サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:セリエA > インテル

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/04(月) 03:08:10.31 ID:CAP_USER9
    12/4(月) 1:02配信
    強すぎインテル5発大勝、開幕から15戦不敗でついに首位浮上!!長友は3戦出番なし
    [12.3 セリエA第15節 インテル5-0キエーボ]

     セリエAは3日、第15節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでキエーボと対戦し、5-0で快勝した。これで3連勝。開幕から15戦不敗で、勝ち点を39に伸ばして首位に浮上した。

     好調インテルはこの日も危なげなく勝利した。前半23分にDFサントンのシュートをGKが弾いたボールをFWイバン・ペリシッチがボレーで押し戻して先制。同38分にはカウンターからFWマウロ・イカルディが得点し、リードを2点に広げる。イカルディは3戦連発。今季16得点で得点ランキング単独トップに立った。

     後半もインテルは後半12分にペリシッチがゴールネットを揺らす。同15分にはDFミラン・シュクリニアル、そして後半アディショナルタイムにはペリシッチがハットトリックとなる、チームこの試合5点目を決めて、ゴールラッシュを締めくくった。

     なおベンチスタートの長友に最後まで出番は回ってこなかった。これで3戦連続出番なし。強いインテルでこそ、長友の活躍を見たいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-01647118-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/20(月) 08:10:33.60 ID:CAP_USER9

    CSrWRKiUAAAsFqJ


     インテルミラノの主将FWマウロ・イカルディが13日、インスタグラム上でライブ動画を配信し、ファンの質問に応じた。

     イカルディは5日のトリノ戦で右ひざを負傷し、アルゼンチン代表の招集を辞退しているが、妻のワンダ・ナラさんとともにSNS上でファンへ向けてライブ配信を行った。ケガについては精密検査の結果、損傷はなく早期復帰が見込まれることが発表されていた。イカルディ自身も「ひざの状態は良くなっている。腫れがひいてきた」と述べ、順調に回復していることを報告した。早ければ19日のアタランタ戦でピッチに立てる可能性がある。

     またイカルディ一家は本人を含め7人家族の大所帯として知られているが、犬好きが高じてペットも3匹いる。今後、さらに家族が増えるかどうかを問われると、「子供がもう1人欲しいか? もう子供は5人いるし、犬も3匹いて多すぎる。ワンダは中でも1番手がかかるし、これで十分だ」とジョークを交えて応えている。

     最後に、同僚の日本代表DF長友佑都が話題に上った。ファンから長友によろしく伝えるよう頼まれると、「ダメだ。ユートは今、日本代表にいる」と返答。続いて「なんで彼にこんなにファンがいるんだろうね? 分からないな」とつぶやき、長友人気に首を傾げた。(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171117/ser17111713400001-n1.html

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/10/27(金) 18:53:41.82 ID:CAP_USER9
    10/27(金) 18:30配信
    スポニチアネックス

     セリエA2位と好調のインテル・ミラノで4試合連続で先発し、評価を上げている日本代表DF長友佑都(30)について、27日付のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルト紙が特集記事を組んだ。

     記事のタイトルは「不器用な男からグラディエーター(剣闘士)に。インテルよ、ユート・ナガヌォーボ(長友+ヌォーボ=新しいの意味)だ」。長友が現在在籍する選手で2番目に多い公式戦205試合に出場していること(1位はGKハンダノビッチの216試合)、その出場試合数はクラブ歴代40位となったことなどを紹介し「スパレッティ監督とともに、30歳にしてユウトはコンスタントで目覚ましい成長への道を見出したようだ」「世界一のサイドバックになることはないだろうが、それでも今は結果を保証できるようになっている」と活躍ぶりを称えた。またチームメイトと良い関係を築いること、日々の食事に気をつけていることなども記した。

     同紙は次節ベロナー戦(30日)でも、左サイドバックは長友が先発すると予想。今夏にニースから加入したブラジル人DFダウベルトを控えに追いやり、地元メディアでも主力として認められたようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000159-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/25(水) 15:39:17.62 ID:CAP_USER9
    セリエA第10節が24日に行われ、日本代表DF長友佑都のインテルとサンプドリアが対戦。長友は4試合連続で先発メンバーに名を連ねた。

     開幕9試合で7勝2分けと無敗を維持し、勝ち点「23」で2位につけるインテル。前節では首位のナポリとスコアレスドローに終わり、差を詰めることはできなかったものの、敵地で勝ち点1を獲得した。今節の先発メンバーには長友のほか、マウロ・イカルディやイヴァン・ペリシッチらが名を連ねている。

     インテルは18分、右CKにファーサイドで反応したミラン・シュクリニアルがトラップから右足で押し込んで先制に成功。32分には右サイドからのクロスを相手DFにヘディングでクリアされたものの、ペナルティーエリア左側で待っていたイカルディが巧みな右足ボレーで合わせ、ゴール右隅へ決めてリードを広げた。

     2-0で後半を迎えたインテルは55分、ペナルティーエリア右奥へのスルーパスに抜け出したペリシッチの折り返しにイカルディが合わせて3点目を記録。イカルディは開幕10試合で11ゴール目となった。

     ホームで3点リードを奪い、試合を優位に進めるインテル。しかし64分、ダヴィド・コヴナツキに角度のないところからボレーを決められて1点差に迫られる。長友は84分に交代し、ダヴィデ・サントンがピッチに送り出された。

     3-1で終盤を迎えたインテルは86分、自陣左サイドからクロスを上げられ、ファーサイドのファビオ・クアリャレッラにヘディングシュートを決められて1点差に迫られた。それでも逃げ切り、試合は3-2で終了。インテルがホームで競り勝ち、8勝2分けの勝ち点「26」で暫定首位に立った。前節終了時点で首位のナポリは今節、25日にジェノアとアウェイで対戦する。

     インテルの次節は30日、ヴェローナとのアウェイゲームに臨む。

    【スコア】
    インテル 3-2 サンプドリア

    【得点者】
    1-0 18分 ミラン・シュクリニアル(インテル)
    2-0 32分 マウロ・イカルディ(インテル)
    3-0 55分 マウロ・イカルディ(インテル)
    3-1 64分 ダヴィド・コヴナツキ(サンプドリア)
    3-2 86分 ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

    サッカーキング 10/25(水) 10:17配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00660571-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/19(木) 06:42:14.07 ID:CAP_USER9
    サッカーのイタリア1部・インテルの日本代表DF長友佑都がインスタグラムを更新。15日のACミランとの「ミラノダービー」を振り返り、「日本人としてこの舞台に立ててることに誇りを感じる」と吐露。セリエA伝統の一戦の試合後のスタンドからの映像を公開し、反響を呼んでいる。

     長友はミラン戦に左サイドバックで先発。持ち前の運動量でフル出場を果たした。試合は終了間際に勝ち越し、3-2で勝利。最高の形で今季初のミラノダービーを終えた。

     試合を終え、長友はインスタグラムを更新。「改めて日本人としてこの舞台に立ててることに誇りを感じる」とつづり、記事に添えたのは、サンシーロの客席からの動画だった。

     約8万の大観衆が詰めかけた試合後の客席はいまだ熱狂が冷めることなく、興奮状態。ピッチ上の選手たちを望みながら、インテルサポーターの勝利の凱歌が絶え間なく響き続けている。Jリーグではなかなかお目にかかれない雰囲気かもしれない。それほど、伝統の一戦の空気が格別であることが伝わってくる。

    10年前は客席で太鼓叩き「ミラノダービーに出場するって言っても信じられなかっただろうな」

    「10年前、大学で試合に出れず、スタンドで太鼓叩いてた自分に、おまえ将来インテルに行って、ミラノダービーに出場するって言われても信じなかっただろうな。笑」

     明大時代に出場機会に恵まれなかった際、応援席から太鼓を叩いていた当時を振り返り、10年間の歳月を経て、ミラノダービーのピッチに立った感慨に浸っている。

    「人生何があるか分からない。自分自身の努力を続けていく」

     こうもつづった長友。日本代表としてもロシア・ワールドカップで活躍が期待されている。セリエAという舞台で代えがたい経験を積みながら、日々成長していく。

    10/18(水) 11:15配信 theanswer
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00010003-theanswer-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2017/10/17(火) 19:15:20.74 ID:CAP_USER9

    インテルに所属するクロアチア代表のMFイヴァン・ペリシッチがインスタグラムを更新し、同僚の日本代表DF長友佑都をからかった。イタリアメディア『スカイスポーツ』が16日、伝えている。 

    美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

    長友らが所属するインテルは15日、ミラノダービーでミランと対戦。主将のFWマウロ・イカルディがハットトリックを決める活躍を見せ、3-2でライバルクラブを退けた。セリエA第8節を終えて7勝1分、順位表でも単独2位に浮上し、インテルでは和やかなムードが漂う。

    そんな中、ペリシッチはインテルで共に左サイドを担当するチームメート、長友の靴下に注目している。ペリシッチはSNSを更新し、背番号「55」がプリントされた長友の5本指ソックスの写真を投稿。5本指の靴下は、記事内でも「手袋のような特殊な靴下」、「カルツァ・グワント(靴下手袋)」などと説明されている通り、ヨーロッパでは日本ほど普及していない。

    ペリシッチにも長友の“靴下手袋”は珍しく映ったのか、「パスを全部失敗するのも当然なわけだ」とツイートし、『ユーロスポーツ』の寸評においても「ボールを25回も失ったのは多すぎる」と批判されていた長友の足元をいじった。投稿にはハッシュタグで「アイドル」をつけるなど、長友をからかいつつもロッカールームのアイドルとして認めている様子が窺えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000005-goal-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/10/05(木) 21:58:49.54 ID:CAP_USER9

    no title


     インテルに所属するDFダルベルトが4日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の選ぶセリエA序盤“5大がっかり”に選出された。

     ダルベルトは今夏ニースから加入した24歳のブラジル人サイドバック。DF長友佑都の主戦場である左サイドバックが補強ポイントとして挙げられた中で、即戦力として期待されていた。

     しかしここ数年幾度とポジション争いを制してきた長友が再び躍動。プレシーズンマッチでルチアーノ・スパレッティ新監督の評価を得ると、リーグ戦4試合に先発している。一方、2000万ユーロ(約26億円)で獲得したダルベルトの先発は3試合。移籍金を考慮すると満足の行く結果とはいえない。

     『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は“5大がっかり”にダルベルトを選出した理由として「歴年の左サイドバック問題を解決してスパレッティ監督に良いクオリティーをもたらすと期待されていたが、結局長友に追い越されてしまった」と長友を引き合いにクオリティー不足を指摘。「ダルベルトの魔法をサポーターは待っている」とコメントしている。

     “5大がっかり”の残り4つに関して、ミランに電撃移籍しながらもセリエA7試合で10失点のDFレオナルド・ボヌッチ、バイエルンから4700万ユーロ(約58億9000万円)でユベントスに加入したものの活躍不足のDFダグラス・コスタ、7試合で1勝1分5敗と苦しむサッスオーロのクリスティアン・ブッキ新監督、同じく7試合で2分5敗のジェノアが挙げられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-01644838-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@2017/09/25(月) 08:35:31.22 ID:CAP_USER9

    CtI4WXXUsAE0LlE


    いまだアーセナルと契約延長の合意にいたらず トップ下タイプを探し求めるインテル

     アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルは、今季限りで切れる契約の延長にいまだ合意していないが、フリーとなる前の冬の移籍市場で獲得に動くクラブが出始めている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

    【動画】アーセナル、10人同時交代の珍事! プレシーズンマッチWSW戦、後半途中にエジルらを一斉投入

     同紙が冬の移籍市場でエジル獲得に動くと報じたのは、日本代表DF長友佑都が所属するインテルだという。インテルは今夏の移籍市場でもトップ下タイプの選手を獲得リストに挙げているとされ、エジルの名前も挙がっていた。しかし、確たるアタッカーの補強はなく新シーズンがスタートしている。

     アーセナルはプレミアリーグ屈指のアシスト数を誇るエジルの慰留を熱望しており、契約延長も望んでいるともされる。しかし、現状のままでは今季限りで契約が切れるため、移籍金を多少なりとも得るためには冬の移籍市場で放出するしか選択肢がない状況にある。仮に冬の移籍市場で売却しなかった場合は、他クラブと年俸交渉でのマネーゲームを強いられることになる。

     ドイツが生んだ稀代の司令塔は、果たしてイタリア上陸となるのか、それとも契約を延長するのか。冬の移籍市場がスタートする前に、アーセナルが交渉を合意に持ち込めるかが焦点になりそうだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00010001-soccermzw-socc

    ▼関連スレ
    【サッカー】エジルって必要なの?エジル抜きのアーセナルの方が良いか?との問いにサポーターの大半がYes!©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505982647/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@^^ 2017/09/16(土) 23:57:59.13 ID:CAP_USER9
    クロトーネ 0-2 インテル

    得点
    82分 ミラン・シュクリニアル
    90分 ペリシッチ

    http://www.livescore.com/soccer/italy/serie-a/crotone-vs-inter/1-2588348/

    インテル
    GK ハンダノヴィッチ
    DF ダンブロジオ、シュクリニアル、ミランダ、ダウベルト
    MF ガッリャルディーニ、ボルハ・バレロ、カンドレーヴァ、ペリシッチ、ジョアン・マリオ
    CF イカルディ

    56分 ガッリャルディーニ → ベシノ
    64分 ダルベルト → 長友佑都
    85分 ダンブロジオ → ラノッキア

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ