サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: リーグアン

    no title


    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、
    9日のEURO2016予選ロシア戦を負傷により欠場。しかし、翌日挑戦した釣りでは見事な2ゴールを決めたようだ。

     10日、イブラヒモビッチはスウェーデンの伝説的な釣り師であるズワーツゾンカー氏との釣りの模様をフェイスブックにアップしている。

    「スウェーデン代表の練習の後、ズワーツゾンカーと一緒に釣りに出かけたぜ! 結果?2匹釣り上げたよ!」

     残念ながらサッカーのプレーは出来なかった同選手だが、久しぶりの里帰りを十分に満喫した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00010011-footballc-socc



    no title

    続きを読む

    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するFWズラタン・イブラヒモビッチが、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督を称賛した。

    イブラヒモビッチは、インテル時代にモウリーニョ監督と一緒だった。PSGのエースは、モウリーニョ監督の知的なところに特に驚かされたという。

    イギリス『ガーディアン』に対して、イブラヒモビッチが次のように話した。

    「モウリーニョは本当にインテリジェントだ。彼は全員を同じ方法で扱うわけではない。彼はそれぞれの100%を出させるために扱う術を知っているよ」

    これまで指導を受けた中でモウリーニョ監督が最もインテリジェントだったかと問われると、イブラヒモビッチは「イエス」と返答している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141007-00000000-goal-socc

    続きを読む

    1: 玉木 ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 20:34:44.03 ID:???0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140822-00223830-soccerk-socc
    SOCCER KING 8月22日(金)16時52分配信


    バスティアは21日、フランス・プロサッカーリーグが規律委員会で、暴力行為をはたらいた同クラブのブラジル人FWブランドンに対し、
    9月18日まで暫定的に出場を停止する決定をしたと、クラブ公式HPで発表した。

     ブランドンは16日に行われたリーグ・アン第2節のパリSG戦の試合後、ロッカールームに戻る途中、パリSGのイタリア代表MFチアゴ・モッタ
    に頭突きをし、鼻骨を骨折させていた。

     21日付けのフランス紙『レキップ』では、規律委員会の委員長を務めるセバスチャン・ドゥヌー氏のコメントを伝え、同氏は「規律委員会は
    正式に提訴を受け事態の深刻さに際し、すべての当事者がそろうであろう9月18日の聴聞会まで暫定的に出場停止とする」と話している。

     これにより今回の事件の裁定はT・モッタからの事情聴取を終えた後に下されることになった。ブランドンの弁護士オリヴィエ・マルタン氏は
    「ブランドンは謝罪を表明している。裁定を保留にすることは普通だ。私の依頼人はここまでの5日間、混乱を招くメディアから沈黙を守った。
    彼は9月18日の聴聞会に出席するよ」と語っている。
    .
    SOCCER KING

    続きを読む

    2014-08-18-19-39-38
    モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがリヴァプールにレンタルで加入する可能性が浮上した。
    イギリス紙『エクスプレス』は17日、リヴァプールがファルカオに対して週給20万ポンド(約3400万円)のオファーを提示すれば、
    同選手をレンタルで獲得することが可能であると報じた。

    今夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスをバルセロナに放出したリヴァプール。
    チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は先日、「最後までストライカーを加えることを目指す」と話し、新戦力の獲得に動いていることを明言した。

    一方、イギリスの一部メディアは先日、リヴァプールがファルカオの獲得に向けてモナコに打診をしたと伝えた。
    しかし、モナコはフォルカオを狙うクラブに対して、同選手がレアル・マドリード移籍に近づいていると話したとも報じられていた。

    伝えられるところによると、レアル・マドリードはファルカオを獲得するために必要な移籍金の全額を今夏に支払うことを拒んでいる模様。
    そのため、来夏にレアル・マドリードに加入することになりそうなファルカオの今シーズンの去就に関して、モナコはレンタルでの放出を考えているという。
     
    『エクスプレス』によれば、リヴァプールも移籍先の候補となっているが、フォルカオをレンタルで獲得するためには、同選手が求める週給20万ポンド、
    日本円の年俸にして約18億円の給与を支払う必要があるとのことだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00222517-soccerk-socc

    続きを読む

    パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長は、
    16日の試合後にMFチアゴ・モッタがバスティアFWブランドンから頭突きされた件で、
    ブランドンを生涯出場停止など厳罰処分に科すべきとの見解を示した。

    リーグアン第2節でバスティアを2-0と下したPSGだが、試合後に大きな問題が起きた。
    ロッカールームに向かう途中で、T・モッタがブランドンから頭突きを受け、鼻から血を流した。
    アル・ケライフィ会長は試合後、次のように話している。フランス『レキップ』が伝えた。

    「とても深刻なことだ。放っておくわけにはいかない。フランスサッカーにとって最悪のイメージだ。
    あれをやった選手が厳しく処分されることを願う。歴史的な厳罰処分が必要だ。
    これはサッカーじゃない。選手たちを守るのが我々の役目だ。T・モッタがああやって攻撃されたなら、我々は動かなければいけない」

    さらに、アル・ケライフィ会長は『Bein Sport』で、「生涯出場停止」も求めると語った。
    イギリス『BBC』は、同会長が「彼はサッカー選手じゃない」とブランドンを批判したことも伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140817-00000000-goal-socc

    動画
    http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Al-khelaifi-c-est-tres-grave/490832

    続きを読む

    jpeg

    この夏にチェルシーからパリサンジェルマン(PSG)へと移籍したDFダビド・ルイスは、
    チェルシーが自分の放出を悔やむことになると信じているようだ。

    D・ルイスは4000万ポンドと見られる巨額の移籍金で6月にPSG加入が決定。
    ブラジル代表として出場したワールドカップで最後に大量失点を喫したこともあり、
    特に守備面で懐疑的な見方もあるが、同選手はPSGの信頼に応えたいという意欲を見せている。

    イギリス『サン』が次のようにD・ルイスのコメントを伝えた。

    「チェルシーでもどのチームでも、僕がいなくなったことを残念に思うと僕は信じなければならない。
    ごう慢なわけじゃないけど、自分自身の力には自信を持っているんだ」

    「パリは僕のために大きなお金を払ってくれたので、当然僕を信じているということだ。
    本当に望んでくれて、信じてくれるクラブにいることができるのは素晴らしいことだよ」

    同じくこの夏にチェルシーを退団し、ニューヨーク・シティFC経由でマンチェスターCに加入したMFフランク・ランパードに関しては、
    まだトップレベルでの活躍が可能なはずだとD・ルイスは話している。

    「僕は自分がフランクと一緒にプレーした経験のことだけしか話せないけど、今でも彼には最高のレベルでやれることが十分にあると思っている。
    素晴らしい選手だというだけでなく、ビッグゲームでの経験もあるからだ」(Goal.com)

    2014.8.14 20:28
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140814/fra14081420280003-n1.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ