サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: バカニュース

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/06/24(土) 12:34:15.740 ID:auKICY+w0
    no title


    でかい

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/06/23(金) 21:38:18.00 ID:CAP_USER
     既視感があったと言うべきだろうか。またしても韓国がからんだサッカーの試合で、“暴力沙汰”が勃発(ぼっぱつ)した。5月31日に埼玉スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦で、済州(韓国)の選手やスタッフが、浦和の阿部勇樹や槙野智章らに襲いかかった事件のことだ。

    中途半端な処分…理由は暴力傾向に目をつむってきたから?

     試合は浦和が延長戦の末、3-0で勝ち、2戦合計3-2で準々決勝に進出したが、敗れた済州側の行動は試合中から常軌を逸していた。

     終了間際に両ベンチの反対側のサイドで小競り合いが起きると、済州の控え選手だった白棟圭がビブス姿のままピッチを横切って阿部の顔面にジャンピングエルボーを見舞った。

     試合後には観客席に向かって喜びを爆発させた浦和の選手に済州の選手やスタッフが乱闘を仕掛け、体当たりしたり、ペットボトルを投げつけたり…。数人に追いかけ回された槙野は入退場のゲートに逃げ込んだ。

     浦和から抗議文を受け取ったアジア・サッカー連盟(AFC)は今月9日、試合中に退場となりながら乱闘に加勢した趙容亨に6カ月の出場停止と罰金、阿部に肘打ちした白棟圭は3カ月と罰金、浦和選手を殴った権韓真には2試合と罰金の処分をそれぞれ科し、クラブにも4万ドル(約440万円)の罰金を命じた。

     個々の選手に出場停止処分を科すのは厳罰といえるが、一方で“被害者”である浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金を科したのはいただけない。サッカー界でも「けんか両成敗」が建前となっているが、今回の場合は、「非」は一方的に済州側にあるからだ。

     こうした中途半端な処分となったのには、サッカー界が韓国の暴力傾向に目をつむってきた背景があるように思われる。冒頭で「既視感」と表現したのも、そのためだ。

    まるで同じ構図…相手をリスペクトする文化がない?

     2013年6月に韓国・ソウルで行われたワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選の韓国-イラン戦では、試合前から両チームの舌戦がヒートアップ。韓国選手の一人は記者会見で「イランの主将には血の涙を流させてやる」などと過激な言葉も口にした。

     しかし、試合はイランが1-0で勝利し、W杯切符を手にした。敗れた韓国も得失点差でウズベキスタンを上回り、W杯に出場できることになったが、試合後にはスタンドの韓国サポーターも巻き込んで、両チームが一触即発の状態に。

     喜びを爆発させたイラン選手の1人が韓国ベンチに近づいたところ、怒った韓国チームのスタッフがその選手に暴行を加えた。

     まるで、今回の浦和-済州と同じ構図ではないだろうか。済州の趙城煥監督は「(得点した)浦和の選手がわれわれのベンチ前に来て、刺激するようなセレモニーをしたため」と説明し、「負ける者のマナーもあれば、勝利する者にもマナーが必要」と強調した。

     延長戦で勝ち越した浦和の時間稼ぎのボールキープをしたことに対し、済州の選手が激高したという見方もあるが、それもサッカーでは一般的な“戦術”にすぎない。

     納得がいかないと悪態をつく韓国サッカー界には、「負け」を素直に受け入れたり、相手をリスペクトしたりする文化がないのではないかと疑いたくなる。

     イラン戦後には、両チームの協会が国際サッカー連盟(FIFA)に相手の傍若無人ぶりを訴える事態となったが、下された処分は定かではない。

    http://www.sankei.com/west/news/170623/wst1706230003-n1.html

    >>2以降に続く)

    no title

    延長後半、乱闘騒ぎに加わり、浦和の阿部勇樹(中央下)にエルボーを見舞って一発退場となった、済州のDF白棟圭(中央の青ビブス)=埼玉スタジアム(撮影・山田俊介)
    http://www.sankei.com/images/news/170623/wst1706230003-p2.jpg
    試合終了後、小競り合いとなり済州の選手に追われる浦和・槙野智章(手前)=埼玉スタジアム(撮影・山田俊介)
    http://www.sankei.com/images/news/170623/wst1706230003-p3.jpg
    試合終了後、小競り合いとなり済州の選手に追われる浦和・槙野智章(右)=埼玉スタジアム(撮影・山田俊介)

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し^^ 2017/06/22(木) 19:25:52.65 ID:TjR45OnZ0
    野球なら一生煽られるぞ

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/06/18(日) 00:22:28.293 ID:dqQ1NgDU0

    i1567997-1450912842



    使わせていただく

    続きを読む

    1:  2017/05/27(土) 19:24:18.055 ID:BA0Qp304M
    no title



    まず相手の球は入らんw

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/05/20(土) 02:56:14.52 ID:1rIW2T7L0
    バスケットボール日本代表 191.6cm
    バレーボール日本代表 190.4cm
    ラグビー日本代表 181.9cm
    テニス日本代表 179.2cm

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/05/17(水) 07:33:30.46 ID:CAP_USER9
    東京国際ユースに参加したボカの選手は、まったく中学生らしくなかった。
     
    トルシエなら「フラットスリー」、ジーコなら「自由」、オシムなら「考えて走る」。日本代表の歴代外国人監督には、それぞれ強化指針となるキーワードがある。
    現職のハリルホジッチは、もちろん「デュエル」。フランス語で「決闘」を意味する。日本的にいえば「球際の強さ」となるだろう。
     
    昨年11月に行なわれたサッカーダイジェスト誌のインタビューで、指揮官は次のように述べた。
    「絶対に伸ばさなければいけない要素です。そのためにはトレーニングしかありません。筋力を強化するには頭での理解も大事です。」
    本気でデュエルを向上させる気があるのか。フィジカルとメンタル、両方からアプローチをすべきです」
     
    少し時間が経ってしまったがゴールデンウィーク中、このデュエルの見本となるような試合を見た。
    東京国際ユース(U-14)の準決勝、東京都トレセン選抜と対戦したアルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルスが、デュエルを前面に押し出したゲームを見せてくれたのだ。
     
    ボカの面々は、序盤から東京都トレセン選抜がボールを持って前を向くたびに一気に間合いを詰め、腰から突き刺さるようなタックルを繰り出した。」
    「ズダ?ン!」と激しい打撃音が駒沢陸上競技場に響き渡り、直後、東京の選手が苦痛に表情をゆがめて倒れ込む。
     こういうシーンが何度か続き、ボカは完全にゲームを掌握した。及び腰になった東京は、自陣から出ることすらままならなくなった。
     
    試合は3-0でボカが快勝。18対2というシュート数が、内容でも圧倒したことを物語る。
    ちなみにボカは決勝でFC東京を破り、優勝。スコアは1-1、PK5-4と苦戦したが、こちらもシュート数では14対2と圧倒した。
     
    肉弾戦で敵を委縮させるボカの試合運びは、日本ではなかなか見られないものだ。これは肉体を鍛えれば克服できるというものではないと思う。
    荒々しいタックルの他に、ボカには特筆すべきものがあった。それはたたずまい、振る舞いである。
     
    ひと言でいえば、まったく中学生らしくない。堂々としているというより、ふてぶてしく尊大で傲然としているのだ。一生懸命プレーする東京都トレセン選抜とは、とても同じ年頃には見えなかった。

    ◆U-20代表に望むのは勝利だけでなく…。
     
    ボカのデュエルの強さは、この押し出しの強さと無縁ではない。サッカーは委縮したら負け、文字通り決闘なのだ。
    そう考えると、ハリルホジッチ監督の悩みは永遠になくならないのかもしれない。日本は教育としてのサッカーを推進し、従順で聞き分けの良い選手を育てようとしているからだ。
     
    日本代表で活躍した「デュエルに強い選手」というと、中田英寿、中澤佑二、田中マルクス闘莉王、本田圭佑あたりが思い浮かぶが、いずれもひと癖もふた癖もある「面倒くさい」男たちだ。
    日本で少々厄介に思われるような選手でなければ、世界では戦っていけない。
     
    私はいま韓国の港町、釜山で本稿を書いている。今週末に開幕するU-20ワールドカップを観戦するため、一足早く開催国に乗り込んだのだ。
    実に5大会ぶりの出場となる日本代表に望むのは、勝利だけではない。精神的なデュエルに強い、若者の台頭を心待ちにしている。
     
    取材・文:熊崎 敬(スポーツライター)

    SOCCER DIGEST Web 5/16(火) 17:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00025751-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    78: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/05/16(火) 19:51:54.76 ID:iHdtPDmA0

    top-680x510


    めちゃくちゃ素朴な疑問なんだけど、 
    サッカー選手って皆代表に選ばれたいと思ってるのかな
    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/05/15(月) 14:09:27.376 ID:Y99ToF9gM
    cruyff02


     
    その代わり世界最強のキーパーを雇えばいい

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ