サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: Jリーグ

    67: 名無しさん@恐縮です 2018/07/15(日) 13:13:53.38 ID:D+OOFN3d0
    トーレスの奥さんがどんな人なのか気になる 
    容姿はモデル上がりとかそんな感じなんだろうけど、やさしい人なんだろうね



    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/07/15(日) 12:57:45.36 ID:CAP_USER9
    トーレス独占インタビュー

    no title



    サガン鳥栖への電撃加入が決まったフェルナンド・トーレス。“エルニーニョ”(神の子)はなぜ日本を選んだのか? どんな印象を日本に対して抱いているのか?決断の背景にあった思いとは?

    『Goal』は幸運にもF・トーレスに独占インタビューをする機会に恵まれた。そこで今回の移籍劇にまつわる「なぜ」の数々をぶつけることにした。

    トーレスが語る真相。そのすべてがここに。
    重視したのは3つのポイント

    ――アトレティコから去る決断をしてから新天地を決めるまで時間がかかりました。その中で、なぜ日本でプレーすることを選んだのでしょうか?

    移籍先を探すにあたって、僕は3つのことを重視したんだ。まず家族について。穏やかに暮らせるところが良かった。スペインではどこに行っても僕だと気づかれてしまって、かなわなかったからね。それに子供たちにとっても新しい文化や異なるものの見方を知るのは良いことだと思ったんだ。いま彼らが学校で習っていることをもっとグローバルな視点で見るのは大事なことだからね。

    次にフットボールについてだけど、新しいチャレンジをしたいと思っていた。アジアの中ではいつも日本に注目していたよ。移籍する話になる前からクラブ・ワールドカップを見ていた。それを見るだけでもJリーグのレベルがアジアトップクラスだと感じていたんだ。

    最後に、野心的な目標が必要だった。自分が人々に希望を与えられる選手だとしたら、難しい状況に直面している人やクラブに手を貸すことができる。時間がかかるかもしれないけど、それこそ野心的な目標だと感じたんだ。

    そして今回のケースこそ、すべての要素を満たしていると思ったんだ。まとまるまで数カ月かかったし、一度は交渉が終わりになると思われた。だけど彼らは落胆することなく、スポーツや家族に関する情報を新たに持ってきてくれたんだ。それを見て、このクラブは選手をしっかりケアして手助けしてくれると感じた。選手をクラブと街の一員だと考えてくれている、とね。それが嬉しかったんだ。

    家族は日本への移籍をどう捉えたか?

    ――3つの条件の最初に「家族」を挙げましたね。日本に行くことは大きな決断になりますが、家族はどのように受け止めていますか?

    ラッキーなことに、僕の家族はいつだってポジティブなんだ。勇敢で変化を恐れず、目的に向かっていく。そんな人たちなんだ。家族から絶対的なサポートを受けられると分かっているからこういう決断が下せた。こんな家族を持てて、僕は本当に幸運だよ。

    日本が素晴らしい国だということは知っていたし、友人たちの話を聞いても、どれも最高だった。もちろん、最初の頃は日本について詳しいことを知らなかったから多少の不安もあったよ。だけど、知れば知るほど不安は消え去っていったんだ。家族の環境についても問題ないと分かった。

    結局、詰める必要があるのはスポーツ面のことだったんだ。これは僕が選手として生き続けるための挑戦だからね。注意深く、うまくいくように考えてから決断したんだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010003-goal-socc&p=2



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    514: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 18:46:31.11 ID:shsT5Hq6M
    c222c14c


    1ダニエル・ゲオルゲ・ニクラエ師匠 2909分/51試合連続ノーゴール【世界記録】  

    2鈴木隆行師匠 2249分/37試合連続ノーゴール  

    3ダニエル・モレイラ師匠 2219分/45試合連続ノーゴール  

    4ニハト・カフヴェチ師匠 1896分/39試合連続ノーゴール  
    5鈴木隆行師匠 1839分/46試合連続ノーゴール  
    6ダルコ・コバチェビッチ師匠 1739分/24試合連続ノーゴール  
    7バビド・ハシェミアン師匠 1732分/40試合連続ノーゴール  
    8エンリコ・キエーザ師匠 1683分/32試合連続ノーゴール  
    9ヨハン・エルマンダー師匠 1674分/21試合連続ノーゴール  
    10鈴木隆行師匠 1659分/20試合連続ノーゴール  
    11ホセ・マリ師匠 1600分/28試合連続ノーゴール  
    12フェルナンド・トーレス師匠 1590分/26試合連続ノーゴール ←
    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    412: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 18:41:25.13 ID:B8L9oen20
    9784062163774_w


    フェルナンドトーレスって実際どうなん 
    師匠の印象強くていまいちなんやが




    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    107: U-名無しさん (スププ Sd33-b87E) 2018/05/30(水) 14:05:42.22 ID:93r7yz0rd
    906 U-名無しさん (ササクッテロラ Sp8f-tFu4 [126.199.132.67]) sage 2018/05/30(水) 13:58:22.71 ID:tYXsotXkp 
    お前ら大変だ 
    jリーグ公式のニュース検索で、条件入れずにそのまま検索してみ 
    https://jleague.jp/sp/news/ 

    トーレス鳥栖に完全移籍加入 
    no title
    続きを読む

    319: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 06:57:49.23 ID:UU1iXEWp0
    てかなんできたんや 
    もうバルサでは通用しないぐらいなんか 
    ワイがまだみてたころのスターなんやが 
    シャビとイニエスタ好きやったわ


    続きを読む

    1: ラッコ ★ 2018/05/25(金) 06:12:50.97 ID:CAP_USER9
    【セルジオ越後】イニエスタは苦労するかもね。ヴィッセルにメッシはいないから

    ■正直、ヴィッセルで躍動する姿がイメージできない

     元バルサのイニエスタの神戸加入が正式に発表されたね。3年契約で年俸は約32億円と言われるビッグディールのようだけど、楽天がバルサとのグローバルパートナーシップ契約で支払ったとされる約320億円と比べたら、大した投資額ではないんじゃないかな。

     サッカー好きの日本人は別として、イニエスタの知名度は日本全体で見ればそうでもない。逆に世界的には、かなりネームバリューのある選手だ。

     そう考えると、グローバルな展開をさらに強化したいはずの楽天としては、イニエスタ獲得はそれなりの宣伝効果が見込めるだろう。今回の移籍を海外メディアがどれほど大きく取り上げているかは気になるところだ。

     一方で、実際のピッチ上ではどうか。違和感を覚えたのは、都内で行なわれた記者会見で、登壇したのはイニエスタとオーナーの三木谷氏だったことだ。

     新戦力を迎え入れるセレモニーでは、社長もしくは監督が同席するのが一般的だと思うけど、そうではなかったよね。
    クラブとしての将来的なプロジェクトは語られた一方で、「タイトルを獲りたい」とか「ACLで優勝を目指す」といった具体的な目標が示されなかったのは少し寂しかった。

     そもそも、イニエスタのプレースタイルは、今のヴィッセルに合うのか。クラブとしてパスサッカーに移行しているようだけど、まだまだ試行錯誤中だ。ヴィッセルで躍動する姿がなかなかイメージできないのが正直なところだよ。

     まあ、あれだけのキャリアを持つスタープレーヤーだから、大きな期待をかけられているのは間違いない。

    ■イニエスタにも特別な存在になってほしい

     ただ、バルサでもスペイン代表でも、イニエスタの周りには彼と同じぐらい凄い選手が何人もいた。日本での新天地では、初めてそうではない環境の中でサッカーをすることになる。
    バルサでまず警戒されるのはメッシだ。だが、ヴィッセルではイニエスタがそういう対象になる。かなり苦労するんじゃないかな。

     元ブラジル代表のドゥンガがいた頃のジュビロには、名波、藤田、高原といった代表クラスの日本人選手がいた。改めて言うまでもなく、サッカーはひとりの力ではどうにもできない。
    今のヴィッセルで、イニエスタがストレスを感じることなく、持てる力を存分に発揮できるかどうかには一抹の不安が残る。

     ポドルスキでさえ、今ひとつパッとしない現状を考えれば、ヴィッセルの日本人選手たちにはもっと奮起してもらいたい。同じことは、思うように活躍できていないジョーがいるグランパスにも言えるかもしれないね。

     グランパスもヴィッセルも、選手の補強面ではそれなりに頑張っている。残念なのは、こういった流れを他のクラブが追随していない点だ。資金的な問題があるにせよ、リーグ全体で大型補強がもっと活発化してくれれば、とは思う。

     イニエスタのヴィッセル入りが、さらなる起爆剤になればいい。広告塔としての高い貢献は望めるとして、プレー面でも輝きを放ってほしいし、その結果、クラブとしてもひとつの成果を得てほしいよね。

     先述したドゥンガだけでなく、アントラーズの土台を築いたといっても過言ではないジーコのように、イニエスタもヴィッセルで特別な存在になってほしいと願っているよ。

    サッカーダイジェストWeb 2018年05月24日 サッカーダイジェスト編集部
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=40875
    画像:世界的な名声を誇るイニエスタは、国際的な市場も視野に入れているはずの楽天にとっては大きな補強だよね。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)
    http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/40875_ext_04_0.jpg
    画像:バルサで多くの栄冠を手にしてきた希代のプレーメーカーは、新天地でも眩い輝きを放ち、特別な存在になれるか。(C)Getty Images
    no title


    >>2-5あたりに、関連スレ)




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ