サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:セリエA > インテル

    no title
    セリエA第5節が28日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでカリアリと対戦し、1-4で敗れた。

    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを採点。
    先発出場したものの、27分に2枚目のイエローカードを受けて退場した長友には、チーム最低となる「4」という厳しい評価を下した。

    同紙は、「キックオフから27分で提示された2枚のイエローカードに加え、先制点を許したサウへのボール。
    (カリアリを率いる)ゼマン監督に最大の敬意を表した上で、11対11でもインテルは敗れただろうが、このような屈辱を味わうことはなかっただろう」と長友のプレーについて触れている。

    インテルで最も評価が高かったのは、スロベニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチの「6.5」。
    両チーム合わせての最高評価は、ハットトリックを達成したカリアリのスウェーデン代表MFアルビン・エクダルに与えられた「8.5」となった。

    9月29日(月)13時36分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00237144-soccerk-socc

    続きを読む

    no title
    今夏にカリアリの会長に就任したトンマーゾ・ジュリーニ氏が、
    4-1で日本代表DF長友佑都所属のインテルを撃破した試合後に『Sky』のインタビューに答えた。

    インテルのファンとしても知られるジュリーニ会長は、観戦に訪れたサン・シーロでのセリエA初勝利に
    「とても嬉しく思う。アタランタ戦やトリノ戦で勝利を収めたがったが、初勝利はこのミラノで訪れた。
    我々は出来る限り早く残留を成功させたい。インテルが4点も奪われたことで苦しんだかって? それは全くない。
    それどころか、もっと落ち着いて観戦できるように5点目を願ったほどだ」と喜びを爆発させた。

    さらに「サッカーでは、部分部分のエピソードが重要なものとなる。
    恐らく長友の退場がなければ、4-1とはならなかっただろう。
    (ズデネク・)ゼマン監督はこの話については納得いかないだろうが、
    エピソードは試合を決定づけるものだ」と言明し、長友の退場が試合展開を大きく左右したとの見解を述べた。

    9月29日(月)13時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00237138-soccerk-socc

    続きを読む

    no title
    キャプテン長友空回り…前半27分にレッドカードで退場処分
    ゲキサカ 9月28日(日)22時45分配信

    no title

    画像: Getty Images (ゲキサカ)

    [9.28 セリエA第5節 インテル-カリアリ]

     インテルの日本代表DF長友佑都が、イエローカード2枚で退場処分を受けた。

     インテルはホームでカリアリと対戦。長友は右MFで2試合ぶりの先発。今季初めてキャプテンマークを巻いてプレーした。

     しかし前半25分にイエローカードを受けると、同27分にはFWアンドレア・コッスを後ろから倒してしまい、2枚目のイエロー。
    長友にとっては2012年10月8日のミラノダービー以来の退場処分となってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00139590-gekisaka-socc

    続きを読む




    ゲキサカ 9月22日(月)5時42分配信
    インテルは敵地でドロー…今季初フル出場の長友は左右両ポジションこなす

    [9.21 セリエA第3節 パレルモ1-1インテル]

     セリエAは21日、第3節2日目を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でパレルモと対戦し、1-1で引き分けた。

     18日のELはメンバー外となっていた長友だが、この日は左MFで先発出場した。
    後半途中からはポジションを逆サイドに変えてプレー。今季リーグ戦3試合目にして初のフル出場を果たしている。

     インテルはいきなり先制点を食らってしまう。前半3分、エリア内でボールの処理にもたついたDFネマニャ・ビディッチが
    FWフランコ・バスケスに奪われ、そのままゴールネットを揺らされる。インテルにとっては今季、公式戦6試合目にして初めての失点になった。

     前半を押され気味に進めたインテルだが、42分、長友のパスを受けたMFマテオ・コバチッチがドリブルで持ち上がると、FWパブロ・オスバルドに当てる。
    リターンを受けるやいなや、迷わずミドルレンジからシュート。豪快にシュートを突き刺し、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

     後半に入ると、インテルペースで進む。6分にはFKの流れからFWマウロ・イカルディがゴールネットを揺らすが、直前のプレーがオフサイドと判定され取り消し。
    後半11分からはDFダニーロ・ダンブロージオに代えてDFドドーを投入。長友を右MF、ドドーを左MFに配し、攻撃力を上げた。

     だがパレルモも粘り強い戦いを続ける。後半28分にはバスケスがクロスバー直撃のシュートを放つなど、あわやの場面も作り出す。
    守ってもインテルに勝ち越しゴールを許さず、勝ち点1ずつを分け合った。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00139376-gekisaka-socc

    続きを読む

    199301_heroa


    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、12日付けの紙面でセリエA第2節における各試合の先発予想を発表。
    14日にホームでサッスオーロと対戦するインテルの日本代表DF長友佑都は先発出場すると予想されている。

     第1節のトリノ戦を0-0で終えたインテルは、初勝利を目指してサッスオーロ戦に臨む。
    インテルの布陣を「3-5-1-1」とした同紙は、トリノ戦でベンチスタートだった長友が右サイドハーフで起用されると予想した。

    また、トリノ戦を欠場していたアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオも先発メンバーの一人として出場が見込まれている。

    ■『ガゼッタ』紙、サッスオーロ戦インテル先発予想
    ▽GK
    サミール・ハンダノヴィッチ

    ▽DF
    マルコ・アンドレオッリ
    アンドレア・ラノッキア
    フアン・ジェズス

    ▽MF
    長友佑都
    エルナネス
    マテオ・コヴァチッチ
    ドド
    ガリー・メデル

    ▽FW
    ロドリゴ・パラシオ
    マウロ・イカルディ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00231368-soccerk-socc

    続きを読む

    no title


    ライバルのドドが先発に

    インテルの日本代表DF長友佑都が、31日のセリエA開幕トリノ戦とのアウェーゲームでベンチスタートとなることが地元メディアに予想された。

    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、ワルテル・マッツァーリ監督が3-5-2システムの左ウイングバックの位置にブラジル人DFドドを入れ、
    長友はベンチスタートする見込みだと伝えた。

    長友は、28日のヨーロッパリーグのプレーオフ最終戦ストヤルナン戦でフル出場し、2アシストを記録。
    6-0の大勝劇に貢献し、地元紙からも高い採点を付けられていた。

    一方のドドも、プレシーズン中に長友のポジションを脅かすような高いパフォーマンスを見せ続けてきた。
    激しい競争が続いているが、今回は中2日という厳しい日程で迎えるだけに、長友に関しては体調面を考慮した温存策という見方もできるだろう。

    Soccer Magazine ZONE web 8月31日(日)15時58分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140831-00010005-soccermzw-socc

    キックオフ:27:45 / 試合会場:オリンピコ・ディ・トリノ
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634725

    続きを読む

    no title
    インテルDF長友佑都のポジションを争うライバル、ブラジル人DFドドが
    20日のヨーロッパリーグ予選のプレーオフ初戦ストヤルナン(アイスランド)戦で活躍した。

    イタリア地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトがMVPに選出するなど、評価を急上昇させ、長友の立場を脅かしている。

    「インテルは3ゴール決めた。イカルディとドド! アイスランドの熱い試合」と見出しでチームにとって今季の公式戦初戦を特集している。

    長友が軽度の筋肉疲労で欠場した一戦で、ドドが3-5-1-1システムの左ウイングバックを務めた。
    そして、後半3分に2点目を決める活躍でフル出場。敵地での3-0勝利に貢献している。

    ガゼッタ紙は7・5という高い評価で長友のライバルをMVPに選出。
    寸評では「本当の意味での初めて存在感を示した試合だった。初めからターボをかけた。
    にも関わらず、すべてのボールはジョナタンに集まっていたが、いいボールを見逃さず、すぐゴールを決めた」と決定力を評価している。

    アイスランド遠征で温存された格好の長友のポジションは地元メディアの間でも盤石と見られていた。
    マッツァーリ監督は今季長友を左右のウイングバックで起用する方針を示したが、22歳のブラジル人の新鋭がついに期待されたポテンシャルを発揮するに至った。
    長友も定位置死守にうかうかしてはいられない状況になりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140821-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む

    439819_herol

    プレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」のグループA第3試合が29日に米メリーランド州のフェデックスフィールドで行われ、
    日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uと同DF長友佑都のインテルが対戦。香川と長友はベンチスタートだった。。

    26日の初戦でローマに3-2で勝利を収めたマンチェスター・Uは、3-5-2のシステムを採用。
    ウェイン・ルーニーとダニー・ウェルベックが2トップを組み、トップ下の位置にはフアン・マタが入った。中盤センターには、アンデル・エレーラとダレン・フレッチャーが並んだ。

    一方、初戦でレアル・マドリードをPK戦の末に破ったインテルは、3バックの中央に新加入のネマニャ・ヴィディッチが入り、
    右サイドにはダニーロ・ダンブロジオ、左にはローマから移籍したドドが並んだ。

    マンチェスター・Uは11分、マタが蹴った右CKに反応したフィル・ジョーンズがダイビングヘッドでゴールを狙ったが、GKサミール・ハンダノヴィッチに横っ飛びで阻まれた。
    18分には、ペナルティーエリア手前でパスを受けたルーニーが反転し、振り向きざまにミドルシュート。枠の上へ外れた。
    40分には、右サイドにパスを展開したマタが中央でリターンを受け、ペナルティーエリア手前から思いきったミドルシュートを放つと、枠の右に外れた。前半は0-0で終了した。

    後半開始時から、マンチェスター・Uは8選手を交代。香川がトップ下の位置に入り、ナニとウィルフレッド・ザハが前線に並んだ。
    新加入のルーク・ショーらもピッチに立った。61分、右サイドからカットインしたナニが香川に縦パスを預けると、ワンタッチでの落としを受けてシュート。
    枠の外に外れたが、連動した攻撃を見せた。

    インテルは64分に3選手を交代し、長友を投入。長友は左サイドに入った。マンチェスター・Uは75分、パス交換で中央を突破し、
    フレッチャーのパスを受けたナニがペナルティーエリア内でシュート。こぼれ球に反応した香川が詰めたが、シュートには至らなかった。
    85分には、ゴール正面でインテルがFKを得ると、フレディ・グアリンが強烈なシュートを放って枠を捉えたが、GKにセーブされた。
    試合は90分を終えてもスコアレスのまま決着がつかず、PK戦に突入した。

    PK戦では、先攻のマンチェスター・Uが3人連続で成功。インテルも3人が成功し、マンチェスター・Uの4人目のキッカーを務めた香川は、
    GKの逆を取ってゴール右隅に落ち着いて決めた。インテル4人目のマルコ・アンドレオッリが、シュートをクロスバーに当てて失敗。
    マンチェスター・Uは5人目のフレッチャーが決め、5-3でPK戦を制した。

    インターナショナル・チャンピオンズカップには8クラブが参加し、2グループに分かれて1次リーグを戦い、両組の首位が8月4日の決勝に進む。
    グループAのマンチェスター・Uは、PK戦勝利により勝ち点2を獲得し、2試合を終えて同5に積み上げた。
    インテルはPK戦敗戦により1ポイントを獲得し、2試合を終えて勝ち点3となっている。

    SOCCER KING 7月30日(水)10時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00216002-soccerk-socc

    続きを読む

    2014-05-18-12-05-21
    サネッティに続きカンビアッソまで退団ですか。アルゼンチン色が一気に薄くなった気がします。 キャプテン長友も近いかもしれませんね。
    1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@転載禁止 2014/05/18(日) 10:35:29.40 ID:???0 BE:123479591-PLT(13001)
    インテル、カンビアッソも退団決定 キャプテンマークは誰の手に?
    GOAL 5月18日(日)10時0分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggdURwLqNu12t8NCIwmcHbCw---x450-y280-q90/amd/20140518-00000006-goal-000-0-view.jpg
    'Esteban Cambiasso - Inter'

    インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)は17日、MFエステバン・カンビアッソが
    今季限りで退団することを発表した。また、DFアンドレア・ラノッキアが次期キャプテン候補の一人と明かしている。

    MFハビエル・サネッティが今季で引退するインテル。ほかにも、FWディエゴ・ミリートなど、2010年の3冠達成を支えた
    ベテランたちが、契約が満了する今シーズン限りでチームを去ることになる。カンビアッソもその一人だ。

    アウジリオSDは会見で次のように話している。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

    「カンビアッソとは毎日話しており、友情やリスペクトがある。今朝、公式に、戦術的な理由から、
    我々は契約延長をオファーしないと伝えた。金銭的なことについては話していない。
    彼は決してお金を求めることはないんだ。いずれにしても、私は彼がインテルの人間でいることを望んでいる。
    いずれかの形で戻ってくるだろう」

    「(ベテランが去ることで)心配はしている。最近のインテルの成功は彼らによって築かれたんだからね。
    当然、穴を埋められるかという心配はある。だが、クラブは選択をしなければいけないんだ。
    好まれない、難しい選択かもしれない。だが、それをすることは、新たなサイクルを始めたいという意欲なんだ。
    ミリート? 彼とは以前からシーズン後のことを話していた」

    サネッティに続いてカンビアッソも退団となれば、インテルの次期キャプテンを務めるのが誰になるかが注目される。
    DF長友佑都が昨年のミラノダービーで、試合途中からキャプテンマークを巻いたことは記憶に新しい。

    だが、アウジリオSDは会見場にいたラノッキアも候補の一人だと話している。

    「来年、キャプテンマークを巻くのは誰か? サネッティは明日もマークを巻いてプレーする。
    新キャプテンのことを考えるのは大変だね。でも、ラノッキアはその道徳心から真剣な候補者の一人だ。
    イタリア人だしね。様子を見よう」

    なお、そのラノッキアについて、アウジリオSDは契約延長を望んでいるとも述べている。

    「我々は彼を引き留める。関係を延長したい。オフィスに来てくれれば、すぐにでも契約延長にサインできるよ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140518-00000006-goal-socc

     

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ