サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > レアル マドリード

    1: 風吹けば名無し@ 2017/05/18(木) 01:22:16.46 ID:TaIORW1D0

    12918e50-s


    気になって夜も眠れない

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/05/17(水) 12:48:05.39 ID:CAP_USER9

    2013

     レアル・マドリードが今夏の移籍市場で、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの獲得を狙うようだ。イギリス紙『デイリーメール』が16日に報じている。

     リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(CL)の2冠達成を視野に、今シーズンの最終盤に臨んでいるレアル・マドリード。一方で、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスのマンチェスター・U移籍が有力視されるなど、選手の去就に関する報道も盛んに行われている。

     今回の報道によると、以前から関心を報じられてきたアザールについて、レアル・マドリードが今夏の移籍市場での獲得を狙っているようだ。同クラブは、J・ロドリゲスの移籍が決まった場合に空き番となる背番号10を用意し、アザールを迎え入れる意向だという。

     今シーズン、プレミアリーグ第37節終了時点で35試合出場15ゴールを記録し、チェルシー優勝の立役者となったアザール。充実のシーズンを経て、新天地でのチャレンジを決断することはあるだろうか。今後の動向に注目が集まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00588442-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/17(水) 16:15:28.54 ID:CAP_USER9

    469718110-500x352

     
    事件発覚で代表追放、昨夏のEURO出場も逃す 「僕は気が狂うよ」

     レアル・マドリードのFWカリム・ベンゼマは、2015年10月にリヨンMFマテュー・ヴァルブエナが映ったセックステープを巡る脅迫事件に関与したとして、恐喝容疑で逮捕・起訴された。その影響でフランス代表からも追放されているが、地元紙のインタビューで「ヴァルブエナが嘘をついている」「気が狂う」と元同僚に対する非難のメッセージを送っている

     一連の事件の影響で母国開催だった2016年の欧州選手権(EURO)出場の夢も失ったベンゼマ。現在も調査は継続中で一貫して身の潔白を主張してきたが、フランスサッカー連盟は事件が完全に片付くまではベンゼマを招集しないと発表していた。

     レアルのジネディーヌ・ジダン監督もベンゼマの代表復帰をプッシュ。さらにアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンも、ベンゼマのカムバックを熱望している。同胞からの支持を集めているが、被害者とされるヴァルブエナは「(ベンゼマが)僕を騙そうとしていた」という証言を崩そうとはしていない。

     事件発覚から1年半が経過。ベンゼマはフランス紙「レキップ」に対し、あらためて元同僚に抗議のメッセージを送っている。

    「何が起きたのか、全て話すべき」

    「ヴァルブエナが嘘をついているせいで、僕は気が狂うよ。話をでっち上げるのはやめないといけない。このセックステープの話は、全ては彼から始まった」

     ベンゼマはヴァルブエナの証言が事実無根だと主張。「彼は何が起きたのか、全て話すべき。彼は全世界を笑っているんだ」と非難した。フランスサッカー界で起きた衝撃の騒動は、解決の日を迎えることができるのだろうか。

    Football ZONE web 5/17(水) 13:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170517-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/05/11(木) 21:08:35.28 ID:CAP_USER9
    サッカー史に残る名選手にして、名監督への道を着実に歩んでいる。手腕が光ったレアル・マドリードのジダン監督は、2季連続で決勝へと導き「本当にうれしい」と穏やかな笑みを浮かべた。

     序盤に2失点し、あと1点許すと振り出しに戻る状況でも冷静に指示を送った。前半42分にイスコが得点しても、チームの重心を前に残して集中を切らせない。

    https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00m/050/091000c

    続きを読む

    1: たんぽぽ ★©2ch.net 2017/05/11(木) 18:24:24.79 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000114-dal-socc
    デイリースポーツ 5/11(木) 18:14配信

    C_h8y1vUMAA9tqS


     「欧州CL・準決勝第2戦、Aマドリード2-1Rマドリード」(10日、マドリード)

     レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナウドが、2試合合計4-2として決勝進出を決めた敵地での試合で、対戦相手のFWフェルナンド・トーレスと小競り合いを演じるなど“闘争心”を示した。11日のスペイン紙マルカなどが報じている。

     まずは前半42分、MFイスコのゴールで事実上の決勝進出を決めたシーンだった。Aマドリードのファンで埋まったスタンドに向かって、右手人差し指を口に立てて静かにするよう挑発的なジェスチャー。この試合でロナウドはボールを触るごとにブーイングを受けており、それを受けての反応とみられる。他にも試合中にトーレスから「どうしたんだ、ピエロ」と至近距離で野次られた場面では、返す刀で「家へ帰れ、バカ」と反撃した。

     試合後のロナウドは「僕らは、また決勝で戦えるのをとても喜んでいる」とコメント。さらには「アトレチコが良い形で試合に入って来るだろうってことは分かっていたし、2点を挙げる幸運もあった。だけど僕らには経験があり、1点取れば勝負が決まるってことを分かっていた。僕らはレアル・マドリードで、より多くの経験があることを証明した」と胸を張った。

    続きを読む

    1: 動物園φ  2017/05/11(木) 05:39:20.68 ID:CAP_USER9
    アトレティコ・マドリード 2-1 レアル・マドリード

    C_gG9-YXcAEu6K6


    1-0 12' サウール・ニゲス
    2-0 16' グリーズマン(PK)
    2-1 42' イスコ

    http://www.livescore.com/soccer/champions-league/semi-finals/atletico-madrid-vs-real-madrid/1-2490503/

    2試合合計4-2でレアル・マドリードが決勝進出

    続きを読む

    1: @Egg  2017/05/09(火) 11:46:37.86 ID:CAP_USER9
    ネクスト・メッシと呼ばれるフラメンゴ所属のヴィニシウス・ジュニオールが2018年7月12日にレアル・マドリードへ移籍することが決定した。

    ヴィニシウスとその代理人に対し、マドリーの会長、フロレンティーノ・ペレスは6,100万ユーロ(計76億万円)という巨額の移籍金を提示した。これは弱冠16歳の選手へのオファーとしては破格である。

    フロレンティーノはフラメンゴに対し計4,500万ユーロ(約56億円)、代理人に800万ユーロ(約10億円)、残りの800万ユーロを様々な報奨金の名目でヴィニシウスに支払う。

    バルサは16歳の選手にこのような巨額な金額をオファーする事を良しとせず、ヴィニシウスの競売には参加しなかった。

    現在のところ、ヴィニシウスはマドリー移籍に関し特にコメントをしておらず、SNSを通じて現在所属するフラメンゴに集中している、という旨のコメントをするにとどまっている。

    SPORT 2017年05月08日17時36分
    http://sport-japanese.com/realmadrid/news/2017/5/8/%E3%AC%E3%A2%E3%AB%E7%8D%B2%E5%BE%2016%E6%AD%B3%E3%AB76%E5%84%E5%86

    写真
    no title

    no title


    【サッカー】<レアル・マドリード>「ネイマール二世」の獲得に本腰! バルサも狙う16歳神童に移籍金73億円を用意
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494286927/

    続きを読む

    1: @Egg  2017/05/07(日) 10:17:49.26 ID:CAP_USER9
    ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督はポルトガル国内でレアル・マドリードFWクリスティアノ・ロナルドの評価が低いことを嘆いたと、6日にスペイン紙マルカ(電子版)が報じた。

    リスボンでのイベントに出席した際、欧州CL準決勝アトレチコ・マドリード戦でロナルドがハットトリックを決めたことについてメディアに尋ねられ、以下のようにコメントした。

    「クリスティアノをポルトガル人があまり評価していないことを理解できない。欧州選手権予選で批判があったし、ゴールを決めないと言われていた。

    その後、どんな形でもゴールを決められると話す。彼はいつでもゴールを決めている。彼のことは18歳の時から知っているが全く変わらない。いつもゴールを決めている」。

    日刊スポーツ 5/6(土) 19:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-01819208-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ