サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > レアル マドリード

    1: Japanese girl ★@^^2017/04/13(木) 05:56:23.04 ID:CAP_USER9

    C9QdGI2WsAQWC-v


     
    【スコア】
    バイエルン 1-2 レアル・マドリード

    【得点者】
    1-0 25分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
    1-1 47分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
    1-2 77分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)


    チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが12日に行われ、バイエルンとレアル・マドリードが対戦した。

     6年連続の準決勝進出を目指すバイエルンが、史上初の連覇を狙うレアルをホームに迎えての一戦。バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は古巣対決となり、レアルで指揮していた当時アシスタントを務めていたジネディーヌ・ジダン監督との師弟対決となった。

     バイエルンは、守護神マヌエル・ノイアーが先発復帰したものの、マッツ・フンメルスとロベルト・レヴァンドフスキが負傷欠場。スタメンにはシャビ・アロンソ、アリエン・ロッベン、フランク・リベリー、トーマス・ミュラーらが名を連ねた。レアルはペペとラファエル・ヴァランが負傷欠場。カリム・ベンゼマ、ギャレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”らが先発メンバーに入った。

     試合は25分に動く。右CKでチアゴからのボールを、中央のアルトゥーロ・ビダルが頭で叩き込み、ゴールネットを揺らした。攻勢に出ていたホームのバイエルンが先制に成功した。

     追い付きたいレアルは42分、C・ロナウドがエリア手前中央でパスを受けると、反転から右足を振り抜くが、シュートはGKノイアーにセーブされた。すると45分、バイエルンはリベリーのシュートが、ゴール前のレアルDFダニエル・カルバハルの腕に当たったとしてPKを獲得。キッカーのビダルが右足を振り抜いたが、シュートは枠を大きく外し、追加点のチャンスを逃した。

     1点ビハインドで折り返したレアルだが、後半開始直後の47分に追い付く。右サイドのカルバハルからのクロスに、中央のC・ロナウドが右足ボレーで同点ゴールを奪った。

     逆転へ勢い付くレアルは56分、ルカ・モドリッチの右サイドからのクロスに、ゴール前に飛び出したベイルが頭で合わせるが、シュートはGKノイアーの好セーブに阻まれた。すると61分、C・ロナウドへのファールでハビ・マルティネスがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となった。

     数的有利となったレアルがボールを支配する中、ベンゼマが72分に右サイドからのクロスを頭で合わせるが、枠を捉えられない。73分にもカルバハルのパスからゴール前で右足ダイレクトシュートを放つが、GKノイアーに阻まれる。75分にはエリア内中央のC・ロナウドがフリーで強烈な右足シュートを放つが、これもGKノイアーに右手1本でセーブされた。

     ゴールが遠かったレアルだが、77分に逆転に成功する。途中出場のマルコ・アセンシオが左サイドからクロスを入れると、ゴール前に飛び出したC・ロナウドが右足で合わせてネットを揺らした。C・ロナウドはクラブでのUEFA主催大会で通算100ゴールに到達した。

     試合はこのまま終了し、レアルがアウェイで2-1の逆転勝利。師弟対決はジダン監督に軍配が上がった。

     セカンドレグは18日にレアルのホームで行われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00575471-soccerk-socc

    続きを読む

    C5n2P2PWYAEc2MX
    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/01/22(日) 02:40:36.10 ID:CAP_USER9

    C0Ajoz-VIAE_DIJ

     
    2017年01月22日(Sun)2時10分配信

    主将セルヒオ・ラモスが2ゴールでレアル・マドリーを勝利に導く【写真:Getty Images】

    【レアル・マドリー 2-1 マラガ リーガエスパニョーラ第19節】

     リーガエスパニョーラ第19節が現地時間21日に行われ、レアル・マドリーはホームでマラガと対戦した。

     公式戦40戦無敗という記録を打ち立てた直後、まさかの2連敗。悪い流れを払拭したいマドリーだが、負傷者が多く万全のメンバーではなかった。直前の国王杯セルタ戦から先発を3人入れ替えたものの、長期離脱中のカルバハルが務めていた右SBには本来CBのナチョが入り、ベンチ入りするDF登録の選手はダニーロのみという状況でキックオフを迎える。

     序盤から押し気味に試合を進めるマドリーは、ベンゼマにボールを集めて先制点を狙う。だがマラガの守護神カメニが再三の好セーブで立ちはだかり、DF陣も強気のラインコントロールでスペースを消す。マラガは攻撃でも隙を見せがちなマルセロの裏などを巧みに使いながら積極的にシュートを放っていった。

     負傷者続出のマドリーにさらなる災難が襲いかかる。20分過ぎにマルセロが左太ももを痛めてプレー続行不可能となり、25分にイスコと交代を余儀なくされる。右SBで先発していたナチョを左へ移し、L・バスケスが右ウィングからSBに下がって緊急事態に対応した。

     逆境に立たされながらも地力で勝るマドリーはセットプレーで試合を動かす。35分、クロースのコーナーキックにS・ラモスが打点の高いヘディングで合わせ、ついにカメニの守るゴールをこじ開けた。

     さらに43分、再びS・ラモスが抜群の得点感覚でマラガのゴールネットを揺らす。左サイドからクロースがフリーキックを蹴ると、中央にぽっかり空いたスペースへ走り込んだS・ラモスがスライディングで押し込み、マドリーのリードを広げる今季6ゴール目を奪った。

     キャプテンの2ゴールで試合の主導権を握ったマドリーは前半終了間際にも決定機を迎えるなど、いい流れで後半を迎えるが、2点ビハインドでも強気なマラガにゴールを脅かされる。

     63分、ファン・カルロスのシュートは一度K・ナバスにセーブされたが、こぼれ球をファンピが落ち着いてゴールに蹴り込んだ。マラガは1点を返した直後にもゴンサロ・カストロがビッグチャンスを作り、バタつくマドリー守備陣に追い打ちをかける。

     マラガは74分に自分たちのミスからあわや失点という場面を作ってしまう。交代で入ったばかりのデミチェリスがGKにバックパスすると、処理しようとしたカメニがまさかのコントロールミス。ボールはゴールの方へ転がっていったが、カメニ自ら戻ってぎりぎりで掻き出し、素早く体勢を立て直して至近距離から放たれたC・ロナウドのシュートをセーブした。

     81分にもカメニが魅せる。クロースの絶妙なスルーパスに抜け出したC・ロナウドが左足でシュートを放つと、鋭い反応で阻止。マドリーの攻撃はセットプレーの2点以外、カメニやゴールの枠に阻まれ続ける。最後まで攻め続けながら3点目は奪えなかった。

     チーム全体に疲れが見られ、負傷者も出る中でなんとか勝利を取り戻したマドリー。連敗を脱出し、公式戦4試合ぶりの勝利を収めた。次の試合はまた中3日でやってくる。手負いの白い巨人はセルタ相手にビハインドの状況から準決勝へ進むことができるだろうか。

    【得点者】
    35分 1-0 S・ラモス(レアル・マドリー)
    42分 2-0 S・ラモス(レアル・マドリー)
    63分 2-1 ファンピ(マラガ)

    https://www.footballchannel.jp/2017/01/22/post194854/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/06(金) 20:46:39.08 ID:CAP_USER9

    465507522cr7-500x334

     
    4日、コパ・デル・レイのベスト16でセビージャと対戦したレアル・マドリー。

    マドリーにとってセビージャはUEFAスーパーカップで苦戦を強いられた相手であったが、ホームでの1stレグを3-0で勝利している。

    このゲームではここまで出番の少なかったハメス・ロドリゲスが全ゴールに絡む大活躍。

    ジネディーヌ・ジダン監督はクリスティアーノ・ロナウドという絶対的エースを温存したままで先勝し、完璧に近い結果を手に入れた。

    そんなマドリーに関するあるデータを、『Opta』が紹介している。

    https://twitter.com/OptaJose/status/816778669255487489/photo/1

    こちらは、ジネディーヌ・ジダン政権下でクリスティアーノ・ロナウドがいなかった際の試合結果。

    その成績は、11戦10勝1分。なんと勝率90.9%!

    なかには4部クルトゥラル・レオネサとの試合も含まれているが、マンチェスター・シティとのCLやセビージャとのUEFAスーパーカップも対象となっており、対戦相手の格に関係することなく結果を残しているようだ。

    http://qoly.jp/2017/01/06/real-madrid-win-ratio-without-cristiano-ronaldo-kwm-1

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/09(金) 17:42:58.57 ID:CAP_USER9
    50パーセントの確率で、バイエルン、パリSG、マンCのいずれかと対戦する可能性があった。

    460559604-500x392


     12月7日、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ最終節で、F組のトップ通過を懸けてドルトムントと対戦したのが、レアル・マドリーだ。
     
     勝てばドルトムントを抜いて首位となる前回王者は、カリム・ベンゼマの2ゴールで2点をリードする。ところが、60分に1点を返されると、終了間際の88分にもカウンターから失点。2-2のドローに終わり、首位通過を果たせなかった。
     
     ところが、他のグループの結果を考慮すると、むしろ2位通過でラッキーだったのかもしれない。
     
     仮に首位で決勝トーナメントに進出していた場合、ラウンド・オブ16では各グループの2位との対戦になる。ルール上、同じ組だったドルトムント、同じ国のセビージャとは当たらないため、相手はバイエルン、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティ、レバークーゼン、ベンフィカ、ポルトの6チームのいずれかだ。
     
     つまり50パーセントの確率で、バイエルン、パリSG、マンチェスター・Cという優勝候補の一角と対戦する可能性があったわけだ。トータススコア2-3で敗れたものの、昨シーズンの準々決勝でバイエルンと互角の戦いを演じたベンフィカも侮れないチームだ。
     
     では、2位で通過したR・マドリーと対戦する可能性があるチームはどこか。同様にドルトムント、バルセロナ、アトレティコ・マドリーとは対戦しないため、アーセナル、レスター、ユベントス、ナポリ、モナコの5チームとなる。もちろん簡単に勝てるチームはないとはいえ、前述した3チームにくらべれば、比較的与しやすい相手と言えるだろう。
     
     はたして、連覇を目指す“白い巨人”の相手はどこになるのか。注目の組み合わせ抽選会は、12月12日にスイスのニヨンで行なわれる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161209-00021088-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2016/11/24(木) 22:56:52.17 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリードは24日、負傷したウェールズ代表FWギャレス・ベイルに関する最新情報を公式HP上で発表した。

    ベイルは22日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ(GS)第5節スポルティング戦に先発出場したが、
    後半途中でスペイン代表MFマルコ・アセンシオとの交代を命じられると、足を引きずりながらピッチを去っていた。
    その後の検査で右足首の外傷性腓骨筋腱脱臼と診断されたことがクラブからすでに発表されている。

    レアル・マドリードは24日、この件に関して最新情報を公開。それによればベイルは、
    29日にロンドンの病院で手術を受けることが決定したという。離脱期間に関しては明記されていないが、
    24日付けの『マルカ』が報じた内容によれば、最低でも2カ月の間ピッチを離れる見込みで、
    12月8日から日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016への出場は絶望的となった。

    負傷者が相次ぐレアル・マドリードは現在、スペイン代表FWアルバロ・モラタやポルトガル代表DFペペ、
    ドイツ代表MFトニ・クロースらが離脱中。一方でブラジル代表MFカゼミーロが復帰に近づいているとも報じられている。

    SOCCER KING 11/24(木) 22:37配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00519770-soccerk-socc

    写真
    no title


    Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016
    http://www.jfa.jp/match/fcwc_2016/

    続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★2016/11/09(水) 17:57:27.09 ID:CAP_USER9
    【11月9日 AFP】サッカードイツ代表のトニ・クロース(Toni Kroos)が、右足中足骨の骨折で、11日に行われる2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)欧州予選のサンマリノ戦を欠場することが、8日に明らかになった。

     スペインのスポーツ紙マルカによれば、スペイン1部リーグのレアル・マドリードでプレーするクロースは手術を必要とする可能性もあり、最大で3か月戦列を離れるという。

     またドイツサッカー連盟は、3-0で勝利した6日のCDレガネスとのリーグ戦で負傷した同選手は、今後10日間にわたって練習参加はできないとしている。

     ドイツ代表にとってクロースの離脱は、CBジェローム・ボアテングに次ぐ痛手となっている。ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘンに所属する同選手は、ドローに終わった5日のホッフェンハイム戦で股関節と膝を痛め、こちらも欠場を余儀なくされていた。


    2016/11/09 10:22(ベルリン/ドイツ)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3107294?act=all
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/11/07(月) 21:53:53.68 ID:CAP_USER9
    なぜパスを出さないんだ!レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドがまたもチームメイトのガレス・ベイルに不満を表した。

    レアルに加入した頃に比べるとベイルもパスを選択する機会は増えているが、
    ロナウドは以前から自分で決めたがるベイルにイライラを示してきた。それが5日のレガネス戦で再び顔を出したようだ。

    スペイン『as』が注目したのは、後半開始2分のことだ。
    イスコとのワンツーで抜け出したベイルは、ドリブルでペナルティエリア内に侵入。

    中にはロナウドが待っていたのだが、ベイルは相手選手2人に寄せられながらもシュートを選択。
    少し体勢も崩してしまい、力の入りきらなかったシュートはGKにキャッチされてしまった。

    この時ロナウドは「なぜパスを出さないんだ!?」と怒りのジェスチャーを披露。
    同メディアもロナウドがイライラしており、無得点が続く状況に神経質になっているように見えたと伝えている。

    結局ロナウドはこの試合も無得点で、今季はなかなか爆発しない。
    そんな状況だからこそ、ベイルには強引にでもパスを出してほしかったのだろう。

    ベイルにとってはあのシュートが決まっていればハットトリックで、達成したいとの思いもあったかもしれない。
    しかしロナウドに自信を取り戻させるためには、あそこでパスを選択しておくべきだったか。

    2016年11月07日(月) 17時37分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20161107/01world/spain/95124

    写真
    no title


    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=u1GJNcRi9Fg


    続きを読む

    1: 名無しに人種はない@実況O 2016/11/03(木) 07:12:56.06 ID:poVtGtXd
    劣化の著しいロナウドがレアルマドリーに必要かを真面目に議論しましょう



    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/10/30(日) 20:30:32.90 ID:CAP_USER9
    469718110-500x352


    29日のリーガエスパニョーラ第10節、レアル・マドリーはアウェーでのアラベス戦に4?1で勝利した。MFマテオ・コバチッチは試合後、アウェーでの勝ち点3獲得に満足感を表している。

    スペイン『マルカ』がクロアチア代表MFのコメントを伝えた。

    「アウェーでの難しい試合だった。重要なのは勝ち点3を獲得したこと、誰が得点を決めたなど関係なく、勝ったことなんだよ。僕たちは4試合連続ドローを経験した後、4~5試合連続で勝利を重ねている。今の調子を維持しなくてはね」

    この試合では、67分にFWカリム・ベンゼマとの交代で出場したFWアルバロ・モラタが、4試合連続となる得点を記録。ジダン監督がMFガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドとともにアンタッチャブルであると公言しているベンゼマよりも、モラタがレギュラーを務めるべきとの声も高まっている。

    この件に関して問われたコバチッチは、どちらもレギュラーに値する選手との見解を述べた。

    「モラタは素晴らしかったし、レギュラーとなるにふさわしい。本当に良い選手で、出場すれば得点を決めているね。でも、ベンゼマも同様にレギュラーに値するんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000019-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ