サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: チェルシー

    1: YG防衛軍  2017/02/07(火) 18:53:15.79 ID:CAP_USER9
    サポーターの間では「どの選手がそのシーズン、最も活躍したか」や「どのシーズンのチームがよかったか」といった議論が白熱する。しかし、チェルシーのサポーターの間でそう言った議論が巻き起こることはない。

    簡潔に説明するなら、ここ15シーズンの陣容がチェルシーの歴史の中で最も輝かしいものであることは明らかだからだ。サポーターの選ぶクラブ史上最高の選手も、この期間にクラブに在籍していた選手の中から選ばれる。

    チェルシーは近年ビッグクラブへの飛躍を遂げたクラブだ。偉大な選手として挙げられる選手の多くは、同じ時期にチェルシーの選手としてプレーした経験がある。そんな偉大な功績を残してきた選手たちの中で、一際目立つ選手がいる。フランク・ランパードだ。

    フランク・ランパードはチェルシーの歴史上で最高の選手である。もしかしたらイングランド史上最高の選手だったかもしれない。

    ランパードを中心としたチェルシーは、まるで以前まで存在したクラブに代わって新たに誕生したかのような変化を遂げ、クラブとして新たなステージ突入した。

    今、世界中で知られている“近代的なチェルシー”は、ボビー・タンブリングやピーター・オスグッド、ロン・ハリスが活躍したチェルシーとは違うチームだ。そしてランパードは“近代的なチェルシー”における「キング」だ。ジョゼ・モウリーニョは彼を「世界最高の選手」と形容した。ジョン・テリーは彼をチェルシー史上最高の選手だと言う。彼らの意見に誰が反対するだろうか。

    ランパードは長きに渡って安定したパフォーマンスを見せた。それによって彼の名前はほとんどのプレミアリーグの記録に刻まれることとなった。ゴール数、アシスト数、出場試合数、どの指標のランキングにおいても、ランパードの名前は現れる。20年にもわたってプレーすれば、なんらかの記録に名前を残すことはできるかもしれない。しかし、ランパードに関して言えば、試合に出場し続けてきただけではない。

    1.5列目でも、2列目でも、さらに後ろの位置でプレーしたときも、彼は偉大な選手としての名声を確固たるものにしていった。そして最後に1シーズンを過ごしたマンチェスター・シティでは、まだ数シーズンは第一線で活躍できる力があることを見せつけた。

    ここまで記録の話をしてきたが、ランパードの功績を数字だけで判断することはできない。プレミアリーグにおける609試合出場、177得点、102アシストが偉大な記録であることに間違いないが、よりスポットライトを当てられるべきなのはパフォーマンスの中身だ。

    ランパードは2001年にウェスト・ハムから1100万ポンド(約15.3億円)の移籍金でチェルシーに加わった。当時は多くの人が高すぎる金額だと思っていた。ロシアの資源ビジネスで築いた巨額の富でロマン・アブラモビッチがチェルシーを買収したときには、彼もクラブの変革に伴って退団を余儀なくされる選手の1人になるとみられていた。

    しかし、ふたを開けてみれば、チェルシーが中盤にどんな選手を補強しようと、ランパードがポジションを明け渡すことはなかった。ファン・セバスティアン・ベロン、ミヒャエル・バラック、デコ、ファン・マタ、オスカル……。名だたるワールドクラスの選手たちを打ち負かすパフォーマンスを披露し続けたのだ。

    ランパードが現役生活を送った同じ時代に、彼より優れた才能を持つフットボーラーはいた。何をもって「才能」と呼ぶかは議論を呼ぶところだが、少なくとも創造性やテクニック、ボールコントロールといった能力でランパードを凌駕する選手は一人や二人ではない。だが、一つ確かなことがあるとするなら、ランパードが送った15年間を同じように過ごせる選手は誰一人いないということだ。

    しかもチェルシーはプレミアリーグで残留すれば「成功」とされるようなクラブではない。毎年、毎月、いや、毎試合、世界中のフットボールファンから厳しく評価される立場にある。プレミアリーグで優勝争いを演じなければならない宿命を背負ったクラブだった(その立場にクラブを育てたのも、ランパードの功績だったわけだが)。

    厳しいシチュエーションにありながら、ランパードは常にファンからの高い期待に応え、さらに高い期待をファンに抱かせた。

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2016/12/12(月) 12:14:58.57 ID:CAP_USER9
    AFP=時事 12/12(月) 12:13配信

    16-17イングランド・プレミアリーグ第15節、チェルシー対ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン。得点を喜ぶチェルシーのジエゴ・コスタ(右)とセスク・ファブレガス(2016年12月11日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】16-17イングランド・プレミアリーグは11日、第15節の試合が行われ、チェルシー(Chelsea)が1-0でウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(West Bromwich Albion、WBA)を下し、単独首位に返り咲いた。

    【写真】観戦に訪れたランパード(その他全9枚)

     アントニオ・コンテ(Antonio Conte)監督率いるチェルシーは、前日の試合でアーセナル(Arsenal)が勝利したことで、首位の座を暫定的に奪われていたが、試合終盤のスペイン代表ジエゴ・コスタ(Diego da Silva Costa)のゴールで、ガナーズ(Gunners、アーセナルの愛称)との勝ち点差を再び3とした。

     コスタが今季12得点目を記録したチェルシーは、2007年以来となるリーグ戦9連勝を飾った。ロンドン(London)に本拠地を置くチームは、今回の連勝の間に23ゴールを記録している一方、失点はわずか2に抑え、コンテ監督就任1年目でのタイトル獲得へ向けて順調に進んでいる。

     ベストなパフォーマンスとは言い難いものの、食い下がる相手を退け、リーグ制覇へ向けて格の違いを見せつけたチェルシーのコンテ監督は試合後、「簡単ではなかったが、選手は素晴らしい個性と勝利に対するモチベーションを示してくれた」と語った。 【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000017-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 22:48:19.63 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    チェルシーのスペイン代表コンビと昨季MVPに向けられた非難の嵐
     
    チェルシーのスペイン代表コンビが、3-1で勝利した19日の本拠地サンダーランド戦でサポーターから大ブーイングを受けた。

    成績不振で解任されたジョゼ・モウリーニョ前監督に対する支持を前面に押し出したサポーターは「ネズミ」「ユダ」など辛辣な表現で、モウリーニョ政権の崩壊を加速させた“戦犯”を吊るし上げた。

     衝撃的な光景だった。スタンフォード・ブリッジで迎えた試合前の選手紹介で、異変が起きた。MFセスク・ファブレガスとFWジエゴ・コスタの名前が呼ばれた際、巨大なブーイングが巻き起こった。

    2人が途中交代する時にも、ブーイングや野次が巻き起こり、その後にモウの愛称で知られたポルトガル人指揮官を讃える大合唱が起きた。

     セスクとコスタは昨季優勝の原動力となったが、今季は低調なプレーに終始していた。コスタは控え起用に怒り、ビブスを前監督に投げつけるなど、チェルシー不和の象徴となっていた。

     女性サポーターは「3匹のネズミがいる。10番と4番と19番 アザールとセスク、コスタだ」という過激なフラッグを掲げた。

    昨季のリーグMVPで、モウリーニョ前監督との確執からレアル・マドリード移籍の可能性も取り沙汰されているベルギー代表MFエデン・アザールは、この日メンバー外となっていたが、スペイン代表コンビと共に解任された指揮官を支えなかった裏切り者として糾弾されている。

    いまだ衰えぬ”スペシャル・ワン”への支持

     一方、今季孤軍奮闘の活躍を続けてきたブラジル代表MFウィリアンは、サポーターから温かい拍手を受けていた。

     「選手こそがユダ(裏切り者)対我らのレジェンド、ジョゼ いつも心の中に」とのバナーを掲出しているサポーターたち。

    今季序盤から成績不振に陥っても、チェルシーに数々のタイトルをもたらしてきたモウリーニョ人気はいまだ絶大だ。解任前に「裏切られた」と本人が語っていたこともあり、裏切り者の候補者に対してはスタンドから厳しい視線が注がれている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151221-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 15:25:18.39 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    アザールともう1人は……

    ジョゼ・モウリーニョともなれば、クラブを去った後でさえも、その余韻を大いに残すほどの影響力を持つのだろうか。

    2014-15シーズンには鮮やかにプレミアリーグを制覇し、国内では敵なしかと思われた最強チェルシーだったが甘くはなかったようだ。

    『NBCスポーツ』によれば、2013年よりチェルシーで指揮を執るこのカリスマ指揮官をクビに追いやった“真犯人”はエデン・アザールとセスク・ファブレガスの2人だという。彼らはクラブ内でトップクラスの年俸を受け取る看板選手であり、その2人が仕掛けた“扇動行為”によってチームは崩壊していったと同メディアは綴った。

    セスクはここ数試合でチェルシーからのスタメンを外されている。同クラブがチャンピオンズリーググループステージの首位通過を決めた最終節、FCポルト戦でも先発ではなかった。またアザールに関しても昨季のような輝かしいドリブル突破は鳴りを潜め、思うような結果を出せていない。

    14日に行われたプレミアリーグのレスター戦においても、のちに“仮病”ではないかと疑われるほどに、あっさりとプレイ続行を断念してしまう一幕もあった。

    また同メディアは、チームの中でも高給取りであるアザールとセスクの指揮官解任要求が、ロマン・アブラモビッチ会長を大いに困らせることになったと報じている。

    セスクはモウリーニョ監督の更迭が公になった後に、自身のツイッターアカウントで同監督との別れを惜しむツイートをしていた。もし仮に同メディアが指摘するように、モウリーニョ解任のキッカケになっていたとしたら、そのツイートを同監督はどのように解釈するだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00010006-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 22:34:18.29 ID:CAP_USER*.net

    1756677_w2-1196e

     
    17日に指揮官ジョゼ・モウリーニョを解任したチェルシーだが、実は今シーズン開幕前からチームにはすでに不穏な空気が存在していたのかもしない。主力選手3人が夏の時点でクラブに退団願いを出していたようだ。

    英『デイリー・テレグラフ』は今回の電撃解任に関して、シーズンの開幕前からモウリーニョは選手らと上手くいっておらず、結果としてあのようなパフォーマンスになったとしている。また夏の時点で合計10人もの選手から退団の申し出を受けており、その中にはジエゴ・コスタやウィリアン、オスカルも含まれているという。

    同メディアによれば、他の7人は無事にチェルシーからの脱出に成功したものの、このブラジル出身選手3人の申し出は却下されたようだ。

    “失意”の残留となった彼ら3人の内、ウィリアンだけはFKなどで序盤戦のチェルシーを牽引する活躍を披露。だが、オスカルとコスタに関してはコンディションが安定せず、覇気のないプレイを見せていた。

    電撃解任と騒がれ、世界中を驚かせたモウリーニョのクビ報道だったが、実は開幕前からその予兆は存在していたのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00010027-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 21:35:39.17 ID:CAP_USER*.net

    p32a

     
    ジョゼ・モウリーニョ氏は17日をもって、チェルシーの指揮官ではなくなってしまった。クラブは彼を解任したと発表したのだ。

    チャンピオンズリーグはグループステージを突破したものの、プレミアリーグでは16試合を終えて勝ち点はたったの15という散々な状況に。彼を支持していたとされるロマン・アブラモビッチ会長もとうとう堪忍袋の緒が切れてしまったのだろう。

    そんな中、モウリーニョは17日放送の英『BTスポーツ』に出演するとチェルシーのスランプについて多くを語った。そしてこれは同氏がチェルシーから解任される前の放送で、結果的に同番組内で語った言葉がチェルシー指揮官としては最後のメッセージとなった。 

    同氏はチームとして成功するには選手が監督を信頼しなくてはならないと感じている。英『イブニングニュース』もモウリーニョのコメントを伝えている。

    「選手らはこの私と共に仕事をするということを望まなければならない。そしてジョゼ・モウリーニョこそが共に働ける最高の監督だと知ることだ。彼らがそのように理解することはとても大切なことだよ。

    私のことを好きか嫌いか、親友かどうか、そんなことは問題じゃない。ただ選手が監督を見て、監督が偉大で素晴らしいと知らなければならない。私はいつも一見不可能に思えるような目標をチームに課す。

    いつも全試合で勝利することを目標に戦う。だが、今季はそれが不可能だったようだ。それでも私の考えが変わることはない。どんなコンペティションでも勝利を狙うし、そうでなければいけない。それが大事なことだ」

    英『ミラー』によればチェルシーはモウリーニョの将来的な後任候補としてアトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネやバイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラなどをリストアップしているという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00010025-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 13:19:02.31 ID:CAP_USER*.net

    1409793866

     
    モウリーニョ解任で就任が噂されるが……

    ジョゼ・モウリーニョの解任と同時に、今季限りでバイエルンを離れる可能性が高くなっている
    ジョゼップ・グアルディオラがチェルシーの指揮官に就任するのではないかと噂されている。
    グアルディオラはバイエルンを離れた後はプレミアリーグに挑戦すると予想されており、
    行き先にはマンチェスターの両クラブに加えてチェルシーの名前も浮上している。

    現在は過去にチェルシーを率いたフース・ヒディンクの名前がモウリーニョの後任に浮上しているが、
    それはシーズン終了までの一時的な措置だ。今夏に新たな指揮官を招聘し、数年間かけてチームを
    作っていくことになる。以前グアルディオラに熱烈なアプローチをかけたオーナーの
    ロマン・アブラモビッチ氏は招聘に動こうとするだろう。しかしグアルディオラ本人はチェルシーを
    よく思っていないようだ。

    英『デイリー・メール』によると、グアルディオラはチェルシーを強くするには10人の新しい選手が必要と語り、
    現戦力では自身が思い描く美しいサッカーは展開できないと考えているという。
    もちろんバルセロナで指導したMFセスク・ファブレガス、FWペドロ・ロドリゲスなど好みの選手もいるが、
    10人くらい代える気持ちじゃないと駄目ということなのだろう。

    モウリーニョとグアルディオラのサッカー観は対極の位置にあり、グアルディオラはどのクラブに行っても
    ポゼッションを重視したサッカーをするはずだ。モウリー ニョの植え付けたハードワークをベースとした
    サッカーを魅力的とは感じないはずで、チェルシーはグアルディオラの新天地候補から外れたと
    考えても良いかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00010003-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 16:29:37.40 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s


    ◇プレミアリーグ チェルシー1―2レスター(2015年12月14日)

     チェルシーはレスターに勢いの差を見せつけられ、首位と勝ち点差20の16位へ転落。

     連覇どころか来季欧州CL出場圏内の4位とも14点差の現状に、
    モウリーニョ監督は「4位はもう無理。こんな順位は恥だ」と白旗を揚げ、
    2失点について「裏切られた」と選手を批判した。不振のMFアザール
    とレアル・マドリードのMFハメス・ロドリゲスの
    「背番号10」同士のトレードが報じられるなど浮上の兆しは見えない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00000058-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 00:57:16.89 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    セスクを含む4人の主力選手

    昨季のプレミア王者チェルシーは今季の国内リーグ15試合を終えて14位に沈み、前代未聞のスランプに陥っている。
    指揮官のジョゼ・モウリーニョにとっては解任の噂が何度も流れる屈辱的なシーズンとなっているが、なんとかロマン・アブラモビッチ会長からの信頼は継続しているようだ。

    そんなモウリーニョ監督が、昨季に比べて大きくパフォーマンスを落としたチェルシーの選手として4人の名前を挙げた。英『ミラー』が同監督のコメントを伝えている。

    「昨季セスクはこのチームのクオリティを支えるとても大きな役割を果たし、すべてにおいて軸となる存在だった。だが今季はチームの不調と同じくして、良いプレイをするのに特に手こずっている。
    他にもブラニスラフ・イバノビッチやギャリー・ケイヒル、ジョン・テリーらは去年はファンタスティックだった。でも今季彼らを素晴らしいと言うのは難しいね」

    セスクを筆頭に今季不調に陥る選手を挙げたモウリーニョだが、同時にセスクへの信頼がなくなったわけではないことも付け加えた。

    「セスクに対する見方が変わったということはないが、私が求めるのは試合中どの時間帯であっても全力を尽くしているかどうかだ。セスクはボールを持つことを恐れないし、ミスを犯すことも恐れない。私は彼を信頼している」

    もちろん名前を挙げられてしまった選手らは複雑な心境だろう。だが同監督がセスクに対する変わらぬ信頼を述べたように、他の選手にもこれからの活躍次第では名誉挽回となるチャンスはありそうだ。

    なおチェルシーは14日のプレミアリーグで現在首位の岡崎慎司擁するレスター・シティと対戦する。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12月13日(日)20時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00010016-theworld-socc

    12月14日(月)

    29:00 レスター・シティ - チェルシー
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=52

    【実況】サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/12(土) 12:45:15.27 ID:CAP_USER*.net

    2013

     
     チェルシー所属のベルギー代表MFエデン・アザールが深刻なゴール欠乏症に陥っており、
    無得点記録を2218分間まで延ばしている。イギリス紙『デイリーメール』が11日に報じた。

     5月2日に行われたクリスタル・パレス戦で得点を決めて以来ゴールから遠ざかっているアザール。
    昨シーズンはイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選出する年間最優秀選手に選ばれる
    活躍を見せていたものの、今シーズンは本調子を取り戻せていない。

     2012年にリールからチェルシーに加入したアザールはこれまでチェルシーで49得点を記録。
    しかし現在は2218分もの間、無得点が続いており、これはチェルシーのアタッカーとしては最長だ。

     同クラブでは、オーストラリア代表FWティム・ケーヒル(上海申花)が2154分、
    元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)が1381分、
    元イングランド代表FWピーター・クラウチ(ストーク)が1232分と、これまでもゴール欠乏症に
    悩まされる選手がいたが、アザールはこれらの選手以上に得点から遠ざかっている。

     チェルシーは15日、プレミアリーグ第16節で日本代表FW岡崎慎司が所属する首位レスターと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00379070-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ