サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンチェスターユナイテッド

    1: プエルトリコ ★@ 2017/08/24(木) 22:25:31.89 ID:CAP_USER9

    23253_ext_04_0


    マンチェスター・Uは24日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチと1年間の新契約を締結したことをクラブ公式サイトで発表した。

     昨夏に1年間の契約でマンチェスター・Uに加入したイブラヒモヴィッチは4月にひざのじん帯を負傷し、長期離脱を余儀なくされたことで、契約延長に至らず、未所属の状態が続いていた。移籍の可能性も報じられたが、同クラブの練習場でリハビリを続け、新契約締結に至った。

     また、イブラヒモヴィッチの新たな背番号は「10」に決定。今夏にエヴァートンに復帰した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの番号を引き継ぐこととなった。なお、昨シーズンの背番号「9」は今夏加入したベルギー代表FWロメル・ルカクがつけている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00632955-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/24(木) 18:54:59.03 ID:CAP_USER9

    CmTeyTBUkAAqK1A


    マンチェスター・Uのスポンサーを務めるスポーツメーカー『アディダス社』が公式サイトであるフライング発表をしてしまったようだ。22日付でイギリス紙『メトロ』が報じている。

     2015ー16シーズンよりマンチェスター・Uのユニフォームサプライヤーを務めている『アディダス』だが、公式サイトのオンラインショップでなんと、再契約が噂される元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの“10番”のユニフォームを販売してしまったようだ。

     同社は先日より、公式サイトで16ー17シーズンのレプリカユニフォームの販売を開始。例年通り購入したユニフォームにはお気に入りの選手の名前と背番号をプリントできるシステムとなっており、候補には新加入のスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ、セルビア代表MFネマニャ・マティッチはもちろんのこと、イブラヒモヴィッチから9番を譲り受けたベルギー代表FWロメル・ルカクも名を連ねた。

     しかし、そこで現時点ではマンチェスター・Uの選手ではないはずの『10 IBRAHIMOVIC』が選べるようになっていたのだという。すでに現在は修正され、選択肢からは姿を消している。

     既定路線とみられているマンチェスター・Uとイブラヒモヴィッチの再契約だが、公式発表は未だ行われていなかったため、「アディダスがイブラとの再契約をフライング発表!」と、同紙では驚きをもって報じられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00632459-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/21(月) 19:30:54.58 ID:CAP_USER9
    C8-5klJUwAE_Wpa

    昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドでリーグ戦28試合17ゴールの成績を残したズラタン・イブラヒモビッチ。同選手は4月20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝の第2戦、アンデルレヒト戦の試合終盤に右ひざのじん帯を断裂。その負傷により戦列を離れ、契約延長を勝ち取ることができなかった。マンチェスター・Uとの1年契約が満了したことにより、現在はフリーの身となっている。

    だが、『ESPNFC』が伝えたところによると、マンチェスター・Uと再び1年契約を結ぶ見通しにあり、今週中にも再契約を結ぶ可能性が高いという。

    すでにプレミアリーグ開幕節を消化しているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は昨シーズン、公式戦で28ゴールを記録したイブラヒモビッチの得点力と、リーダーシップ、カリスマ性にも期待を寄せているようだ。

    イブラヒモビッチは順調に回復しても年内の復帰は難しいと見られているが、回復後はロメル・ルカクのバックアッパーとして、ターンオーバーで起用される可能性が高い模様。現時点でマンチェスター・Uはルカク不在時の“柱”が不在となっているが、イブラヒモビッチが再契約で復帰となれば、タイトル奪還を目指すモウリーニョ監督にとって大きな力添えになることは間違いない。

    同選手にはLAギャラクシーや古巣のミランなども獲得に関心を示していたが、離脱期間の長さが障害となり、ここまで交渉は具体的な段階まで進展していなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000016-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/08/18(金) 23:51:04.82 ID:CAP_USER9
     マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)獲得を検討しているようだ。英『デイリー・メール』が報じた。

     ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏ウインガーの補強を熱望。インテルのMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが報じられてきたが、交渉はうまく進んでおらず、獲得には至っていない。

     そうした中、ユナイテッドはモウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子であるロッベンにターゲットを変更。バイエルンとの契約が今シーズン終了までとなっている33歳のロッベンは、クラブが若返りにシフトし始めたことで出場機会減少を指摘されている。

    写真
    no title


    8/18(金) 23:07配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01643122-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★^^2017/08/14(月) 03:30:02.83 ID:CAP_USER9
    【マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェスト・ハム プレミアリーグ第1節】

    現地時間13日に行われたプレミアリーグ第1節でマンチェスター・ユナイテッドはホームにウェスト・ハムを迎え、4-0の勝利を収めた。

    モウリーニョ体制2年目となるユナイテッドは、この夏に元ユナイテッドのハビエル・エルナンデスが加入したウェスト・ハムと対戦した。

    試合の主導権を握ったホームチームは、32分に新戦力の活躍でゴールを奪う。
    マティッチのボール奪取からラッシュフォードがボールを運んでスルーパスを送ると、ルカクが左足で決めて先制した。

    後半に入っても勢いは止まらず、52分に追加点。左サイドからのFKにルカクが頭で合わせて2-0とする。

    ユナイテッドは終盤にもうひと頑張り。87分、途中出場のマルシアルがムヒタリアンのスルーパスを受けて3点差になると、さらに2分後にはポグバが続いて4-0とした。

    新戦力が見事に活躍したユナイテッド。期待の持てる初戦となった。

    【得点者】
    33分 1-0 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
    52分 2-0 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
    87分 3-0 マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)
    90分 4-0 ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170814-00226177-footballc-socc
    8/14(月) 2:01配信

    no title


    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/gbr/gbr-11042821.html
    試合スコア

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/10(木) 19:08:29.90 ID:CAP_USER9

    C3ndnHxVYAAm1Qe


    マンチェスター・ユナイテッドとの契約が切れてフリーとなっているズラタン・イブラヒモビッチ。その後の去就に注目が集まる同選手は、マンチェスター・Uと再契約に向けて話し合いを進めることになっているようだ。

    イタリア『スカイ』によると、契約満了となったイブラヒモビッチに対して、マンチェスター・U側が再び交渉の席を設ける意向を持って動いているという。

    イブラヒモビッチは今年4月に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で負傷退場。それ以降は戦列復帰を目指してリハビリを続けているが、復帰は年内と見られていた。

    マンチェスター・Uは今夏の移籍市場でロメル・ルカクをすでに獲得しており、イブラヒモビッチともし再契約したとしても、新シーズン後半戦のバックアッパーの役割を担うものと見られる。

    これまで同選手にはミラン、LAギャラクシーへの移籍話が浮上していたが、離脱期間が長期にわたることから、具体的な交渉まで至っていなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000024-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ