サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ:セリエA > ACミラン

    1: 豆次郎 ★ 2017/10/23(月) 02:10:47.03 ID:CAP_USER9
    10/22(日) 23:55配信
    ボヌッチが前半で一発退場…ミラン、スコアレスドローで公式戦4試合未勝利に/セリエA第9節
    ■セリエA第9節 ミラン 0-0 ジェノア

    イタリア・セリエAは22日に第9節が行われ、ミランはジェノアと対戦した。


    現在リーグ戦3連敗、公式戦では3試合勝利のないミラン。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任説も囁かれる中、絶対に勝利が欲しいホームでの一戦は3-4-3を採用した。一方17位と低迷するジェノアでは、注目の16歳FWピエトロ・ペッレグリはベンチからのスタートとなった。

    試合序盤からミランは何度か相手ゴールに近づくなど、まずまずの入りを見せる。

    しかし25分、思わぬアクシデントが襲いかかる。競り合いの中で、ボヌッチが肘を振ったとしてファールを取られると、ビデオ判定の末、主審はこれが意図的だと判断してレッドカードを提示。前半の早い段階でミランは主将を失い、数的不利に陥る。モンテッラ監督は、チャルハノールに変えてロマニョーリを投入し、4-4-1にフォーメーションを変更した。

    その後も思うようにチャンスを作れないミランは、逆にピンチを迎える場面も。GKドンナルンマの好守もありつつ、前半はスコアレスで折り返す。

    後半に入っても波に乗れないミランは、ゴール前に近づくのに苦労する展開に。逆に、昨季まで所属していたベルトラッチに決定機を作られる。これは枠をそれて事なきを得たが、ホームの観客の前で良いプレーを見せることができない。

    65分にカウンターからケシエがドリブルで持っていき、シュートを放つもこれはサイドネットに。67分に交代となったボナベントゥーラが不満げな表情を見せるなど、チームの雰囲気も悪く、停滞感が募っていく。

    84分には最後の交代カードを使い切って、カリニッチに変えて今季結果を残している19歳のクトローネを投入。数的不利の中、なんとか1点を取りに行く。

    終盤にはスソが奮闘するも、結局ゴールは奪えず。ミランはスコアレスドローに終わり、公式戦4試合勝ち無しとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000032-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/10/16(月) 05:45:22.55 ID:CAP_USER9
    10/16(月) 5:40配信
    白熱の“ミラノダービー”はインテルが劇的勝利! イカルディ貫禄のハット、長友はフル出場

     セリエA第8節が行われ、長友佑都が所属するインテルとミランが対戦した。

     ともに本拠地を同じくする“ミラノダービー”。今シーズンはここまで暫定2位と好調なインテルと大型補強を敢行したミランの対戦に、長友は左サイドバックで先発した。

     アントニオ・カンドレーヴァのバー直撃ミドル、ミランダのヘディングシュートなどインテルが主導権を握る展開が続く。すると28分、右サイドでボールを奪うと、ダニーロ・ダンブロージオ、カンドレーヴァと素早くつないでカウンターを狙う。カンドレーヴァが低い弾道のアーリークロスを送るとDFラインの背後を突いたマウロ・イカルディにピタリ。右足で流し込んでインテルが先制した。

     追いつきたいミランは49分、ゴール前の混戦からアンドレ・シルヴァがポスト直撃のシュート。跳ね返りをマテオ・ムサッキオが押し込んでネットを揺らしたが惜しくもオフサイドの判定でゴールにはならず。しかし56分、右サイドからカットインしたスソが左足でカーブをかけたシュートを放つと、これがゴール左に吸い込まれた。

     しかしインテルも譲らない。63分、イカルディが自陣でボールを奪うと、すぐさまカウンターを開始。1人で持ち運び、左サイドに開いたイヴァン・ペリシッチにパス。ペリシッチはワンフェイントから縦に突破し、クロスを送るとイカルディがジャンピングボレーで巧みに合わせ、ゴール右に流し込んだ。

     再びリードしたインテルだったが、またしてもミランが追いつく。80分、右サイドからファビオ・ボリーニがクロスを送ると一番遠いサイドにいたジャコモ・ボナヴェントゥーラが滑りながら押し込んで残り10分で再度試合を振り出しに戻した。

     このまま試合終了かと思われた89分、インテルのCKからリカルド・ロドリゲスがエリア内で倒してしまい、インテルにPKが与える。この日2ゴールのイカルディがきっちり決めて、土壇場で勝ち越した。

     試合はこのまま終了。2度追いつかれながらもイカルディのハットトリックでインテルが勝利した。なお、長友はフル出場を果たしている。

     次節、インテルは21日にアウェイで首位ナポリと、ミランは22日にホームでジェノアと対戦する。

    【スコア】
    インテル 3-2 ミラン

    【得点者】
    1-0 28分 マウロ・イカルディ(インテル)
    1-1 56分 スソ(ミラン)
    2-1 63分 マウロ・イカルディ(インテル)
    2-2 80分 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)
    3-2 90+1分 マウロ・イカルディ(インテル)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00656083-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ