サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンチェスターユナイテッド

    1: チキン ★@^^ 2017/05/18(木) 10:33:17.34 ID:CAP_USER9
    吉田麻也、ルーニー辛口批評「なんでストライカー」
    日刊スポーツ 5/18(木) 9:29配信

    <プレミアリーグ:サウサンプトン0-0マンチェスターU>◇17日◇サウサンプトン

     DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと0-0で引き分けた。

     吉田はセンターバックでフル出場した。

     サウサンプトンは勝ち点を46と伸ばし、8位。最終節はホームでストークと対戦する。

     以下は吉田との一問一答。

     -引き分けという結果になったが、PKのチャンスもあったし、勝てたのでは?

     吉田 勝てたでしょ(笑)。勝てたな~。

     -マンUにひと泡吹かせたかった?

     吉田 そうですね。全然チャンスあったと思うんですけどね。(点が)入んないね。後ろは良かったとは思うんですけど、やっぱりアタッキングサードのところでのインパクトがちょっと、あとクリニカルな部分が足りなかったし。マンUもやっぱり良くないけど、やっぱり最後のところは体張ってくるなっていう感じはありましたね。

     -個人的にはどうだった? やられる場面はほぼなかった

     吉田 守ってるぶんには全然。ルーニーだったから、動きもほとんどなかったし。なんでストライカーやってるんだろうって感じです。

     -ルーニーは最近衰えが指摘されているが、それは感じた?

     吉田 裏に抜ける感じもないし、足元でつくる感じも別にないし。逆にラッシュフォードが入ってきてから、斜めに、背後に動かれて結構しんどかったですけどね。

     -ラッシュフォードにはどういう意識で対応した? 裏に抜かれないことに注意しながら?

     吉田 そうですね。とにかく斜めの動きについて行くこと、オフサイドに逃げずについて行って、それでインターセプトできればベストだし、仮に1対1になってもしっかり対応できればいいなと思ってたんですけど。前で奪うことができたんで良かったですね。

     ー前節でイングランドでの公式戦最多出場(35)を記録して、4月のクラブの最優秀選手にも選ばれた。いいシーズンだったといえる?

     吉田 8位で終われたらそう思える。だから最後の試合しっかり勝って、というのが大事になってくる。勝ちたいっすね。ストークも調子が良くないし、チャンスはある。ホームで立て続けに2試合できるんで。そこはやっぱりチャンスだと思う。

     -今シーズンを振り返ると、1月からレギュラーをつかみ、フル出場を続けて終わろうとしている

     吉田 最後までいいパフォーマンスを継続したいし、最後もゼロで終わりたいと思っている。今季は自分にとっていいシーズンだったし、チャンスが来るのを今までずっと待っていたので。(そのチャンスが)来た時にしっかりつかめてよかったとは思いますけど、また夏の補強でどうなるかわからないし、監督も出るかもしれないというニュースが出ている。わからないですけど、状況はまた変わるんで。もちろん今はまだ考えていないですけど、オフシーズンをいい過ごし方をして、またいい状況でプレシーズンを迎えたい。ただ1年出続けたので、しっかりメンテもしなければいけないし。もちろん継続してパワーアップもしなければいけないとも思う。

     -サウサンプトンではレギュラーをつかんだという感触はあるか?

     吉田 いやないっすね。半年半年が勝負なんで。一瞬でも気を抜いたらまた足元救われるという感覚の方が強いです。

    >>2以降に続く

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/05/16(火) 15:22:56.85 ID:f9ftZLBqp

    C2QhqymUsAAZ1NU


    ELに賭けるしかない模様

    続きを読む

    1: 動物園φ2017/05/15(月) 02:22:52.49 ID:CAP_USER9
    cf362046




    トッテナム 2-1 マンU

    1-0 6分 ワニャマ
    2-0 48分 ケイン
    2-1 71分 ルーニー

    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/tottenham-hotspur-vs-manchester-united/1-2252549/

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    続きを読む

    21: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/05/13(土) 11:29:11.56 ID:Q43TTBs90
    9cbc2ddc-s



    モウリーニョはもう完全に終わってしまったのか?
    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/05/12(金) 08:14:57.34 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグが11日に行われ、決勝カードが決まった。

    ファーストレグで4-1と快勝していたアヤックスはリヨンに大苦戦。アウェーで先制に成功するも、前半のうちに逆転を許してしまう。後半にもリヨンの猛攻に遭うが、何とか1点で抑えると、試合は1-3で終了の笛が鳴らされる。アヤックスがファーストレグのリードを何とか守りきり、決勝進出を決めた。

    一方のマンチェスター・ユナイテッドはセルタを相手に1-1とドロー。マルアン・フェライニのゴールで先制しながら、85分に同点弾を決められ、あと1点を入れられると逆転で、敗退が決まるという状況になる。しかし、何とか試合をそのまま終え、アウェーでの初戦を1-0と制していたため、決勝行きのチケットを手に入れた。

    なお、決勝戦は24日、スウェーデン・ソルナのフレンズ・アレーナで行われる予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2017/05/11(木) 08:08:18.07 ID:CAP_USER9

    C8-5klJUwAE_Wpa


    まさにチャイナマネー級! 週給5100万円、年俸換算26億円

    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは今季パリ・サンジェルマンから加入し、
    公式戦28得点を決める大活躍を見せたが、右膝前十字靭帯損傷で2017年絶望となり、キャリアの危機に直面している。
    そんなカリスマは“赤い悪魔”から中国リーグのチャイナマネー級の巨額年俸をゲットしていたことが明らかになった。

    カリスマストライカーの年俸を明らかにしたのは暴露本「ダーティー・ビジネス・オブ・フットボール」。
    イブラの週給は実に36万7600万ポンド(約5100万円)。
    年俸換算で約26億円というチャイナマネークラスの衝撃的な額だったことが判明した。

    これはユベントスから史上最高額の移籍金1億1000万ポンド(約132億円)でユナイテッドが獲得した
    フランス代表ポール・ポグバの週給16万5500ポンド(約2300万円)の二倍以上の高給だったという。

    イブラはPSGから移籍金ゼロで加入した経緯もあり、年俸がそれだけ上乗せされた形だ。
    獅子奮迅の28ゴールで年俸通りの大活躍を見せたカリスマだが、赤い悪魔との契約期間は1年。
    現在アメリカで右膝の手術を終えてリハビリ中だが、2017年中の復帰は絶望視されており、今季限りの退団の可能性が高まっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13042878/
    2017年5月10日 13時51分 Football ZONE web

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
    順位表

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/05/09(火) 23:18:33.34 ID:CAP_USER9
    CmUCnVNVMAASj1-



    レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが今夏マンチェスター・Uへの移籍に条件付きで個人合意したとイギリスメディア『デイリー・エクスプレス』が9日伝えた。

     『デイリー・エクスプレス』はスペインの移籍市場について詳しいディナリオ・ゴル氏の「マン・Uがベイルと個人的に合意した」と主張を引用しており、ベイルのマン・Uへの移籍を報じている。

     ベイルは度重なるケガの影響でリーグ戦35試合中19試合しか出場できておらず、レアルでの信頼が揺らいでいる。同メディアによるとベイルはマンチェスター・Uの来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を条件としているようだ。

     マンチェスター・Uはリーグ戦35試合を終え5位。4位のマンチェスター・Cとは勝ち点差が4あり、残りのリーグ戦3試合でCL出場権(4位以上)獲得を目指している。また、ヨーロッパリーグ(EL)では準決勝第1戦をセルタに1-0で勝利している。

    SOCCER KING 5/9(火) 22:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00585433-soccerk-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★ 2017/05/04(木) 19:36:51.62 ID:CAP_USER9
    アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンが
    マンチェスター・ユナイテッドと週給28万ポンド(約4058万円)の5年契約で合意に達したようだ。英『ザ・サン』が報じている。

    ユナイテッドはアトレティコに8900万ポンド(約129億円)の違約金を準備しており、
    週給とボーナスを合算して総額1億7000万ポンド(約246億円)を支払うと見られている。

    チーム再建を図るジョゼ・モウリーニョ監督は、これまでフランス代表ストライカーの獲得を熱望してきた。

    一方、アトレティコはエース流出に備え、
    アーセナルのFWアレクシス・サンチェスとリヨンのFWアレクサンドル・ラカゼットの獲得に動いていると同紙では伝えている。

    ゲキサカ 5/4(木) 19:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-01639402-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/05/01(月) 22:41:32.23 ID:CAP_USER9
    C3ndnHxVYAAm1Qe


    スウォンジー相手に1-1と引き分け無敗継続も、今季14引き分け目

    マンチェスター・ユナイテッドは、30日のスウォンジー戦に(1-1)で引き分けたことにより、プレミアリーグで6カ月以上無敗をキープしている。しかし、ここまでリーグ最多の14引き分けと勝ち切れない試合も多く、現チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は過去40年で本拠地での勝率が最も低い指揮官だということが分かった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

     ユナイテッドは34試合を消化し、勝点65で5位につけている。3敗はトットナムと並ぶリーグ最少である一方、14引き分けはリーグ最多。最後にリーグ戦で敗れたのは昨年10月23日のチェルシー戦(0-4)で、25試合無敗というクラブレコードを樹立したものの、勝率は決して高くないのが実情だ。

     記事によれば、リーグ戦のホームゲームにおけるモウリーニョ体制の勝率はわずか39%(18試合/7勝10分1敗)。これは過去40年間で指揮を執った監督のなかで、最低の数字だという。

    ◆モイーズ体制の44%も下回る

     2013年まで27年間に渡ってチームを率いたアレックス・ファーガソン氏が72%でトップ。昨季まで2シーズン指揮を執ったルイス・ファン・ハール氏が68%で2位だった。以下、ロン・アトキンソン氏が58%、デイブ・セクストン氏で52%、デイビッド・モイーズ氏が44%(14年に暫定監督を務めたライアン・ギグス氏は含まず)。モウリーニョ監督のホーム勝率は、1年も持たずに解任されたモイーズ氏よりも低いことが明らかとなっている。

     負けはしないが、勝ち切れない。ポルトガル人指揮官はチームに漂う停滞感を払拭し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位以内に食い込むことができるだろうか。

    Football ZONE web 5/1(月) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010020-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: ranran roo ★ 2017/05/01(月) 02:40:59.18 ID:CAP_USER9

    Cvw0C-ZUkAAxSGg
     
    プレミアリーグ第35節、マンチェスター・Uvsスウォンジーの一戦は、ルーニーのPKでマンチェスター・Uが先制したが後半スウォンジーに追いつかれ、1-1のドローに終わっている。

    ■プレミアリーグ第35節
    マンチェスター・ユナイテッド 1-1 スウォンジー

    ■得点者
    マンチェスター・U:ルーニー(45分/PK)
    スウォンジー:シグルドソン(79分)


    プレミアリーグ第35節、マンチェスター・Uvsスウォンジーの一戦が行われた。

    この試合では序盤の9分でマンチェスター・UのDFルーク・ショーが負傷交代。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合の立ち上がりでいきなり1枚の交代カードを使うことを余儀なくされる。

    その後も敵地に乗り込んだスウォンジーが何度となくマンチェスター・Uのゴールを脅かし、前半はボール支配率、シュート本数ともにアウェーのスウォンジーが上回る形で試合は進んだ。

    スコアレスでハーフタイム突入かと思われた45分、マーカス・ラッシュフォードがエリア内でルカシュ・ファビアンスキに倒されたとして、マンチェスター・UにPKが与えられる。このチャンスをウェイン・ルーニーが冷静に決め、マンチェスター・Uが1点を先行して前半終了となった。

    後半に入っても一進一退の攻防が続く中、両チームともなかなかゴールを決めることができずに試合は進んだ。

    すると79分、スウォンジーがペナルティーエリア外でFKのチャンスを得ると、ギルフィ・シグルドソンが右足で直接FKを叩き込んで、スウォンジーが同点に追いつく。

    チャンピオンズリーグ出場圏内の争いに向けて負けられないマンチェスター・Uはこの後、猛攻を仕掛けるものの最後までスウォンジーから2点目を奪うことができず、1-1で試合終了となった。

    この結果、5位のマンチェスター・Uは暫定で4位マンチェスター・Cと勝ち点65で並んだものの、ライバルのシティはまだ試合を消化していないため、勝ち点で離される可能性も。

    一方のスウォンジーは勝ち点を32に伸ばしたが18位のままで、降格圏脱出とはならなかった。

    http://www.goal.com/jp/match/%E3%9E%E3%B3%E3%81%E3%A7%E3%B9%E3%BF%E3%BC%E3%A6%E3%8A%E3%A4%E3%86%E3%83%E3%89-vs-%E3%B9%E3%A6%E3%A9%E3%B3%E3%B8%E3%BC%E3%B7%E3%86%E3%A3/2242101/report

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ