サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:セリエA > ACミラン

    1: Egg ★©2ch.net 2017/09/12(火) 01:07:10.93 ID:CAP_USER9
    イタリア語を話せないチャルハノール 通訳不在のなかパフォーマンスにも影響か

    今夏の移籍市場でACミランに加入し、日本代表MF本田圭佑が退団した後の「10番」を背負っているトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、言葉の問題で苦しんでいることを明らかにしている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

     チャルハノールは、昨季までドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンでプレー。正確かつスピードと回転の鋭さを持つFKによって、ブンデスリーガでトップクラスのキッカーとして名をはせてきた。そして、今季からミランに加入して開幕3試合を終えたが、現地時間10日のラツィオ戦に1-4と大敗した試合後、ミランでの順応に苦しんでいる状況を語った。

    「このような結果になってしまうと、試合のことをよく覚えていない感じになってしまうものだ。だが、少なくとも僕が言葉の問題で苦しんでいるのは事実だ。僕には通訳がいない。時々、チームメイトが助けてくれるくらいなんだ」

     母国のトルコ語とドイツ語を話すチャルハノールだが、イタリア語への順応には苦しんでいるようだ。ミランのメンバーリストを見渡しても、トルコだけでなくドイツ人やブンデスリーガでのプレー経験が豊富な選手も見当たらない。「10番」の前任者である本田もイタリア語を話さず、英語を話せるメンバーとしかコミュニケーションを取っていなかったと明かしたことがあるが、期待を寄せて獲得したチャルハノールもまた同様の状況に陥っているようだ。

     チャルハノールは、開幕戦こそフル出場したが、第2節はスタメン出場も途中交代。第3節は途中出場と徐々に立場が厳しくなってきている。チームにも本人にも不利益な状況を生んでいる通訳問題を、ミランは早急に解決するべきだろう。

    9/11(月) 20:31配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00010018-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    171: 名無しに人種はない@実況OK・^^ 2017/08/23(水) 15:13:13.45 ID:LaMbGocK

    0-1-view


    いやーー俺はエルシャラメネズトーレス本田チェルチデヨングポーリベルトラッチラパドゥーラクツカバッカサポナーラムンタリ・・・みんなどこまで伸びるか成長見守りたかったけどな~ 
    なんだかんだみんな逸材だったと思うよ~ 
    環境さえ整ってればワールドクラスになれた選手ばかりだったと思う
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/22(火) 17:39:23.95 ID:CAP_USER9
    FIFA17-MArchisio


    ユヴェントスに所属するMFクラウディオ・マルキージオにミラン移籍の可能性があると報じられたため、SNS上では悲鳴が上がった。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が21日、伝えている。

    『RAIスポーツ』がマルキージオのミラン電撃移籍の可能性を報じたことで、同選手のインスタグラムのアカウントには退団を心配するファンから大量のメッセージが寄せられ、炎上する事態となった。今夏は、ユヴェントスからミランにDFレオナルド・ボヌッチが移籍金4000万ユーロ(約52億円)で電撃移籍。6年連続リーグ優勝の立役者の1人がライバルクラブへ流出したことは記憶に新しく、ファンの混乱を増長することになったようだ。

    イタリアのファンからは「冗談だろ」、「退団するなんて考えないでくれ!」、「お願いだから行かないで残ってくれ! 君はバンディエラなんだ」などの書き込みがあったほか、英語でも「ユーヴェに残って」や「行かないで」といったメッセージが綴られた。

    マルキージオはユヴェントスのお膝元、トリノ出身。7歳の時からユヴェントスに所属しており、2007-08シーズンにエンポリへレンタル移籍したものの、翌年には復帰し、以降ユヴェントス一筋を貫いている。2015-16シーズン終盤に負ったケガの影響から、昨シーズンは出遅れ、リーグ戦は18試合出場にとどまった。今シーズンの開幕戦カリアリ戦には先発出場しているが、ユヴェントスは今夏、更なる中盤の補強を目指しており、マルキージオが退団するのではないかとの見方が一部メディアで報じられた。しかし、ロシア・ワールドカップへ向けてマルキージオはトリノでの挽回を目指しているほか、ユヴェントスとミランの両クラブも移籍の噂を否定している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000012-goal-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★^^ 2017/08/18(金) 11:57:31.11 ID:CAP_USER9
    8/18(金) 9:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00628840-soccerk-socc
    DAbKOzwXoAAoRXF



    ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ・ファーストレグが17日に行われ、ミラン(イタリア)とシュケンディヤ(マケドニア)が対戦した。

     今夏の移籍市場で積極的な選手補強を敢行したミランは、先発メンバーにGKジャンルイジ・ドンナルンマやリッカルド・モントリーヴォ、スソらのほか、新加入のレオナルド・ボヌッチやアンドレ・シルヴァ、ファビオ・ボリーニといった面々が並んだ。

     ミランのホームで行われた一戦は、期待の新戦力が躍動する結果となった。まずは13分、敵陣ペナルティーエリア手前でプレスをかけてボールを奪うと、こぼれ球に反応したA・シルヴァがエリア内から右足を一閃。ゴール右隅へ決め、先制に成功する。さらに25分にはスソの直接FKを相手GKが弾いたところにモントリーヴォが反応。いち早く詰めて右足シュートを決め、追加点を奪った。モントリーヴォの復活弾で、ミランがリードを広げた。

     攻撃の手を緩めないミランは27分、ハカン・チャルハノールが左サイドから右足でクロス。ペナルティーエリア内で相手DFを背負いながらトラップしたA・シルヴァが2人のマークを強引に突破して右足シュートを決めた。前半は3-0で終了した。

     後半に入ってもミランの攻勢は変わらない。67分にはA・シルヴァがペナルティーエリア右側でワンツーで突破。リターンからのシュートはうまくヒットしなかったが、ファーサイドで待っていたボリーニが右足で蹴り込んで4点目。直後の68分にはペナルティーエリア右側からスソが放った強烈な右足シュートのこぼれ球をルカ・アントネッリが押し込んで5点目を決めた。

     ゴールラッシュの締めくくりは85分、モントリーヴォが縦パスを受け、ペナルティーエリアに差し掛かった位置から強烈な右足シュート。地を這う一撃がゴールに突き刺さった。

     試合は6-0で終了。ミランがゴールラッシュで大勝し、プレーオフ突破をほぼ手中に収めた。セカンドレグは24日に行われる。

    【スコア】
    ミラン 6-0 シュケンディヤ

    【得点者】
    1-0 13分 アンドレ・シルヴァ(ミラン)
    2-0 25分 リッカルド・モントリーヴォ(ミラン)
    3-0 27分 アンドレ・シルヴァ(ミラン)
    4-0 67分 ファビオ・ボリーニ(ミラン)
    5-0 68分 ルカ・アントネッリ(ミラン)
    6-0 85分 リッカルド・モントリーヴォ(ミラン)

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/08/16(水) 21:49:31.49 ID:CAP_USER9
    GettyImages-496971724-438x490



    ACミラン(イタリア)で昨季チーム最多の公式戦14得点(リーグ13得点)を挙げたコロンビア代表FWカルロス・バッカ(30)が放出された。16日、1年間の期限付きでビジャレアル(スペイン)に移籍することが発表された。

     ACミランは今夏に新オーナーの“中国マネー”で大型補強を慣行した。移籍金総額2億ユーロ(約260億円)以上を投じ、期限付き移籍を含めて11人もの選手を獲得。新エース候補としてポルト(ポルトガル)からポルトガル代表FWアンドレ・シウバが加入しており、バッカはモンテッラ監督の構想から外れていた

    8/16(水) 21:22配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000151-spnannex-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^2017/08/05(土) 09:36:12.61 ID:CAP_USER9
    C3ndnHxVYAAm1Qe


    ミランの代表取締役を務めるマルコ・ファッソーネ氏が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの復帰について可能性を示唆した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に報じている。

     以前からストライカーの補強に乗り出していると報じられているミラン。数多くの補強候補が取り沙汰される中、ファッソーネ氏が口を開いた。「ラダメル・ファルカオやズラタン・イブラヒモヴィッチ?どの名前についても、“ノー”とは言えないよ。否定はできない。彼らも候補になり得る」とコメント。ファルカオやイブラヒモヴィッチを獲得する可能性を否定しなかった。

     ミランは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行し、巻き返しを図っている。ストライカー獲得を目指す中、2010年夏から2シーズンに渡ってプレーしたイブラヒモヴィッチの復帰が実現することはあるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-10622032-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/07/28(金) 17:43:40.51 ID:CAP_USER9


     ヨーロッパリーグ(EL)は現地時間27日に各地で予選3回戦ファーストレグが行なわれ、今オフの大補強で注目を集めるミラン(イタリア)は、敵地でクライオヴァ(ルーマニア)に1対0で勝利した。

     ミランは44分にエリア手前右側でFKを得ると、これを新戦力のリカルド・ロドリゲスが直接沈めて先制に成功。この1点を守り切って試合を終了し、公式戦白星発進を叶えた。

     なお、同じルーマニアではディナモ・ブカレストがアスレティック・ビルバオ(スペイン)と1対1のドロー。この試合では元ブラジル代表FWリヴァウド氏の息子、リヴァウジーニョが54分に同点弾を挙げ、ディナモ・ブカレストの予選突破に望みをつないでいる。

     ルーニーの古巣復帰で話題を呼んだエヴァートン(イングランド)は、ホームでルジョムベロク(スロバキア)に1対0で白星。ベインズが65分に挙げたゴールを守り切って先勝を収めた。

     そのほか、酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)は、ホームでオーステンデ(ベルギー)に4対2で勝利。酒井はフル出場している。また、久保裕也が所属するヘント(ベルギー)はアルタッハ(オーストリア)と1対1で引き分けた。久保はフル出場した。(STATS-AP)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000012-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ