サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAチャンピオンズリーグ

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 10:50:46.50 ID:???*.net
    1931

    ▽6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、敵地でのバルセロナ戦に向けた前日会見に、
    バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が出席。4シーズンにわたって率いていた古巣との一戦を前に、現在の心境を語った。

    スペイン『アス』が指揮官のコメントを伝えている。

    「ここに戻って来られたことは素晴らしい。ここにはたくさんの良い思い出がある。私は4年という歳月をこの席で過ごした。
    当然、様々な記憶が甦ってくる。しかし、今の私の仕事はバイエルンをファイナルに導くことであり、そのために全力を尽くす。
    私は称えられるためにここいるわけではない。私はチームをファイナルに導くためにここにいるんだ」

    ▽現在のバルセロナのベースとなるものを作り上げ、その全てを熟知しているように思われるグアルディオラ監督だが、アドバンテージはバルセロナにあると考えている。

    「アドバンテージはバルサ側にある。彼らは私のことを知っているが、私は彼らのタレントやピッチ上のパフォーマンスをコントロールすることができない。
    彼らは予想外のことをやることができる」

    ▽また、バイエルンが得点した際にゴールを喜ぶかとの問いに対しては次のように答えた。

    「我々は得点を奪わなければいけない。明日の試合で得点を奪えなければ、ミュンヘンでの試合は非常に難しくなる。
    得点をしたときにどのような反応を見せるかはわからない。バルセロナに対する私の敬意は、私がゴールを喜ぶか否かに左右されるものではない。
    我々が得点を奪うことができれば、それは非常に喜ばしいことだ。私はバルセロナに多くの恩があるが、ここには勝利を収めるために来ている」

    ▽そして、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの対処法については、次のような見解を示している。

    「最近の試合で見せているようなパフォーマンスであれば、彼を止められるディフェンスはいない。9バックにしても難しいだろう。
    メッシを止められるチーム、システム、監督は存在しないし、あの才能を止めることはできない。
    できることがあるとすれば、パスコースを限定して彼の動きを制限しようとすることぐらいだ。ただ、それでも彼を完全に止めることはできない」

    ▽これまでも様々な策を施して多くのサプライズを起こしてきた稀代の名将は、自身が関わってきたチームを相手にどのような采配を見せるのか。
    注目の一戦は6日の27:45にキックオフを迎える。

    2015年5月6日(水)3:41
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=201765&page=0

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 12:04:45.44 ID:???*.net
    7c581a7f
    元マンUの闘将が批判

    レアル・マドリードのFWギャレス・ベイルは5日、ユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝敵地初戦に2トップの一角で先発出場したが、
    不発に終わった。らしからぬパフォーマンスに、バッシングを受けている。

    マンチェスター・ユナイテッドとアイルランド代表で闘将と呼ばれた男は、舌鋒鋭くスピードスターを切り捨てた。
    英テレビ局「ITV」で解説者を務めたロイ・キーン氏は2013年、史上最高額の移籍金でトットナムから移籍したベイルに容赦なかった。

    「10人では試合に勝てない。ギャレス・ベイルは今夜、レアル・マドリードに何一つもたらさなかった。自信の欠如が見て取れる。
    常に安易な選択に走っていた。彼がレアルにいる理由は、勇敢であり、勝負を仕掛けるところになる。常に彼はボールを持つと、1対1でもバックパス。
    チームメートは不満だろう。常に楽な選択肢を選んでいるのだから」

    この日は圧倒的なスピードを生かした仕掛けは鳴りを潜め、ベイルらしさはどこにも見られなかった。後半41分には、FWヘセと交代し、ピッチから退いた。

    GKよりも消極的

    英「BBC」も「本当にひどかったのか? この夜のベイルの数字」という記事を掲載。枠内シュート、タックル、チャンス創出はゼロだったと分析した。
    シュートは相手にブロックされた1本のみ。パス成功はわずか18回でGKイケル・カシジャスの21回よりも3回少なく、チーム最低の数字だった。
    通算のタッチ数は32回でこれもチーム最低の数字となった。こちらもカシジャスよりも4回少なかったという。

    不振に終わったベイルに対し、カルロ・アンチェロッティ監督は「彼は疲れていた。故障から復帰したばかりだが、彼は我々にあまりに重要すぎる。
    我々で最も危険な選手だ。だが、疲れていた。リスクを冒したくなかったので、交代させた」と擁護した。

    左ふくらはぎの故障からリーグ戦の前節セビージャ戦で途中出場して復活を果たした。
    この復帰戦では美しいクロスでクリスティアーノ・ロナウドのゴールをアシストしたが、この日はコンディションが万全でなかったようだ。
    ユベントスとの初戦は右膝故障のFWカリム・ベンゼマが欠場。

    ベンゼマ、ベイル、ロナウドの「BBC」トリオは13日、サンティアゴ・ベルナベウで行われる第2戦で復活するのか。
    そして、ベイルは名誉挽回の活躍なるか。白い巨人の逆襲に大きな注目が集まっている。

    Soccer Magazine ZONE web 5月6日(水)11時35分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150506-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 19:37:26.17 ID:???*.net

    469718110-500x352


    レアル・マドリードは4日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグのユヴェントス戦に臨む招集メンバー20名をクラブ公式HP上で発表した。

     5日にユヴェントスのホーム、ユヴェントス・スタジアムで行われる試合には、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、  2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節のセビージャ戦で復帰したウェールズ代表MFガレス・ベイルらが招集された。

    一方で、負傷からの復帰が伝えられたフランス代表FWカリム・ベンゼマはメンバーに入らず、セカンドレグに向けてマドリードで調整を続ける模様だ。

     ユヴェントス戦に向けたレアル・マドリードの招集メンバー20名は以下のとおり。

    ▽GK
    イケル・カシージャス
    ケイロル・ナバス
    フェルナンド・パチェコ

    ▽DF
    ラファエル・ヴァラン
    セルヒオ・ラモス
    ペペ
    ファビオ・コエントラン
    ダニエル・カルバハル
    アルバロ・アルベロア
    マルセロ
    ナチョ・フェルナンデス

    ▽MF
    トニ・クロース
    ハメス・ロドリゲス
    ガレス・ベイル
    ルーカス・シウヴァ
    イスコ
    アシエル・イジャラメンディ

    ▽FW
    クリスティアーノ・ロナウド
    ヘセ・ロドリゲス
    ハビエル・エルナンデス

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00309239-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 07:22:06.63 ID:???*.net

    allegri-500x410
    ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、
    現地5日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのレアル・マドリー戦に向けて記者会見に臨んだ。伊複数メディアが報じている。

    ユベントスは準々決勝で難敵モナコを2戦合計1-0で退け、辛くもベスト4進出を果たした。
    次戦の相手は欧州でも屈指の攻撃陣を誇るスペインの“白い巨人”だが、イタリア王者は鉄壁の守備を駆使し、2002-03シーズン以来12季ぶりのファイナルを見据えている。

    トリノでの1stレグを控えたアッレグリ監督は「シーズン序盤に我々がこのステージにたどり着くと想像していた者はいないだろう。
    ほとんどがグループステージで敗退すると思っていたはずだ。だが、我々は欧州王者になれる大会の最終局面を戦っている。

    準決勝で対戦するチームに講じる策が万全になることはありえない。自分たちの強みを生かし、決勝へたどり着くことを信じてプレーする以外はない」とコメント。

    また、クリスティアーノ・ロナウドを除くメンバーの中で唯一外せるとしたらという質問に対しては「すでに離脱しているが、
    ルカ・モドリッチがいないことは非常に大きい。彼はカルロ・アンチェロッティの下で成長し、チームを質をもたらす危険な存在だ。
    国際的な経験も豊かで、昨季はクラブ10個目のトロフィー獲得にも貢献した」とキーマンの不在を説明。

    ユベントスがするべきではない戦法を聞かれると「多くのことがそうだ。彼らにはテクニックとスピードがあるからね。
    我々がもつ最大のパフォーマンスを発揮しなければならない試合だ」と詳細は避けた。

    最後に、試合開始前に選手に伝える言葉を問われると「客観的にゲームを捉えることだ。
    我々の強みを意識し、落ち着いてプレーすることが重要だと話すだろう」と締めくくった。

    ユベントス対マドリーの一戦は、日本時間6日の3:45に開始される。

    フットボールチャンネル 5月4日(月)23時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150504-00010033-footballc-socc

    サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/05/01(金) 19:25:36.91 ID:???*.net
    SOCCER KING 5月1日 19時23分配信

    no title


     レアル・マドリードの主将を務めるスペイン代表GKイケル・カシージャスが、現地30日に行われたクラブの公式スポンサーによるイベントの席で、今シーズンのタイトル獲得について自身の見解を述べた。

     今シーズン、コパ・デル・レイでは準々決勝でアトレティコ・マドリードに敗れたレアルだが、チャンピオンズリーグでは準決勝に進出し、リーガ・エスパニョーラでは首位バルセロナから2ポイント差の2位に着けている。

     2冠の可能性を残すチームについて、「1つしかタイトルを取れないなら、どちらを選ぶか?」との質問を受けたカシージャスは、正直な気持ちと考えを披露した。

    「カルロ・アンチェロッティ監督もいつだか言っていたが、CLの方がリーガより間違いなく簡単だ。
    なぜなら、リーガではバルセロナが取りこぼさなければチャンスがないのに対し、CLでは4チーム均等に25%のチャンスがあるからだ。
    また、マドリディスタ(R・マドリードのファン)はCLへのこだわりが強い。まだどのチームも連覇を成し遂げていないからね。
    個人的にも、もしどちらか1つ選ばなければならないなら、バルセロナの結果を見なければならないリーガよりも、自分達次第でタイトルに手が届くCLを取るね」

     とはいえカシージャスは、リーガ・エスパニョーラの逆転優勝も諦めていないことを強調し、2日にアウェーで行われるセビージャ戦に向けた意気込みを表した。

    「これからの試合はどれもが非常に難しい。しかし、現時点で最も重要なのは土曜の試合だ。僕達の週末の目的は、セビージャで3ポイントを獲得し、バルセロナにプレッシャーを掛けることだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00308407-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 21:29:37.20 ID:???*.net
    今シーズンもいよいよ佳境を迎えたチャンピオンズリーグ。そんな中、CL優勝経験のないベストイレブンが豪華すぎると話題になっている。
    『fbcollective.com』が発表した11人は以下のとおり。

    ▼GK
    ジャンルイージ・ブッフォン

    ▼DF
    リリアン・テュラム
    ファビオ・カンナヴァーロ
    ロラン・ブラン
    ジャンルーカ・ザンブロッタ

    ▼MF
    ミヒャエル・バラック
    パトリック・ヴィエラ
    パヴェル・ネドヴェド

    ▼FW
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    デニス・ベルカンプ
    ロナウド

    ▼監督
    アーセン・ヴェンゲル

    なんとも豪華な顔ぶれである。この中で、ブッフォン(ユヴェントス)とイブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)は現役なので、まだ優勝のチャンスは残されている。
    アーセナルを率いるヴェンゲル監督も来シーズンに再びCL制覇に挑むことになる。

    ベストイレブンの顔触れを見てみると、ロナウドがCLを獲っていないというのは意外。2007年には当時在籍していたミランが優勝を果たしているが、
    1月加入のロナウドはすでにレアル・マドリードで出場していたために、登録されていない。

    ブッフォンとテュラム、ザンブロッタは2003年に決勝を戦っているが、ミランとのPK末に優勝はならなかった。そして、ネドヴェドは出場停止で決勝戦を欠場している。

    ヴェンゲルは17年連続でアーセナルをCL出場に導いているが、決勝進出は2005-06シーズンのみである。

    SOCCER KING 4月28日(火)17時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00307121-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 19:41:35.68 ID:???*.net
    スポーツ報知 4月24日(金)19時29分配信

    9f85d8af-s


     欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、スイスのニヨンで欧州チャンピオンズリーグ
    準決勝の組み合わせ抽選を行い、バルセロナ(スペイン)―バイエルン(ドイツ)、
    ユベントス(イタリア)―Rマドリード(スペイン)の対戦カードになった。第1戦が
    5月5、6日、第2戦が同12、13日に行われる。決勝は6月6日にドイツのベルリン・
    オリンピアシュタディオンで行われる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000161-sph-socc

    続きを読む


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 05:54:58.38 ID:???*.net
    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグが22日に行なわれ、モナコとユヴェントスが対戦した。

    敵地でのファーストレグを0-1で落としたモナコ。ホームに帰ってきての第2戦は序盤から果敢にゴールに迫る。
    15分、ペナルティエリア右を細かいコンビネーションで繋ぐと、最後はベエナルド・シウヴァがシュート。
    アンドレア・バルザーリが足を伸ばして防いだが、あわやオウンゴールになりかける。
    19分には、ジョフレー・コンドグビアがエリア手前でボールを奪うと、振り向き様に左足シュートを放ったが、
    ジャンルイジ・ブッフォンの正面に飛んでしまう。

    慎重に守るユヴェントスは26分、アンドレア・ピルロが相手DFライン裏を突くような縦パスを入れるが、
    ダニイェル・スバシッチが飛び出し、シュートを打たせない。
    前半終了間際には、アルバロ・モラタか左サイドでボールを奪うと、
    エリア手前中央でパスを受けたカルロス・テベスが強烈なミドルシュートを放つも、ゴール右に外れる。
    スコアは動かず、前半を終える。

    モナコは後半開始からジェレミー・トゥラランに代えてディミタール・ベルバトフを投入する。
    50分、右サイド深い位置でFKを獲得すると、ファーサイドへと流れたクロスボールをジョアン・モウティーニョが折り返す。
    ゴール前で混戦となりチャンスを迎えたが、得点は生まれなかった。

    68分、ユヴェントスはモラタを下げて、フェルナンド・ジョレンテをピッチに送る。
    さらには体調不良で出場が危ぶまれていたアルトゥーロ・ビダルに代えて、ロベルト・ペレイラを投入する。

    やはりファーストレグでの1点が重いモナコ。前がかりで攻撃を仕掛けるが、ユヴェントスの守備を崩すことができない。
    ユヴェントスは90分にゴール正面やや遠い位置でFKのチャンスを得る。ピルロが直接狙ったが、惜しくもクロスバーを叩く。
    結局、初戦でアウェーゴールを許さず勝利したユヴェントスが、この試合をスコアレスドローに持ち込み、
    2002-03シーズン以来の準決勝進出を決めた。

    準決勝の組み合わせ抽選会は24日に開催され、
    準決勝ファーストレグは5月5日と6日、セカンドレグは同12日と13日に行なわれる。

    【スコア】
    モナコ 0-0 ユヴェントス
    (2試合合計:0-1)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00305017-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月23日(木)5時37分配信

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/chmp/chmp-10779485.html

    続きを読む



    レアル対アトレティコハイライト


    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグが22日に開催され、
    レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードによる“マドリード・ダービー”が行われた。

    アトレティコ・マドリードのホームで行われたファーストレグでは、
    レアル・マドリードが攻勢に出ながらも最後まで得点を挙げることはなく、スコアレスドローとなった。
    負傷者が続出するレアル・マドリードは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ウェールズ代表MFガレス・ベイル、フランス代表FWカリム・ベンゼマが欠場し、
    ブラジル代表DFマルセロも出場停止と苦しいメンバー構成となった。

    最後にチャンスを作ったのはレアル・マドリード。
    12分、右サイドのダニエル・カルバハルがクロスを上げると、ゴール前のハビエル・エルナンデスが合わせたが、枠を捉えきれない。
    14分には、クリスティアーノ・ロナウドがミドルシュートを放ったが、ゴール右に外れてしまった。

    27分、レアル・マドリードがペナルティエリア手前右でFKを獲得すると、ハメス・ロドリゲスが直接狙ったが、クロスバーの上に外れた。

    一方のアトレティコ・マドリードにもチャンス。29分、ペナルティエリア手前からヘスス・ガメスがシュート。
    しかし、ここはGKイケル・カシージャスがキャッチした。

    44分、レアル・マドリードが前線でボールを奪うと、ペナルティエリア右でパスを受けたC・ロナウドが右足シュートを放ったが、
    GKヤン・オブラクが好セーブでなんとか凌いだ。このまま0-0で前半を折り返す。

    後半立ち上がり、レアル・マドリードに決定機が訪れる。
    49分、イスコのスルーパスに抜けだしたJ・エルナンデスが左足でシュートを狙ったが、ゴール右に外れてしまった。
    さらに59分、右CKからラファエル・ヴァランがヘディングシュートを放ったが、叩きつけたボールはクロスバーを越えてしまった。

    ここで試合の流れを変える大きなプレーが起こる。
    76分、アルダ・トゥランがセルヒオ・ラモスに対してスパイクの裏を見せたとして2枚目の警告を受けて退場となる。

    1人多いレアル・マドリードにビッグチャンス。
    80分、J・ロドリゲスのパスに抜けだしたJ・エルナンデスが倒されかけながら、右足でシュート。
    しかし、枠の左に外れてしまいチャンスを生かせない。

    すると88分、J・ロドリゲスとのワンツーからペナルティエリア右に抜けだしたC・ロナウドが倒れ込みながら折り返しを送ると、
    J・エルナンデスがこれを押しこみ、遂に先制点を奪った。

    このまま試合は終了し、レアル・マドリードが1-0で勝利。
    今シーズン、7試合を終えて3分け4敗と未勝利だったアトレティコ・マドリード相手に遂に勝利を収め、5シーズン連続でベスト4進出を決めた。

    準決勝の組み合わせ抽選会は24日に行なわれ、準決勝ファーストレグは5月5日と6日、セカンドレグは同12日と13日に行なわれる。

    【スコア】
    レアル・マドリード 1-0(2試合合計:1-0) アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    1-0 88分 ハビエル・エルナンデス(レアル・マドリード)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00304995-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月23日(木)5時38分配信

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/chmp/chmp-10779483.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ