サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーグアン


    zltn

    卓越した語学力を誇るイブラヒモビッチ

    パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが卓越した語学力を駆使して
    主審を侮辱しているとライバルクラブの監督が告発している。英国営放送BBCが報じている。

    “天上天下唯我独尊”を地で行くイブラヒモビッチのピッチ上での行いを批判したのはフランス1部首位リヨンを率いるウベール・フルニエ監督だ。

    「このリーグのすべてのレフェリーはこの男によって侮辱されている。レフェリーはバイリンガルでもトライリンガルでもないので、彼らは理解できない。
    つまり、レフェリーを侮辱するためにイタリア語か英語で話した方がいいということになる」

    8日のPSG戦を前にした記者会見で、指揮官は衝撃的な告白を行ったという。

    PSGの「背番号10」は圧巻のプレーやセンセーショナルな言動のみならず、語学力もずば抜けている。
    スウェーデン語、セルボ・クロアチア語に加え、流暢な英語とイタリア語、日常会話程度のスペイン語を操る。

    審判のジャッジにフラストレーションを募らせた場合、フランス人主審の理解できないであろう言語をチョイスし、
    罵詈雑言を投げかけているというのだ。

    「我々はズラタンの挑発行為に負けないように願う」

    そして、フルニエ監督は日曜日の決戦で笛を吹くことになるクレモン・タルパン主審について、
    「最も挑発されるである人間はタルパン氏になるだろう」とも語っている。

    フルニエ監督の告発はサッカー界の異端児に対するフランス人レフェリーの警戒を高める作戦であるのかもしれないが、
    普段の言動を鑑みれば、卓越した語学力を侮辱行為に活用するイブラヒモビッチの姿も容易に想像がついてしまうのも事実。

    「私のチームには挑発をしないでもらいたいし、レフェリーに対する侮蔑も望まない。
    我々はズラタンの挑発行為に負けないように願うばかりだ」

    フルニエ氏はそう語っている。指揮官は3位のPSG戦を前にイブラヒモビッチに強い警戒心を抱いているようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150207-00010008-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 2月7日(土)18時7分配信

    続きを読む

    zltn
    PSG(パリ・サンジェルマン)のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、
    30日にホームで行われたリーグアン第23節でレンヌを1-0で破った試合後、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの不仲説について質問した記者をバッサリ切り捨て、
    論破したインタビューが話題となった。1日の英紙『メール』などが報じた。

    試合後、イブラヒモビッチに取材した記者はまず「多くの人があなたとエディンソン(・カバーニ)の関係について話しているけど、
    彼が来てからどう関係が悪化したのか?」と質問。

    すると、「多くの人か? それとも、あんたか?」と逆質問。

    記者が「多くのメディア関係者です」と答えるも再び「多くの人か? それとも、あんたか?」と詰め寄った。
    めげずに記者は「私が聞きたいんです」としてカバーニとの関係性を再度聞くと、「俺よりもあんたの方が知ってそうだけど?」と取り付く島もない様子。

    慌てて記者は「い、いや、知りません。私はあなたの答えを待っているんです」とするも、
    イブラヒモビッチは「でも、あんたがそれを書いてるんだろ?(書いているのは)俺じゃない。
    そのことについて話しているのはあんただ。あんたに何が分かるんだ?」と落ち着いた口調ながら明らかに苛立っているような返答を見せた。

    何とか答えを聞き出したい記者は「あなたが加入してからチームはゴールを量産していますが、時にパスをもらうべきではないタイミングや、
    (カバーニと)もっといい関係を築くべきなのではと、(ローレン・ブラン)監督も言っていました」と、質問を丁寧なものとした。

    ところがイブラヒモビッチは「あんたは俺よりもサッカーを知っているのか?」と質問を一刀両断。
    後半は「あんたは記者か? それともカメラマンか?」「(記者なら)じゃあなんでカメラを回してるんだ? カメラマンを付けるべきだろ」と
    イブラヒモビッチが次々と質問を浴びせた。

    記者が「上司が私に指示したんです」と答えると「金が無いんだな」と吐き捨て、約1分のインタビューは不調に終わった。

    イブラヒモビッチは同試合で、判定に不満を述べた際に主審から「こっちに来なさい」と言われるも
    「話したいならそっちが来い」と手招きする主審を呼び寄せた場面が話題となったほか、
    前節のサンテティエンヌ戦(1-0でPSGが勝利)では、相手DFポール・ベイスと口論になった際、
    背中の名前をチェックする身振りをするなど、その上から目線の行動が注目を集めている。

    なお、PSGは23節を終えて、勝ち点49で首位に立つリヨンと勝ち点2差で3位につけている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150202-00010017-footballc-socc
    フットボールチャンネル 2月2日(月)16時0分配信

    続きを読む

    no title


    12月29日、『Guardian』は「スウェーデンで休暇を過ごしているズラタン・イブラヒモヴィッチがヘラジカを狩ったことに対し、
    動物保護団体が反対の声明を発表している」と報じた。

    狩りを趣味としており、そのために一つの島を購入したことでも知られているズラタン・イブラヒモヴィッチ。
    今年公開されたスウェーデンの自動車メーカーVOLVOのコマーシャルでも猟銃を構えている場面が使われている。

    そして28日、『Expressen』が巻頭で「ズラタン・イブラヒモヴィッチが500kgもの大きさのヘラジカを仕留めた」と特集記事を発表した。

    スウェーデンでは狩猟は一般的なレジャーの一つであり、同国には30万人もの競技人口がいると考えられている。
    ズラタンも2010年に免許を取得しており、違法行為ではない。

    しかし、この記事にスウェーデンの動物保護団体が反発。
    「有名人には象徴的な価値があり、行動に正当性を与える」としてズラタンの行為を非難した。

    カミーラ・ビョークボム スウェーデン動物保護団体書記長

    「これは問題がある。有名人がこのようなことをすれば、これらの活動をサポートしているような印象を広めることになる。
    有名な人物が公で物事を行う際には、常に象徴的な価値がある。それが正当性を与えてしまう。

    我々はレジャーで行うヘラジカ狩りなどの文化に盲目である。
    野生動物の存在に対し、ハンターは不均衡な影響力を持っている。動物に対する福祉という視点が存在していない」

    2014/12/30 12:00
    http://qoly.jp/2014/12/30/zlatan-ibrahimovic-hunted-500kg-moose

    動画 コマーシャル Zlatan Ibrahimovic Volvo Super Bowl Commercial | Zlatanfis
    https://www.youtube.com/watch?v=X95j5Xf-c3c


    続きを読む

    no title


    イブラ、母国のランキングで2位になり不満「1位から5位まで俺だ」

    フットボールチャンネル 12月24日(水)13時8分配信

    パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表ズラタン・イブラヒモビッチが
    母国スウェーデンの新聞『ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)』が発表した、
    同国のスポーツ選手ベスト150のランキングで2位に入った。

    イブラヒモビッチはこの結果に対し、「感謝する。だけど2位は最下位と同じようなもの」と、
    不満を露わにしている。

    記者から自身で選ぶベストは誰かと訊かれると
    「1位、2位、3位、4位、それから5位まで俺が入るだろう」と、独特の言い回しで答えている。

    1位になったのはテニスプレーヤーのビョルン・ボルグ。
    ボルグはテニス4大大会のひとつ、ウィンブルドン選手権で5連覇、
    同じく全仏オープンで4連覇など数々の記録を達成した名選手。

    結果に納得していない様子のイブラヒモビッチだったが、1位になったボルグについては
    「彼は冷静沈着な人間で、まさに生ける伝説だ」と評している。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141224-00010013-footballc-socc

    続きを読む

    no title


    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、
    9日のEURO2016予選ロシア戦を負傷により欠場。しかし、翌日挑戦した釣りでは見事な2ゴールを決めたようだ。

     10日、イブラヒモビッチはスウェーデンの伝説的な釣り師であるズワーツゾンカー氏との釣りの模様をフェイスブックにアップしている。

    「スウェーデン代表の練習の後、ズワーツゾンカーと一緒に釣りに出かけたぜ! 結果?2匹釣り上げたよ!」

     残念ながらサッカーのプレーは出来なかった同選手だが、久しぶりの里帰りを十分に満喫した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00010011-footballc-socc



    no title

    続きを読む

    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するFWズラタン・イブラヒモビッチが、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督を称賛した。

    イブラヒモビッチは、インテル時代にモウリーニョ監督と一緒だった。PSGのエースは、モウリーニョ監督の知的なところに特に驚かされたという。

    イギリス『ガーディアン』に対して、イブラヒモビッチが次のように話した。

    「モウリーニョは本当にインテリジェントだ。彼は全員を同じ方法で扱うわけではない。彼はそれぞれの100%を出させるために扱う術を知っているよ」

    これまで指導を受けた中でモウリーニョ監督が最もインテリジェントだったかと問われると、イブラヒモビッチは「イエス」と返答している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141007-00000000-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ