サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーグアン

    1: Egg ★ 2019/04/30(火) 23:58:52.00 ID:CXzcP9mp9

    af91d8


    フランス紙レキップは、同国1部ナントを率いる元日本代表監督の去就が不透明であるとしている。
    26日付で「ナントの未来は、ぼやけて見える」との見出しを打ち、来季に向け、ハリルホジッチ監督が続投するか否かが、大きなテーマであると報じた。

    「シーズン残り1カ月の段階で、FCナントには少なくとも2つ、確実なことがある。チームは1部に残留し、来季は欧州のカップ戦(欧州CL、欧州リーグ)には出場できないということだ」
    現在12位と中位につけ、残りは4試合。開幕から低迷する古巣に、昨年10月、ハリルホジッチ監督が就任し見事に立て直して、ここまで来た。

    契約はあと1年残っており、成績を評価すれば、続投は既定路線にも思えるが、どうやらそうではないようだ。
    レキップ紙は「第1に監督自身が続投を希望するだろうか。冬の移籍期間でサラ選手の喪失もあり(移籍直後に飛行機事故で亡くなる)、耐え難いシーズンを経験したはずだ。
    第2に、バルデルマル・キタ会長と息子のフランク・キタ氏は、監督を引き留めようとするだろうか。辞任するよう仕向けるかもしれない」

    どこかで聞いたことのある話だが、ハリルホジッチ監督の周辺は、また、きな臭いようだ。
    指揮官のやり方、性格もよく知る同紙は「監督は、就任後、短い時間でチーム再び活気を与えることに成功した。
    だが、彼のやり方と人格は、すでにロッカールームをうんざりさせており、解任となっても、惜しまれないだろう」と厳しく書いている。

    果たして、ハリルホジッチ監督はどうなるか。その情熱と、有無を言わせぬやり方で、劇薬ともなり得るわれらが? 
    ハリルホジッチ監督。昨年4月に続き、再び解任されてしまうのだろうか。

    日本サッカー協会と同協会の田嶋幸三会長を訴えた裁判を取り下げた。
    その理由を「私は現在、自らのサッカー監督としての責務に真摯(しんし)に向き合っており、従って私は自分の未来への挑戦に専念すべきだと考えました」としていた。

    ハリルホジッチ監督の去就は、いつ、どんな時も、どんな国でも、どんな状況でも注目を集めるようだ。(松本愛香通信員)

    4/30(火) 20:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-04300974-nksports-socc


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/04/29(月) 12:54:45.71 ID:dTnycmCzMNIKU

    DnbFWxUU0AAmsRh


    【AFP=時事】27日に行われたサッカーフランス杯決勝のレンヌ対パリ・サンジェルマン戦で、準優勝となったPSGのネイマールが、表彰式の途中で自分たちを侮辱した観客に手を出したことがインターネット上で騒ぎとなっている。ネイマール本人も行為を認めている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000009-jij_afp-socc


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/28(日) 14:29:40.13 ID:FTk9iwFy9
    2019.04.28 THE ANSWER編集部
    https://the-ans.jp/news/59453/
    no title


    フランス杯決勝後にまさかの行動、海外メディアが決定的瞬間を公開

     海外サッカー、フランスリーグ1部パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの行動が波紋を呼んでいる。
    27日(日本時間28日)のフランス杯決勝で5連覇を逃した試合後、表彰に向かう際、観客に対してパンチを入れるようなシーンを海外メディアが動画付きで公開。決定的瞬間に対し、海外ファンに「彼は処分されるべきだ」「最低だ」と辛辣な声が広がっている。

     PK戦の末に5連覇を逃した試合後だった。表彰式のためにスタンドを上がっていく際、ファンからハイタッチを求める手が待つ中、途中で足を止めたネイマール。
    スマホで撮影していた通路側の男性に何か言われたのか、挑発的な表情で何やら言葉を返す。そして、相手の肩から顔付近を目がけ、押すような形で右手を出した。周囲も一瞬、何が起きたのかわからない様子だった。

     怪我をさせるようなものではないが、褒められるものではない振る舞い。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」スペイン語版公式インスタグラムが決定的瞬間を動画付きで公開すると、目撃した海外ファンから「彼は処分されるべきだ」「最低だ」「彼はチームから抜け出す方法を探しているんだ」「史上最悪のブラジル人サッカー選手」など波紋が広がっている。

    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1122268475207057408/pu/vid/636x360/DEQev9EXxyJrTXFM.mp4


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    15: 名無しさん@恐縮です 2019/04/27(土) 00:23:04.66 ID:7nIXc+Tq0

    19: 名無しさん@恐縮です 2019/04/27(土) 00:35:24.75 ID:HrUVYsyl0
    >>15 
    やべーなこれ 
    どうやったらこう育つんだ


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/26(金) 23:53:03.43 ID:i1Rj3yKj9
    マルセイユは26日、所属する日本代表DF酒井宏樹が、国際スポーツ研究機関(CIES)のランキングに入ったことを伝えた。

    スイスにあるCIESは国際サッカー連盟(FIFA)の傘下にある研究機関。個人とチーム全体での動きから、ピッチでのパフォーマンスを独自の算出方法により導き出してランキングにしている。

    前節のみの結果で、酒井はリーグアンのサイドバック部門で首位に立った。20日に行われた前節、第33節のギャンガン戦では久々の右サイドバックでプレー。フル出場で約1か月半ぶりの連勝に大きく貢献した。

    さらに酒井の凄さが現れているのがその安定感だ。このランキングは前節、1か月間、3か月間、半年間に分かれている。

    酒井は1か月間の括りでは3位に、3か月間では4位に、過去半年間のランキングでも2位に位置していた。この半年間で上位5位以内に入り続けているのは、酒井のみになる。

    昨年6月にW杯で活躍した酒井は、帰国後もシーズン序盤からフルスロットル。昨冬にはアジア杯で再び1か月間クラブを離脱したが、

    現在リーグ戦は22試合、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(仏リーグ杯)は1試合、ヨーロッパリーグは4試合に出場している。3年目のリーグアンで酒井は着実にその成長を見せつけていた。

    4/26(金) 22:59配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-43466370-gekisaka-socc

    写真
    no title


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 07:07:15.73 ID:ayTyGR/w9
    no title


    得点数を30点台に乗せ、キャリアハイを更新

    パリ・サンジェルマンのフランス代表FW、キリアン・エムバペが驚異的な数値を叩き出した。

    日曜日に行なわれたリーグ・アン第33節、ホームでのモナコ戦。
    すでに試合前、2位リールが引き分けたために2年連続8度目のリーグ優勝を決めていたパリSGは、エムバペのハットトリックの大活躍で3-1の勝利を収め、戴冠に華を添えた。

    世間をあっと言わせたのは、エムバペの先制点だった。15分、パリSGがロングカウンターを仕掛ける。
    ハーフウェイライン付近でボールを受けたエムバペはすぐさま右サイドのムサ・ディアビにパス。
    すると猛然と敵陣中央を駆け抜け、瞬く間に守備者ふたりを置き去りにした。タメを作ったディアビの好パスを受け、難なくゴールを割ったのだ。

    テレビ中継局がこのダッシュ時の速度を集計したところ、ビックリするような値が出た。
    トップスピードが時速38キロに達していたというのだ!

    これはあのウサイン・ボルトを上回るもの。2009年の世界陸上で、ジャマイカの英雄は100メートル走の世界新記録、9秒58をマークした。
    その平均スピードは、時速37.58キロ。
    わずかに今回のエムバペが勝利したのである。つまり20歳の韋駄天がまったく同じペースで100メートルを走破すれば、ボルトの世界記録を塗り替えられるということだ。

    ただ、ボルトの場合は「平均スピード」であって「トップスピード」ではない。レコード樹立時のトップスピードは時速44.72キロに達していた。

    それでも、エムバペの走りは圧巻だ。英紙『The Sun』はSNS上における以下のような称賛コメントを掲載している。

    「恐怖を感じさせるほどのスピードだ! 決定的な殺傷能力がある」
    「地球上のどんな優秀なディフェンダーをも混乱させるだろう。非現実的な才能だ」
    「なんて加速力だろう。驚異的としか言いようがない!」

    モナコ戦の3発で今季リーグ戦の得点数を30としたエムバペ。
    自身のキャリアハイを更新するとともに、初のリーグ・アン得点王の座もほぼ確定させ、まさに“最速”でスターダムを駆け上がっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010000-sdigestw-socc
    4/23(火) 5:03配信


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 07:15:40.95 ID:ayTyGR/w9
    2017年に関心が報じられたPSG、バルサ&レアルとの久保獲得レースに割って入るか

    パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間21日、2年連続でリーグ・アン優勝を果たした。
    フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらトップタレントを擁するフランス王者だが、
    来季に向けて2人の10代プレーヤーをターゲットとしており、そのうちの1人がFC東京のMF久保建英だという。
    フランスのスポーツ専門局「RMCスポーツ」が報じている。

    リーグ優勝に王手をかけていたPSGは2連敗で足踏みしていたが、21日の第33節モナコ戦を前に2位リールがトゥールーズと0-0で引き分けたため、連覇が決定。
    本拠地でのモナコ戦もムバッペのハットトリックに加え、ネイマールとカバーニも途中出場で復帰して3-1で勝利と、リーグタイトル獲得に花を添えた。

    そんなフランス王者は、2人の若手有望株に熱視線を送っているという。それがナンシーU-19の18歳フランス人FWビラル・ハッサニとFC東京の久保だ。
    記事では、「ハッサニと久保がターゲット」と題して伝えている。

    「スペインのメディアでも報じられたように、久保はPSGのターゲットの1人だ。
    しかし、日本人アタッカーの獲得レースは、バルセロナとレアルがリードしている。それでも、彼はPSGの真剣な関心の対象だ」

    PSGは2017年11月、バルサ下部組織出身の久保獲得に興味を示しているとフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」によって報じられた。
    一方で、バルサ復帰説は根強く、今年4月にはスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」でレアルが契約をしようと動いていると伝えられるなど、6月に18歳を迎える久保の去就報道は熱を帯びている。

    果たして、PSGはスペインの2大巨頭に割って入り、“久保争奪戦”に参戦するのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00184577-soccermzw-socc
    4/23(火) 6:40配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 10:12:26.78 ID:hBMJr4BP9

    ec7e7c3a-s


    いまをときめくリールの「BIP」を阻み続けた!

    特大の注目を集めたリール戦で出色の出来を披露し、存在を示した昌子。さらに調子を上げ、トゥールーズを残留へと導けるか。

     現地時間4月21日に行なわれたリーグ・アン第33節、トゥールーズ対リールの一戦はスコアレスドローに終わった。2位のリールが引き分けたため、モナコ戦のキックオフ前だったパリ・サンジェルマンの2年連続8度目となるリーグ優勝が決まった。

     このリール戦で奮迅の活躍を見せて絶賛されたのが、トゥールーズの日本代表DF昌子源である。注目の大一番を中継したテレビ映像の最後には、その顔がアップで映し出されたほど。ついにフランス人たちの目に留まったのだ。

     なにしろこの日の相手は、前節にパリSGに5ゴールを見舞って大勝したばかりのリール。飛ぶ鳥を落とす勢いの攻撃トリオ、ジョナタン・バンバ、ジョナタン・イコネ、そしてヨーロッパ中が熱い視線を送るニコラ・ペペを擁する強豪だ。3人のイニシャルをとって「BIP」と呼ばれているが、同時にアメリカ漫画に登場するスピード自慢の怪鳥にもちなんでおり、3人が走るとファンは「ビップ、ビップ、ビップ!」と熱狂することで知られる。

     もしトゥールーズがこのトリオの餌食になって敗北すれば、残留をかけたシーズン最終盤の決定的な痛手になる。そしてそれは、守備の要を担う昌子への評価にも直接影響する。

     ところが――。立ち上がりから昌子は、落ち着き払った守備対応を見せるのだ。テレビ中継局『bein SPORTS』でこの試合を解説したパトリス・フェリが、3バックの右を担当した昌子に注目したのは、試合開始後11分のことだった。

     「ショウジはトゥールーズに、実に多くのものをもたらしましたね。彼は日本的にそっとやって来て、静かに定着し、いつの間にかチームに安定とバランスをもたらした。これは大仕事ですよ。彼はすさまじい大仕事をやってのけましたよ!」

     パトリス・フェリは、サンテティエンヌやリヨンで活躍した元DF。いわば守備の専門家で大先輩だ。マイルドな口調による的確な解説に定評があり、マルセイユの酒井宏樹にも早くから目を留めたひとりだ。

     そんなフェリは、昌子がやや苦戦を強いられた時間帯も、「ショウジがしっかり(シュートコースを)塞ぎました。ただ、もう少し密度が必要ですね」とコメント。その直後だった。25分、イコネが怒涛のスピードで突破を図る。昌子も必死に食らいつき、猛然と追いすがって、最後はゴールライン間際でタックル。するとフェリは、「どちらも食らいついたまま、絶対に離しませんでしたね! ショウジはもっと早くタックルしても良かったと思うが、でもディフェンダーとしては美しい統率でした」と、公正な分析と賛辞を送った。

     こうして前半は0-0で終了。「BIP」は思い通りのプレーができず、「トゥールーズがリールを掌握した感があります」「ショウジ、ジュリアン、ムバンジェの3CBが、ここまでのところきわめてよく機能しています」(実況)の言葉通り、むしろトゥールーズの守備力が際立った。また、「ショウジは日本代表でサカイとも一緒で、友だちなんですよね」(実況)と、昌子をあまり知らない視聴者のために酒井まで紹介されたのである。

    豪リールの攻撃陣を完封した昌子源を仏テレビ局が大絶賛!
    4/22(月) 5:31配信
    53


    「数年前からそこにいるような印象を醸し出している」

     後半も、昌子は躍動する。

     47分、ふたたびイコネが果敢に仕掛けを試みるが、素早くピンチの芽を摘んだ。フェリは、「非常にいい読解力、非常に良い先読みでした。ショウジはもう数年前からそこにいるような印象を醸し出していますね」と絶賛した。

     さらに54分。今度はペペの圧巻のスピードにも屈しなかった。エムバペに匹敵する韋駄天で知られるペペだが、ここでも昌子は、スピードだけでなくインテリジェンスを武器としながら、ゴールラインの外にボールをクリアしてみせたのだ。

     フェリはこれを再生映像とともに克明に解析し、「ショウジ、ここで完璧なポジショニングをとりました。そしてここで巧みに身体を相手の前に入れて、見事にペペを阻んだのです!」と持ち上げた。

    つづきはこちら↓

    4/22(月) 5:31 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010003-sdigestw-socc&p=1

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57529_ext_04_0_1555873868.webp?v=1555878901



    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 00:25:03.67 ID:sCvjYeqY9
    パリ・サンジェルマン(PSG)が、2018-19シーズンのリーグ・アンを制した。

    PSGは21日の21時(日本時間22日の4時)に行われるリーグ・アン第33節でモナコと対戦する。
    PSGはこの一戦で勝利すれば優勝が決まる状況だったが、4時間前にキックオフを迎えた2位・リールとトゥールーズの一戦が0-0の引き分けで終了。この結果、PSGはモナコ戦を待つことなく優勝が決定した。

    今シーズン、PSGはヨーロッパ5大リーグの記録となる開幕14連勝を達成し、爆発的なスタートダッシュに成功した。
    その後もブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら強力な攻撃陣が躍動。第32節終了時点で26勝3分3敗、勝ち点「81」で首位を独走していた。

    第31節には2位・リールとの直接対決が実現した。引き分け以上で優勝を決められる一戦だったが、1-5でまさかの大敗。
    第32節のナント戦にも敗れ、優勝を目前としながらも足踏みが続いていた。

    PSGは2012-13シーズンからリーグ・アン4連覇を達成。2016-17シーズンはモナコに覇権を譲ったが、昨シーズンは圧倒的な強さを見せつけてリーグ・アンを制覇した。今シーズンも6試合を残しての優勝となっている

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00930376-soccerk-socc
    4/22(月) 0:00配信

    no title


    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング


    999: PR 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ