サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: Jリーグ

    52776393-500x377


     カメルーン代表として今夏のW杯にも出場したFWサミュエル・エトーに、セレッソ大阪移籍の可能性が出てきた。現地時間4日、イタリアの大物代理人、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のウェブサイトでこのニュースが伝えられている。

     現在、イングランド・プレミアリーグのエバートンに所属するエトーに関しては、スペインのバレンシアが興味を示しているようだが、同サイトでは「日本のセレッソ大阪も魅力的なオファーが出した」と報じられている。

     C大阪は来季からJ2で戦うことが決定。さらに今季の目玉補強として期待されながら、チームに馴染めなかったディエゴ・フォルランが地元ウルグアイTVにクラブの不満を露わにしたことが話題となったばかり。

     それでも元ドイツ代表のカカウ、U-19日本代表の南野拓実など好タレント揃うだけに、新たな大物加入となれば、来季も大きな話題となりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141205-00010004-footballc-socc

    続きを読む

    no title


    再びVを呼び込む。J1首位のG大阪は4日、勝てば9年ぶりの優勝が確実となる6日の徳島戦(鳴門大塚)に向け吹田市内で非公開調整した。

     ボランチでの先発が決定的な日本代表MF今野は「リーグ優勝は念願。

    今まで優勝争いもしたことなかったし、目の前のチャンスを全力で取りに行きたい」と闘志十分。「90分間スキを見せず、全力で徳島を倒しにいきたい」と意気込んだ。

     G大阪が優勝した05年はFC東京に在籍し、最終節で首位だったC大阪と対戦。後半44分に起死回生の同点弾を決めて、2位だったG大阪の逆転Vを“アシスト”した。

    今回は、自らの手でチームを優勝させる絶好の舞台。「ゴールも狙っていきたいけど、ウチには点を取れる選手がたくさんいる。得点に絡むプレーがしたい」

    と、ガンバらしいサッカーを貫いてのJ王者奪取を誓った。

    加入1年目の12年にはJ2降格の悪夢を経験。今季も序盤は調子が上がらず苦しんだものの「今は本当にサッカーが楽しい」と充実感をにじませた。

    長谷川監督が遠藤とともに「理想のWボランチ」と信頼を寄せる攻守の要が、またもガンバに“最終節の歓喜”をもたらす

    2014年12月5日 05:30
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/12/05/kiji/K20141205009401880.html

    続きを読む


    元日本代表FW柳沢敦(37)=仙台=が4日に引退を表明したことを受け、
    かつて1996~2003年、06~07年に在籍した鹿島でともにプレーした選手からは悲しみの声が上がった。

    MF小笠原満男は「本当は引き留めたいですね。ずっと一緒にやってきた仲間だし、まだまだできるのに残念」と話し、

    MF本山雅志は「練習でうまくいかなかった時も『頑張らなきゃいけないよ』と声をかけてもらった。チームでもめ事があったときも止めに入るような人だった」と惜しんだ。

    前日3日に引退を表明したばかりのMF中田浩二は「僕が言うのもおかしいかもしれないけれど、寂しいですね。いつか一緒に仕事ができればいい」と話した。

    12月4日(木)20時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000562-sanspo-socc

    続きを読む


    J2降格が決まったC大阪の元ドイツ代表FWカカウが、4日付の専門誌キッカーのインタビューで「J2に慣れるのは大変だと思うが、
    この状況から逃げ出したくない」と述べ、来季も残留する意思を示した。

    33歳のカカウは8月に加入し、12試合で5得点を記録した。契約期間は来夏までだが
    「J2優勝を狙えるようであれば、その後も引き続きプレーすることも考えられる。日本への移籍は全く後悔していない」と語った。

    J1をドイツ1部リーグと比較し「2ランク下にある。技術はあるが、体力や戦術面で大きく劣る」と指摘した。

    2014年12月4日 21:56
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/12/04/kiji/K20141204009402150.html

    続きを読む


    注目番組!! 12月6日(土) Jリーグ「徳島ヴォルティス」対「ガンバ大阪」ほか


    ◆J1優勝決定は最終戦へ! 優勝の可能性がある3チームの試合を放送!!!
     サッカーのJ1は11月29日に第33節の試合が行われました。首位の浦和レッズが
    サガン鳥栖と引き分け、2位のガンバ大阪がヴィッセル神戸に勝ったため、両チームが
    勝ち点62で並び、得失点差でG大阪が今シーズン初めて首位に立ちました。
    首位に浮上したG大阪、2位の浦和、それに勝ち点60で3位の鹿島アントラーズまでの
    3チームに優勝の可能性が残ったまま、最終戦を迎えます。今月6日の今シーズン最終戦は、
    G大阪がアウェーで最下位の徳島ヴォルティスと、浦和はホームで名古屋グランパスと、
    鹿島はホームで鳥栖とそれぞれ対戦します。最終戦ではG大阪が勝って、
    浦和が引き分けか敗れれば、G大阪の優勝が決まります。G大阪と浦和がともに勝った場合は
    得失点差の争いになります。現在の得失点差は7で、G大阪が優位な状況です。
    一方、G大阪が引き分けか負けた場合、浦和が勝てば、逆転での優勝を決めます。
    3位の鹿島は勝った上で、上位2チームが勝たなかった場合に逆転優勝の可能性が出てきます。

     J1が1ステージ制となった2005年以降、優勝争いが最終節に持ち込まれたのは7回あります。
    このうち首位の逃げ切りが4回、逆転は3回です。2005年は5チームが優勝の可能性を残して
    最終節を迎え、首位のセレッソ大阪が引き分けたため、G大阪が2位から逆転優勝しました。
    2007年は首位・浦和が横浜FCに敗れ、鹿島に優勝をさらわれました。昨シーズンは首位の
    横浜F・マリノスが川崎フロンターレに敗れ、鹿島に勝ったサンフレッチェ広島が逆転優勝を
    決めました。2006年の浦和と2008年、2009年の鹿島、2011年の柏レイソルは首位で
    最終節を迎え、いずれも勝って優勝を決めました。果たして、今シーズンはどんな決着が
    待ち構えているのでしょうか…最終戦はすべての試合が午後3時半にキックオフの予定です。
    NHKでは優勝の可能性を残す3チームの試合をすべてお伝えします。

    NHKスポーツオンライン
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/jlg/index.html

    <テレビ中継>12月6日(土) J1第34節
    徳島-G大阪 15:30 (鳴門大塚) NHK総合で全国生中継(15:25~17:40)
    浦和-名古屋 15:30 (埼玉) NHK-BS1(15:30~17:30)、テレ玉(15:30~18:00)
    鹿島-鳥栖 15:30 (カシマ) NHK水戸(15:25~17:40、サブchで徳島×G大阪)、NHK-BS1[録画](19:00~20:50)
    新潟-柏 15:30 (デンカS) NHK新潟(15:25~17:40、サブchで徳島×G大阪)
    神戸-川崎F 15:30 (ノエスタ) スカパー!プロモ[無料](15:20~18:20)
    FC東京-横浜FM 15:30 (味スタ) スカチャン2(15:20~18:20)
    広島-仙台 15:30 (Eスタ) NHK広島、NHK仙台(15:25~17:40、サブchで徳島×G大阪)
    清水-甲府 15:30 (アイスタ) テレビ静岡(15:30~17:30)
    大宮-C大阪 15:30 (NACK) BS-TBS(15:30~17:30)、テレ玉サブch(15:30~18:00)
    (※「スカパー!/スカパー!プレミアムサービス」で全試合生中継)
    http://www.j-league.or.jp/schedule/?L=j1&M=12&T=all

    >>12月6日(土) 21:00~21:50 Jリーグタイム「J1最終節スペシャル」 生放送

    >>2-5辺りに、J1順位表、関連スレなど)

    続きを読む



    浦和は4日、名古屋戦(埼玉ス)へ向けてさいたま市内で練習を行った。 

     FW興梠慎三(28)はスパイクをはかずに完全別メニュー。練習中に鹿島時代の先輩、仙台FW柳沢敦(37)の引退が発表された。

     練習後に報道陣から知らされると興梠は「え、マジで!この時期は引退とか嫌だよね。一緒にプレーできたのは、キャリアの中でも財産。

     直接、聞けなかったけど、練習中のプレーを見て盗もうと思った。ヤナさんを目標にやってきたから」と話した。

     前日には鹿島DF中田浩二(35)の引退も発表され「これから電話しようと思う。対戦相手でもいいからもう1回一緒にやりたかったけどね」と感慨深げだった。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000075-nksports-socc

    続きを読む


    フットボールチャンネル 12月4日 11時2分配信

     セレッソ大阪のFWディエゴ・フォルランは、エクアドルTV『エル・オブセルバドル』が3日に行ったインタビューに応じ、
    日本の生活と日本人に不満を見せる衝撃的な発言をした。

     1月にC大阪に加入したフォルランは、監督が代わってからベンチ生活を送るようになり、チームは11月29日にJ2への降格が決定。
    この時のことについてフォルランは、「降格したのに数人が笑っていた。彼等は勝敗へのプレッシャーが無いから受け取り方が違う。
    フットボールを科学のように考えているけど、フットボールは科学ではない」と語り、チームを批判した。

     また、「日本人は特殊であり冷たい。2ヶ月間も誰とも話さなかった。壁に頭をぶつけたくなる気持ちになるよ。たまに『早く練習が終わるように、
    早く家に帰りたい』と思う時もある」と、チームメイトと馴染めなかったことを明かした。

     ポポヴィッチ監督の解任によって6月から指揮を執ったペッツァイオリ監督については、「僕を起用しないがためにいちゃもんを言いつけてきた。
    革命を起こしたかったようだけど、駄目だった。僅か2試合にしか勝たなかった」と、強く非難した(編注:ペッツァイオリ監督はリーグ戦での未勝利)。

    「不調によってスタメンから外れたというなら、全員が外れる必要があった。フットボールとは関係ない問題だ。3ヶ月前からプレーしていないけど
    未だに僕が(チーム)得点王だ」と怒りを露わにした。本人の言う通り、まだ1試合残されているが、フォルランの7得点を上回るC大阪の選手はいない。

     なお、自身の去就については「契約は7月まであるが、J2に降格するとは全く考えなかった」と語り、近日噂されたフォルラン自身がサポーターでもある
    ペニャロールのオファーに関しては、「今は違う。今はペニャロールのオファーは検討しても良い」と述べた。

    「ファンに期待を膨らませたくないけど、今感じて考えていることを言いたい。僕は人々が、そこにいて欲しいと思っている所にいたい」とも語っており、日本を離れる意向を示した。

    フットボールチャンネル編集部

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141204-00010010-footballc-socc

    続きを読む

    no title


    デイリースポーツ 12月4日 11時16分配信

     J1仙台の元日本代表FW柳沢敦(37)が現役引退する。クラブが4日、発表した。

     柳沢は富山第一高から1996年鹿島入団。イタリアのサンプドリア、メッシーナと海外でもプレーし、2006年には鹿島復帰、以後京都と仙台でプレーした。

     Jリーグ通算370試合に出場、108得点。代表としては58試合に出場し、17得点。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000031-dal-socc

    続きを読む

    12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 07:05:54.98 ID:ls+lh6+Q0.net
    ガンバには徳島を舐めるような慢心はないから大丈夫だろ 

    クラブハウスにあった順位w 
    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ