サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: インテル

    1: Egg ★ 2017/01/27(金) 01:18:39.01 ID:CAP_USER9
    日本代表のDF長友佑都が一部のインテルサポーターから好かれていないことについて、フランスメディア『BeInSports』のフィリップ・ジュナン記者が「ヒドイ」と持論を述べた。

    今冬の移籍市場では、長友の去就に関して、フランスメディアを中心にマルセイユへ移籍する可能性が報じられた。その際に、ジュナン記者が長友についての見解を語っていた。

    「長友が一部のインテルサポーターから好かれていないなんて、本当にヒドイことだ。彼は長い間、インテルへ貢献してきた選手だ。最近はフィジカルのトラブルを抱えていた」

    マルセイユがユヴェントスから左サイドバックを主戦場とするDFパトリス・エブラを獲得したため、長友の移籍話は消滅した。しかし、インテルの功労者へ対する心無い声に対し、リスペクト忘れないよう求めた。

    GOAL 1/27(金) 0:09配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000023-goal-socc

    【テレビ】<梅沢富美男>平愛梨に「喝!」 結婚するサッカー日本代表の長友佑都と一緒に入浴しないとの発言に
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485440539/

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/01/26(木) 17:01:36.71 ID:CAP_USER9

    CSrWRKiUAAAsFqJ

     
    インテルのオーナーである蘇寧グループが、若手イタリア人選手を中心としたチーム作りの方針を打ち出した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

    蘇寧グループの張近東会長は将来を見据えた長期プランを計画している。トップチームには、イタリア人の若手有望選手を少なくとも12人登録する意向で、イタリア人を主体としたチームづくりを考えているという。

    守備陣に関しては、大幅な選手の入れ替えが予定されている。来夏の移籍市場に向けて、サッスオーロのセンターバック、DFフランチェスコ・アチェルビやアタランタの17歳、DFアレッサンドロ・バストーニの獲得を目指しているようだ。

    またサイドバックについては、来夏にDFダヴィデ・サントンとDF長友佑都を放出するとみられており、イタリア人選手の候補として、マンチェスター・ユナイテッドのマッテオ・ダルミアンやトリノのDFアントニオ・バレーカの名前が挙げられている。

    なお、残留の可能性が高いのは、MFアントニオ・カンドレーヴァ、FWエデル、DFマルコ・アンドレオッリ、FWマウロ・イカルディ、FWアンドレア・ピナモンティらであるとされている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000015-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★©2ch.net 2016/11/21(月) 14:13:03.03 ID:CAP_USER9
    長友佑都の元チームメートで、現在はガラタサライに所属する元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルのインタビューが注目を集めている。

    スナイデルは2009~2013年の間インテルに在籍し、2011年に同クラブに加わった長友とは2年にわたって一緒にプレーした。この度公開されたイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで「彼(長友)はすごい人間だよ」「実際、日本人にとってイタリアで長年生活するのは難しいことだ。まったく別の世界からやって来たわけだし、もちろん最初は言葉なんて話せなかった」「(そんな中で)ユウトは長いことインテルにいるよね」と称賛していた。

    スナイデルが長友に関して言及するのは今回がはじめてではない。昔から仲がいいことで知られ、ピッチ上ではともに助け合い、ピッチ外でも交流する様子がお互いのSNSを通じて頻繁に伝えられていた。

    過去に『Goal』が行ったインタビューでは、長友や日本サッカーに好印象を抱いていると話していた。例えば2人がインテルに在籍していた2011年のインタビューでは「色々なところで言っているけど、僕は本当に日本人選手が好きなんだ。ユウトはディフェンダーだけど、攻撃の仕方もよく心得ている。とても良い選手だね」と語っていた。

    また日本のサッカーや日本人選手の印象について「ずっと日本人選手のことを気に入っていた。彼らと対戦するのは楽じゃないよ。僕がアヤックスのユースにいた頃、日本のチームとたくさん対戦したけど、いつも大変だった。とても良い技術を持った選手がたくさんいるね」とコメント。

    さらに「例えばシンジ・オノだ。彼がフェイエノールトにいるとき、対戦するのが嫌だった。これまで対戦した中でも、最もタフな相手の一人だよ。彼が日本人だからとか、あなたを喜ばせようとしてそう言っているんじゃないんだ。本当だよ(笑)」と語っていた。

    もともと日本人選手と対戦する機会があり、好印象を抱いていたというスナイデル。そういった土壌の上に長友という勤勉で愛らしいキャラクターを持った選手と出会い、長友本人や日本に対してさらに好印象を持ったのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000004-goal-socc

    【サッカー】<オランダ代表MFウェズリー・スナイダー>「長友はすごいやつだ」絶賛!©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479640513/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/11/05(土) 17:37:08.46 ID:CAP_USER9

    1425882_heroa

     
    今シーズン、セリエA開幕の目前に、ロベルト・マンチーニに代わってインテルの監督に就任したフランク・デ・ブールだが、その政権は予想よりもはるかに短く終わった。正確にはリーグ戦11試合、チャンピオンズリーグの3試合のみだ。その中で一定の支持を得ることはできず、批判ばかりだった。とはいえ、オランダ人監督は理想とするサッカーとはかけ離れたチームを指揮するに至った経緯もあり、全ての責任は問えない。やむを得ない結末だろう。

    これまでインテル経営陣は監督交代という過ちを山ほど繰り返して来たが、今回も同じ失敗となった。「トリプレーテ(三冠)」を達成して以来、辛抱することができない。インテルはまるで新たなジョゼ・モウリーニョを探しているかのようだ。すなわち、すぐさまとは言わないまでも、短期間でインテルをイタリア国内リーグおよびヨーロッパレベルで競争力のあるチームに引き上げることができる指揮官を探しているように見える。

    ラファエル・ベニテス、ジャンピエロ・ガスペリーニ、アンドレア・ストラマッチョーニ、そしてデ・ブールと、近年、インテルは監督の交代劇を繰り返して来た。監督にはもっと違う成績を期待していたのだろうが、デ・ブール解任に至った経緯もこれまでの監督とさほど変わらない。




    だがまずは、約20年前に遡るがインテルでのマルチェッロ・リッピの挫折にも簡単に触れておこう。ユヴェントスではタイトルを総なめにし、後にイタリアを指揮しワールドカップ優勝も果たしている有能な監督だ。それだけに期待は大きかったが、その反動で大失敗の余波も大きかった。

    リッピがインテルを指揮したのは1シーズンと1試合、つまり1999-2000シーズンと翌シーズンの初戦だった。まるで実らぬ恋のように監督解任に至った。実際、4位を確保したうえ、リーグ戦、コッパイタリア、チャンピオンズリーグ、UEFAカップを合わせて勝率5割の成績であり、突然の解任決定を正当化できるようには見えなかった。

    一方、ベニテスについては、ジョゼ・モウリーニョの功績が重くのしかかったのか。スーペルコッパ・イタリアーナでローマに3-1で勝利したときは、長期政権を予感させたものの、UEFAスーパーカップでアトレチコ・マドリードに敗れ、上がったり下がったりの調子が続くと、双方合意の下で契約解除に至った。開幕からわずか4カ月、勝率は48%だった。クラブワールドカップで優勝するものの、退任は避けられずレオナルドと交代した。




    ガスペリーニがインテル監督の座を維持できた期間はさらに短い。スーペルコッパでミランに敗れ、リーグ戦で2敗1分、チャンピオンズリーグで1敗すると、9月21日に修了証書が贈られた。

    ストラマッチョーニは前途有望な監督として期待されていた。ジョゼップ・グアルディオラの後を追うべき監督として頭角を現しつつあった。ローマやインテルにおいて下部組織の全てのカテゴリーで王者となったストラマッチョーニだったが、トップチームでは力を発揮することができなかった。

    2011-12シーズン途中、クラウディオ・ラニエリに代わり就任。翌シーズン終了まで指揮した。65試合で31勝23敗11分、勝率は47.69%だった。順位表では6位と7位となり監督の座を維持することは叶わなかった。

    さて今シーズンだが、デ・ブール体制のインテルはリーグ戦およびヨーロッパリーグを合わせるとかろうじて勝率35.71%であった。方向転換を期待するにはあまりにも低すぎた。それに加えて、デ・ブール解任は以前から騒がれていた話だ。ジェノバでの敗戦は既に満杯のコップから水がこぼれ落ちただけにすぎない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000011-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★2016/10/31(月) 06:48:56.51 ID:CAP_USER9
    セリエA第11節が30日に行われ、サンプドリアと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。

    サンプドリアは15位、インテルは10位とともにシーズン序盤で苦戦を強いられているチーム同士の対戦。
    前節、リーグ戦5試合ぶりの白星を手にしたインテルはマウロ・イカルディやアントニオ・カンドレーヴァらが起用され、長友はベンチスタートとなった。

    立ち上がりに試合の主導権を握ったのはサンプドリアだった。
    8分、前線で縦パスを受けたエドガル・バレートがこれをスルーし、抜け出したファビオ・クアリャレッラがエリア内右から右足で狙う。
    だが、このシュートは惜しくも枠の左へ逸れた。

    続く13分、エリア手前中央のブルーノ・フェルナンデスがエリア内左へスルーパスを通すと、フリーで受けたルイス・ムリエルが左足でシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。3
    0分には右CKにニアサイドのバレートがボレーで合わせたが、ここは右ポストを叩いた。

    対するインテルは39分、スルーパスで抜け出したマルセロ・ブロゾヴィッチがエリア内でDFをかわして左足を振り抜く。しかし、シュートはクロスバーの上をかすめた。

    直後の40分にはカウンターを仕掛け、エデルが左サイドをドリブル突破。ニアサイドに鋭いクロスを入れると、飛び込んだイカルディが胸で合わせたが、わずかにゴール左へ逸れた。

    すると、徐々にインテルに流れが傾く中で迎えた44分、サンプドリアが先制点を奪う。
    B・フェルナンデスからパスを受けたエリア内左のカルロ・リネッティがファーストタッチで中央へコントロール。
    このボールに反応したクアリャレッラが左足ダイレクトでゴール右下にシュートを沈めた。

    このままサンプドリアの1点リードで前半を折り返す。

    後半に入り67分、インテルはエリア内右からブロゾヴィッチが上げたクロスがゴール前でフリーとなったイカルディのもとへ。
    しかしヘディングシュートは枠の上に外れ、決定機をモノにすることができなかった。

    追い付きたいインテルは76分、エデルとカンドレーヴァを下げてイヴァン・ペリシッチとロドリゴ・パラシオを投入。
    2枚替えで同点を目指す。

    だが、後半アディショナルタイム2分にパラシオが迎えたビッグチャンスはクロスバーに嫌われゴールならず。
    結局このまま試合終了のホイッスルを迎え、逃げ切ったサンプドリアが勝ち点3を獲得。インテルは早くも今シーズン5敗目となった。

    次節、サンプドリアは11月6日に敵地でフィオレンティーナと、インテルは同日にホームでクロトーネと対戦する。

    【スコア】
    サンプドリア 1-0 インテル

    【得点者】
    1-0 44分 ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509601-soccerk-socc
    SOCCER KING 10/31(月) 6:42配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931268.html
    試合スコア

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@ 2016/10/23(日) 23:56:54.75 ID:CAP_USER9

    db6f2b7b-s

     
    Atalanta 2-1 Inter

    1-0 10'Andrea Masiello
    1-1 51'Eder
    2-1 88'Mauricio Pinilla

    http://www.livescore.com/soccer/italy/serie-a/atalanta-vs-inter/1-2319855/

    61' Yuto Nagatomo → Cristian Daniel Ansaldi

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@ 2016/08/22(月) 09:41:26.05 ID:CAP_USER9
    CqbLUWRUEAEWzAJ

     
    ロイター 8月22日(月)8時56分配信

    [21日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは21日、各地で開幕戦を行い、長友佑都の所属するインテルは敵地でキエボに0─2で敗れた。長友はフル出場。

    本田圭佑の所属するACミランはホームでトリノと対戦し、カルロス・バッカのハットトリックで3─2と勝利。本田はベンチ入りしたが、出番はなかった。

    昨季2位のナポリは敵地でペスカラに2点のリードを奪われたものの追いつき、2─2で引き分けた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000010-reut-spo

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/05/02(月) 06:14:56.88 ID:CAP_USER9

    BFE383B3E7A59DE7A68F02

     
    【会場】
    スタディオ・オリンピコ

    【スコア】
    ラツィオ 2-0 インテル

    【得点者】 
    1-0 前半08分 ミロスラフ・クローゼ
    2-0 後半39分 アントニオ・カントレーバ

    【出場メンバー】

    ☆ラツィオ

    GKマルケッティ

    DFバスタ、ビシェヴァツ、ヘンティレッティ■

    MFコンコ、ルリッチ■、ビリア(90分カタルディ)、オナジ、カンドレーヴァ■(89分ミリンコヴィッチ・サヴィッチ)

    FWクローゼ■(72分マウリ)、ケイタ■

    ★インテル

    GKハンダノヴィッチ

    DFムリージョ■■■(83分)、ミランダ、ダンブロジオ、長友佑都(79分パラシオ)

    MFコンドグビア、メデル(56分ビアビアニー)、ペリシッチ、ブロゾヴィッチ

    FWイカルディ、ヨヴェティッチ(72分エデル)

    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10788954

    1日に行われたセリエA第36節、ラツィオ対インテルの一戦は、2-0でホームのラツィオが勝利した、インテルDF長友佑都は左サイドバックでプレーし、79分に交代している。

    長友が左サイドバックで先発したインテルは、前節同様、相手に先制を許す。立ち上がりからミスが目立ち、8分に失点した。

    ラツィオは中央でボールを受けたクローゼがルリッチとワンツー。フリーで抜け出してGKと1対1になると、GKハンダノビッチをうまく倒して、その頭上に決めた。

    その後も効率が良いのはラツィオ。17分にはバスタのクロスにカンドレーヴァがニアで合わせる惜しい場面があった。31分にはカンドレーヴァのミドルシュートが枠をとらえるも、ハンダノビッチの好守に阻まれる。

    リズムが出ないインテルは、31分にコンドグビアの浮き球のパスがゴール前のヨベティッチに通る好機があったが、GKマルケッティに止められてゴールならず。前半の目立ったチャンスはこのシーンくらいだった。

    52分、ラツィオはペナルティーエリア内でメデルのプレスを受けたケイタが転倒。主審はシミュレーションをとってケイタに警告を出すと、シモーネ・インザーギ監督が抗議をした。主審はラツィオ指揮官に退席を命じ、ラツィオ陣営はサポーターを含めてややヒートアップする。

    インテルは56分にビアビアニーを投入。精細を欠いた印象のメデルが退き、ブロゾビッチが1列下がった。

    前節ウディネーゼ戦が今シーズン初の逆転勝利だったインテルは、72分にヨベティッチを下げてエデルを投入。攻撃に変化を加える。

    一方のラツィオは73分に最初の交代。クローゼが拍手を浴びて下がり、マウリが投入される。

    インテルは79分に長友を下げてパラシオを投入し、交代枠を使い切った。ダンブロージオが左サイドに移り、ビアビアニーが右サイドバックで攻撃的に仕掛けていく。

    それでも良い流れは訪れなかった。83分、悪い形でボールを失うと、ラツィオのショートカウンターを浴びて、自陣ペナルティーエリア内でミランダがケイタを倒してファウル。PKを献上し、ムリージョは2枚目のイエローカードで退場。インテルは10人になった。さらに、このPKをカンドレーヴァに決められて、勝負が決する。

    試合は2-0でラツィオが勝利。来季ヨーロッパリーグ出場権獲得に望みをつないだ。一方、インテルは3位ローマと勝ち点7差が変わらず、チャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性が消滅した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000042-goal-socc

    ■順位表

    1位 ユヴェントス 88(51)
    2位 ナポリ 73(42)
    3位 ローマ 71(36)

    4位 インテル 64(13)
    5位 フィオレンティーナ 60(16)

    6位 サッスオーロ 55(6)
    7位 ACミラン 54(7)
    8位 ラツィオ51(0)

    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=53

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 13:25:02.14 ID:CAP_USER*.net

    20130107200742b97

     
    2位ナポリ相手に2-0と勝利 前回対戦で退場に追い込まれたカジェホンを封殺

    インテルとの契約を3シーズン延長した日本代表DF長友佑都は、16日の本拠地ナポリ戦で左サイドバックとしてフル出場を果たし、チームの2-0の勝利に貢献した。辛口の地元メディアは相手FWホセ・カジェホンとのマッチアップを見事に制した長友を「偉大なダイナミズムの表現」と絶賛。高得点を与えている。

     先日、インテルのとの契約を3年間延長した長友は、この試合が退場処分による出場停止が明けて契約延長後初のゲームとなった。左サイドで今季6ゴールのカジェホンと対峙したが、絶大な運動量とスピードで見事に封殺。相変わらずのエースキラーぶりを証明し、インテルの勝利に貢献した。

     サッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、長友に合格点の「6.5点」を与えている。

    「日本人による偉大なダイナミズムの表現だった。狭いサイドのエリアで、カジェホンと興味深い決闘を繰り広げ、苦しみながらも彼が勝利した」

     カジェホンとのマッチアップはこの試合の見どころだったと称賛されている。昨年11月の前回対戦でも対峙したが、カジェホンのシミュレーション気味の接触プレーでイエローカードが出され、長友は不運な形で退場処分となっていた。煮え湯を飲まされた相手にリベンジを果たした長友の、躍動感溢れるパフォーマンスがイタリアで高く評価されている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160417-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 06:29:10.39 ID:CAP_USER*.net
    【インテル 2-0 ナポリ セリエA 第33節】


    イタリア・セリエA第33節が現地時間の16日に行なわれ、日本代表DF長友佑都が所属する4位インテルはホームで2位ナポリと対戦した。

    前節を出場停止で欠場処分した長友だが、大一番で左サイドバックで先発出場を果たす。
    ゴンサロ・イグアインを出場停止処分で欠くナポリは前節ゴールを決めたマノーロ・ガッビアディーニがワントップを務める。
    両チームのスターティングメンバーは以下。

    【インテル:4-2-3-1】
    GK:ハンダノビッチ
    DF:ダンブロージオ、ミランダ、ムリージョ、長友
    MF:メデル、コンドグビア
    MF:ブロゾビッチ、ヨベティッチ、ペリシッチ
    FW:イカルディ

    【ナポリ:4-3-3】
    GK:レイナ
    DF:ヒサイ、アルビオル、クリバリ、ストリニッチ
    MF:アラン、ジョルジーニョ、ハムシク
    FW:カジェホン、ガッビアディーニ、インシーニェ

    先制点を決めたのはインテル。開始早々の4分にメデルのフライスルーパスからイカルディが抜け出すと、華麗なトラップから落ち着いて流し込んだ。
    前半終了間際の44分にはヨベティッチ、イカルディとつなぎ最後はブロゾビッチ。
    ループシュートでGKとの一対一を制し追加点を奪う。

    追いつきたいナポリは後半にインシーニェに替えてメルテンス、ストリニッチに替えてグラムを投入する。
    一方のインテルも68分にコンドグビアに替えてビアビアニーを送り出す。

    そのまま試合は2-0で終了。インテルが大一番を制し、3位ローマと暫定で勝点差3に詰め寄っている。
    長友は先発フル出場を果たした。

    【得点者】
    4分 1-0 イカルディ(インテル)
    44分 2-0 ブロゾビッチ(インテル)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160417-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 4月17日(日)5時41分配信

    no title


    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10788923.html

    順位表
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ