがアルゼンチンファンのオレとして残念でしかねーわ 

    マラドーナはマイケル・ジョーダンと並び称される神だったわw 
    https://www.youtube.com/watch?v=MqRPl8fR3v8
    続きを読む

    4: U-名無しさん (ワッチョイW 3ef8-PqZm) 2018/03/28(水) 01:45:58.38 ID:pcp35d7V0

    DZTQYykV4AEUcaz

    厳しい、厳しすぎる。 

    サッカーダイジェスト@weeklysd 
    【ウクライナ戦|戦評】なぜゴールを狙わない! 先発した3トップのシュートは驚愕の0本 | サッカーダイジェストWeb 
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=37776 
    #サッカー #サッカー日本代表 #日本代表 #代表 #代表戦 #日本代表サッカー #ハリルjapan #ハリルホジッチ #ハリルジャパン #ウクライナ戦 #ウクライナ
    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/03/28(水) 10:09:44.20 ID:CAP_USER9
    「韓国は日本より弱いというのが事実だ」
    download

    ポーランド紙ポールスカタイムズは28日未明(韓国時間)、韓国との親善試合で
    3-2で勝ったことを喜んだが、自惚れてはならないと報じた。
    W杯出場確定後の親善試合での未勝利を断ち切って勝利した心理的な利点だけを享受すべきと指摘した。

    ポールスカタイムズは「韓国は守備的な試合をした。よってポーランドがボールを
    進めてプレイしやすかった」と分析した。韓国代表チームの「速度が遅かった」とも評価した。
    「相手のプレーに対応しやすかった」とし、「逆襲状況でのパスも雑だった」と指摘した。

    韓国に機会もあった。イ・ジェソンとソン・フンミンの右からの機会について
    「シュートが無気力だった。シュチェスニーがキャッチするのに何の問題もなかった」と
    脅威的ではなかったとした。後半にスコルプスキが交代出場してから2失点が出てきたとし、
    後半の大量交換により2点差を追いつかれたものと分析した。結局ジエリンスキが得点して勝利を守ることができたと整理した。

    ポールスカタイムズは「韓国は日本より弱いというのが事実」とし、
    「選手たちがリーグで見せている競技力が出ていない」として
    残りの期間ポーランド代表チームは競技力をより引き上げなければならないと指摘した。
    「この勝利ですべてがうまくいっていると思ってはいけない。ワールドカップ本大会は全く別の舞台」として
    韓国戦での競技力を参考にしてはいけないとした。

    http://sports.news.nate.com/view/20180328n05115



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/28(水) 07:36:00.82 ID:Fe3TMmED0

    DZVdfTKW4AAon1L


    【得点者】
    12分 1-0 ジエゴ・コスタ(スペイン代表)
    27分 2-0 イスコ(スペイン代表)
    39分 2-1 ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン代表)
    52分 3-1 イスコ(スペイン代表)
    55分 4-1 チアゴ・アルカンタラ(スペイン代表)
    74分 5-1 イアゴ・アスパス(スペイン代表)
    75分 6-1 イスコ(スペイン代表)

    やばない?

    続きを読む

    75: 名無しさん@恐縮です 2018/03/28(水) 07:45:04.14 ID:iM3yJx6w0

    japan_201405240012150b3


    ザックJapanのチームの完成度ハンパじゃなかったよな。メンバーほぼ固定してたのもあると思うけど 
    あのチームで結果出せなかったのはホント痛いと思うわ。マジで4年間積み重ねてきたものをぶつけた感じだったからな 
    その点、今回の代表は一夜漬けで本番突入感がするから気が楽っちゃ楽




    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/03/28(水) 07:29:57.41 ID:CAP_USER9
    個々のメンタリティに不満をぶつけた大迫。その想いは…

    no title


    [キリンチャレンジカップ]日本1-2ウクライナ/3月27日/スタッド・モーリス・デュフラン
     
     ベンチから戦況を見守った日本のエースが、試合後に残した言葉はあまりにも重かった。
     
     1-2で敗れたウクライナ戦をベンチで見守っていた大迫勇也(ケルン)は、個々のプレーを一刀両断。「シュートが打てなかったのも課題ですが、選手がもっと責任感を持ってプレーしないといけない」という言葉でチームに苦言を呈した。
     
     スタメンに名を連ねたマリ戦。ベンチから戦況を見つめたウクライナ戦。「無責任な感じが見て取れたし、言われたことをやっているだけの選手がいた。プレーをしていても、ベンチでもその部分を凄く感じる」と、大迫は個々の意識に大きな問題があると言う。
    「危機感はもちろんあるし、このままではダメだとみんな分かっている」としたうえで大迫は、「原因を外に向けるのではなく、自分たちに向ける重要性を知らないといけない。まずは自分たちに(矢印を)向けるべき」と精神面での課題を指摘。ロシア・ワールドカップを迎えるにあたり、考え方を抜本的に見直すべきだとした。
     
    「選手一人ひとりがやれることは限られますけど、また集まった時にみんなで団結して、また代表で良い結果を残せるように考えていくだけ」

    日本を背負うストライカーの願いはチームに届くのか。開幕までの時間は残り3か月だ。

    3/28(水) 7:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00037838-sdigestw-socc




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ