サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > バルセロナ

    1: 豆次郎 ★@ 2017/04/20(木) 06:57:57.07 ID:CAP_USER9
    彼さえ望めば、世界中のどんなクラブでも門戸を開くことになるだろう。
    スペインのバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的に移籍を希望するクラブ名を具体的に明かしている。
    2013年に母国のサントスを離れ、破格の移籍金でバルセロナへとやってきたブラジルの至宝は、憧れと語るリオネル・メッシと絶妙なコンビネーションを見せ、1年遅れでやってきたルイス・スアレスとも脅威のホットラインを形成。
    これまで多くのDFを恐怖に陥れてきた。

    もちろん市場におけるネイマールへの関心はいまだに高く、多くの欧州メガクラブがサインを狙っているとされるが、本人の希望はやや異なるものだ。
    『Canal Esporte Interativo』がネイマールのコメントを伝えている。

    「僕の希望はいつの日かフラメンゴでプレイすることだ。マラカナンは超満員になるスタジアムだし、そこでプレイしてコパ・リベルタドーレスに挑戦したいね」

    天下のネイマールが加入を望むフラメンゴはブラジルのリオデジャネイロで最も人気の高いクラブとされ、その本拠地マラカナンは収容人数およそ7万8600人を誇る要塞だ。
    過去には英雄ジーコやロマーリオといったカリスマもプレイしたクラブであり、ネイマールも彼らの足跡を辿ることになるのだろうか。

    https://www.theworldmagazine.jp/20170418/01world/spain/126144
    no title

    続きを読む

    1: @Egg ★@^^ 2017/04/17(月) 18:43:26.98 ID:CAP_USER9
    ロッカールームで同僚を叱責か


    リオネル・メッシの顔も3度までだ。スペインのバルセロナでプレイする寡黙なアルゼンチン代表FWの我慢も限界に達してしまったのかもしれない。

    メッシ擁するバルセロナは11日、敵地でチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのユヴェントス戦に臨み、パウロ・ディバラらのゴールにより0-3と大敗。

    アウェイゴールを挙げることなく第2戦を戦わなくてはならない状況となり、遂にメッシが“キレた”という。

    スペイン『Don Balon』は、この激戦の後、ルイス・エンリケ監督が選手と会話を交わすことはなく、メッシがその役割を担ったと指摘。

    普段は控えめなこのスーパースターは試合後のロッカールームで20分もの間チームメイトに激怒し、

    ジェレミー・マテューとアンドレ・ゴメス、そしてサミュエル・ウムティティの3名がそのターゲットになったという。

    曰く、テア・シュテーゲンとセルジ・ロベルト、ハビエル・マスチェラーノにもこの“説教”は及んだものの、マテューらに比較すれば軽いものだったと同メディアは伝えている。

    本拠地カンプノウでの2ndに向けて非常に厳しい状況となったバルサだが、今回のロッカールームにおける“軌道修正”がポジティブな結果を生むキッカケとなるよう願いたいところだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/16(日) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00010019-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/16(日) 23:00:48.91 ID:CAP_USER9

    spa14081809010003-p1

     
    15日のリーガエスパニョーラ第32節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのレアル・ソシエダ戦に3?2で勝利した。
    ルイス・エンリケ監督は試合後、2失点を喫したことを気にかけながらも、この勝利がチームにとって自信になるものとの見解を示している。

    スペイン『マルカ』がアストゥリアス出身指揮官のコメントを伝えている。

    「ライバルがいとも簡単に我々に打撃を与えているのは確かだ。しかし、この勝利はチームを勢い付けるものだよ。
    選手たちには満足している。ユーヴェ戦の失敗から立ち上がれるキャパシティーにね」

    一方でMFアンドレス・イニエスタではなくMFアンドレ・ゴメスを先発させた理由について問われると、
    「イニエスタからポジションを奪える選手がいるわけではない。その質問は馬鹿げている」と返答。
    ユヴェントスとのセカンドレグについては、
    「ストライカーを8人起用するようなリスクも冒せる。失うものは何もないんだ」と語っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000028-goal-socc

    続きを読む

    続きを読む

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/04/12(水) 10:03:56.39 ID:CAP_USER9
    マラガ戦での退場処分後に第4審判へ皮肉の拍手 リーガ3連覇へ暗雲
     
    バルセロナは11日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦で、ユベントスに0-3で完敗を喫したが、
    追い討ちをかけるようなショッキングな事態に陥った。

    ブラジル代表FWネイマールが9日のリーガ・エスパニョーラ第31節マラガ戦(0-2)で退場処分となった後、
    第4審判への拍手が侮蔑行為に当たるとされ、3試合出場停止の処分が下された。リーグ側が発表したもの。

    ネイマールはマラガ戦敗戦の戦犯となった。後半20分に2枚目のイエローカードを受け、
    バルセロナ在籍4年間で初の退場処分を言い渡された。

    このままなら、15日の次節レアル・ソシエダ戦の出場停止処分で済んでいたが、
    ネイマールは第4審判に対して皮肉の意味で拍手した。

    これが主審への侮辱行為と見なされ、ソシエダ戦のみならず、
    23日のレアル・マドリードとの敵地でのクラシコ、26日の本拠地オサスナ戦も出場停止となることが決まった。

    ユベントス戦の完敗でCL2大会ぶり制覇に黄信号が灯る一方で、
    リーガでも消化試合数が1試合多いなかで首位レアルとの勝ち点差が3に開いている。

    ネイマールを直接対決で失うことは、リーガ3連覇に向けて大きな痛手となる。

    Football ZONE web 4/12(水) 8:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00010004-soccermzw-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<UEFA-CL>バルサ、またもや完敗…ユーベが無類の強さ誇るホームで3発先勝
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1491943192/

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/04/12(水) 08:07:35.74 ID:acC8ENb7p

    C9LPRADVYAAefHB

     
    さすがに2ndで逆転はないやろ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@^^ 2017/04/09(日) 08:04:22.39 ID:CAP_USER9
    C88AOL1UwAE-Df6


    リーガ・エスパニョーラ第31節が8日に行われ、マラガとバルセロナが対戦した。

    バルセロナは試合の主導権を握り、相手ゴールに迫るが、なかなかゴールが遠い。
    すると32分、マラガにカウンターから先制を許してしまう。昨シーズンまでバルセロナに所属していたサンドロ・ラミレスに、
    最終ラインからのロングパスで抜け出されると、GKとの1対1で右足シュートをゴール左隅に決められた。

    反撃したいバルセロナだが、相手の厳しい守備に阻まれ、なかなか攻撃が噛み合わない。
    1点ビハインドで折り返すと、デニス・スアレスとジェレミー・マチューを下げ、アンドレス・イニエスタとセルジ・ロベルトを投入して後半を迎える
    それでもゴールが遠いバルセロナは61分にアンドレ・ゴメスに代えて、パコ・アルカセルを入れて攻勢に出る。

    63分、エリア内に抜け出したスアレスがボールキープから中央へクロス。そこに走り込んだネイマールがヘディングシュートを放つが、枠を捉えられない。
    焦りも見え出したバルセロナは64分、ネイマールが相手DFへの遅れたタックルで、この日2枚目のイエローカードを受けて痛い退場となった。

    数的不利となったバルセロナは相手のカウンターをしのぎつつ、攻勢を続ける。
    79分、エリア手前中央からのFKでメッシが直接狙うが、壁に直撃してゴールには繋がらない。
    すると90分、逆にパスミスからマラガのカウンターを受けると、ホニーに押し込まれて勝負あり。

    バルセロナは攻撃陣が不発のままタイムアップを迎え、0-2で痛恨の敗戦。
    1試合未消化分があるレアルとの勝ち点差は「3」に広がり、逆転優勝がますます苦しい状況となった。

    バルセロナは次戦、11日にアウェイで行われるチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでユヴェントスと対戦。
    マラガは次節、15日にデポルティーボとのアウェイゲームに臨む。

    【スコア】
    マラガ 2-0 バルセロナ

    【得点者】
    1-0 32分 サンドロ・ラミレス(マラガ)
    2-0 90分 ホニー(マラガ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00573929-soccerk-socc
    SOCCER KING 4/9(日) 5:38配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/esp/esp-10930660.html
    試合スコア

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
    順位表

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/06(木) 09:34:10.00 ID:CAP_USER9


     
    リーガ・エスパニョーラは現地時間5日に第30節の5試合が行なわれ、
    首位レアル・マドリーは敵地で17位レガネスに4対2、2位バルセロナはホームで4位セビージャに3対0といずれも勝利を収めた。

     セビージャとの上位対決に臨んだバルサは25分、メッシからのパスがDFに当たって浮いたボールを、
    ルイス・スアレスがスペクタクルなオーバーヘッドで決めて先制。
    するとその2分後、ネイマール、L・スアレスと繋いで最後はゴール前のメッシが易々とネットを揺らして追加点を得る。

     なおも畳み掛けるバルサは33分、出場停止明けのメッシが相手のクリアボールをボレーで叩き込んでゴール。
    わずか8分間で3得点を奪い、そのまま勝利。この後に試合を控えていた首位レアルへプレッシャーをかけた。

     L・スアレスは自身のゴールについて、「ストライカーというものは、つねにボールがどこにあるかを把握している。
    あの場面ではボールが浮いていたから、ほかに方法はなかった。だからあのようにシュートを打ったんだよ」と振り返っている。

     なお、この試合ではイニエスタが、親善試合を含めてバルサで通算700試合出場を達成している。

     レガネスとのアウェイ戦に臨んだレアルは、週末に控えるアトレティコとのダービー
    を見据えてクリスティアーノ・ロナウド、ベイル、クロース、ベンゼマらを温存。
    15分にハメス・ロドリゲスのゴールで先制すると、18分、23分にモラタがネットを揺らし、こちらも8分間で3点を奪ってみせた。

     しかし、レアルは32分と35分に立て続けに失点し、あっという間にリードは1点に。
    それでも、48分にモラタがハットトリックを達成すると、そのまま4対2で逃げ切った。

     この結果、1試合未消化のレアルは勝ち点を71に伸ばし、2位バルサと2ポイント差をキープした。
    ここ5試合勝利から遠ざかっているセビージャは、レアルと13差と優勝争いからはほぼ脱落している。

     この日行なわれたそのほかの試合では、最下位オサスナが11位アラベスを1対0と下し、22試合ぶりの勝利を挙げた。
    15位マラガは18位スポルティング・ヒホンに1対0と勝利し、16位デポルティーボ対19位グラナダの一戦は
    スコアレスドローに終わっている。(STATS-AP)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000010-ism-socc

    続きを読む

    続きを読む

    1: みつを ★@^^ 2017/04/03(月) 23:15:06.54 ID:CAP_USER9

    no title


     
    http://www.afpbb.com/articles/-/3123647?act=all

    【4月3日 AFP】16-17スペイン1部リーグは2日、第29節の試合が行われ、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)がクラブ通算100得点をマークしたFCバルセロナ(FC Barcelona)は、出場停止のリオネル・メッシ(Lionel Messi)不在をものともせず、グラナダ(Granada CF)に4-1で快勝した。

     同日本拠地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)にアラベス(Alaves)を迎えた首位レアル・マドリード(Real Madrid)は、カリム・ベンゼマ(Karim Benzema)、イスコ(Isco Alarcon)、ナチョ(Jose Ignacio Fernandez Iglesias 'Nacho’)のゴールにより3-0で勝利し、バルセロナとの勝ち点差2を維持した。

     レアルがバルセロナより消化試合が一つ少ない中、両チームは23日にサンチャゴ・ベルナベウで直接対決を迎える。

     バルセロナのルイス・エンリケ(Luis Enrique)監督は、「代表戦による中断期間明けの試合は特別だ。選手は長距離を移動し、疲労を蓄積させているからだ」とコメントしている。

    「アウェーということでさらに難しかったが、われわれはその問題をうまく乗り越えた」

     敵地ヌエボ・ロス・カルメネス(Nuevo Los Carmenes)でバルセロナは、前半数多くの決定機を作りながらも、メッシの得点力を欠いてチャンスをなかなかものにすることができなかった。

     立ち上がりにルイス・スアレス(Luis Suarez)がグラナダのGKギジェルモ・オチョア(Guillermo Ochoa)の頭上を抜いたループシュートがバーをたたくと、その後スアレスが3連続で迎えた決定機はことごとくオチョアに阻まれた。

     しかしスアレスは前半終了間際、ジョルディ・アルバ(Jordi Alba)のパスに抜け出すと、今度はオチョアの頭上を破って先制点をマークした。

     グラナダは後半頭からイングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)からレンタルで獲得しているジェレミー・ボガ(Jeremie Boga)を投入すると、ボガは直後にディフェンスラインの裏に抜け出してファーサイドにシュートを沈め同点とした。

     その後バルセロナは、スアレスのパスからパコ・アルカセル(Paco Alcacer)が昨年8月に加入してから4点目を決めて勝ち越しに成功すると、グラナダは後半37分にウチェ・アグボ(Uche Agbo)が2度目の警告で退場となり逆転の目はついえた。

     アグボ退場の直後にイバン・ラキティッチ(Ivan Rakitic)のシュートからオウンゴールで3点目を奪ったバルセロナは、最後はネイマールがアルカセルのクロスに合わせて出場177試合目で100ゴールを達成した。

     レアルはアラベスの決定力の低さも手伝い無失点で勝利し、5年ぶりのリーグ制覇に一歩前進した。

     レアルのジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督は、「3日おきに試合があれば90分間を通して完璧なプレーなどできない」と話している。

    「われわれは問題を抱えていていいプレーができていなかったが、瞬間的にクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)がボールを持ってパスを出し、イスコがコントロールしてシュートを決めた」

    「あれこそこのチームを表している。われわれはいかなるときでも相手に痛手を負わすことができるんだ」

     レアルは前半10分にラファエル・バラン(Raphael Varane)がハムストリングのけがを再発させ、ダニエル・カルバハル(Daniel Carvajal)と途中交代している。

     ジダン監督はバランについて、「ラファは以前と同じ場所を痛めた。3週間前ほど悪い状態ではないので、大きなけがでないことを願っている」とコメントしている。

     また、ホームでスポルティング・デ・ヒホン(Real Sporting de Gijon)と0-0で引き分けたセビージャFC(Sevilla FC)は、スランプを抜け出すことができず、勝ち点で並んだアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)に直接対決の結果により3位の座を譲っている。(c)AFP/Kieran CANNING

    2017/04/03 12:19(マドリード/スペイン)

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ