サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: Jリーグ

    1: Egg ★ 2019/02/15(金) 17:57:09.36 ID:LyyaIQZt9
    「クラブ間の話し合いは、現状ではまったくない」
    DqHLLu9UUAET_wk


    日本に残るのか、それとも10歳から13歳まで過ごしたバルセロナに帰還するのか。

     現地時間2月14日、スペイン紙『Mundo Deportivo』が、久保建英が18歳となる今年6月にバルセロナへ復帰することで基本合意したと報じた。これを受け、FC東京の大金直樹社長が2月15日の練習後に取材に応じた。
     
     日本の未来を担うであろう至宝の動向について、大金社長は「まったく何も動きがないなかでの報道でしかない。クラブからどうとか、本人もそういう話にはなっていないということなので、まあガセネタというか。どういう意図で出されたのかよく分わからないというのがクラブとしても受け止め方です」と『Mundo Deportivo』紙の報道を否定。さらに、「バルセロナとうちがクラブ間で話をしているかと言えば、それは現状ではまったくないです」と明言した。
     また、今後の動きについては「リーグ戦も始まってワールドユース(U-20ワールドカップ)もあったりするので、そのなかで変化があるかもしれませんが」と含みを持たせたものの、現時点で具体的な話は来ていないという。

    久保は川崎の下部組織に所属していた2011年8月にバルセロナのカンテラに加入。しかし、2014年に国際サッカー連盟(FIFA)で原則禁止とされる18歳未満の外国人選手を獲得した̚ことでバルセロナが制裁を受けた。久保もその対象選手となり、スペイン国内での試合出場が禁止になると、2015年3月に帰国してFC東京の下部組織に所属し、17年にトップチームに昇格。昨シーズン途中からは期限付き移籍で横浜F・マリノスでプレーしていた。

    2/15(金) 15:06 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054163-sdigestw-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/15(金) 13:38:25.72 ID:LyyaIQZt9
    DqHLLu9UUAET_wk



    FC東京のU-21日本代表MF久保建英が来夏にバルセロナへ復帰する見込みだと報じられており、海外メディアからも多くの注目を集めている。

    【動画】バルサ復帰報道に海外メディアも注目! J1初得点を挙げた久保建英のゴラッソ

     久保は10歳でバルセロナの下部組織に入団。しかし、2014年にバルセロナがFIFAから18歳未満の選手移籍に関する規定違反による罰則を受け、試合に出場できなくなったため、翌年にFC東京の下部組織へと移籍した。17年には16歳でトップデビュー、昨夏から横浜F・マリノスへの期限付き移籍を経て、今季FC東京に復帰していた。

     6月4日に18歳の誕生日を迎えるため、国際移籍が可能となる。そして、海外メディアは久保のバルセロナ復帰をこぞって報じている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンからも関心を寄せられていたなかで古巣への復帰を本人が決断したとし、来季のバルサB加入が成立する見通しだと伝えている。

     フランスメディア「フット・メルカート」も、「“日本のメッシ”の目的はバルセロナへの帰還を見据えながら日本で成長を続けることだった」と報じている。また、トルコメディア「SPOR ARENA」は「世界各地に派遣しているスカウトを通じて将来のポテンシャルを特定するバルセロナは、日本で才能を発見していた」と久保について触れると、「久保は日本に帰らなければならなかったが、バルサは彼を見守ることをやめなかった」と綴り、退団後も継続して注視していたことを指摘していた。

     Jリーグで新シーズンを迎える久保だが、去就を巡る動向が大きな注目を集めることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00170567-soccermzw-socc


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 21:39:32.08 ID:cuf1A1950St.V

    ソースは2ちゃん

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/14(木) 04:07:15.15 ID:CVq88p879
     オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーが現地時間の13日にAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に臨む登録メンバー28人を発表した。ACLの登録メンバーには背番号4でMF本田圭佑が初めて名を連ねた。

     メルボルン・ビクトリーはACLの本戦でグループFに入り、ブラジル代表MFパウリーニョ要する中国の広州恒大、韓国の大邱FCと同組となっている。また、今月19日に行われる東地区のプレーオフでJ1のサンフレッチェ広島がタイのチェンライ・ユナイテッドに勝利すれば、グループFに入ることになっている。

     広島がプレーオフで勝利し、ホーム&アウェイ方式で行われる本戦に進出した場合、本田の日本凱旋が実現する可能性がある。なお、本田の所属するメルボルン・ビクトリーは3月5日に大邱FCと初戦を戦う。

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2019/02/13/post309393/
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/12(火) 18:58:07.58 ID:jPJEdesG9
    アンドレス・イニエスタは、雑誌『Esquire』のインタビューに答え、アジアでの新たなステージにおけるフットボールとプライベートの両方に加え、
    日本に9ヶ月前に降り立ってからと5月26日にヴィッセル神戸の選手として発表されてからサプライズに感じていることについて語っている。

    「スポーツレベルとプライベートレベルでの日本への順応は、簡単にはいっていない。なぜなら、日本の文化は、大きく我々のものとは異なるから。
    しかし今は、妻も子供もうまく順応できたと感じ、楽しんでいる」と日本に来てから半年間の経験についてイニエスタは告白している。

    ■勝負

    イニエスタは、神戸という街や特にヴィッセル神戸への順応に多くの時間がかかった理由を分析しており、「日本人は、我々よりもより落ち着いていて、論理的にそれがスタジアムでもピッチ上でも反映されている。
    そして、ファンは、応援し、不平は言うが、彼らがスペインの人々のように取り乱したり、怒りを示すことはない。日本人の敗北に耐えるという姿勢は、ヨーロッパでのそれとは大きく異なっている」と口にしている。

    また、「我々が負けた。それで?この考え方を理解し、消化するのに時間がかかった。なぜなら、彼らには競争心があるが、負けに対して我々とは違った結論を持っているんだ」とイニエスタは説明している。
    そして、「ヴィッセル神戸での自分のキャリアは、バルサでの自分のキャリアに比べるととても落ち着いたものになっている」とも付け加えている。

    さらに、言語の問題については、「自分の日本語はまだまだだけど、少しずつ話している。なぜなら、週に数回日本語クラスを受講しているからね。ただ、深い内容の会話のときは、いつも通訳を介している」と明かしている。
    また、好物の食べ物については、「ラーメンと寿司をたくさん食べているよ」と口にしているのに加え、畳では寝ていないということも公にしている。そして最後に、「これらの変化に素早く順応しているのは、子供達だよ」と語っている。

    2/12(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010005-sportes-socc

    写真
    no title


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 14:36:10.20 ID:L5OXhg2fd

    2: U-名無しさん 2018/12/06(木) 23:42:49.76 ID:PHXwnn/h0
    酷過ぎる、なぜこんなことに
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ