サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > バルセロナ

    1: pathos ★@^^2017/08/20(日) 23:13:38.24 ID:CAP_USER9
    C6wMw41VsAASfZY


     マンチェスター・シティは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得するため、バルサとの契約に設定された巨額の契約解除金を支払う意志があるのかもしれない。フランス『Yahoo!スポーツ』が20日に伝えた。

     バルサに所属していたFWネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍した取引によって、サッカー界の移籍金の史上最高額は大幅に更新された。PSGは2億2200万ユーロ(約285億円)に設定されていた契約解除金の満額を支払っている。

     だがフランスでの報道によれば、シティがさらにそれを上回る金額でメッシを獲得するという噂があるようだ。メッシが最近インスタグラムでシティの公式アカウントをフォローし始めたことや、先日シティのオーナーが「歴史的な補強」を行うつもりだと話していたことなどが根拠となり、ここ数日噂が広がっていると伝えられている。

     スペインなどのメディアでは、メッシとバルサとの契約に設定された契約解除金は3億ユーロ(約385億円)だとされている。PSGがネイマール獲得に支払った金額をさらに100億円上回る驚異の移籍が実現する可能性があるのだろうか。

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00227011-footballc-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@ 2017/08/18(金) 15:12:56.15 ID:CAP_USER9


    valdes3-500x357

     元バルセロナのGKビクトル・バルデス(35)が現役を引退することがわかった。スペイン『ムンドデポルティーボ』など複数メディアが報じている。

     バルセロナ下部組織出身のバルデスは、2002年にトップチームデビュー。2003-04シーズンから正守護神の座を掴み、在籍した12シーズンで公式戦535試合に出場し、6度のリーガ・エスパニョーラ制覇、3度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇など数多くのタイトルを獲得してきた。

     契約満了に伴い、2013-14シーズン限りでバルセロナを退団。しかし、14年3月に負った右膝前十字靭帯の損傷により、モナコのメディカルチェックをクリアできず、恩師ルイス・ファン・ハール監督率いるマンチェスター・ユナイテッドに加入するも、指揮官との衝突により“飼い殺し”の状態が続き、昨年1月にスタンダール・リエージュにレンタル移籍。昨シーズンはミドルスブラでプレーしていたが、シーズン終了後に契約を解消していた。

     報道によると、バルデスに対してベティスやデポルティボ、ラス・パルマス、スポルティング・リスボンからオファーが届いていたものの現役引退を決意。現在は2人のパートナーとテレビ製作会社を設立し、バルセロナとアブダビ、ロンドンに拠点を置く同会社の代表として新たなセカンドキャリアをスタートさせたという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01643113-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: pathos ★^^ 2017/08/18(金) 15:22:07.94 ID:CAP_USER9

    GettyImages-617664610-800x600


     バルセロナ加入が発表されていたMFパウリーニョ(29)が17日、クラブ施設でのメディカルチェックを経て正式契約を結んだ。背番号は『15』に決定。パウリーニョは加入に際し、「僕にとって特別な瞬間だ。深く感謝している。この満足度はとても大きなものだ。僕が求めていた夢が現実になった。最大限の努力をするよ」とコメントした。

     同日にはカンプ・ノウで入団発表会が行われ、バルセロナのユニフォームをまとったパウリーニョが登場。ファンや報道陣の前でボールを蹴る姿も披露したが、リフティングでまさかの凡ミスを犯し、数回で地面に落としてしまった。

     トッテナムを応援するクラブ公式のサポーターズクラブ『スパーズ・ジャパン』の公式ツイッター(@SpursJapan)もこれに反応。約2年間トッテナムに在籍したパウリーニョに対し、「本人は真面目にやってるんだよ。いいとこ見せようと、いつもなら当然のようにできることをやってるんだ。でも、こんなときにミスっちゃって。。。」と残念がったが、最後に「大好きパウリーニョ」と、お茶目なパウリーニョに変わらぬ愛着を示した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01643101-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@^^2017/08/18(金) 15:38:51.66 ID:CAP_USER9
    CdtD2xAUIAAKzYc


     バルセロナのFWルイス・スアレスは、2人の新戦力候補がチームを救うとは考えていない。スペインメディア『カデナ・セール』が、同選手のコメントを伝えている。

     現地時間16日に行われたスペイン・スーパーカップのセカンドレグで、バルセロナはレアル・マドリーに敗れた。バルセロナの幹部は、リバプールのMFフィリッペ・コウチーニョとボルシア・ドルトムントのFWウスマン・デンベレの獲得に近付いていることを認めたが、スアレスにとってはそこまで重要なことではないのかもしれない。

     2人の加入について問われたスアレスは、「デンベレとコウチーニョは解決策にならない」とコメント。「団結して一緒に戦う必要がある。それは新しい選手がきてもそうでなくても大事なことだ」と話した。

     スーパーカップでレアル・マドリーに連敗した形のバルセロナ。これから始まるリーグ戦では一致団結して戦えるだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00226669-footballc-socc

    スアレス、右ひざ負傷で4週間の離脱…リーガ開幕4試合とW杯南米予選を欠場へ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000010-ism-socc
    バルセロナがリーガ開幕戦で1分間の黙祷…17日のテロ事件での犠牲者に祈り
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000013-goal-socc
    パウリーニョがバルサ入団発表のリフティングで失敗・・・数回で地面に落とす
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01643101-gekisaka-socc
    コウチーニョとデンベレ獲得、リバプールとドルトは否定
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000013-jij_afp-socc
    コウチーニョ&デンベレ獲り、バルサ幹部「獲得間近」発言から一転…消極的発言に
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00226711-footballc-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/17(木) 22:10:15.52 ID:CAP_USER9

    B0roNn0CQAAbXJL


     スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のセカンドレグが16日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが対戦。同試合の選手採点をイギリスメディア『ミラー』が行った。

    【動画】今季のJリーグは「ロングシュート」がすごい! ここまでの超ゴールまとめ

     ファーストレグを3-1で勝利したレアル・マドリードが、セカンドレグでも圧巻のパフォーマンス。2-0で勝利し、2戦合計5-1でライバルであるバルセロナを一蹴している。レアル・マドリードにとって、UEFAスーパーカップも合わせて、早くも今シーズン2冠を達成している。“エル・クラシコ”に出場した選手を、『ミラー』がコメント付きで採点している。

     以下、同メディアが記載した得点とコメント。

    ■レアル・マドリード
    GK
    ケイロル・ナバス(コスタリカ代表)…7点「メッシやスアレスのシュートを止め、完封勝利に貢献した」

    DF
    ダニエル・カルバハル(スペイン代表)…6点「つねに動き回っていた。しかし、トラブルも引き起こしていた」
    セルヒオ・ラモス(スペイン代表)…6点「スアレスを完全に封じ込めた。トロフィーを掲げるに値する」
    ラファエル・ヴァラン(フランス代表)…7点「素晴らしいスピードで相手に対応。スアレスの攻撃も遅らせることができた」
    マルセロ(ブラジル代表)…8点「世界で最高のサイドバックだと証明してみせた。ベンゼマのゴールもお膳立て」

    MF
    マテオ・コヴァチッチ(クロアチア代表)…9点「このクロアチア人は過小評価されている。リーガ・エスパニョーラで良いスタートを切るのは簡単だろう。ボランチの位置から試合をコントロール」
    トニ・クロース(ドイツ代表)…7点「正確で効果的。ドイツ代表のボランチは、クラシカルなプレーをみせていた」
    ルカ・モドリッチ(クロアチア代表)…9点「マスター。ファーストレグでのミスをすぐさま修正してきた」

    FW
    ルーカス・バスケス(スペイン代表)…8点「ユムティティの相手は彼にとって楽だった」
    カリム・ベンゼマ(フランス)…8点「(ポルトガル代表FW)クリスティアーノ・ロナウドや(ウェールズ代表FW)ギャレス・ベイルほどの力はないが、3トップで賢くプレーしてみせた」
    マルコ・アセンシオ(スペイン代表)…9点「今夜のゴールは素晴らしく、彼の才能は止まる所を知らない」

    ■バルセロナ
    GK
    マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ代表)…5点「ベンゼマのシュートを素早い反応で止めた。アセンシオのシュートを止められればなお良かった」

    DF
    ハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン代表)…4点「バルセロナのディフェンスラインで窮屈そうにプレー」
    ジェラール・ピケ(スペイン代表)…5点「ペースを少し乱していた。窮屈そうにプレーし、後半に入ってすぐ交代させられる。だが、勇敢なプレーもあった」
    サミュエル・ユムティティ(フランス代表)…4点「好不調の波が激しい。2点目のベンゼマのゴールは、彼にも責任がある」

    MF
    セルジ・ロベルト(スペイン代表)…5点「バルセロナの中でもっともハードワークした選手の一人。しかし、ディフェンスの面でクオリティーを出すことができなかった」
    イヴァン・ラキティッチ(クロアチア代表)…4点「試合中、姿を消していた」
    アンドレ・ゴメス(ポルトガル代表)…4点「MFの位置で主導権を奪うために送り込まれたが、インパクトを残せず。メッシにボールを渡す以外は、ボールを取られることしかしていない」
    セルヒオ・ブスケツ(スペイン代表)…4点「いつもの落ち着きがなく、中盤を支配された。ベンゼマに阻まれ試合を構築することができず」
    ジョルディ・アルバ(スペイン代表)…4点「5人の中盤に馴染めず、FWに効果的なボールを供給できなかった」

    FW
    リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)…6点「チームを引っ張ろうとし、バルセロナの中で唯一脅威になっていた。サポート不足で本来の力を発揮できず」
    ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)…5点「いつもの強さを発揮できなかった。メッシのサポートにも行けず孤立。最後にヒザを負傷した」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00628610-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ ©2ch.net 2017/08/18(金) 05:12:16.19 ID:CAP_USER9
    スペインのバルセロナ市内で17日、歩行者専用エリアに車両が突入し、
    少なくとも60人以上の死傷者を出す事件が起きた。イギリスメディア『BBC』が報じた。

    事件はバルセロナ市のメインストリートで観光客が多く集まるランブラス通りで発生。少なくとも13名が亡くなり、50名以上が負傷しているようだ。
    地元警察はテロ事件として捜査しており、攻撃に関与したとされる男性を逮捕したという。運転手は車を捨てて逃亡したと報じられている。

    この悲劇を受けて、サッカー界から続々と哀悼のメッセージが送られている。

    地元のバルセロナはクラブ公式Twitterで「私たちの街が攻撃され、深く悲しんでいます。
    我々の想いは、犠牲者やその家族、そしてバルセロナの人々とともにあります」とコメントした。

    バルセロナのエース、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは自身のFacebookページを通じ、
    「僕らが愛するバルセロナで起きたテロ事件で犠牲となった人たちの家族や友人たちに哀悼の意と、全面的なサポートを送りたい。

    また、いかなる暴力行為を断固として否定する姿勢を示したい。僕らは屈しない。
    敬意や忍耐力が共存を支える、憎悪のない平和な世界で暮らすことを願う僕らのほうが圧倒的多数にある」とつづっている。

    今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールは、
    Twitterで「神様が全ての家族を慰め、元気づけてくれますように。バルセロナを愛している」とツイートした。

    また、リーガ・エスパニョーラは公式Twitterで「バルセロナで起きた悲劇の犠牲者や関係者に心よりお悔やみ申し上げます」との声明を出した。

    バルセロナのライバル、レアル・マドリードはクラブ公式サイトを通じて、「バルセロナで起きた攻撃に対し、深い悲しみを表します。
    クラブは犠牲者やその家族、友人たちとの結束を示します。そして、事件で負傷した方々の早い回復を願っています」とコメントした。

    レアルのエース、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、自身のTwitterで「バルセロナからのニュースにショックを受けている。
    犠牲者の家族や友達に全てのサポートと団結を」とツイート。レアル主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスもTwitterで「テロ行為、そして恐怖での支配に反対する」と強い姿勢を示した。

    フランスのパリ・サンジェルマンはクラブ公式Twitterで、「この悲劇の日に、私たちはバルセロナの犠牲者やその家族、友人たちを想っています。
    バルセロナ、私たちが一緒です」とコメント。マンチェスター・Cもクラブ公式Twitterに、「全てのクラブ関係者はバルセロナ市の事件を聞き、悲しんでいます。

    私たちは、犠牲者や救急サービスの方々を想っています」との声明を掲載しており、海外からも哀悼のメッセージが届いている。

    なお、バルセロナは3日後の20日に、事件現場から直線距離で約4キロのところにあるカンプ・ノウでリーガ・エスパニョーラ開幕節のベティス戦を行う。
    現時点で試合への影響は発表されていないが、新シーズン開幕前に不安が高まっている。


    8/18(金) 4:08配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00628791-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@©2ch.net 2017/08/17(木) 23:00:41.40 ID:CAP_USER9

    proxy


    バルセロナに、大きな打撃だ。FWルイス・スアレスが負傷で4週間から5週間の離脱を余儀なくされることになった。

    スアレスは16日に行われたスペイン・スーパーカップ第2戦のレアル・マドリー戦(0-2)の終盤に負傷。だがチームが交代枠3枚を使い切っていたため、ピッチを去ることができずに最後までプレーを続けていた。

    ウルグアイサッカー連盟は17日、精密の検査の結果、スアレスが右ひざの負傷で4週間~5週間戦列から離れることを発表している。ウルグアイ代表が8月末のロシア・ワールドカップに向けた南米予選に同選手を招集できない旨も併せて伝えている。

    一方、バルセロナは20日にリーガエスパニョーラ開幕節ベティス戦を迎える。FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したバルセロナだが、スアレスも負傷離脱となり、厳しい状況に置かれている。

    8/17(木) 22:12配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000034-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★^^ ©2ch.net 2017/08/17(木) 12:08:03.88 ID:CAP_USER9

    pique-500x375


    現地時間16日、リーガのスーパーカップ第2戦が行われ、レアル・マドリーがバルセロナを2-0で下した。この結果、2戦合計5-1としてレアル・マドリーがスーパーカップのタイトルを獲得している。

    バルセロナのDFジェラール・ピケは、2試合立て続けにレアル・マドリーに2点差を付けられて敗れたことに失望を隠せないようだ。試合後、記者の前で次のように語っている

    「マドリーに力で劣っていると感じたのは初めてだよ……」

    ピケは「僕らはチームとして順調な状態ではないかもしれないが、ここから上を向いて状況を好転させていくしかない」とコメント。ネイマールのまさかの電撃移籍やエルネスト・バルベルデ新体制での成熟度が足りないことを踏まえても、ライバルであるレアル・マドリーとの地力の差を痛感したようだ。

    バルセロナは20日にベティスとの一戦でリーガ開幕戦を迎える。タイトル奪還に向けて新たな戦力確保に動くのか、リーグ開幕前に窮地に立たされつつあるバルセロナの立ち回りから、引き続き目の離せない状況が続きそうだ。

    8/17(木) 11:06配信  goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000004-goal-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170817-00000004-goal-000-3-view.jpg

    【サッカー】<C・ロナウド抜きでもレアル・マドリード強し!>アセンシオ&ベンゼマが美弾 バルサに2連勝でスーパー杯制覇!
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502926506/

    続きを読む

    1: Egg ★^^ ©2ch.net 2017/08/17(木) 12:12:52.96 ID:CAP_USER9
     歌手・女優の小柳ルミ子といえば、今やサッカー好き芸能人の代表格。以前からブログでクラブや選手への思いの丈を書き綴っていた彼女、年間で2000試合以上もテレビ観戦するというから驚きだ。とくに大ファンだというバルセロナに対する愛は尋常ではなく、パリSGを下した昨シーズンの“奇跡の逆転劇”はなんと30回以上も観たとも。
     
     今年7月には来日中だったジェラール・ピケ(バルセロナ)のインタビュアー、浦和対ドルトムントの副音声を担当するなど、サッカー関連の仕事もここにきて一気に増加。そのストレートかつ情熱的なコメントや独特の視点が大きな話題となった。
     
     そんな彼女が7月某日、海外サッカー専門誌『ワールドサッカーダイジェスト』の編集部を電撃訪問。まさに“ルミ子節”全開で殴り込みをかけた。
     
    「年間で2000試合以上を観ているのは本当です、みなさんはどれくらい観るんですか?」
     
    「バルサは右サイドバックが問題。なんでアウべスを出しちゃったのかしら……」
     
    「新シーズンのバルサはレアル・マドリーに勝てる」
     
    「ネイマールは本当にパリに行くの?」(その後、バルサからパリSGへの移籍が正式決定)
     
    「スアレスはピュア過ぎるから噛み付くの。悪質なタックルより全然いいわ」
     
    「サッカーを分析することに価値がある。サッカーは人生論に置き換えられる」
     
    「バルサはパスサッカーだけが美しいのではない。人としての振る舞いも美しい」
     
     はたして、彼女がワールドサッカーダイジェストを訪問した理由とは? 詳細は8月17日19時56分からの『有吉ジャポン ゴールデン!芸能人のリアルお金事情大調査SP』、8月18日深夜0時20分からの『有吉ジャポン ゴールデンSP延長戦!』で明らかになる。

    8/17(木) 12:06配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00028859-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/08/16(水) 21:56:31.90 ID:CAP_USER9
    8月14日に広州恒大からバルセロナに加わったパウリーニョは、カンプ・ノウのピッチに立つ前に早くも批判に晒されている。
     
     現在29歳のパウリーニョにバルサは、移籍金4000万ユーロ(約51億2000万円)を投下。さらに契約解除金を1億2000万ユーロ(約153億6000万円)に設定し、4年契約を締結させた。
     
     8月3日に契約解除金2億2200万ユーロ(約284億円)を残してパリSGへ旅立ったネイマール退団後、初の補強となったが、パス能力よりもアグレッシブさが売りのパウリーニョの加入には、「クラブのスタイルに適していないのでは?」と、年齢や移籍金の高さを含めてバルサ・ファンから懐疑的な声が上がっている。
     
     そんななか、入団からわずか1日にして、パウリーニョの過去の行ないが明るみになり、熱狂的なサポーターたちから反感を買っている。ドイツ・メディア『スポルト・ビルド』は、パウリーニョが「バルサとカタルーニャを侮辱するツイートをしていた!」と報じたのだ。
     
     当時、トッテナムに在籍していたパウリーニョは、2013年10月26日に行なわれたクラシコ(リーガ・エスパニョーラ7節)を前に、「行け! マドリー! バルサはクソ! カタルーニャもクソ!」とツイートしていたことを同メディアは伝えた。
     
     あろうことか宿敵R・マドリーを応援し、さらにスペイン語で最も汚い言葉とされる「Puta(売春婦やクソ野郎などの意)」を用いてのバルサとカタルーニャへの侮辱。過去の出来事であったとはいえ、見逃せない行為ではある。ツイートのスクリーンショット画像が拡散されたSNSでは、ブラジル代表MFに対して様々な声が上がっている。
     
    「パウリーニョ、お前こそクソだ」
     
    「パウリーニョも酷いが、そんな奴に51億も払って連れてきたバルトメウ(バルサ会長)の方がクソ」
     
    「あながち間違ったことは言ってない。バルサは良い補強をした」
     
    「パウリーニョのクソみたいな意見を尊重しよう」
     
     パウリーニョはすでにこのツイートを削除しているものの、新天地でのプレーを前に出鼻を挫かれる形となった。
     
     なお、バルサの公式リリースによれば、パウリーニョは現地時間8月17日にメディカルチェックを行ない、問題がなければ、同日中に本拠地カンプ・ノウで正式契約と記者会見に臨む予定となっている。
     
     はたして、クラブと街を侮辱していたパウリーニョは、バルサ・ファンから歓迎されるのだろうか……。

    8/16(水) 14:36配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00028865-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ