サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: Jリーグ

    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 21:40:40.01 ID:lmATpAud9
    ドイツ人指揮官のトルステン・フィンク氏は今年6月にヴィッセル神戸監督に就任。母国のニュースポータル『t-online.de』のインタビューに応じ、そのなかで日本での生活などについて語った。

    現在52歳のフィンク監督は現役時代はドイツのカールスルーエやバイエルン・ミュンヘンなどでプレー。監督としてのキャリアは2015年に半年間ほど指揮を執ったキプロスのAPOELを除いてバーゼルやハンブルガーSV、オーストリア・ウィーンなどドイツ語圏の国で過ごしていたが、ここ5カ月間は神戸を率いている。

    そんなフィンク監督だが、インタビューの冒頭では「これまでの日本での時間を一言で表すと?」との質問に対して「これは難しい」と考え込んでいる様子をうかがわせると、「“印象深い”かもしれない」と返答。次のように続けた。

    「ほかのアジアの国々、例えばタイを訪れたことがあり、まったく別のイメージを持っていた。だが、日本はタイや中国とも全然違う。これほどフレンドリーで、それと同時に素直で敬意に溢れる人々に会ったことはない」

    フィンク監督はさらに「ここにやって来ると、自分が外国人だと感じることがなかったんだ。すぐさまこの社会の一員として迎え入れられ、違う対応を受けたり、変な目で見られることもない。まさに理想的だね」と日本での生活に馴染んでいる様子。治安のよさにも言及している。

    「例えばこのようなことを経験した。最近ATMを使ったが、50メートルほど離れてから、1人の人が追いかけてきて、取り出すのを忘れていたお金を渡してくれた。そんなことがあり得るのだろうか?こういうことを経験したことはないよ」

    また同監督は日本人の意外な面にも驚きを覚えたという。「ここの人々は信じられないほどスポーツに取り組んでいる。ここのジムほど年配者を見たことがないね。70~80代の方がジムにいるんだ。信じられないよ(笑)」とジムで目にした光景について語っている。

    すっかり日本を気に入っている様子のフィンク監督。インタビューでは神戸指揮官としての挑戦やJリーグのサッカーについても話しているが、生活面での充実ぶりも仕事への意気込みにつながっているかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010026-goal-socc


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    834: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 15:44:51.79 ID:/5hMooh10
    浦和レッズの最終節の相手wwwwww 
    no title


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999




    続きを読む

    620: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 14:49:19.98 ID:/5hMooh10
    EI2ICMUUcAEaN84


    【朗報】京都の新スタジアム、完成する 
    https://pbs.twimg.com/media/EI2ICMUUcAEaN84.jpg


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    661: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 14:51:46.89 ID:GNtNH7L30

    daznlogo_t1nw2gaizt9e1w5m85qy7p700


    J1順位表 
    前半戦      後半戦(7日現在) 

    ()は勝ち点 

    1東京(36)    鹿島(31) 
    2川崎(31)    横浜(28) 
    3横浜(30)    広島(27) 
    4大分(29)    C大阪(24) 
    5鹿島(28)    川崎(23) 
    6札幌(27)    東京(23) 
    7C大阪(26)   G大阪(18) 
    8名古屋(25)   神戸(17) 
    9広島(24)    札幌(16) 
    10仙台(22)    鳥栖(16) 
    11神戸(21)    清水(16) 
    12浦和(21)    浦和(15) 
    13G大阪(20)   大分(14) 
    14清水(19)    松本山雅(14) 
    15湘南(17)    湘南(14) 
    16松本山雅(16)  仙台(13) 
    17鳥栖(16)    磐田(11) 
    18磐田(14)    名古屋(8)


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    373: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 14:30:22.88 ID:74D3ewGk0

    24dbd709-s


    イニエスタは人生初の残留争いか 
    貴重な体験やな


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/08(金) 09:57:58.75 ID:54v22u+C9

    写真
    no title


    日本での取材経験がある英国人記者が語るJリーグの現在地とは? プレミアリーグとの比較など6つの質問について、スティーブ・マッケンジー氏に答えてもらった。
        
        ◆    ◆    ◆

     私が初めて来日したのが1999年。それから毎年のように日本に訪れているが、昨年までは訪問につき2試合取材できればいいほうだった。でも、今年は滞在した12日間でJリーグを3試合も堪能できた。とてもラッキーで、貴重な経験でもあった。

     さて、今回は『サッカーダイジェスト』編集部から「英国人記者が見たJリーグ」について6つの質問をもらった。Jリーグのすべてを理解しているわけではないが、これまで取材してきた経験を基に自分なりの答を出したい。

    Q1 プレミアリーグと比べて今のJリーグはどうか?

    A1 当然ながら単純には比較できない。歴史も起源も違う。プレミアリーグのように、ある時から急成長を遂げ、瞬く間に世界最高峰のリーグになった事例を私は他に知らない。プレミアリーグはプレミアリーグ。それが唯一無二の真実だ。

     あえてプレミアリーグと似ている点を挙げるなら、Jリーグのいくつかのクラブはパスにこだわり過ぎている。アーセン・ヴェンゲル政権下のアーセナルがそうだったように。完璧なゴールを求めるばかり、美しさを追求してパスが手段ではなく目的になってしまっている。

    サッカーは言うまでもなくゴールを奪い合うスポーツ。パスの成功数で勝敗が決まるわけではない。シュートを打てそうな場面でもパスに切り替える。そうしたアクションが非効率的ということは、アーセナルがコンスタントにリーグ優勝できなかった事実からも理解できるだろう。

     Jリーグは独自のアイデンティティを築く必要がある。プレミアリーグの“劣化版”にならなくていい。プレミアリーグの特徴はなんと言っても、非常に個性豊かなチーム同士が競い合っているところ。世界でもっともテクニカルなリーグではないが、各クラブがそれぞれの武器に磨きをかけることで高い競争力を保っているのだ。それをJリーグに真似しろというのは土台無理な話だろう。すでに述べたように、これまでの歴史も起源も違うのだから。

     昨今のJリーグには世界的に有名な選手が集まるようになってきた。それを最大限の旨味として、リーグ全体の基盤を新たに構築していくべきではないか。

    11/8(金) 6:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00002284-thedigest-socc


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/08(金) 13:11:56.960 ID:jnQSoy4g0

    jleaguelogos-1-660x330



    意外と経ってるな


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    27: 風吹けば名無し 2019/11/05(火) 04:38:54.53 ID:wQZ8yjYE0
    452075982-500x333



    札幌にそんな金あるんか? 
    前もロッペンにオファー出してたけど


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/02(土) 14:32:56.35 ID:H10x5YV/9
    「物事は順調」と充実した日々を語る
     Jリーグに電撃参戦した元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタが、母国を離れた理由を告白した。


     昨年5月に神戸への驚きの移籍を決めたスペイン・サッカー界のレジェンドは、卓越したテクニックとパスセンス、そして世界を舞台に培ってきた戦術眼を武器に日本のファンを魅了している。

     そのイニエスタが、現地時間11月1日のスペイン紙『Marca』のインタビューで、「この1年間で少しずつフィットしてきたよ。この大きな変化(神戸への移籍)は多くのことが課題になっていったけど、もう解決した」と神戸に移籍してからの日々を次のように明かした。

    「僕らは今、ここで幸せに過ごしていて、物事は順調だ。バルセロナにいた時とやっていることは大きく変わらないさ。午前中にトレーニングして、クラブハウスや自宅で食事をとるんだ。子どもたちは午前中に学校に行って、午後に家に帰って家族で団らんしている。落ち着いていて、とてもスポーティーな生活ができているんだ」

     バルサとの契約満了後、フリーとなったイニエスタの去就は、大きな話題を呼び、中国やアメリカなども新天地の候補に挙げられた。そのなかで、なぜ日本を選択したのか? 

    「バルサでプレーを続けないと公表した時、たしかに僕には多くのクラブからオファーがあった。ヨーロッパのクラブや中国、アメリカ、さらにボカ(アルゼンチンのクラブ)からもあったね。でも、僕は初めからヨーロッパでは続けないと決めていた。

     そのなかで、日本からの誘いに最も惹かれたんだ。彼らは良いエネルギーを僕に伝えてくれたから、僕はそれを選ぶことにした。
    今、その決断は正しかったと言えるよ。
    数ある誘いの中でも、日本は常にとても率直だったんだ」

    神戸からの熱烈な誘いに心を揺らされ、挑戦を決断したというイニエスタ。
    35歳となった名手は、2021年6月までとなっている現行契約以降の契約延長の可能性については、「僕は今を楽しんでいて、興奮している。それが重要なんだ。時間が教えてくれる」と明言は避けている。

     今も衰えないその芸術的なプレーを、日本でいつまで見られるのだろうか……。

    11/2(土) 13:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191102-00066143-sdigestw-socc


    999: PR   2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:一攫千金を目指すな無し


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ