サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: UEFAチャンピオンズリーグ

    no title

    「ここで起こるべきではないんだ」

     リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリは22日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリード戦で0-3のリードを許したハーフタイムに、
    ポルトガル代表DFペペとユニホーム交換を行い、ブレンダン・ロジャーズ監督から厳しく叱責された。英国営放送「BBC」が報じている。

     アンフィールドスタジアムで行われた、レアル戦で3点ビハインドとなった前半終了時点で、バロテッリはなぜか相手DFとユニホーム交換を済ませた。
    ホームの大観衆が逆襲を期待する中、あたかも試合終了を象徴するような行為に、指揮官は激怒した。

    「あれは我慢できるものではない。もしも交換したければ試合後にしろ。木曜日にこの問題に対処する」

     完敗後の会見場で感情的に語ったロジャーズ監督は、バロテッリには前半45分間で交代を命じた。今季ACミランから1600万ポンドの移籍金(約27億円)で加入したバロテッリは、
    今季公式戦わずか1得点。この結果のみならず、パフォーマンス自体も批判の対象となっていた。

    元リバプール主将のジェイミー・ギャラガー氏は「私ならバロテッリは外す。傍観者はいらない」と語り、運動量やスプリントの回数、動きだしの少なさを厳しく非難していた。

     この日のプレーも物足りない内容だった。放ったシュート2本は相手にいずれもブロックされた。パス成功率は、後半途中出場のMFマルコビッチと同じ17本。
    ボールタッチ数も最も少なかったマルコビッチに次ぐ、23回と孤立していた。

     ロジャーズ監督は昨季、チェルシー戦でDFサコーが、相手FWエトーと同じ行動に出た時にも激怒していた。

    「去年も同じ出来事が起きた。チーム内で解決すべき問題となった。ここで起こるべきではないんだ」

     イングランド代表MFアダム・ララーナと交代させた理由は「純粋な戦術的な理由だ。ララーナは疲れ知らずの運動量を誇る。
    リバプールでの最低限の仕事としてはプレッシング、貢献が必要だ。若いアダムは途中出場で、それを実戦した」と語っている。

     バロテッリは昨季、ミランで公式戦18得点を決め、ピッチ内外でトラブルを起こしてきた。ロジャーズ監督からは、獲得時に「ビッグクラブで活躍するラストチャンス」と念を押されていた。

     チームへの貢献度の低さに加え、試合中のユニホーム交換で名門における立場は厳しいものとなった。
    昨季ミランでともにプレーした日本代表MF本田圭佑は6得点2アシストと活躍しているが、現状では明暗くっきりとなっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141023-00010004-soccermzw-socc




    続きを読む

    2014-10-23-06-12-22


     チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、アウェーでのガラタサライ戦に4-0で勝利した。

     ドイツメディアは同試合に先発出場し、アシストを記録した香川の採点と寸評を発表。『Ruhr Nachrichten』と『West Deutsche Allgemeine』は「3」の評価を与えている。

     香川の採点と寸評は以下のとおり(最高点1、最低点6)。

    『Ruhr Nachrichten』
    採点:3
    寸評:攻撃面では、他の選手をやや上回る内容だったが、守備では、とりわけ価値のある仕事をやってのけた。フリーの味方を見逃してシュートを撃つ場面もあった。その後、82分に交代した。

    『West Deutsche Allgemeine』
    採点:3
    寸評:立ち上がりは張り切りすぎのところがあり、かなりハードルを上げて相手を崩すことを試みたため、ボールを失うことが多かった。

    その後、シンプルなプレーに切り替えたことで、まわりとの連係も上手くいくようになったが、2度の好機でしっかりとボールをとらえることができなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00244160-soccerk-socc

    続きを読む

    475901_heroa
    香川「アシストとは書かないで」 3点目演出も不満 ドルト快勝で首位キープ 欧州CL

    2014.10.23

    香川は3連勝に貢献したがキレはなかった(ロイター)【拡大】

     ドルトムント(ドイツ)MF香川真司(25)は22日(日本時間23日)、敵地でのガラタサライ
    (トルコ)戦にトップ下で先発し、欧州CLでは2試合連続となるアシストを記録した。4-0で快勝し、
    無傷の3連勝でD組首位をキープした。

     2点を先行した前半41分、スペースを確認した香川は左サイドから中央へ振り、パスを受けたロイスが
    鮮やかなミドルシュートを決めた。

     もっとも、「あんなのアシストとは書かないでください」と香川。「前半から体はすごく重かった。
    フィーリングは最悪だった」といい、前半途中の絶好機ではトラップが足元に入り、力のないシュートが
    GK正面を突いた。

     攻撃陣が活躍した快勝の中、個人としては体調不良で活躍できず。後半37分には、左太腿裏を気に
    して自らプレーをやめてピッチ外へ。治療を受けたが、結局そのまま退いた。

     ロイスやギュンドガンらが負傷から復帰し、攻撃陣の層が厚くなる中、香川のアピールはまだ物足り
    ない。ゴールも9月13日のドルトムント復帰後初戦(フライブルク戦)以来遠ざかっている。

     「そろそろ結果を残さないといけない。そこは執着しなきゃ。(本田)圭佑君みたいにね」と、セリ
    エA、ACミランで6得点を挙げている日本代表の同僚の名前を挙げ、巻き返しを期した。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20141023/soc1410231206005-n1.htm

    続きを読む

    ce2f399c-s

    香川は太もも 心配なのはベンダーか

    ボルシア・ドルトムントは22日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でガラタサライと対戦し、4ー0で勝利した。
    しかし、ユルゲン・クロップ監督はMF香川真司ら負傷者が出たため、素直に喜べないようだ。

    リーグ戦で苦しんでいるドルトムントは、前半に3ゴールを挙げて楽な展開に持ち込んだ。しかし、55分にMFスヴェン・ベンダーが
    負傷交代すると、69分にはDFマッツ・フンメルスが退いている。終盤には、香川が足を痛めた様子でピッチを出て治療を受け、
    そのまま交代した。

    試合後のクロップ監督が、ドイツ『ZDF』で次のように話している。
    「残念ながら、試合後一番に話さなければいけなかったのは、メディカルスタッフだった。マニー(ベンダー)は病院に向かっている。
    本人はひじを脱臼したかもしれないと言うんだ」
    「予定になかった交代も2回ほど強いられた。マッツとシンジは、どちらも太ももを痛めたんだ。そうなると、勝利を素直に
    喜べなくなってしまう。みんなブンデスリーガに向けて必要だからね」

    ドイツ『ビルト』のツイッターによると、香川は足をつったと話したとのこと。これが事実であれば、香川はすぐに戻れそうである。
    しかし、負傷者が戻り始めているドルトムントだけに、これ以上の離脱者は避けたいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000052-goal-socc

    続きを読む

    20140911113626

    香川らが負傷で交代 監督は「素直に喜べない」 香川は太もも
    14/10/23 08:35
    香川は太もも 心配なのはベンダーか

     ドルトムントは22日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でガラタサライと対戦し、
    4ー0で勝利した。しかし、ユルゲン・クロップ監督はMF香川真司ら負傷者が出たため、素直に
    喜べないようだ。

     リーグ戦で苦しんでいるドルトムントは、前半に3ゴールを挙げて楽な展開に持ち込んだ。
    しかし、55分にMFスベン・ベンダーが負傷交代すると、69分にはDFマッツ・フンメルスが
    退いている。終盤には、香川が足を痛めた様子でピッチを出て治療を受け、そのまま交代した。

     試合後のクロップ監督が、ドイツ『ZDF』で次のように話している。

    「残念ながら、試合後一番に話さなければいけなかったのは、メディカルスタッフだった。
    マニー(ベンダー)は病院に向かっている。本人はひじを脱臼したかもしれないと言うんだ」

    「予定になかった交代も2回ほど強いられた。マッツとシンジは、どちらも太ももを痛めたんだ。
    そうなると、勝利を素直に喜べなくなってしまう。みんなブンデスリーガに向けて必要だからね」

     ドイツ『ビルト』のツイッターによると、香川は足をつったと話したとのこと。これが
    事実であれば、香川はすぐに戻れそうである。しかし、負傷者が戻り始めているドルト
    ムントだけに、これ以上の離脱者は避けたいところだ。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149983-149983-fl

    続きを読む

    2014-10-23-06-12-22
    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 第3節

    ◆ D組
     ガラタサライ 0-4 ドルトムント
    0-1 オバメヤン(前6分)
    0-2 オバメヤン(前18分)
    0-3 ロイス(前41分) ← 香川アシスト
    0-4 アドリアン・ラモス(後38分)
    ◇ ドルトムントの香川真司は先発し後半37分までプレー

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=3/session=2/match=2014346/
    先発フォーメーション図
    http://light.dotup.org/uploda/light.dotup.org91108.jpg
    D組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003071/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    no title

    危機感を滾らせるグロスクロイツ。集中力の欠如は許されず

    「ドルトムントと27年来で最悪のシーズンスタート!」と記したのは、2014年10月21日付の独大衆紙ビルトである。
    22日に行なわれる欧州チャンピオンズリーグ、グループD第3戦ガラタサライ対ドルトムントの一戦を前にして、
    ドルトムントのスポーツ・ディレクターであるミヒャエル・ツォルク氏はビルト紙に次のようなコメントを残した。

    「今我々はガラタサライで勝ち点を穫らなければならない。そしてその追い風を持って、ハノーファーとのかつてないほど重要なホームゲームで勝利を収めるよう心掛けなければならない」

    ツォルク氏はさらに続ける。
    「本格的に、ディフェンスにおいて我々は直ちに個人の集中の欠如を止めなければならないね」

    ドルトムントのSDは、ディフェンスの安定とともにガラタサライ戦を勝利することで、25日のホームで行なわれるブンデスリーガ第9節ハノーファー戦に繋げたいと考えているようだ。

    20日付のキッカー紙ではグロスクロイツが次のように語った。
    「我々がガラタサライで勝利を収めれば、それはまさしく良いように思える。今我々が集中を切らすことは許されない。全てのゲームを落としてしまったら、我々は消える」

    グロスクロイツは危機感を滾らせた。

    キッカー紙によるガラタサライ戦の先発メンバー予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。

    【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、ソクラティス、フンメルス、ドゥルム、
    【MF】ベンダー、ケール、グロスクロイツ、香川真司、ロイス、【FW】ラモス。香川はトップ下での先発が予想されている。

    27年前の二の舞? 当時は13位に沈む

    一方、20付のルール地方の地元紙レヴィアシュポルトはガラタサライ戦の展望を次のようにしている。
    レヴィアシュポルト紙:「チャンピオンズリーグにおいてBVBは今まで全く隙がない。選手達がスタジアムに正しく現れて、3試合目での3勝に成功する」

    ルール地方の地元紙は、今季のCLでの実績を持ってドルトムントのガラタサライに対する勝利を疑っていないようである。
    いずれにせよ勝利が義務であることに変わりはない。

    同紙によるガラタサライ戦の先発メンバー予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。

    【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、ソクラティス、フンメルス、ドゥルム、
    【MF】ベンダー、ケール、オバメヤン、ロイス、ムヒタリヤン【FW】ラモス。香川はベンチでのスタートが予想されている。

    ビルト紙によれば、ツォルク氏は自身の経験からこの状況を知っている、とのことである。「27年」前の1987年のことだ。
    ビルト紙:「1987年、プロ選手として彼(ツォルク氏)は、同じ時期に当時の監督ラインハルト・ザフティヒの下でたった勝ち点6だった―現在のBVBよりも少ないものである。
    当時最終的にドルトムントは13位に落ち着いた。

    10月22日(水)10時45分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141022-00010006-footballc-socc

    サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む



    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 第3節

    ◆ G組
     シャルケ 4-3 スポルティング・リスボン
    0-1 ナニ(前16分)
    ■ スポルティング、マウリシオがイエロー2枚目で退場(前33分)
    1-1 オバシ(前34分)
    2-1 フンテラール(後6分)
    3-1 ヘベデス(後15分)
    3-2 アドリアン・シウバ(後19分)PK
    3-3 アドリアン・シウバ(後33分)
    4-3 チュポ・モティン(後45+3分)PK
    ◇ シャルケの内田篤人はフル出場
      スポルティングの田中順也はベンチ入りせず

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=3/session=1/match=2014351/
    先発フォーメーション図
    no title

    G組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003074/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ